評価: 4 今回はアストロのヘッドセット「A40TR」に「A40 TR Mod Kit 」を付けて使用したレビューを書いていきます。 このキットは A40TR専用のカスタムパーツ です。. これを装着することで元々開放型であるA40TRを 密閉型 にする事が出来ます。. 内容物はヘッドセット本体とケーブル2本だ。ミュート機能付きケーブルとは別に、パソコン用にyスプリッターがついている。 astro a40 正面. PS4ゲーム《初心者に役立つ情報》をメインにアプリゲームやPCなど周辺機器も紹介しています どうも(@suouman)です。先日新型のアストロA40ヘッドセットが海外で発売されましたという記事を書きました。国内での販売を調べていても未定だったので我慢できずに購入しましたww, さてさて、さっそく開封して 記事にしていきます。 pic.twitter.com/JR2sAbbt1k, 今までヘッドセット単体でFPSをプレイしており、アンプを使う事でどれくらいかわるのか?また装着感や感想などふまえて紹介していきますね。, 現在では国内販売もしているので、これから購入を検討している人は是非参考にしてください。, ロジクールの傘下であるアストロゲーミングが4月に発売したのが新型ASTROA40+Mixamp proになります。前作との変更点は以下の通りです, 前作のヘッドセットとアンプは所持していないので比較とまではいきませんが、Mixamp proがモデルチェンジしており外観も使い勝手良くなっているのは確かなことです。, ケースを開けるとこのように新型ASTRO A40とMixamp Proが一緒に入っています。, 基本的には届いたらすぐ使えるようになっていますので、別途ケーブル等を買う必要はありませんね。, この説明書を見る限りではPS4 Slimでの接続の仕方が載っていませんね。PS4 Slimには光デジタル端子がないので別途変換器が必要になります。※接続できるかは現在調査中, なおPS4本体の調べ方は【最強のヘッドセット】Astro A40 TRヘッドセット+MixAMP ProTR 《PS4》の記事内の購入前に確認しておきたいAstroA40ゲーミングヘッドセットとMIXAMP ProTRの接続方法で説明しています。, 前作と見た目はほとんど変わっていませんが、新型はPS4とXBOXと2つのバージョンがあります。もちろん今回購入したのはPS4版のヘッドセットで色は青色を基調としています。, イヤーカップの部分は柔らかくて滑らかな布になっています。前作と同じMODKITが使えるので自分好みにカスタマイズも可能になっています。耳当て部分部分と外側のカバーはマグネット式で簡単に脱着できます。, 正直に言うと着け心地は良いとは思わないですね…今まで使っていたヘッドセットが馴染んでいる事も理由になりますがヘッドセット単体の重量が重いと感じてしまいます。, 数字以上に重く感じるのは取り外しできるイヤーカップやカバーが含まれていないのかな?と個人的に思います。※手に持っても違いが分かるくらいです。, フィット感では意見が分かれており、わたし自身は使いなれたほうが良く感じてしまい他の人に付けてもらいましたが新型アストロA40ヘッドセットの方がフィット感が良いとの返答もありました。, マイクも取替え可能になっており、使わない時は上向きにあげて邪魔にならないようになっています。前作とマイクの先端の色が違っているので何らかしら改善されていると思われます。, マイク本体は接続している場所を基準に360°動かせます。また上の写真のようにマイクを自由に曲げて使いやすい位置を調整する事ができます。, フレンドさんに聞いてみたところ、使うヘッドセットが変わると聞こえ具合が変化し新型ASTRO A40を使用したら地声っぽくなったと言われました。特にその他、聞き取りにくくなったとか雑音が入るとかも無く, ヘッドセットとアンプを接続するイヤホンジャックですが、2段階押し込むようになっています。恥ずかしい話ですが、新型ASTRO A40を使用してて接続が不安定や…と感じてました。, ここまではすんなり入ります。しかしこれがおおきな間違いで実はもう一段『カチッ』と音がするまで押し込む必要がありました。力で押し込むような感じで大丈夫です。, ヘッドセットとイヤホンジャックが分かれているタイプを使うのは初めてだったので分かりずらかったです…, ヘッドセット本体から30cmほど下がったところにミュートのスイッチがあります。上下スライド式で簡単に操作が可能になっています。, MIXAMP PROと連動しているので、アンプ側を見れば色で判断する事もできます。, 前作の旧型と新型の大きな違いはヘッドセット同様でPS4とXBOXのそれぞれ専用バージョンとなっています。各CS機にあったMIXAMPを選ぶ必要があります。, 見た目の色ま黒いろですがツヤはなくマット調という感じで汚れが気にならないようにできています。, PCとPS4とランプがあり接続されている方が光るようになっており、前作より分かりやすくなっています。, ボリュームを調整する場所でもマイクのミュートのオンオフで色が変化して分かりやすいです。, PCのイコライザー機能で調整した各モードも縦の4つのランプで見分ける事ができるので、このへんも前作より分かりやすくなっていますね。, ※光デジタルケーブルは取り扱いに気を付けてください。まるまとまっていますが、途中で折り曲げたりするだけでケーブルが破損します。, MIXAMP PROの大きなつまみはゲームの音量を調整できます。基本は50になっており、FPSなどでしっかり足音を聞くにはこのボリュームを上げるとゲーム内の音も上がるので聞こえやすくなります。※効果音がうるさく感じるくらいなので気を付けてください。, 右側の小さいつまみはチャットボイスとゲーム音とのバランスです。ここも基本は真ん中になっておりチャットボイス側に回すとゲーム音が聞こえなくなり逆にゲーム音側に回すとチャットボイスが聞こえなくなります。, 今現在PS4で夢中になっているゲームはAPEX LEGANDSになります。新型が届いてさっそく使ってみた感想がこちらのツイートになります。, バンガーがスモーク焚いて 何処に行こうが足音が丸わかり なので 余裕で追跡できます。 ↑ これはヘッドセットだけじゃ 聞き取れなかった音で 間違いなくアンプのおかげです#APEX #新型ASTROA40, MIXAMP PROを使って感じた事は間違いなく音がハッキリ聞こえるようになりましたね。, 方向性がよりはっきりしているのでそれなりの対策がしやすくなりました。まだ初期設定のままなのでイコライザー機能で調整すればもっと良くなります。, これだけですね。PS4本体のUSB差し込み口は少ないので、一つどうしても使用しなければならないという事です。外付けHDDを使用しているのでもう一つ使うとコントローラーを充電できなくなりましたww, USBの差し込み口を増やすためにUSBハブを使いました。新型ASTRO A40+Mixamp Proを購入される際は忘れずに用意しておきましょう。, 海外で発売されてからずっと調べていますが、5/26日現在では国内販売の開始日は分かりませんでした。, 今回購入した方法ですがAmazonで販売されている並行輸入品という形で買いました。, ※追記 が6月27日より販売が開始されました、Amazonで確認できるのでチェックしてください。, 並行輸入で購入するメリットは早く手に入るだけで、正直デメリットが多いです。今回はどうしても早く使ってみたかったので購入しました。, ネットでの購入になると多少の梱包のへこみ等は覚悟していました。実際にとどくと新型ASTROの箱の四隅は少しへこんでいました…神経質の方はやめておいた方がいいですね。, 並行輸入での一番のデメリットは通常価格よりも高いという事です。アストロゲーミングのサイトでは, 国内販売されていないのでネットの並行輸入は価格が高くなり、このような値段の差がでます。※上記の値段は海外サイトなので国内販売では変動するおそれがあります。, すでにAPEX LEGANDSですでに使用していますがFPSをPS4でプレイしている人は是非MIXAMPを使って体験してもらいたい。, 今まで気付かなかった音が聞こえるようになり、敵が忍び寄るタイミングがわかるくらいの足音がきこえます。※他のヘッドセットも十分効果は発揮します。, どれだけ違うのか?ということは使った本人しかわからず結果購入しないと分からない事でもあります。, 以上で新型ASTRO A40+MIXAMP PROのレビュ評価になります。今後MIXAMP PROの設定方法やイコライザーのおすすめなどを随時記事にしていく予定なので購入した際は参考にしてください。, suouman777ことすおうまんと言います。 Astro MixAmp pro TR−002(2019年6月27日発売)の購入してからPS4で使用できる状態にするまでの過程(使用方法、設定方法)を解説。PS4(旧型・Pro・slim)のそれぞれの設定方法、接続に必要な物を紹介。MixAmpを使用するメリットを解説。 ©Copyright2020 ゆとりーまんどっとこむ.All Rights Reserved. 商品レビューの要望などありましたら、お問い合わせメールもしくはTwitter(DM)にて気軽に連絡ください。, 光デジタルケーブルは取り扱いに気を付けてください。まるまとまっていますが、途中で折り曲げたりするだけでケーブルが破損します。, FPSなどでしっかり足音を聞くにはこのボリュームを上げるとゲーム内の音も上がるので聞こえやすくなります。. Copyright © 2016-2018 one-hack.com All Rights Reserved. どうも(@suouman)です 先日新型のASTRO A40+MIXAMP PROのレビュ-と評価について記事を書きました。まだ見... https://suouman.site/wp-content/uploads/2019/09/3787f24a6cf9c5e7f6d2fcbc19a00208-1.jpg, Astro アストロ A40 TR+MixAmp Pro TR ゲーミングヘッドセット ミックスアンプ付き Dolby Digital 5.1 PS4/PC/Mac/Switch/スマホ 国内正規品 2年間メーカー保証, 【最強のヘッドセット】Astro A40 TRヘッドセット+MixAMP ProTR 《PS4》, 【DJヘッドホン OneOdio Pro-Gレビュー】低価格のコスパの良いゲーミングヘッド, 【ドスパラ限定】BenQ EW2480実機レビュー PC兼用でも使えるCS機向けのゲーミングモニター, アンプ内部の部品をデジタルパーツに変える事によって、MixAmp Pro TRはすべてのデジタルコンポーネントを使ってラグなし、干渉なしの操作ができるように再設計されています。, 新型ASTRO A40+Mixamp Pro 249.99ドル  約27,000円. a40 内容物. 当記事では、ASTROから発売されているハイエンドモデルA40について解説していくで!, エントリーモデルのA10も聞き取りやすかったし、ASTROのマイクは安定しとるな!, MIXAMPを使わないとA40の良さが発揮できないので、A40の単品買いはオススメしません, Modkitでカスタマイズできるのも面白い!総合的に満足度の高いゲーミングヘッドセットじゃ!, Amazonで購入する際、損しとる可能性があるで!お得にデバイスを買いたいならチャージして買うべきじゃ!, 【HyperX Cloud Alpha レビュー】コスパに優れたロングセラーのゲーミングヘッドセット!, 【RAZER KRAKEN X レビュー】入門ゲーミングヘッドセットとしてオススメ!, 【beyerdynamic DT770 PRO 32Ω レビュー】ゲームでもしっかり使えるモニターヘッドホン!, 【JBL QUANTUM 100 レビュー】この音が3,000円?普通にヤバくね?【ゲーミングヘッドセット】, 【HiFiMAN HE400S レビュー】平面磁界ヘッドホンをゲームで使ってみた!, どーも!おたつです!ゲーミングデバイスが好きすぎて、買いまくる癖からレビューをはじめました!もういくら注ぎ込んだのか分かりません...(笑)ブログとYoutubeを通して、購入前の参考になる情報を発信してます!お仕事の依頼やレビュー依頼は、問い合わせ又はTwitterのDMにて受け付けています。, 【テレワークにオススメ!】アイケアモニターの実力を試した結果…目の疲れにくさを実感【BENQ GW2780T】, 【TaoTronics SoundLiberty 94】1万以下のワイヤレスイヤホンなのにANCまで搭載してるすごいやつ【TT-BH094】, 【beyerdynamic MMX300 2nd レビュー】音に包み込まれるゲーミングヘッドセット!, 【Logicool PROヘッドセット G-PHS-002 レビュー】品質◎PRO-Gドライバーの音が良い!【ゲーミングヘッドセット】, 【ASTRO A40 TR レビュー】ミックスアンプを使って自分好みに弄り倒すゲーミングヘッドセット!, Astro ゲーミングヘッドセット A40 TR Pro A40TR-002 ブラック ヘッドセット 有線 Dolby 5.1ch 3.5mm usb PS4/PC/Mac/Switch/スマホ 国内正規品 2年間メーカー保証, Astro ゲーミングヘッドセット A40 TR+MixAmp Pro TR A40TR-MAP-002 ブラック ミックスアンプ 付き ヘッドセット PS4/PC/Mac/Switch/ Dolby 5.1ch 3.5mm usb 国内正規品 2年間メーカー保証. Astro Gamingのゲーミング・ヘッドセット「Astro A40 TR」を購入したので、実機をレビューしていきます。買ったのは2019年の”TR”版で、第二世代のAstro A40と比較するといくつか改良が加えられているとのこと。, 今回はヘッドセットのみでMixAmp TRなしでのテストですが、ヘッドセットの音質は良いものの、結果的に言うとマイク部分でMixAmpなしのPC利用ではかなり厳しいなという印象だったので、メモしておきます。, Astro A40 TRは、2019年に日本でも発売されたゲーミング・ヘッドセットです。以前からe-sports市場でも採用されていることの多かったAstro Gamingの製品ですが、今回はAstro A40 TRのみで、MixAmpは購入せずに使ってみることにしました。, 理由は単純で、MixAmpとのセットが3万円を超えてくるのでゲーミングヘッドセットとしては手軽に購入できる価格ではないこと。ただAstro系ヘッドセットの評判としてはMixAmpありきといった感じなので、ヘッドセット単体でPCで使うとどういった印象なのか、試したかったというのはあります(まあ、MixAmpは後でも追加できますしね)。, まず第一に感じたのが、ヘッドセットとしては重い部類の製品であることでしょうか。公称の重量が約369gなので、どう装着しても長時間プレイしていると首が痛くなってきます。プロシーンでは7~10時間続けてプレイすることはまずないかと思うので問題ないはずですが、フルタイムのストリーマーだと8時間プレイはざらにあるので、どちらかと言えば集中して数時間プレイするゲーマーに向いているような気がしますね。重厚で高級感もあるヘッドセットなだけに、軽量化の余地はありそうです。, イヤーパッドはソフトな感触で、耳へのストレスはほとんどなく、ゲーミングヘッドッセットの中でもトップクラスに快適でした。重いのが少し惜しいですが、金属のスライダーを調整して頭にしっかり固定はできるので、はやりプロシーンを意識した仕様なのかなという印象です。, デフォルトのヘッドセットは開放型で、外音は聞こえますし、遮音性も低いです。密閉型のヘッドセットでマイクへ話すのが不自然に感じる(筆者はこのタイプ)方や、もともとオープンバックのヘッドフォンに慣れている方にはおすすめ。また別売りのA40 TR MOD KITを使えば密閉型にも変更できるので、カスタマイズ性の高さもAstro A40シリーズの人気の理由かと。, マイクやスピーカータグは取り外し可能。マイク用端子が両サイドにあるので、マイクは右にも左にも取り付けできます。またスピーカータグは外したままでも使えるため、ヘッドセットをより軽量化した状態で使いたい場合は外しても良いかもしれません。, 付属しているケーブルは2mのインラインミュートケーブルと、PC用の1.5mスプリッターが付属します。つまり有線で使うにはマザーボードや、マイク入力付端子付のオーディオインターフェース、アンプなどとつなぐことになるかと思います。, MODで交換できるパーツはスピーカータグ、イヤーパッド、ヘッドバンドのほかに、マイクもあります。, このMODマイクは付属のものとは性能が異なり、背景ノイズを効果的にカットするマイクになっており、MOD KITの価格は約5,000円と高いですが、Astro A40 TRを長期間使う予定であれば、投資してもよいのかもしれません。, 今回はMixAmpなしということで、マイクありの場合はASUS Z390-PLUS GAMINGのマザーボードI/Oに直接繋ぎ、マイクなしの場合はUSB DACアンプのOPPO HA-2を利用しました。MixAmpなしでは疑似サラウンドがありませんが、今回はステレオとソフトウェアでのDolby Atmos for headphonesも試しています。, やはりゲーミングヘッドセットということで低域が少しブーミーにチューニングされているようで、最近使っていたAudio-technica AD500Xほどの明るさや解像感はなく、どちらかと言えば中低域に量感があります。デフォルトのスピーカータグでは開放型でありながら音は抜け過ぎない印象を持っており、ただ多くのゲーミングヘッドセットのような密閉型ではないので、音が重すぎない点は良いです。これまでLogitech/Logicool、HyperX、ゼンハイザー、SteelSeriesといったブランドのヘッドセットを利用してきましたが、その中でもAstro A40 TRの音質はかなり良い印象を持ちました。, Astro A40 TR自体は3.5mm端子でマザーボードへ直接繋いでも十分音は良かったので、普通のゲーミング系マザーボードのI/Oに直でも、十分に楽しめるかと思います。ただOPPO HA-2を利用したほうが当然良かったので、マイクなしのヘッドセットとして使うならDACアンプを用意すると映画なんかも楽しめるかと。, MixAmpなしで惜しいのはブームマイクで、 PC用スプリッターを使ってマザーボードから直接マイク入力をすると、どうやっても入力音量が小さく、使い物になりませんでした。マイク音量を上げてもダメでしたし、ゲイン調整をすると今度は大量のノイズが乗ったので、よほど良いI/Oを積んでいるマザボでない限りは、直に繋いでブームマイクを利用するのはおすすめできません。, PCでもMixAmp Proを経由しているときはこういった問題は感じなかったので、マイクありのゲーミングヘッドセットとして使うのであれば、MixAmp Proありきといった印象を持ちました。Astro A40シリーズの評判はMixAmp TR Proありきな気もするので当然といえば当然ですが、ブームマイクが使えない場合は別に普通のHi-Fiヘッドフォンでも良いわけで。はやりMixAmpが必要だなと感じました。, 使い始めた印象はこんな感じで、まずはそこそこ重量があるのが1点目。トップクラスに快適なイヤーパッドとフィット感で実際の重量ほど重さは感じませんが、次期モデルが出るのであれば軽量化されれば完璧になりそう。, 個人的にマイクは別に用意しているので問題ありませんが、ヘッドセット1つでブームマイクも使うならMixAmpは必須かもしれませんね。全体的には最近のお気に入りゲーミングヘッドセットです。, 【レビュー】Microsoft Pro IntelliMouse、PixArt PAW3389 Pro-MS搭載のゲーミングマウス, 【レビュー】HyperX Cloud Flight, 30時間バッテリーの軽量ワイヤレス・ヘッドセット, 【レビュー】HyperX Cloud Flight S、ワイヤレス・ゲーミングヘッドセット, 【レビュー】Logicool G Pro X ゲーミング・ヘッドセット、Blue VO!CE搭載のマイク音質, 【レビュー】HyperX Alloy Origins、独自メカニカルスイッチ搭載のゲーミングキーボード.

ピーマン ベーコン チーズ レンジ, Ps4 クレジットカード 無効, ネコポス 伝票 電話番号, 電源ボタン陥没 直し 方, ハーマイオニー 杖 柔軟性, 4000円 プレゼント 女性, ピーマン ベーコン チーズ レンジ, かずのすけ 素肌しずく エイジング, Aタグ Onclick 複数,