あ Decrease font size. という情報は、以下ページに移動しました。 BitLocker が有効になっている Surface デバイスでセキュア ブートを有効にするには、次の手順を実行します。 方法 1 の説明に従って、Suspend-BitLocker コマンドレットを使用して BitLocker を一時停止し …  UEFI の セキュアブートの設定について: 変更方法や注意点など, ここを変更することで「セキュアブート」の「有効 /無効」が切り替わるのですが、それに気が付かなかった、というケースに何件か遭遇したので、このページを書き残した次第です。, BIOS起動後、表示を「Advanced Mode」に変更し、「Boot」タブを開きます。 どういう注意点があるのか? あ Increase font size. 更新履歴 [ 全て表示 戻す] 2016.11.23:前書き部分の文章校正の変更。後半の情報を別ページに遺贈。 2016.09.04: マザーボードのセキュアブート、CSM、Fast bootなどの情報を整理。 @advanceffort01, RaspberryPi4のBLEでLINE Simple Beaconを使った通知システム, Google Apps Script(GAS)でGoogleスプレッドシートからLINEに通知, PythonでAPIからの取得データをLINE MessagingAPIでLINE通知する, Raspberry Pi4 model Bで静止画スライドショー&動画のループ再生, Raspberry Pi4 modelB のOSインストール編(Windows10), 新しい記事を投稿しました。: RaspberryPi4のBLEでLINE Simple Beaconを使った通知システム https://t.co/zghyN28FBCのbleでline-simple-beaconを使った通知システム/, 新しい記事を投稿しました。: Google Apps Script(GAS)でGoogleスプレッドシートからLINEに通知 https://t.co/8WtCLmSvfVでgoogleスプレッドシートからlineに通知/, 新しい記事を投稿しました。: PythonでAPIからの取得データをLINE MessagingAPIでLINE通知する https://t.co/3GWcOFg0Oxでapiからの取得データをline-messagingapiでline通知する/, 新しい記事を投稿しました。: Raspberry Pi4 model Bで静止画スライドショー&動画のループ再生 https://t.co/NS867Oj6VZ静止画スライドショー&動画のループ再生/, 新しい記事を投稿しました。: Raspberry Pi4 modelB のOSインストール編(Windows10) https://t.co/rnqVfLPM6Aのosインストール編windows10/, Dellのアップデート失敗でBitLockerの暗号化解除して回復する手順【Win10 Home】. 2016.09.04: マザーボードのセキュアブート、CSM、Fast bootなどの情報を整理。 我が家のWindows10マシン、OS起動速度がいきなり約2倍になる (追記: その後更に早くなる)UEFI のセキュアブートを設定する(主にASUS製マザー)後になって分かる、あの時のPC不調の原因(P9X79 DeluxeのPCIe X16_1スロット)(個人的メモ)GTX1070が動かなかった時の記録とその原因GTX1070 + P9X79 Deluxe + Windows10 のビデオカード交換手順P9X79 Deluxe のドライバ更新。モッサリ解消、USB安定ヾ(*´Д`*)ノASUS P9X79 DeluxeのCステート設定を見直してみる, 関連カテゴリ: 「この要求を取り消す」をクリックします。, おそらく電話か登録メールを選択できたようですが、今度は登録メールを利用しました。お客様のメールアドレスのドメイン名から判断して、webメール(インターネットメール)のようだったので、お客様に、その旨を伝え、webメールにログインできるパスワードを教えていただき、マイクロソフトから送信されたセキュリティコードを入手しました。, そして、それを入力して無事、回復キーを取得するサイトへアクセスができました。(図10), ここで、表示された回復キーは全部で3種類あるので、図1にある回復キーIDが「2」から始まるものを回復キーとして図1の画面で入力し、無事にWindows10にログインできました。, これとは別件のBitLockerに関する依頼では、外付けUSB−HDDを接続して利用しているといきなりBitLockerが起動し、暗号化後、回復キーの保存または印刷を促され、印刷を選択して、印刷後の回復キーを入力してもロックが解除されないというトラブルに遭遇したお客様もいらっしゃいます。(現在、調査中), 個人的には、BitLockerの動作はかなり不安定な感じです。まず、不用意に有効化しないほうが無難です。つまり、BitLockerは無効にしておくことをお薦めします。PCの購入時にデフォルトで有効化されている場合もあるので無効化しておきましょう。といっても下手にさわるとロックされるかも。「触らぬ神にたたりなし」。現実には、そのままですかね。, どうしても利用する場合は、面倒ですが、マイクロソフトのサイトを参考に情報をある程度入手して利用しましょう。, 上記「3.BitLocker ドライブ暗号化の概要」によると、無効化しても、ドライブは暗号化された状態にあるようです。しかし、復号に関わるキーが暗号化されていないためシステムからそのキーにアクセスできるので暗号化されたドライブは意識せずに普通に読み書きできるとのことです。つまり、部屋の鍵が部屋の入り口にぶら下げてある状態が無効化の意味なのでしょう。, BitLockerが有効になっているかを確認。特に、Cドライブを確認する。暗号化されていればBitLockerを解除(無効化)しておく。サポート終了後再度BitLockerを有効にする。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, VirusTotal は、疑わしいファイルや URL を分析する無料のサービスです。ウイルス、ワーム、トロイの木馬、あらゆる種類のマルウェアを素早く検出できます。, 注意:アップロードしたファイルは、有料サービスにより他の組織等に利用されます。(解析目的)アップロードしたファイルの内容は漏洩することを前提にご利用ください。重要な情報が納められたファイルはアップロードしないようにご注意ください。, 福岡県小郡市でパソコンの困りごとを解決しています。パソコンの修理やサポート全般、安全なネットワーク構築、ホームページ制作、オープンソースソフトウェアの活用。, 図1:BIOSでsecure bootを無効化して、ログインすると、途中でBitLocker回復が表示された。回復モードに移行した。事前に、BitLockerを解除しておく。, 図3:サイイン画面(ログイン画面)で、マイクロソフトに登録しているお客様のメールアドレスを入力して、「次へ」をクリック。, 図8:お客様からの連絡を受け、セキュリティーコードを伝えてもらって、それを入力し「次へ」をクリック。これで、無事にログインできました。, 図10:無事に回復キーを取得できました。回復キーは3種類ありました。キーIDが表示されていたので、図1に表示されていた回復キーIDと同じもの(2から始まる)の回復キーを利用しました。, Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます), このページは、Let's EncryptによりSSL暗号化通信で保護されています。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 関連ページ DellのノートPCのアップデートで失敗を繰り返したので調べてみたところBitLockerの暗号化を解除することで正常にアップデートを実行することが出来ました。環境はWin10のHomeエディションです。コマンド操作ですがDellのBIOSのアップデートで引っかかった方の参考になれば幸いです。 2015.12.23: 再起動が2回必要な場合がある旨の追記, ASUS製のマザーボードにて、「セキュアブートの有効/無効」の切り替えをどうすれば良いか分からず迷っている人が意外と多いと感じたので、画像付きで紹介します。, ※セキュアブートに関する一般的な注意事項は以下ページに掲載しています。 BIOSでsecure bootを無効化して、ログインしようとすると、回復モードに移行し、「BitLockerの回復」画面が表示され、「回復キー」の入力を求められました。(事前に、BitLockerを無効化しておけば回復モードには移行しないようです。), お客様に「回復キーはご存知ですか?」と尋ねても、「えっ、それ何っ。」という顔をされるだけです。恐らくお客様は、BitLockerが何者で、さらにCドライブがBitLockerで暗号化されているなんて知りません。ほとんどのユーザは購入時にそんなところまで調べませんから。たぶん、販売員もそこまでは説明しないでしょう。, お客様が普通に使っていれば、「BitLocker」の回復キーを要求されるようなことはないはずです。, では、回復キーをどこから仕入れるか。そうです、図1に示されたURLにアクセスすればよさそうです。, 残念、このURLはリンク切れで、「見つかりません」となります。リダイレクトさえしていません。 (ちなみに、図1の画面に表示されている”回復キーID”なるものは、”回復キー”ではありません。”回復キー”は48桁の数字です。複数の回復キーを所有している場合、それらを区別するためのIDのようです。う〜?なんだかよくわかりません。), google先生に「bitlocker recovery key」でお尋ねすると、下記のサイトにたどり着きました。, https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4026181/windows-find-my-bitlocker-recovery-key, このサイトにアクセスすると、すぐに回復キーが取得できるわけではありません。それでは、セキュリティ 「ゼロ」です。何のための暗号化なのか、となりますね。, まず、お客様のメールアドレス(ログインID)(図3)とログインパスワード(図4)をうかがって、ログインすると、その前に、本人確認用のセキュリティコードの入力が要求されます。お客様のメールアドレスを指定すると、お客様のPC(今回修理にだされている本機)にメールが届くことになるので、もちろん、そのメールを読むことはできません。(この時点ではわからなかったのですが、お客様の登録メールはwebメールでした。したがって、webメールへアクセスするサイトのログインID(メールアドレスと同じ)、ログインパスワードがあればメールを読むことは可能でした。), そこで、「すべての情報が不明」(図5)をクリックして、「電話」(図7)を選択し、お客様の電話番号を入力しました。(もちろん、志義どっとPCの電話でもよかったのですが、お客様の登録情報が変更されると、あとあと面倒なのことになりそうなので、お客様の電話番号にしました。しかし、ここで指定する電話番号はその場限りの確認用だけのものだったかもしれません。), お客様にお願いして確認コードを私の方へ電話で伝えていただき、やっとログインできました。(図8), しかし、どうもこのとき、通常の手順(登録メールでの確認)ではなかったため、セキュリティ情報が変更されてしまいました。(図6)これが、あとあと影響を及ぼすのです。, 無事にログインしたので、回復キーを取得しようとリンク(回復キー取得)をクリックしました。, 残念。回復キーへのアクセスが拒否されました。これは図6にあるように、本来登録メールでセキュリティーコードを要求する設定になっていたものを、電話に切り替えたことで、セキュリティに関係する情報が更新されようとしているため(図9)なのでしょう。?おそらく。???, そこで、下の方にある「この要求を取り消す」をクリックするとセキュリティ情報を更新せずに現在のものを利用できるようです。 ▲クリックで拡大 Bitlockerはハードディスクを暗号化するWindowsの標準機能です。 今日はBitlockerを利用しているシステム管理者の方と共有したい情報をご報告します。Bitlockerはハードディスクを暗号化するWindowsの標準機能です。 treedown’s Report システム管理者に巻き起こる様々な事象を読者の貴方へ報告するブロ … ▲クリックで拡大 UEFI | 3930K+P9X79 Deluxe | ※多忙のためコメント欄は休止中, EaseUS Todo Backup の使い方: GPT Windowでクローンに失敗しない手順, 免責事項&お願い: 当サイトで紹介する情報で何らかの損害・損益・問題が発生しても、ソフトの製作者及び当サイトは如何なる責任も負いません。ご利用はご自分の判断・責任の元お願い致します。また、当サイトの情報を著作権を侵害する目的でご使用になるのはおやめください。大切なデータのバックアップ, パソコン技術の向上を目的にご活用下さい。, GPTディスクをクローンするとPCを起動できなくなる(一度取り外しただけでも起動できなくなる), Windowsでネット動画が見れない、Flash が再生できない・作動しない場合の対処方法, mp4 to mp3 converter・・・・m4aやmp4を簡単にmp3に変換, 我が家のWindows10マシン、OS起動速度がいきなり約2倍になる (追記: その後更に早くなる), 後になって分かる、あの時のPC不調の原因(P9X79 DeluxeのPCIe X16_1スロット), GTX1070 + P9X79 Deluxe + Windows10 のビデオカード交換手順, P9X79 Deluxe のドライバ更新。モッサリ解消、USB安定ヾ(*´Д`*)ノ, 選択肢は「Enabled」と「Disabled」 なので、セキュアブートの設定変更はあまり迷わない。, 「セキュアブート」は「Boot」タブにあり、選択肢は「OS Type」から「Windows UEFI mode」と「Other OS」のいずれかを選ぶようになっている。, 「Secure Boot」の設定を変更した場合、1回の再起動では設定が反映されない場合があるようです。. 「Windows UEFI mode」を選択すると、セキュアブートが有効になります。 → UEFI の セキュアブートについて: 変更方法や注意点など. 画面の中段あたりに「Secure Boot」の項目があります。, 「Secure Boot」を開いたところ 「Other OS」を選択すると、セキュアブートが無効になります。, セキュアブートはどういう機能を持っているのか? 有効・無効、どっちにすべきか? 様々なWebサービスの提供を行っております。主にCentOS、Python・PHP、Apache、PostgreSQL、AI・ディープラーニングやIOTなどの技術的なネタを中心に記載しております。, DellのノートPC(Windows10 HomeEdition)のCommand Updateでアップデートに何度も失敗して終わらなかったので理由を調べてみたところ、BitLockerを一時的に停止してください。とメッセージが出ていました。, Dell Latitude 7290/7390/7490 System BIOSのバージョン1.12.2のアップデートで引っかかりました。今までBitLockerでアップデートに失敗するような事は無かったのが不思議ですが。。(恐らくBIOS系のアップデートだと失敗するのかもしれません), マイコンピュータを開くと、システムドライブ(ドライブ C:)に南京錠のような鍵マークが表示されています。この鍵マークが付いているとBitLockerが有効になっています。これによってDellのアップデートが出来ないことがあるようです。, DellのUpdate画面に出たリンクよりBitLockerの設定画面を表示してみましたが、回復キーのバックアップしか操作項目が表示されませんので一切変更が出来ません。, このBitLockerですが、Windows10から導入され、Windows10 Professional Editionは画面上からGUI操作できるようですが、Home EditionではGUIでは表示されないようです。, そのため、コマンドプロンプトを管理者権限で実行してBitLockerを一時解除する事で、Dellのアップデートを失敗せずに完了させる方法を紹介します。, まずは、管理者権限でコマンドプロンプトを開きます。管理者として開くには右クリック→「その他」→「管理者として実行」とする必要があります。, 上記コマンドでBitLockerの現在の状態を確認する事が出来ます。実際にコマンドを打ってみると以下の通り表示されました。, ボリューム C:(Cドライブ)は「保護状態」を見ると、「保護はオンです」となっています。一方、ボリューム D:(外付けUSBメモリ)は「保護状態」を見ると、「保護はオフです」となっています。, アップデートの途中で失敗などして、ロックが掛かってしまうと回復できなくなる可能性があるので、一応回復キーを別メディアに記録しておきます。, 回復キーを表示させる方法はいくつかありますが、コマンドプロンプトを開いているので、コマンドにて表示させてみます。, 回復キーの表示コマンドは上記の通りです。最後のc:はドライブの指定ですので、任意のシステムドライブを指定してください。, BitLockerのロックを解除する方法は、いくつかあります。全てコマンドで実行が可能です。今回はDellのアップデートを通すだけですので、なるべくリスクの低い保護の一時中断を採用します。, 実際に中断すると以下のように、「ボリューム C: のキーの保護機能が無効になりました。」と表示されます。, システムドライブの保護機能が無効になると、上図のようにアップデートが実行出来るようになりますので、画面上からDellのアップデートを通常通り実行します。, ちなみに、中断した保護機能を再度設定しなおす必要があるかと思っていましたが、結果的に不要でした。, Dellのアップデート完了後、PCを再起動を促されたので再起動したところ、ロックを解除したcドライブは再度ロックされた状態で起動していました。, 一応これで全て正常にアップデート処理は完了しました。Dellのアップデートで失敗した場合は、こちらの対応で実行できる場合もありますので、参考にして頂けますと幸いです。, SDカードが破損していないか状態をチェックするおすすめソフト【Check Flash】, Advanceffort 技術系アカウント あ Reset font size. お客様のPCをメンテナンス中に遭遇したハプニング。 BIOSでsecure bootを無効化して、ログインしようとすると、回復モードに移行し、「BitLockerの回復」画面が表示され、「回復キー」の入力を求められました。(事前に、BitLockerを無効化しておけば回復モードには移行しないようです。

モンシロチョウ 幼虫 茶色 7, 日向坂46 マネージャー 求人 35, メダロット Bgm マリーゴールド 13, うさぎ 鼠径ヘルニア 手術 5, アートオブウォー3 アプリ 攻略 12, アームカバー 300 均 6, 仮面ライダーゼロワン 動画 フリドラ 5,