楽しいバイクパッキングではテント選びが重要になります。一口にテントといっても、持ち運びしやすい小さく軽量なものから、居住性を大事にした遮音性や耐風性能の高いものなどさまざまです。ここではバイクパッキング用に使えるおすすめのテントを紹介していきましょう。 バイクに積載できるコンパクトさが魅力の 「ツーリングテント」 や、ポールの数が1本で設営簡単&収納時もコンパクトになる 「ワンポールテント」 という種類をおすすめします。 バイクのツーリングの際などにするソロキャンプが密かにブームになっています。そんなソロキャンプの際にテントは必需品です。テントには大きいものから軽量の物、おしゃれなデザインのものまで幅広くあります。そこで今回はソロキャンプ用テントの人気おすすめランキングを紹介。 バイクの積載、キャンプスタイルに合わせて選択肢があるので、自分のスタイルに合わせてチェックしてみてください。 ワンタッチテントのキャンプツーリングへの持ち出しやすさはここ数年で劇的に上 … 自転車やバイクでキャンプをするときに活躍するのがツーリングテント。軽量かつコンパクトであることはもちろん、設営のしやすさや快適に過ごせるかどうかも重要です。そこで今回はツーリングテントのおすすめモデルと選び方をご紹介します。 ファミリーに人気のロゴス。3ルームの大きなテントから、ソロキャンプ向けのテントも幅広く扱っています。ツーリング向けテントには、組み立てのしやすいものや、前室にバイクを置けるワイドタイプなど、豊富な種類からニーズに合ったものを選べます。 冬キャンプでも活躍する雪上での軽快性!KEENの新作スノーブーツ「レヴェルⅣ」が雪をより楽しく, いつもと違う、渋谷発のキャンプ。折りたたみ自転車とトレーラーでまったり旅【キャンプ×自転車】, アンドワンダーが考えるキャンプ・スタイル。外遊びで「一番かっこいい服」を着るということ, 焚き火マイスター猪野正哉さん、ヘリーハンセンを語る。トップスタイリストの愛用で確信した「特別感」, 【キャンプトレンド最前線】人気セレクトショップ「パーヴェイヤーズ」。2021年ヒットギア予想!. バイク用、ツーリング用と名が付いているテントでも収納幅が50cm超える商品が多い中、バイクツーリングテント1は収納幅を45cmに抑えています。 さらに、それぞれのテントパーツに収納袋が付いているので、分割して収納することも可能です。 キャンプ場によっては、1,000円以内、中には無料のスポットもあるので、テントさえあれば、ある程度快適に睡眠することができるのです! 楽しいバイクパッキングではテント選びが重要になります。一口にテントといっても、持ち運びしやすい小さく軽量なものから、居住性を大事にした遮音性や耐風性能の高いものなどさまざまです。ここではバイクパッキング用に使えるおすすめのテントを紹介していきましょう。 ソロキャンプも人気のあるおすすめのスタイルです。ソロといえばバイクでのキャンプツーリングをされる方が圧倒的に多いですね。テントも軽量でコンパクトに収納でき、簡単に設営できるタイプのものが多く出てきているのでキャンプツーリングには嬉しいです。 ソロキャンプとは、周りに気を使うこともなく、一人の時間を楽しむキャンプスタイル☆でも1人... いかがでしたか?ツーリングキャンプでは、まずツーリングテントのチョイスが大事な第一歩です。キャンプ用品をしっかり選んで、ツーリングと同じぐらい、キャンプも楽しんでください。▼こちらの記事も読まれています。. 楽天市場-「バイク テント」7,471件 人気の商品を価格比較・ランキング・レビュー・口コミで検討できます。ご購入でポイント取得がお得。セール商品・送料無料商品も多数。「あす楽」なら翌日お届けも … 僕はキャンプ歴6年になるのですが、未だに初心者の頃に使っていたテントがあります。初心者やバイクツーリングにおすすめな安くて良いテントを大公開します。 【2020年版】ツーリングテントのおすすめ22選。人気メーカーのモデルをピックアップ. 近年盛り上がりを見せているバイクでのキャンプツーリング。満喫するには道具・アイテム選びが重要なポイントになります。日本生まれのアウトドアブランド・モンベルの広報さんに、寝袋やテント等の道具やアイテムの選び方を聞いたほか、おすすめ製品と使用感をレポートします。 1 バイクキャンプ!ツーリングテント「2万円以下」おすすめ8選! 1.1 コールマン(Coleman):ツーリングドームST1~2人用; 1.2 DOD:ライダースワンタッチテント; 1.3 DOD:ライダーズワンポールテント; 1.4 BUNDOK(バンドック):ソロベース BDK-79TC パップテント 近年盛り上がりを見せているバイクでのキャンプツーリング。満喫するには道具・アイテム選びが重要なポイントになります。日本生まれのアウトドアブランド・モンベルの広報さんに、寝袋やテント等の道具やアイテムの選び方を聞いたほか、おすすめ製品と使用感をレポートします。 キャンプをする上での3種の神器、テント、シュラフ、マットを揃えたら、次に必要なものは「バイク用のシートバック」です。 キャンプツーリングに必要なグッズを、バイクへの積載を前提に安定的に積むとなると、やはりバイク用のシートバック一番です。 1 バイクキャンプ!ツーリングテント「2万円以下」おすすめ8選! 1.1 コールマン(Coleman):ツーリングドームST1~2人用; 1.2 DOD:ライダースワンタッチテント; 1.3 DOD:ライダーズワンポールテント; 1.4 BUNDOK(バンドック):ソロベース BDK-79TC パップテント 最近バイクパッキングと言われるロードバイクを使用したキャンプツーリングの動きがあります。今回紹介するのはロードバイクも含めたキャリアをつけたキャンプツーリング=テント泊を活用した自転車旅行でのテント泊装備のまとめです。自転車旅行、キャンプツ バイクツーリングキャンプの際にはバイクと一緒に寝たい。その夢叶えます。ワンタッチで寝室、バイク収納スペース、リビングスペースが完成するバイクツーリング用2ルームテントです。 ロードバイクやマウンテンバイクでキャンプを楽しむ自転車ツーリング。エコでアドベンチャーなレジャーですが、テントはいくつかのポイントを意識して選ぶ必要があります。今回は自転車ツーリングでのテント選びのポイントと、おすすめのテントを紹介します。 テントを積んで自転車で長期間の旅をしてみませんか?長期間の自転車旅では、毎日宿に泊まって... 荷物が限られるツーリングキャンプでまっさきに考えるべきは、テントの軽量性とコンパクト性。全体の荷物の中でも重さ・大きさともにかなりのウェイトを占めるテントは、少しの違いが持ち運びやすさに大きく影響します。軽量性に関しては、ツーリングへの影響も最小限にするために、テントの重量は4〜5kg以内を目安にしましょう。また、コンパクト性に関しては、もちろんバイクの種類にもよりますが、バイクの積荷は荷台から左右15cm以内に収まることが必須のため、テントの収納サイズは横幅60cm程度に収まるように選びましょう。, テントでの睡眠が快適か不快かを決めるのは、概ね、通気性と結露の起きやすさの2点です。まず、通気性に関しては、テント内の空気を循環させるベンチレーション(換気口)が付いているかを確認する必要があります。ベンチレーションがしっかりと機能していないとテント内が蒸し風呂状態になってしまい、快適には過ごせません。次に結露の起きやすさ。結露とは、テントの内側に水滴ができることです。ひどい時はシュラフがビチョビチョになることも。そんな結露を防ぐためには、「ダブルウォール」のテントを選ぶようにしましょう!, 「ダブルウォール」とは、テントがフライシートとインナーテントの2つで形成されているタイプのこと。フライシートとインナーテントの間に空気の層ができることで、外気との温度・湿度の差を最小限に抑えることができます。, ツーリングをメインとするツーリングキャンプは、日が沈みかける頃にキャンプ場に着くことも多くなります。もしも暗くなってしまった場合、設営のしにくいテントだと、想像以上に時間と体力を要することになります。ツーリングもキャンプもどちらも最大限楽しむために、設営のしやすい自立型テント、あるいはワンタッチテント・ポップアップテントから選ぶと良いでしょう。, 前室の大きいテントでは、前室に荷物を置くことができるだけでなく、前室をタープ代わりにすることも!簡単な料理を作ることも可能です。ツーリングテントの中には、前室スペースにバイクを収納できるタイプもあり、雨除けや防犯として機能するので何かと便利。, 定番5つのツーリングテントの比較ポイントを挙げてみました!おおまかに、設営のしやすさ、前室の広さ、価格の3つで比較すると、下記のようになります。・バランスの良いツーリングテントがほしい→コールマン・夏季用のツーリングテントがほしい→ビジョンピークス・吊り下げ式で簡単設営、収納性にもこだわりたい→モンベル・とにかくリーズナブルなツーリングテントがほしい→バンドック・ワンタッチで設営・撤収をスムーズにしたい→DOD, コンパクトでありながらも、比較的広い前室が特徴。自立式のテントなので、設営が楽なのもうれしいところ♪低価格でありながら、軽量性、コンパクト性にも優れており、バランスが良く、迷ったらコレ!といえるテントです。【基本情報】使用時サイズ:幅210×奥行100×高さ120cm収納時サイズ:直径23×54cm重量:2,300gレンタル価格を見る >, 夏季にツーリングキャンプをされる方が多いと思いますが、まさに夏季の使用に最適なテント!メッシュ窓が多く、インナーテントの前後、フライシートの前室の左右がメッシュになるので、通気性抜群です!【基本情報】使用サイズ:約305×210×100cm収納サイズ:直径18×45cm重量:約3,700g, 月明かりの下でも素早く設営ができると言われるほど、簡単な設営が特徴。コンパクトながら、靴などが置ける前室スペースもしっかり確保することができます。【基本情報】使用時サイズ:220×110×110cm収納時サイズ:直径15×40cm重量:2,300gレンタル価格を見る >, コスパ抜群のツーリング用テントです。ドーム型になっており、設営も簡単、耐水圧やUV加工も十分で、5,000円寂とは思えないコスパ抜群のテントです!【基本情報】使用サイズ:210×200×115cm収納サイズ:46×13.5×13.5cm重量:2,300g, 折り畳み傘のように収納されているので、開くだけで設営が完了してしまうワンタッチテント。ツーリングキャンプにフォーカスして、収納サイズまでこだわったのがこのタイプです!【基本情報】使用時サイズ:220×178×120(h)cm収納時サイズ:直径17×56cm重量:2,100g, フライシートが天井のみのハーフフライになっているので、通気性に優れたモデル。前室がなく、雨風や寒さには弱いので、使用は夏場の晴れの日に限定されます。【基本情報】使用時サイズ:210×100×110cm収納時サイズ:52×12×12cm重量:2,400g, 前室が広いの出入りが楽なロゴスの一人用ドームテント。カモフラ柄がおしゃれで、軍用アイテムを使う方に相性ピッタリのテントです!【基本情報】使用サイズ:210×170×100cm収納サイズ:37×18×18cm重量:2,500g, 比較的コンパクトなドーム型テントです。吊り下げ式なので、より設営が簡単で、雨天時もインナーテントを濡らさずに撤収が行えます。【基本情報】使用サイズ:202×105×103cm収納サイズ:重量:1,090g, 長年多くの登山家から愛用されてきたモンベルのステラリッジテント。登山などの過酷な環境下にも耐える耐久性が魅力です。別売りのスノーフライやグラウンドシートを使用すれば雨や雪の日にもしっかり対応できます。【基本情報】使用サイズ:直径210×110cm収納サイズ:直径16×33㎝重量:2,140g, 災害時の備えとして常時携帯できるツェルトです。ポールが無い分、収納サイズは350mL缶と同じくらいの大きさまでコンパクトになります!それでいて通気性の良い素材を使用していて、過ごしやすさも◎。【基本情報】使用サイズ:間口80×奥行200×高さ90cm重量:230g, フレームおスリーブに通して立てるだけの簡単設営が魅力のアライテント。別売りのオプションを使用することで、冬登山などの過酷な環境にも耐えられます。【基本情報】使用時サイズ:100×205×100cm収納時サイズ:直径14×29㎝重量:1,360g, こちらもモンベルのステラリッジテントやアライテントのエアライズと同じく山岳用のテントになります。軽さを追求したモデルになっているので、耐久性の面では劣るかもしれませんが、ツーリングキャンプで使用するには十分な耐水圧を持っているので、安心です。【基本情報】使用サイズ:間口205×奥行90×高さ100cm収納サイズ:・本体 25×直径14cm・ポール 37×直径5.4cm重量:1,210g, プロモンテと同じエイチシーエス社が手掛けるダンロップは、プロモンテよりも軽さの面では劣りますが、その分耐久性に優れたモデルになります。【基本情報】使用サイズ:間口210×奥行150×高さ115cm収納サイズ:42cm×20cm重量:約2,400g, インナーテントがメッシュ素材になっているので、蒸れなどなく、通気性が抜群のソロ用テントです。夏場のツーリングキャンプにはおすすめです!【基本情報】使用サイズ:200×150×110cm収納サイズ:38×15×15cm重量:1,880g, 名前の通り前室がワイドになっているので、キャンプ用品一式をテントに横付けすることが可能なツーリングテントです。前室下にチェアを置くことができるので、タープが不要で荷物のスタイリッシュ化が可能!【基本情報】使用時サイズ:340×210×125(h)cm収納時サイズ:17×17×40cm重量:4.8kg, テント上部の大部分がメッシュ素材となっており、優れた換気性能を持っています。そのため、快適な睡眠とともに、結露を最小限に防ぐことができます。スペックもコストも最小限に抑えたい人におすすめ!【基本情報】使用時サイズ:210×260×130(h)cm収納時サイズ:直径16×40cm重量:3.1kg, ツーリングテントの中でも、ワンポールタイプのものは、ポールを一本立てるだけなので設営が簡単で人気♪前室が広く、雨風をしのぐラゲッジスペースとしても十分です。【基本情報】使用時サイズ:290×290×183(h)cm収納時サイズ:直径14×50cm重量:2.55kg, ツーリングキャンプに限らず、初心者キャンパーに人気なのがアメニティドーム!Sサイズであれば、ツーリングにも問題なく利用することができます。ツーリングキャンプだけでなく、オートキャンプも楽しむ予定がある場合は、より快適に過ごすことができるアメニティドームがオススメ!【基本情報】使用時サイズ:335×230×120(h)cm収納時サイズ:58×18×23cm重量:5.0kgレンタル価格を見る >, 大きい前室が特徴の2人用のツーリングテント。前室の出入り口が2つに分かれているので、2人で利用しても移動がスムーズです♪【基本情報】使用時サイズ:275×220×125(h)cm収納時サイズ:約17×17×40cm重量:4.8kg, 見た目の配色が鮮やかでデザイン性にも優れているのはもちろん、軽量&コンパクトで機能性にも優れています。吊り下げ式なので、1人での設営も簡単!【基本情報】使用時サイズ:213×152×102(h)cm収納時サイズ:直径17×51cm重量:2.7kg, 五角形の形がかっこいいムササビウイング。ポリコットンという、ポリエステルとコットン素材を混紡した素材なので、焚き火などの火の粉が飛んでもすぐ溶けてしまうということはありません。【基本情報】使用サイズ:390×380cm重量:2,150g, タープの布面積が広い点、ポールの高さも十分な点から、バイクをタープの下に置くことができるタープです。耐水圧2,000mmもあるので、雨の日も安心です。【基本情報】使用サイズ:約430×370×200cm収納サイズ:約直径10cm×48cm重量:2,200g. ファミリーに人気のロゴス。3ルームの大きなテントから、ソロキャンプ向けのテントも幅広く扱っています。ツーリング向けテントには、組み立てのしやすいものや、前室にバイクを置けるワイドタイプなど、豊富な種類からニーズに合ったものを選べます。 「ツーリングテント」とは、あまり聞きなれない方も多いかもしれませんが、 バイクや自転車、車などを利用して、泊まりがけのツーリングへ出かける際に持っていくテントのことを指します。 ツーリングテントに求められるポイントとは? ツーリングテントとは、バイクや自転車のツーリングユース、またはバックパッカーのソロキャンプに適したテントで、 いわゆるファミリーキャンプ用テントや、オートキャンプ用テントとは全く異なるものです。 キャンプツーリングに使用するツーリングテント。間違った商品を購入するとバイクや自転車に積載出来ません。前室の有無や耐水圧など、ツーリングテントに求められる要件を紹介しています。それぞれの特徴毎におすすめ商品をランキング形式で紹介しています。 バイクキャンプで大切なバイクと一緒に寝られたら嬉しいですよね。 そんな夢を叶えてくれるテントです。 ワンタッチテントなので、簡単に、寝室、バイク収納スペース、リビングスペースを完成させることができる、バイクキャンプ用2ルームテントです。 バイクでのソロキャンプ道具を揃える. 今ゆるキャンの影響もあり人気が出てきたソロキャンプ。興味のある方も多いのではないでしょうか?今回はそんな方に向けて私のソロキャンプ経験を参考におすすめのテント、道具を紹介!また私自身バイクでキャンプへ行くためバイクでの積載方法も教えちゃいます。 タープはテントと同じくキャンプの必需品です。最近ではコールマンやスノーピークをはじめとす... キャンプの楽しみといったら「料理」ですよね。とはいえ、キャンプツーリングでは、道具や材料が多くなり荷物が増えてしまうと困るもの...。そんな時は、手軽に作れるソロキャンプ向けのレシピを参考にするのがおすすめです。荷物をコンパクトにするためにも、下ごしらえはしっかりして、ツーリングキャンプに備えましょう!キャンプツーリングにおすすめのレシピは、こちらの記事で詳しく紹介しています。. バイクのツーリングの際などにするソロキャンプが密かにブームになっています。そんなソロキャンプの際にテントは必需品です。テントには大きいものから軽量の物、おしゃれなデザインのものまで幅広くあります。そこで今回はソロキャンプ用テントの人気おすすめランキングを紹介。 ソロキャンプ経験者の筆者が、体験談を交えながら、初心者におすすめのテントやキャンプ場、ソ... キャンプ歴4年、年泊数30泊程度。オートキャンプインストラクター資格所持!今一番気になっているキャンプスタイルは、雪中キャンプinコタツと、砂浜でのビーチキャンプ♪, チェアとソロに動きあり!世界最大級「アルペンアウトドアーズ」が読む2021年のキャンプトレンド, 「きっとそとが好きになる」をコンセプトに、今話題のアウトドア情報をお届けするサービス。アウトドアの楽しみ方や、キャンプやピクニックを楽しめるスポット、アウトドアグッズの使い方や特長を紹介しています。. ツーリングテント特集!選び方のポイントと、ツーリングを成功に導くおすすめのツーリングテント20選をピックアップ。軽量性を第一優先に考えたテントから、居住性も求めたい方におすすめのテントを紹介します! 初心者でも簡単に設営できるワンタッチ式の、クイックキャンプ「ビートルテント」です。 なんと、慣れれば 設営が2分弱でできちゃう モデル…! 自転車やバイクでキャンプをしながら、気ままな旅をする際に活躍する「ツーリングテント」。軽量かつコンパクトであることはもちろん、設営のしやすさや快適に過ごせるかどうかも重要なので、持ち運び用途だけでなく使い勝手をしっかりとチェックするのがポイントです。, そこで今回は、ツーリングテントのおすすめモデルをご紹介。使用人数別に項目を分けて製品をピックアップしたので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。, 荷物を最小限に抑えたいツーリング。軽量コンパクト設計が前提のツーリングテントなら、積載量を大幅に減らせます。また、設営が簡単なモデルも数多くラインナップされており、テント設営の労力と時間を軽減できるのがメリットです。, 通常のテントの機能性をそのままコンパクトに凝縮したツーリングテントは、登山や自転車サイクリングなどの幅広いシーンで活用できます。, 時間の許す限りツーリングを楽しみたい方は、設営が簡単なタイプをチョイスするのがおすすめ。最近では、ワンタッチで設営できるツーリングテントが人気で、テント設営にかかる時間と労力を大幅に軽減できます。キャンプ場の到着が夜になってしまったときや、早朝からツーリングに行きたいときにも重宝します。, ツーリングでは通常のキャンプに比べて持ち運びの容量が制限されるので、収納サイズも要チェック。また、テントの重さも重要です。目安はオートバイであれば、5kg以下。自転車であれば軽いほどよいのですが、3kg以下には抑えたいところです。いずれにせよ使用人数と機能性を考慮して選びましょう。, 前室があるツーリングテントは靴の脱ぎ履きがしやすく、脱いだ靴やヘルメット、ちょっとした荷物を置くスペースが確保できます。盗難対策や雨除けにもなり、前室があると何かと便利です。さらに、大きな前室が作れるタイプだと、テーブルと椅子を置いて調理できたりバイクを置けたり、タープのような役割も果たします。, 一方、前室がないタイプだと荷物を置くスペースは確保できませんが、その分コンパクトでかさばりにくいのがメリット。利用シーンを考えて、自分のニーズに合ったモデルをチョイスしましょう。, 天候が急変しやすいアウトドアシーンで使うなら、耐久性の高さも重要なチェックポイント。テントの素材や耐水圧などを考慮して購入しましょう。, ちなみに、雨の場合1000mmの耐水圧を備えていれば、ある程度快適な環境を確保できます。1500mm以上であれば、梅雨の時期や大雨でも安心して利用可能。, 高価なツーリングテントほど耐久性が高い傾向がありますが、最近では、低価格帯でも十分な耐久性を備えているモデルが多数ラインナップされています。, 通気性は居心地のよさに影響するので重要なポイントです。また、軽量だからと外張りのないシングルウォールのテントを選ぶ方がいますが、夏は暑く、冬は寒さがダイレクトに伝わるので要注意。, 一方、外張りのあるダブルウォールは快適に過ごせますが、重量が増えてしまいます。どちらも一長一短なので、ツーリングやキャンプのスタイルに応じて選びましょう。, おしゃれでクオリティの高いアウトドアグッズを幅広く展開しているアウトドアブランド。バンドックのツーリングテントは、リーズナブルな価格ながらも耐久性の高さが特徴です。, バイクへの積載性を考慮し、使い勝手にこだわって設計されているのがポイント。安くて機能性の高いツーリングテントを探している方におすすめのブランドです。, おしゃれで機能的なアウトドアグッズを幅広く展開しており、キャンパーから根強い人気のあるブランドです。コールマンのツーリングテントは、ひとりでも簡単に設営ができる「ポールポケット式」を採用したモデルが人気。テントの設営・撤収に時間をかけたくない方は要チェックのブランドです。, 1976年に誕生し、40年以上にわたり愛され続ける老舗のアウトドアブランド。2017年にはメガスポーツが展開する大手のスポーツ用品ショップ、スポーツオーソリティのプライベートブランドとなり、新たにスタートしました。, タラスブルバからラインナップされているツーリングテントは、アルミポールやポリエステルリップストップといった耐久性に優れた素材を採用。さらに、設営や収納のしやすさも兼ね備えた機能性の高さも魅力です。, また、比較的価格が安いアイテムを提供しているのもポイント。リーズナブルに快適なキャンプを満喫したい方におすすめのブランドです。, 前室のスペースを有効活用できるうえ、ジッパーによってフルクローズも可能なアイテム。着替え時などにプライベート空間が確保でき、ロールアップにより出入り口の開放も行えます。, フライシートにはUV加工とシーム加工が施されたリップストップポリエステル生地を採用。紫外線を防ぎ、耐水圧3000mmと高い防水性を備えているのも特徴です。さらに、ベンチレーションの搭載と、インナーにはポリエステルのメッシュ素材を使用しているため、通気性がよく暑い時期でも快適。, また、コンパクトに折りたためて、収納ケースも付属しているので、便利に持ち運べます。重量も1.88kgと軽量で、手軽に携帯できるツーリングテントを使用したい方におすすめのモデルです。, リーズナブルな価格が嬉しいツーリングテントです。荷物スペースを置ける前室があるほか、前後どちらからも出入りができる仕様で使い勝手も良好。インナーテント内には、ランタンフックや小物を入れられる便利なポケットつきです。, フライシート、フロアシートともに耐水圧は約1000mmなので、多少の雨であれば問題なく使用可能。さらに、インナーテント上部はメッシュ仕様なので風通しがよく、耐久性、通気性にも優れています。コストパフォーマンスの高いツーリングテントを探している方は、ぜひチェックしてみてください。, 設営が簡単なツーリングテントを探している方におすすめのツーリングテントです。インナーテントにポールを通して立ち上げるだけで設営可能な「ポールポケット式」を採用しているのが特徴。1人でも簡単にテントが設営できます。, また、前室が高く解放感が得られるのも魅力。フライシート、フロアシートともに約1500mmの高い耐水圧を備えているほか、風が通り抜けやすい構造のため、快適な住居空間を確保できます。, 収納時は直径19×49cmほどのコンパクトサイズになるのもメリット。価格も安いのでエントリーモデルとしてもおすすめです。, 高い遮光性を備えたアイテム。日光の浸入を90%以上遮断するとされており、日の出によってテント内の温度が上昇するのを軽減します。天窓もついているので、必要な採光もキープ可能。, 前室もあるのでバイクや荷物を置くスペースも確保でき、耐水圧3000mmのフライシートで、しっかりと雨も防ぎます。また、ベンチレーションが備わっており、通気性に優れているのも特徴です。さらに「アシストクリップ」で、1人でもスムーズに設営ができます。, 暑い時期でも快適さを保ち、使い勝手もよいツーリングテントを探している方におすすめのモデルです。, 脚を伸ばして紐を引っ張るだけで、簡単に設営できるツーリングテント。収納サイズは、直径20×長さ60cmと、バイクの荷台に乗せやすい幅に設計されています。, コンパクトながらも、荷物や靴を置ける広い前室を備えているほか、ソロでゆっくりと横になれる広々設計も魅力。2人で使用した場合でも、十分な就寝スペースを確保できます。, ダブルウォール仕様で、雨に強く結露しにくいのもメリット。耐水圧は、フライシートで3000mm、フロアシートは5000mmと高い耐久性を備えており、雨と床からの浸水を防ぎます。, また、専用のグランドシートが付属なのも嬉しいポイント。バックルで簡単にテントに接続でき、グランドシートもワンタッチで設営できます。簡単に設営できるツーリングテントを探している方は、ぜひチェックしてみてください。, フレーム2本のシンプルな構造で、1人でも簡単に設営できるツーリングテント。フレームが通る先を袋状にすることでリングピンを通す作業が不要になり、テント設営にかかる労力を軽減しています。, リーズナブルな価格ながらも、フライシートに1000mmの耐水庄を備えているのもポイント。さらに、入口ドアの下側に耐水性シートを採用しているので、雨の侵入を防げるのも魅力です。大きめのベンチレーションと、ハーフフライシート仕様で通気性も良好。テント内には小物ポケットも有し、使い勝手に優れています。, 収納サイズは、約52×12×12cm。コンパクトながらもツーリングテントとしての基本性能は十分備えているので、エントリーモデルにおすすめです。, テントの設営・撤収がスピーディーに行える製品。インナーテントは簡単な吊り下げ式のほか、ポールは迷わず設置できるように色分けされています。, 収納サイズは約39×18×18cm、重さ2.16kgと、軽量コンパクトなのもポイント。荷物置き場にもなる前室も備えており、オプションのステッキを揃えることで快適な空間をさらに拡張できます。, また、ベンチレーションを2ヵ所に採用しているほか、インナー側面は空気の流れをよくするメッシュ加工が施されているため、テント内の環境も快適です。, 耐水庄はフライシートで2000mm、フロアシートは3000mm。フライシートには、UVカット、撥水加工も施されています。コンパクトながらも機能性に優れた本格的なツーリングテントです。, 重さ1.36kg、収納サイズは直径14×29cmと、軽量コンパクトさを追求したモデル。とにかくバイクの積載量を減らしたい方に適しています。, テントの設営が簡単なのも特徴。フレームが飛び出さないように、切れ目のないフレームスリーブを採用しており、どんな環境下でもスピーディーな設営・撤収が可能です。また、フレームスリーブの下部にはメッシュ加工が施されており、空気の流れを助け、良好な住居空間を確保できます。, ツーリングだけでなく、自転車サイクリングや登山まで幅広いシーンで活躍するおすすめのツーリングテントです。, 機能的でファッショナブルなアイテムが人気のアウトドアブランド、プロモンテが展開するツーリングにおすすめのモデル。山岳用としてラインナップされているモデルで、総重量は1.4kgと非常に軽量なため、ツーリングでの携帯にも適しています。, 本体の収納時のサイズは直径14×長さ25cm、ポールが直径5.4×長さ37cmと、コンパクトで持ち運びに便利です。フライシートにはポリウレタン防水加工が施された「20Dポリエステルリップ」素材を使用するなど防水性にも優れており、悪天候でもしっかりと雨を防ぎます。, クロスポールのドームタイプなので、ポールに本体を引っ掛けてスムーズに設営が可能。ポールには剛性の高いDACポールを採用しており、安定して使用できます。, 設営時のサイズ、幅215×奥行き100×高さ110cmとゆったりと過ごせる広さのテント。収納時のサイズは、幅45×奥行き15×高さ15cmとコンパクトなうえ、重量1.6kgと非常に軽量で、付属の収納バッグに入れて便利に持ち運べます。, 耐水圧は本体部分が2000mm以上で、フロア部分が8000mm。さらに、内部の縫い目に浸水を防ぐシームテープ加工も施されており、高い防水性を備えているのも特徴です。また、3ヶ所にベンチレーションが搭載されているため、通気性にも優れています。, スマホなどの小物類を収納するのに便利なポケットや、ランタンフックも設置。多機能で利便性が高く、広々としたスペースも確保するアイテムで、快適なソロキャンプを満喫したい方におすすめのツーリングテントです。, 同ブランドの特徴的な「ポールポケット式」を採用したツーリングテント。1人でも簡単に設営できる2~3人用のツーリングテントを探している方におすすめです。, 前後にメッシュドアを備えており、気候に応じてさまざまな使い方ができるのがメリット。耐水圧はフライシート、フロアシートともに約1500mmと高い耐水性を備えているほか、ベンチレーションで湿気や結露も防ぎます。, 収納サイズは約24×60cmとコンパクトながら、室内サイズは約210×180cmで広々とした設計も魅力。解放感のある前室で使い勝手もよく、ゆったりとくつろげます。ナチュラルなデザインもおしゃれ。デザインを重視する方におすすめのツーリングテントです。, オールメッシュのインナーテントで、通気性がよく暑い時期でも涼しく過ごせるツーリングテント。両サイドにはベンチレーションも備わっており、さらに通気性を高めます。フライシートには引き裂きに強いポリエステルリップストップ生地が採用され、耐久性に優れているのも特徴。, また、耐水圧は3000mmで雨天時の使用にも対応し、紫外線を90%以上遮るUVカット率も備えるなど、あらゆる環境下で快適に使用できます。収納サイズは、幅52×高さ14cmとコンパクトで、重量も2.6kgと軽量。付属の収納ケースで便利に携帯できます。, 使い勝手のよさと性能の高さを兼ね備えた、コスパの高さを求める方におすすめのツーリングテントです。, 高い機能性とリーズナブルな価格が魅力のツーリングテントです。インナーテント上部にメッシュ加工を採用しているほか、ベンチレーションも備えており、住居性の高さが特徴。また、UV-PROTECTIONコーティング生地を採用しているので、日差しの強い季節でも安心して利用できます。, さらに、収納サイズ40×16cm、重さ約3.1kgの軽量コンパクトサイズで携帯性も良好です。フライシートの前後には便利な前室も備えており、テント内部には小物が入れられるメッシュポケットもついています。購入しやすい価格帯なので、はじめてのツーリングテントにおすすめのモデルです。, バイクや自転車が置ける大型の前室を備えたツーリングテントです。盗難や雨によるダメージを心配せずに過ごせます。収納サイズは、約幅67×奥行20×高さ20cm、重さは約4.9kg。やや重量はありますが、大型の前室を求めている方におすすめのアイテムです。, フライシートにはUVカット加工が施されているほか、飛び火しても燃えにくい素材を採用。耐水圧はフライシート2000mm、フロアシートは3000mmを有しています。, また、インナーテントにはベンチレーションを備えているため、通気性も良好。雨や虫の侵入、風の吹きこみを防ぐマッドスカートもついており、テント内で快適に過ごせます。組み立ても簡単なので、バイクが前室に置けるツーリングテントを探している方は、チェックしてみてください。, 1914年の創業より、100年以上にわたりハイクオリティな製品を提供し続けてきたオガワの製品。設営時のサイズが、幅255×奥行き245×高さ120cmで広々としており、荷物が置ける前室も備えます。, テント各所にベンチレーションも搭載しているので通気性も良好。出入り口は前後に2ヶ所設置され、アシンメトリーの設計により、干渉せずに出入りができます。また、吊り下げ式のインナーを採用しており、設営がスムーズに行えるのも特徴です。, 収納サイズは、幅52×奥行き20×高さ16cmとコンパクトで、重量は、本体が2.2kgでポールが0.9kgと軽量。収納袋も付属しているため、携帯のしやすさを重視する方にもおすすめのツーリングテントです。, 出入り口が大きく、インナーにはランタン用のハンギングループや収納ポケットも搭載した、使い勝手のよさが特徴のアイテム。フロアサイズは、幅223×奥行き165×高さ116cmと広々としたスペースで、2人での使用でもゆったりと過ごせます。, 収納サイズは、幅56×奥行き20cmとコンパクトで、重量も2.78kgと軽量なので持ち運びにも便利です。シンプルにポールで組み立てる構造のため、設営や撤収が簡単に行えるのもポイント。利便性が高く、手軽に使用したい方におすすめのツーリングテントです。, 重量が1.71kgと非常に軽量なうえ多くの機能が備わった、便利で快適に使用できるアイテム。インナーテントは、トグルを使ってフライシートに吊り下げてジョイントし、簡単に設営できます。, インナーテントの取り外しも可能なので、シェルターとしての活用も可能。ツーリングの目的によって、インナーテントのみの持ち運びといった使い分けができ、重量軽減にも繋がります。, また、備え付けのベンチレーションは開閉式のため、環境やシーズンなどにより換気のコントロールができるのもポイント。携帯のしやすさから、使用時の快適性も兼ね備えた、ハイスペックなツーリングテントを求める方におすすめするモデルです。, 冬山でも十分に耐えられる耐久性を備えた、オールシーズン対応のテントです。インナーテントには、通気性撥水加工が施された「30Dポリエステルリップ」を採用。夏でも快適に過ごせるほか、独自の裁断方法で雨や風による横揺れに強いのが特徴です。, 本体の収納サイズは直径約15×25cm、重量は1.66kgと軽量かつコンパクト。荷物が置ける前室もあるので使い勝手も良好。秋田県の工場で作られている国産品で、クオリティの高さも魅力。長く愛用できるツーリングテントを探している方におすすめです。, オプションのタープポールを揃えることで、大きな前室が作れるツーリングテント。前室の高さは約1.75mあり。バイクも置ける広々としたスペースが魅力です。前室はポールの立て方を変えることで、3つの方向に展開できるのもポイント。フィールド状況によって、さまざまな使い方ができるおすすめのツーリングテントです。, 生地には丈夫な「40Dナイロン」を採用。耐水圧は3000mmを備えており、雨や風に強いのもメリットです。また、ドアはどちらからも開ける両開き設計のほか、インナーテントには小物ポケットを備えており使い勝手も良好です。バイクが停められる大きな前室を備えたツーリングテントを探している方は、ぜひチェックしてみてください。, 南カルフォルニアに拠点を置くアウトドアメーカーのツーリングテント。軽量コンパクトな作りが特徴で、バイクの積載性を考えて作られた人気のモデルです。, フライシートは、パラシュートにも使われている丈夫な「ポリエステルリップステップ」生地を採用。フライシート、グランドシートともに3000mmの高い耐水圧を有しているほか、ポールには頑強な「7001アルミ合金ポール」を使用しています。どんな天候のフィールドにも対応できる耐久性の高さが魅力です。, 前室に加え、前後ドアがあるため出入りしやすく、使い勝手に優れているのもメリット。また、インナーテントは細かなメッシュ仕様で、湿気や結露を防ぎつつ、虫の侵入を防ぎます。, さらに、グランドシートが標準でついているのも嬉しいポイント。軽量コンパクト設計で汎用性の高いツーリングテントを探している方におすすめです。, バイク関連の高機能な製品を幅広く手掛けるメーカー、デイトナが展開するツーリングテント。2人でもゆったりと過ごせるうえ、広々とした前室も確保しています。, フライシートやインナーには、耐水圧1800mmのポリエステルを使用し、雨天時の使用にも対応。テントの前後にはベンチレーションも搭載されているため、通気性もよく、快適性を高めます。, また、吊り下げ式のインナー構造により、スピーディーに設営ができるのも魅力。快適さと利便性の高さを兼ね備えたツーリングテントで、キャンプを満喫したい方におすすめのモデルです。, ポール2本で立ち上がる構造で、簡単に設営ができるツーリングテント。ワンポールタイプのように中央にポールがなく、圧迫感のない空間で快適に過ごせます。設営時のサイズは、本体が幅220×奥行き210×高さ120cm、インナーが幅210×奥行き100×高さ115cmと、広々としたスペースを確保。, 出入り口は前後に2ヶ所設けられ風通しもよいうえに、天井に設置されたベンチレーションにより、通気性も良好です。また、フライシートには耐水圧1500mmのポリエステルタフタ生地、フロアには耐水圧3000mmのポリエステルオックス生地を採用。高い防水性で雨天時の使用にも対応します。, バイクや自転車に搭載しやすいツーリングテント。重さや収納性も重要ですが、ストレスなく快適に過ごすためにも、機能性も重要なポイントです。なお、テントにコンパクトさを求めるのであれば、ほかの備品の大きさにも配慮。不釣り合いなキャンプ道具を持ち合わせているとテントに収納する際にスペースを取ってしまうので、注意しておきましょう。, ツーリングテントテントインナーテントキャンプアウトドアスポーツタープシェルターテント・タープ, アライテント(ARAI TENT)オガワ(ogawa)カナディアンイースト(Canadian East)キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)コールマン(Coleman)ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)スノーピーク(snow peak)ダンロップテント(DUNLOP)ディーオーディー(DOD)ネイチャーハイク(NatureHike)バンドック(BUNDOK)プロモンテ(PUROMONTE)ロゴス(LOGOS), 【2020年版】LEDランタンのおすすめ22選。使い勝手のよいモデルをピックアップ.

34歳 芸能人 女性 独身 6, Apple オリコ 審査 落ちた 7, 車検 フォグランプ 外す 6, アイスボーン キリン ソロ 5, 中国 地理 中学 11, 犬 毛 玉 咳 4, ドコモ バンド28 エリア 6, 樋口可南子 Water Fruit 6, コンパウンド用スポンジ 100 均 7, 岩橋 玄樹 彼女 一般人 7, B'z ライブ 値段 17, 左利き ノート 斜め 4,