ベジータ. !三大超サイヤ人』では、人造人間13号と戦う。ベジータ、トランクスも参戦し人造人間14号、15号を撃破。14号、15号のパーツを取り込み大幅にパワーアップした13号に圧倒されるが、悟空は仲間たちの援護によって元気玉を完成させる。最後は超サイヤ人の状態で元気玉を吸収し、そのパワーを用いて合体13号の胴体を拳で貫き撃破した。, Z劇場版8作目『燃えつきろ! ミスターサタン・・・エイジ736年生まれ(48), ~クリリン一家~ !』では仲間たちと共にレース「天下一食おう会」に出場し、『ONE PIECE』の主人公 モンキー・D・ルフィ、『トリコ』の主人公トリコと共に競争する。3人が同時に到着し、会場でバトルロイヤル形式で3人が戦うこととなるが、それぞれ3人の決め技で同時にリング落ちになったため、優勝は一応リングに上がっていたミスター・サタンのものとなる。その後、全員で食事をしている最中に人のエネルギーを吸い取る伝説の魚アカミィが出現し、仲間たちのエネルギーを吸って巨大化し大暴れするが、3人の共闘でルフィとトリコのサポートもあり、元気玉と超サイヤ人3のかめはめ波で倒すことに成功した。, 『ドラゴンボールZ 絶望への反抗! トランクス・・エイジ766生まれ(18) !」『DRAGON BALL 第19巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1989年11月10日、, 鳥山明「其之二百二十四 孫悟空の静かな怒り」『DRAGON BALL 第19巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1989年11月10日、, 鳥山明「あぶない3倍界王拳!」『DRAGON BALL 第20巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1990年1月10日、, 鳥山明「其之二百七十九 不思議な孫悟空」『DRAGON BALL 第24巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1991年1月15日、, 鳥山明「危うし 最長老たち」『DRAGON BALL 第24巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1991年1月15日、, 鳥山明「其之二百八十三 ギニュー隊長おでまし! !残された超戦士・悟飯とトランクス』では仲間たちが見守る中でパオズ山の自宅で息を引き取る様子が描かれた。, 本編で明かされていない年齢は『DRAGON BALL 超エキサイティングガイド ストーリー編』より。, 年代は明確にされていないが、上記や破壊神ビルス編の原作である『神と神』での年代設定、および宇宙サバイバル編でベジータとブルマの娘であるブラが誕生したことを踏まえると、以下の内容はエイジ778からエイジ780の間の出来事になる。, 魔人ブウ戦から数年後、悟飯とビーデルが結婚した頃にはチチとセルゲーム前に交わした約束通り働いており、トラクターを運転し畑仕事をしている。親戚関係になったサタンから、彼が世界平和大賞を受賞した際に受け取った1億ゼニーをもらい、そのお金をチチに渡したことにより北の界王のもとに修行に行く許可をもらう。界王星での修行中、ブルマの誕生日パーティーのことを思い出すも元々パーティー[注 25]が苦手だと話し、ビルスのことを隠す界王の様子が気になるため行くのをやめた。しかしその後超サイヤ人ゴッドを探しに来たビルスと戦うことになり、超サイヤ人3になっても敵わず、たった2発の攻撃で重傷を負う。ビルスが地球へと飛び去った後、界王たちから止められながらも仲間たちのことを心配するなど劇場版『ドラゴンボールZ 神と神』以上に仲間思いな部分が出ていた。仙豆で全快して一度は界王に地球に行くなと言われるも隙を見て地球に瞬間移動し、遠くから仲間たちやビルスの様子を眺めていたが、いよいよビルスが地球を破壊しようとしたのでそれを止めるため、みんなの前に姿を現した。ブルマがビンゴ大会の景品として集めていたドラゴンボールを使って神龍を呼び出して超サイヤ人ゴッドを作り出す方法を知り、悟飯、悟天、ベジータ、トランクス、ビーデル(お腹に宿したパン)の5人の協力もあり超サイヤ人ゴッドへと変化する。超サイヤ人ゴッドになって善戦するも、結局はビルスには敵わなかったが、ビルスが悟空や地球を気に入ったことで難を逃れた。, パンが生まれた後は仕方なく仕事を再開していたが、ベジータがウイスのもとで修行していることを知ると、自分も修行してもらおうとチチの目を盗んで強引にウイスについて行く。ウイスから「自分についてきて良かったのか?」と聞かれた際、「チチならわかってくれる」と答え、夫婦としての信頼を見せていた[注 26]。ウイスの下での修業の際に新しいデザインの道着を新調している。この道着はベジータの新型戦闘服と共に、ブルマの指令によってカプセルコーポレーションの開発部が特殊な生地で作成したもの[30]で、ウイスから受け取った。左胸には組み手の最中、気付かぬうちに落書きされたウイスのサインが描かれている。, ウイスに神の次元の力を完全に制御する方法を教わったことで「超サイヤ人ゴッド超サイヤ人(超サイヤ人ブルー)」に変身できるようになった。ブルマから復活したフリーザが地球を襲っていることを知らされ、さらに重傷を負っていた悟飯の気を感じて瞬間移動で地球に帰還し、ゴールデンフリーザになったフリーザと激突する。最初こそ苦戦していたもののフリーザの弱点を見抜いて形勢逆転し、帰るよう忠告する。しかし超サイヤ人ゴッド超サイヤ人(超サイヤ人ブルー)の変身を解いた途端、隠れていたフリーザの部下のソルベによる光線で重傷を負い、ピンチに追い込まれたところをベジータに救われる。追いつめられたフリーザは悟空の仲間たちごと地球を破壊し、フリーザに情けをかけたことを後悔するが、ウイスの計らいで地球が破壊される前の時間を戻してもらい、甘さを捨てた全力のかめはめ波でフリーザを地獄へ送り返した。, ベジータと共にウイスとビルスの元に戻り、修行を行っていた。そこに破壊神シャンパとヴァドスが現れ、「破壊神選抜格闘試合」を提案され、悟空は喜んで出場を決める。団体戦であるためチームメイトとしてブウとピッコロをスカウトした後で[注 27]ベジータと共に精神と時の部屋で3日(3年間)修業し、破壊神選抜格闘試合に出場。1番手として出場し、初戦のボタモ戦では攻撃が通用せず苦戦したが、足払いしてボタモを転ばせた後、場外に背負い投げして勝利。続くフロストとの戦いでは超サイヤ人になって圧倒したが、毒針を受けて意識がもうろうとして場外負けを喫する。後にフロストの毒針が不正であることが発覚したため、復帰が認められた。, ヒットとの戦いでは、0.1秒の時とばしの能力を攻略した後で超サイヤ人ブルーに変身しヒットを圧倒するが、ヒットも戦いの中で成長したことで追い詰められる。本来はビルスとの再戦で使う予定だった超サイヤ人ブルーでの界王拳を使用[注 28]。界王拳を10倍に引き上げヒットと互角以上に戦うが、ヒットは殺し屋だから、殺しの技を使わないと本気を出せないことに気付き、ビルスにルールの撤廃を提案する。ビルスとシャンパが揉めている間に、ヒットに「また再戦しようぜ」と言い、自ら場外に降りた。この後全王と知り合い、全宇宙格闘試合を提案する。漫画版ではブルーの消耗を抑える目的で敢えてゴッドを使用。ヒットがフルパワーを出した際に初めてブルーに変身した。自ら場外に落ちたのはモナカの試合が見たいからという理由も兼ねてのこと。, ベジータから最初から本気で戦わない悪い癖があると指摘されているが、これに関して本人は「超サイヤ人ブルーはエネルギーの消費が激しいから」と語っている。, 超サイヤ人ブルーで界王拳を使った影響で遅発性乱気症にかかり、一時期修行を辞め、ピッコロたちと共に孫のパンの面倒を見ていた。遅発性乱気症が治った後は界王星で修行していたが、複製ベジータの気を感じてポトフ星に駆けつける。超サイヤ人ブルーに変身した複製ベジータと互角に戦っていたが、モナカが超人水の核を踏んで複製が苦しんだ隙を見てかめはめ波で仕留め、ベジータを救った。, 再びベジータと共にウイスのもとで修行していたが、ブルマから未来の世界からトランクスが来たと聞いて驚き、ベジータ、ウイス、ビルスと共に地球に帰還。仙豆をトランクスにあげたが、ゴクウブラックと間違えられ殴られそうになる。誤解が解けてブラックの事情を知るが、突然ブラックが現代に現れ超サイヤ人2で応戦。ブラックが時空の歪みで未来に引き込まれたため、決着は着かなかった。漫画版ではブラックが襲来してこないほか、トランクスが超サイヤ人3に匹敵するパワーアップを遂げていたため悟空も超サイヤ人3やゴッドで応戦した。, ビルス、ウイスと共に第10宇宙に向かい、ブラックと同じ気を持つ界王神見習いのザマスと手合わせをするが、このことによってザマスは悟空の強さを危険視する。漫画版では悟空は今後の展開含め一度も現代のザマスとは会っておらず、ザマスが悟空のことを知った理由もこの試合の際にシンがうっかり悟空の名前を出してしまったため。, その後ベジータ、トランクスと共に未来に行きブラックと再戦するが、ブラックは超サイヤ人ロゼに変身。さらに超ドラゴンボールによって不死身になったザマスも加勢。ブラックの黒いかめはめ波を受けて敗北。マイによって現代に敗走させられた。二度目に未来に来た時にブラックの正体を聞き、さらにチチと悟天がブラックに殺されたことを知り激昂しブラックを攻撃したが、ブラックとザマスを倒せず重傷を負い、現代に再び敗走する。漫画版ではズノーの密告によりゴクウブラックの正体が最初からばれており、ゴクウブラックと悟空が未来世界で初めて対面した際には「なんだか妙な気分だ」と驚いていた。未来世界では不死身の未来ザマスと対決。しかし、未来ザマスの物を奪う能力、燃やす能力などの界王神としての能力に苦戦し、トランクスやマイのおかげで現代に敗走した。, 現代に戻り不死身の未来ザマスを倒す方法としてピッコロから「魔封波」の使用を提案され、亀仙人の下を訪れ魔封波を習得する。しかし悟空自身は魔封波を使うことなくザマスと応戦。代わりにトランクスがザマスに対して使用するが、悟空が封印の札を忘れたために封印に失敗する。漫画版では魔封波で体力を使ったため超サイヤ人ブルーでは体が持たず超サイヤ人ゴッドになって戦うが、それでも未来ザマスを圧倒し追い詰める。, 合体ザマスとの戦いではかめはめ波と界王拳で応戦したが、背中の光輪を壊すのがやっとだった。そこで未来に駆けつけた界王神からポタラをもらい、ベジータと合体してベジットになって戦う。ファイナルかめはめ波で止めを刺そうとしたが合体が解け(漫画版では解除後もブルーを完成させることで合体ザマスと互角に渡り合ったが、体力消耗やザマスの攻撃などで悟空の体力が先に尽き)、さらにトランクスによって止めを刺されたザマスが霧になって(漫画版では不死身体質のため)生き延びても超サイヤ人ブルーに変身することが不可能になる。成す術がなくなり未来世界の全王を呼び出すが、全王が未来世界の消滅を始めたため、タイムマシンで現代に帰還。その後未来世界の全王を連れて、現代の全王に友達として紹介した。, 平和な日常を送っていたが、強盗との戦いで右腕に擦り傷ができ、修行不足を痛感。ウイスのもとで修行するが、ビルスの一言で全王との間に全宇宙格闘試合の開催を約束していたことを思い出し、全王のもとに行き開催を要望するも全王が宇宙が多すぎるから減らそうと考えていることは知らずに承諾を得てしまい、2人の全王と大神官が話し合いで決めた負けた宇宙は即消滅させられるというルールに驚き、全王に宇宙消滅はなしにしてもらうよう頼もうとするもビルスたちに機嫌を損ねるからやめろと止められる。このことで責任を感じ[注 29][注 30]、未来の全王が悟空たちの実力を見るために全覧試合のメンバーに悟飯[注 31]とブウを加えて第9宇宙の戦士と試合をする。, 第3試合ではベルガモと対戦し、彼の策略によって宇宙消滅のルールで冷静さを失った神々に批判されるが、それでもなお気にせずにベルガモとの戦いを続ける。彼の能力の前に一度は苦戦するが、その能力を使用した際の弱点を見抜いた上で更なる機転を利かし、最終的には超サイヤ人ブルーでの界王拳を使用したかめはめ波によって勝利する。, 勝利後は全宇宙の界王神たちの前で宣戦布告し、それを聞いていた第11宇宙の戦士であるトッポから戦いを挑まれる(漫画版では大神官の命令で試合を始め、トッポに戦意はない)。お互いが本気を出して戦ったが、どちらかが死んでしまうという危険から大神官によって戦いを中断される(漫画版では命の危険を感じる状況には全くならず、トッポが勝利した)。その後トッポから、灰色のジレンというさらに強い存在がいると聞く。, 地球に帰還した後は力の大会に出場する仲間探しに明け暮れる。その最中に人造人間17号の居場所を聞くために神様の神殿に寄って、そこで17号がいる島の近くに魔人ブウの生まれ変わりであるウーブが住んでいることを知り、いずれ力の使い方を教えることを決める。天津飯と亀仙人をメンバーに加えて出場選手を確定させた後は悟飯と対決して力を確かめ合い、悟飯を第7宇宙チームのリーダーに指名する。その後、メンバーの一人として数えていたブウが休眠したことで、代役としてフリーザを加えることを決意。閻魔大王のもとへ瞬間移動し地獄に送り届けてもらい、フリーザと対面し力の大会で第7宇宙が勝利したらドラゴンボールで甦らせるという条件をのみメンバー入りを承諾させる。, 力の大会では、単独で第4宇宙の代表戦士ニンクを、続いて単独で第9宇宙の代表戦士チャッピルとコンフリーおよび、ベジータとの共闘でトリオ・デ・デンジャーズを、次に単独で第6宇宙の代表戦士カリフラとケールを、第2宇宙の代表戦士ザーロインとラバンラ、ザーブトを、第7宇宙戦士全員で第3宇宙の合体戦士アニラーザを倒したが、第11宇宙の代表戦士ジレンとの対戦では死闘の末にフリーザと協力してジレン共々場外へ落ちて脱落した。それでも17号が生き残ったことで第7宇宙の優勝で終わらせることに成功し、大会終了後は更なる強さを求めてベジータと共に再び修業を始める。, 漫画版では上記の選手の大半とは戦っておらず、ディスポ、トッポ、ケールなどと対戦。ジレン戦の最中に亀仙人の助言によって身勝手の極意のきっかけを掴み、ジレンとの対決を通じて身勝手の極意(兆)に覚醒する。しかし、完全に使いこなしたわけではないため解除され危機に陥り、最終手段としてベジータとウイスの修行のときにした共闘をし、ベジータ脱落後も17号とフリーザの作戦(フリーザの体当たりによりフリーザ自身と自分もろともジレンを場外に落とすことと17号が最後まで隠れること)があったため勝利した。, 大会終了後にブロリー騒動を経て惑星バンパから帰還し、ベジータと共に修業を始めるが、魔人ブウの件でサタンから連絡が入る。ブウを連れ去ろうとする銀河パトロール隊を止めようとするが、隊員のメルスに隙を突かれて眠らされ、銀河パトロール本部まで連れて行かれる。そして脱獄囚モロの捕獲に協力するよう頼まれ、一時的に銀河パトロール特別隊員に任命される。モロ戦ではベジータもろともモロに気を吸われた。魔人ブウの加勢もあって回復し、モロに再戦を仕掛けたが、ナメック星のドラゴンボールの3つ目の願いで脱獄囚に加勢され、さらにモロに気を吸われて苦戦を強いられる。敗走した後はメルスのもとで身勝手の極意を再習得する修行に挑む。, 神殿にてウーブの卒業試験終了後、ピラフ一味の手により究極ドラゴンボールの力で12歳の子供の姿[31]になってしまうものの、本人はあまり気にしていない。ブルマからは「懐かしい姿」、地獄に現れたセルとフリーザからは「可愛くなった」と嫌味で評されていた。今作では、『Z』と比べると肌が少々黒くなっている。体が小さいのが原因で瞬間移動ができなかったり、超サイヤ人3の変身時間が急激に減退したりしたが、のちに超サイヤ人4へ変身することにより克服される。子供の身体のときは大人の時より性格が子供っぽくなっている部分もある。悟空いわくブウ以上の強さであるリルド将軍第一形態と互角に戦ったり、地獄のセルやフリーザと同時に闘ってあしらうなど戦闘力の減少自体は無い様子。ベビーの全宇宙ツフル化計画を阻止するため、以前、地球の神様により二度と生えなくされた尻尾を、さらなる潜在能力を引き出すため再び生やすことを老界王神が思いつく。自然と尻尾が生えるのを促すため、巨大な石臼でコーヒー豆を轢かせる修行を行ったが、時間が無いためスー五郎が変化した大きなやっとこを使い、老界王神らの力を借りて生えかけの尻尾を無理矢理引っ張り出すことにより再び生やすことに成功。生えた尻尾と満月状態の地球により超サイヤ人4へと変身する。超サイヤ人に変身した際、尻尾を覆う毛は髪などと同様、金色に光っている。その後、超17号や邪悪龍との闘いを経て、ドラゴンボールの無い世界で人々が強く生きていけることを願いつつ、神龍の背中でドラゴンボールを吸収したあと姿を消し、神龍、ドラゴンボールと共に、けして人の辿り着けないところへ旅立つ[32]。なお、第63話で一星龍の攻撃を受け深い穴の底に沈むが、そこからは、それまでと違い、どんな攻撃も寄せ付けないオーラのようなものを纏っている[32]。, 100年後には孫悟空Jr.と呼ばれる悟空と同名の人物が子孫として登場している。また、地球のヒーローとされているミスター・サタンと共に、天下一武道会で数々の名勝負を繰り広げた選手として悟空の巨大な像が天下一武道会の会場に建てられている。100年後が舞台になったテレビスペシャルのエピソードでは、パンの病気を治すためにパオズ山にやってきた悟空Jr.の前に悟空が登場して会話を交わした後に姿を消しており、最終話では、悟空Jr.とベジータの子孫による天下一武道会での試合を大人の姿となり見物し、会場内を歩いてから空へと去っている。また、この時代にはドラゴンボールも存在していた。, 悟空が子供になり、それに伴い瞬間移動も使えなくなったのは、次世代の子供であるパンたちの物語に、悟空をどう絡ませるかを考えたとき、本作の段階で孫悟空はすでに50歳代となり、強くなりすぎて成長を描くことが難しかったことと、あえて悟空を子供に戻して様々な制限を設けたほうがドラゴンボール探しで宇宙を旅する冒険の幅も膨らむだろうという理由から[33][34][35]。, 悟空が結局どうなったのかについては、明言はされていない。ベジータ、ピッコロ、亀仙人は何かを察していたようだが、作中で語られることはなかった。悟空は生きているのか死んでいるのかわからないというイメージのラストシーンは『ドラゴンボールGT』を立ち上げた時から決められており、「あったけえな…神龍の背中」という台詞は、かなり以前の段階から発案され、最終話(第64話)のために暖められていた[35]。脚本担当の前川は一星龍の攻撃で深い穴の底に沈んでからのことについて「そこで死んだのかもしれないし、そうでない別のものになったのかも知れない。その判断は、ご覧になられた皆さんの想像に、おまかせします」とコメントしている[32]。また、ベジータだけが唯一その行き先に気付いていると語っており、「私の勝手な想像では、もしかしたらチチのところにだけは、たまにフラっと姿を見せに来ているかも知れない」とコメントしている[32]。, 劇場版20作品に全てに登場。仲間たちが倒れた後にボス格の敵キャラクターと戦い勝利する役回りが多いが、悟空が死亡している作品では、息子である悟飯、悟天を激励したり、全く本筋に絡まない作品もある。, Z劇場版1作目『ドラゴンボールZ』では悟飯を助けるためガーリック城へと駆けつける。ジンジャー、ニッキーを倒し、ピッコロとともにガーリックJr.と戦った。, Z劇場版2作目『この世で一番強いヤツ』では、「この世で一番強いヤツ」としてDr.ウィローに狙われる。バイオ戦士3人を倒すも、洗脳されたピッコロと戦うこととなる。最後は地球の人々の力で生み出した元気玉でDr.ウィローが放ったエネルギー波を貫き、ウィローを撃破した。, Z劇場版3作目『地球まるごと超決戦』では、ターレス軍団を実質1人で撃破するが、神精樹の実を食べたターレスに追い詰められ、1度は元気玉を破られる。しかし、神精樹から気を集めた元気玉でターレスのエネルギー波を押し返し勝利する。, Z劇場版4作目『超サイヤ人だ孫悟空』では、冒頭でクリリンとともにスラッグ軍団の宇宙船の軌道をそらそうと試みるも失敗する。その後、クリリンとともに悟飯、ピッコロのもとに駆けつけ、アンギラとメダマッチャを倒し、一時的に疑似超サイヤ人に変身してスラッグを追い詰めるが、巨大化したスラッグの攻撃で力尽きる。その後ピッコロからパワーを与えられて形勢逆転し、スラッグの胴体を貫いて追い詰め、最後は太陽の気を集めた元気玉でスラッグを消滅させた。, Z劇場版5作目『とびっきりの最強対最強』では、クウラの攻撃から悟飯を庇って負傷する。仙豆によって復活してクウラと戦うも、最終形態のクウラに追い詰められる。だが、超サイヤ人に変身したことで形勢を逆転させた。劣勢を悟り、地球ごと悟空を消滅させようと放ったクウラのエネルギー弾を悟空はすんでのところでかめはめ波で押し返し、逆にクウラを太陽まで吹き飛ばし勝利した。, Z劇場版6作目『激突!

ゲトラグ Dct オイル交換 39, 演劇 台本 書き方 7, đề Jlpt N3 17, Kat Tun Dvd おすすめ 14, バイオハザードre3 カルロス モデル 4, 富士通パソコン リペア ボタン 6, Flawless Perfect 違い 4, ワンタッチタープ サイドシート 自作 9, Ideapad Slim 150 メモリ 増設 9, オートフィル 書式なし スプレッドシート 7, 松田翔太 髪型 Cm 5, Ryzen X570 Mini Itx 6, Game Dvr 再インストール 5, 会 正義 四字熟語 4, Closedxml 書式 コピー 49, 川越 喪服 レンタル 5, Smart Keyboard Folio 違い 18, 車検 フォグランプ 外す 6, マイクラ サーバー コマンドプロンプト 5, 脱腸 何科に 行く 14, ヤマハ Pas ホイール交換 56, N高 スクーリング 服装 25, Windows10 アップデート後印刷 できない 8, 犬 トリミング後 舐める 5, セーブ エディター ダウンロード版 11, 黒い砂漠 サブキャラ おすすめ 職 6, 平成30 年度 不動産 業 経常利益 4, 財布 内側 風水 13,