レセプションって何?とわからない人もいると思います。 サーブレシーブは、オーバーカットとアンダーカットのどちらを使いますか? 皆さんは、テレビなどでバレーボールの試合を見た時、メンバーとは違うユニフォームを着た人がコートにいるのを見たことありますか? レセプション(サーブレシーブ)の上達法・練習方法. レセプション(サーブレシーブ)の上達法・練習方法. レセプション(サーブレシーブ)の上達法・練習方法. サーブレシーブの時点で、試合の流れが左右されてしまうこともあります。 そのため、サーブレシーブを上達させることが必要になってきま... 2017/7/30 レセプション(サーブレシーブ)の上達法・練習方法, ディグ(スパイクレシーブ)の上達法・練習方法. サーブレシーブが上手くできないことには、試合を成立させることができません。 バレーボールは効果的な練習メニューを中学生から行うことで上達させることができます。 まずは基礎となる練習を大切にして、更に効果的な練習ができるように日々頑張りましょう。 そこで、中学生のバレーボールを上達させるための練習方法やポ 大学:一部リーグ3位 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 強力なスパイクを叩きつける練習をしたい!もっと威力のあるスパイクを打ちたいからスパイク練習がしたい!そのモチベーションも大事ですが、試合に勝とうと思うとレシーブ力を上げる事が一番大切です。, 相手がサーブを打ってくる場合、1番最初にバレーボールに触るのはサーブカットをする人です。次にトスを上げるセッター、その次にやっとスパイクが打てるのです。, つまりどれだけすごいスパイカーがいてもスパイクをする前に2人は繋ぎのプレーをするのです。, その繋ぎのプレーが下手でまともなトスにならないorサービスエースで得点を取られている状態では、どんなスパイカーがいても勝つことは不可能です。, レシーブや繋ぎのプレーのうまさがどんな強力なスパイクより勝ちにつながるのはこういった理由からです。そう思うと日ごろの地味なレシーブ練習も手を抜けませんね!, この練習はアップで取り入れたり、暇な時間に家で行うことも可能です。その練習とは、バレーボールを片手でポンポンとレシーブするだけです!, まずレシーブの意識を変えて頂きたいです。全てのレシーブにおいて、腕を振ってボールに力を加えることは基本的にありません。, 腰を浮かせてレシーブすると重心が後ろにかかりやすくなります。そのような体勢でレシーブするとボールを前に送り出す足の動きと体重移動ができないので、前にボールをスムーズに運ぶことができないのです。, 慣れない打ちに手で操作する感覚を身につけると下半身でレシーブできなくなるためです。下半身でボールを飛ばす感覚が掴めるまで練習しましょう!, ボールが腕に当てる位置は、手首から肘までの間で練習してください。通常バレーボール初心者の方が片手でレシーブする機会は少ないです。片手で落とさずできる頃には両手でレシーブなんて楽勝になること間違いなしです。, 感覚として、手首の角度や腕の角度、下半身の力を伝えるタイミングなどを意識して練習すると上達が早くなります。バレーボールの試合などを見て頂ければわかると思いますが、バレーボールは以外と片手でボールを操作する時があります。, 例えば、両手でレシーブすると届かない場合は片手でレシーブしますし、トスなどでもネットを超える時はうまいセッターは片手でトスにする時があります。, 「ボールと友達になる」ことは本当に大切です。いろんな角度から触ってみて狙った方向に片手で操作できるようにチャレンジしてみてくださいね。, 私が高校生の時にこの練習メニューを教えて貰い毎日実践していました。当時ボールコントロールには自信があった私は「片手で操作するなんて簡単だろ!」と侮っていました。, 相当なコントロール力が無ければ、④「片足でその場を動かずに両手リフティングする」あたりから難しくなります。継続して毎日トレーニングしていれば成果がでますし、気が付かないところでバレーボールのプレーで必ず役立ちます!, コートを使って片手で試合するのですが、コートの大きさはバスケットボールのセンタサークルがあればベストですが、なければ「2mx2m」のコートを決めて落とさないように2人で試合してください。, 慣れてくると片手でトスを上げてスパイクを打ってもオッケーですよ!そこまで上達する頃にはかなりうまくなっていると思います!ぜひ毎日行ってみてくださいね。, 自分の真上にボールを投げて、下半身の上下運動の力のみでボールをコントロールしてリフティングを行います。真上にボールを飛ばしてコントロールし続けるには下半身の力を正確にボールに伝えなければなりません。, これが安定して出来るようになる頃には、下半身を使った安定したアンダーパスが出来るようになります!, やり方は直上のアンダーパスと同じですが、上半身の場合は肘を曲げて腕を使いがちになるのでしっかり固定して手首と下半身の力だけでボールをコントロールしましょう。, 動画の通り、壁に体を向けて上下運動はせずに同じ腰の高さを維持しながら、ボールを壁にぶつけてレシーブ練習をします。, このレシーブ練習をすることで、レシーブ時に下半身の力をボールに伝える感覚を身に付けることができます。地味な1人で出来るレシーブ練習ですが、安定して出来るようになればレシーブ力は確実にアップしますよ!, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 元Vリーガーであるカッキーの経験してきたジャンプ力UPやバレーの効果的な練習方法等、ライバルに差をつけるために役立つ情報を発信しています。チャンネル登録よろしくお願いします♪, 筋肉が「No」と言えば私は「Yes」と答える!!バレーボールや筋トレ情報の記事をたくさん公開していきますので、興味のある方はお気軽にコメント頂けると嬉しいです(^^♪, バレーボールのアンダーハンドパスがうまく返せるようになる2つのコツと練習方法【解説動画あり!】. 私は中・高・大とバレー部に所属し現在教員をしています。教員になり初心者しかいないバレー部を見た時に3年あれば近畿大会ぐらい出場できるだろうと思いました。4年かかりましたが・・・, 練習時間も基本的に3時間、週に土日含め3~4回の練習(体育館での練習)で出場を果たしました。, どうしたらうまくなるか、どのように練習すればいいのかわかっていないチームがまわりには多すぎると感じています。, ちょっとでも気になる人は、練習時間を少なく勝てるチームになるための方法をぜひ見てください。, 絶対損はさせません。上手い人でもためになる方法や勝つための知識をたくさん上げていきます!, 勝つための方法は上記にあげたもの以外にも知っておかないといけないことがたくさんあります。それも今後上げていこうと思います。, 指導者が間違ったことを教えている場合や少しだけ知っているという場合は、うまくなる方法を知っているチームや選手には絶対に勝てません。, 私が近畿大会に出場させれたのは、ほとんどのチームが技術的な事をしっかりわかっているわけではないからなのです。, 選手同士でそれができるようになればわざわざこちらが確認する必要がなくなります。強いチームはこれができています。, ただ、答えを教えているのに意識しない人やそれを徹底できない人はうまくなりません。その人たちに関しては確認したとろで意味がありませんので、その子に対して意識することや徹底することの大事さを教えてあげましょう。, 目標に達しているチームはどんなチームなのか、常に意識させて練習させます。選手が知っているチーム名を出して何が必要なのか、どれだけ足りていないのかをわからせます。, 目標と目標の試合までのタイムリミットをはっきりさせることで、伸び率はすごく上がります。, タイムリミットをうまく活用することで常に高いモチベーションで練習に取り組むことができます。, 目標達成までに1か月2か月先にはどれぐらいのことをできるようになっておこう。等目標達成までの道をはっきりと示すことが大事になってきます。, それではバレーボールの5つの技術に関して、うまくなるための方法を紹介していきたいと思います。, 初心者の多くはトスがある前に助走に入ってしまい、跳ぶ瞬間に助走の力を使えずに跳んでしまうことが多いです。, また、トスを上げる前に助走してしまうと、トスが伸びた時に自分の上でスパイクを打つことになるので、ブロックを見ることができずに狙いを持てずボールを打つことになります。, 助走のイメージとしてはセッターが触る前から徐々に動きだし、セッターが上げたトスを見て思いっきり踏み込みに行く形がいいです。, 体重を乗せてスパイクを打つ必要があるので真上に跳びスパイクを打ってはいけません。斜め前に跳びスパイクを打つためにボールを叩く手前から跳びましょう。, ジャンプは腰(腰角)と膝を伸ばす力で跳ぶため、手を後ろに引いた時にグッと腰と膝を曲げを曲げ振り上げの手と共に伸び上がりましょう。手を後ろに引いた時に顎が上がっていると腰が曲がらず良いジャンプができません。顎を引いて上目でトスを見て踏み込みましょう。, ジャンプした時に体の軸が横に曲がってしまう人はボールに力を加えれない。また、打つコースの幅が狭い状態になってしまいます。また、ブロックを見れる時間も減ってしまいます。, 体の軸が曲がらないようにするには利き腕と逆の腕(今後左腕とする)が大事になってきます。, 体が傾く原因は左腕が早く降りてしまうことが原因で、左肩が下がってしまうことにあります。, スパイクを打つ前に腰が折れてしまったり、肘が曲がってしまったりすると打点が下がることと、ボールに力が伝わりません。, ボールを打つときの腕は肘が斜め前に伸び一番高いところで捉えます。また、ボールをインパクトするときには自分の腰の体重を乗せるつもりで打ちます。これについては難しいですが、やってみましょう。, 力を入れるタイミングは跳ぶ瞬間とインパクトの瞬間です。その他で力を入れると力んでスムージな動きができません。フォームを意識しながら力のタイミングも意識しましょう。, スパイクのフォームや跳び方も初心者には教えなければなりませんが、試合中に決めるためには練習でどれだけ試合をイメージできるかにかかっています。, この練習で良いところにボールがくるからといってスパイクを叩き込む練習ばかりしていては決めれるようになりません。, ・手投げのボールをただ打つのではなくブロックをイメージして打ち分けたりすることが大事になります。, 手投げであげる分スパイカーは合わしやすいため、コートの中から外側に助走してスパイクを打つなど助走が変わってもしっかりとしたスパイクが打てるようにすることが大事です。, ・変化を加えることでブロックを枚数を減らした上でなおかつ狙いを持ってしっかり打てるように練習します。, ブロックをイメージした上で難しい練習ができる人は、体の向きと逆に打つように練習させましょう。, スパイクが打てるようになってきたら、手投げのボールに変化を加えることもしましょう。ボールが浮いた場合や割れた場合、短くなった場合など、スパイカーがボールを見て助走を変えれるように練習させましょう。その上で、狙いを持って打てるようになれば決定力場合が上がってきます。, 2段トスからのスパイクに関してもブロックを見ずに打ちつけているようでは決定率が上がりません。必ずブロックを見て打つように練習させましょう。, など様々あります。思いつかない場合は試合中に打てなかったボールを覚えておき練習に取り入れていきましょう。, ボールに変化が生まれるため①で行った軌道上に入ることを早く行いボールの変化に合わせて腰を入れる練習, サーブを打つ人はサーブカットする人の方に打つが、取りやすいボールを打つことが練習になるわけではない。←勘違いしやすい, レシーバーはネットインなど予想外のボールは必ず取りに行く。見たままであきらめる人がいるが試合では絶対に許されない。, キャッチでもよい。手に当てるだけでも良い。初心者で打つことが難しい場合は投げさせましょう。, 2mの間隔を空けて手を組んで腕を振らずに構えの状態の腰を移動させてボールを相手に送る。, ☆レシーブの基本ができてきたらいろいろなシチュエーションで基本ができているかの確認と、ボールコントロールの練習を含めて行いましょう。, 試合中に多く来るのは強打ではなく軟打です。これを練習から絶対に落とさないようにしましょう。, 6mの強打より距離が開くことでボールの正面に入れる距離が伸びます。距離が伸びない人は強打のボールに対して体が固まって足が動いていない証拠。足が動かないと軟打が取れませんので、軟打待ちで強打を取れるようにしましょう。, また9mの間隔を空けることで打たれたボールが正面に跳んでくる可能性が下がりますので、そういうボールに対して動けるように意識しましょう。, 初心者ほど無理だと思うボールをあきらめるので、あきらめさせないように2段トスにさせましょう。, フェイントも混ぜながら行いましょう。取るのが厳しいボールほど2本目を触る人のことを考えてコントロールさせましょう。, 1本目ボールに触らない人は1本目触る人の体勢などを見てボールがきそうな位置に移動し、準備しましょう。, 〇12~13m間隔を取り強打レシーブ、打つ人とレシーブする人の間に人を置き間の人が打たれたボールに触れることでボール変化を加える。, 両足で止まって準備していないと変化したボールに対して反応できないため準備を徹底させる。また、変化したり浮き上がったボールに対してコントロールして真ん中の人の真上にレシーブする。, いつもしている練習だからとアップくらいの感じで練習しているチームが多いので、しっかりと試合と関連付けて練習させましょう。, 運動神経がいい選手やセンスのいい選手はボールが飛んできそうなところへ位置取りし、構えて準備しますが、ほとんどの生徒が的確な判断をおこないポジショニングできません。, 初心者が準備不足になる(どのように動いていいかわからない)ケースを上げていきます。, 押し合ったボールや、ブロックしてくるボールは基本的にネットの近くに落ちてきます。それを取ることが大事になってきます。ダイレクトに打たれたボールは取ることが難しいため軟打をしっかりと取りましょう。低い姿勢で構える理由は、相手がボールを触った位置から地面までの距離が長いと時間をかけてボールを処理することができるので、ボールコンボールを処理することです。, また、ネットの近くに詰めた時に、つめた選手同士が密接してしまうことがあります。そうなると隣の選手とぶつかったりしますので、両手間隔を取らせて人がいないところに詰めるように教えましょう。, ストレート側のレシーバーのところにはボールは来ないので内側にポジショニングするか前に詰めてフェイントの準備をするか考えて動きましょう。, 前衛の選手も自分がブロックを跳ばないときには打ってくる方向を向いて構える必要があります。, 初心者でよくあるのが自分のところにボールが来なかったときの次の準備をしていないことがよくあります。, 1本目の選手がはじいたボールに対してすぐに反応できるように準備することが大事になります。, また、セッターが2本目をトスできない場合は周りがトスを上げる必要があり、その準備も必要になります。, チャンスボールがきそうなときに前衛の選手が準備をせずにスパイクに入るためにコート外に出ることがあります。強いチームになるほどチャンスボールの返球をネットの近くに落としたりと工夫してきます。その時に準備していないとチャンスボールが乱れる原因になります。必ずチャンスボールがきそうなときでも相手が触る瞬間にはコート内で準備させましょう。, 両手間隔でブロックの下に詰めます。特に初心者に関しては2本目が上がってからブロックフォローに行くことがあります。, 2本目をセッターが行くとなった時点でどこに上がってもブロックフォローできることろに移動しましょう。, 初心者は2本目が上がるまでボーっとしているとこがあるので、自分以外がとるときは次のプレーを行うように教えることが大事になります。, 一番よくあるのがブロックを跳んだ後に、レシーバーの上げたボールに対して準備していないことです。, ブロックを跳んだ後は顔だけではなく体全体を打たれた方向に向けて準備するようにしましょう。, 初心者は自分がボールに関与していないときや何かプレーを行った後に動きが止まっていることがあります。, 指導する側は来たボールを上げろと教えるよりもそれまでの動きや準備の仕方を教えてあげることで早くうまくなります。, それぞれのバレーの技術には試合中に考えて行うことがあります。それを常に確認して共有することで勝てる確率がかなり上がります。一試合通してやらなければならないことを上げます。, いいサーブでもうまい選手に打てば返球されますし、下手な選手でも正面に打てば返球されます。, 崩すためにはいいサーブを打つことが必要になりますが、相手次第で崩すことができます。, 私は何年もバレーボールをしていますが、気持ちの持ちようが体の硬さにつながるので絶対強気でプレーする必要があります。, 体の硬さは足を止めます。正面に入れないとレシーブは乱れます。力を抜いて絶対返球できると思いプレーしましょう。, 試合中は相手が打ってくるときにあげなくてはいけないという気持ちが出て体が硬くなります。, 正面に強打が来たら上げることができますが左右に来たら普通にしていても取ることが難しいです。, そんなボールより、試合中によく来るボールはブロックに当たって飛んできたボールやブロックをよけたフェイントになります。, 相手の攻撃に対してブロックがバラバラであったり、つけていないことがないようにしっかり準備をしておきましょう。, 止められたからフェイントではだめです。きちんとプレーに意図をもって行うことが大事です。, 私はセッターにどういうときにどこにトスを上げたらいいのか教えたり、練習中になぜそこにあげたのか話を聞いたりします。, 身長の大きい選手やブロックのうまい選手の前から攻撃するともちろんいい選手でも決定率が下がります。他のポジションからの攻撃を選択さしたり、攻撃に変化を加えて(時間差やスパイカーが動いて打つ)通常のブロックをさせずに攻撃することが大事になってきます。, 自チームのサイドプレイヤーの決定率が高い場合、常にサイドで攻撃しているとブロックにマークされて決定率が下がってきます。, 競っている場面でサイドプレイヤーで攻撃を選択するのであれば速攻を序盤・中盤に相手に見せて、速攻を使ってくると思わせておく必要があります。, 流れが変わってしまう場面や、しんどい場面で相手の逆を突こうとしてミスをすると、さらにチームの雰囲気を悪くすることがあります。, 相手がこちらのエースにあげてくるとわかっている場面でもエースに頼らなければならない必要がある場面が出てきます。, 序盤・中盤にトス回しをしっかりと考えて終盤に相手ブロックにいろいろな攻撃を意識させるようにしましょう。, 試合中はいろいろな事が起こります。うまいくいかないときは必ず出てきます。その中で弱気になったり、ビビッてプレーすると相手の思うつぼです。, 何度失敗しても相手から見て弱っていると思われないようにしましょう。プレーの確率は気持ちの持ちようで変わってきます。, 私は選手に22対23で負けているときをイメージしてサーブを打つように教えています。, 弱いサーブで下手な選手を狙ってもサーブカットを返されるので強いサーブでどこでも狙えるように練習してください。, レフトやライトなどの速い攻撃については自チームのサイドブロック陣が早く位置取りをしてあげることでセンターブロックの人が思いっきり飛ぶことが可能です。, 相手選手のスパイクの助走や体の向きなどから打ってくるところを予測します。一番打ってくところにコート内側の手が来るように位置取りを取りましょう。, トスが短くなった時や長くなった時には位置取りの場所が変わりますので相手選手とトスをしっかり見ましょう。, ブロックで手を真上にあげてしまうとブロックしている手が見えませんし、相手の打つコースが広がってしまします。, また、手を前にあおっている選手もタイミングが合えばいいブロックができるかもしれませんが、打つコースに幅ができたり、打たれたボールが思わぬところに当たってはじいたりします。, わかりにくい人は腕を白帯にこするように前に出すイメージを持つといいでしょう。コースが限定され、レシーブをしやすくなります。, 相手が打ってくるときに最高到達点になるように跳ぶことは、高いトスが上がってきたときに早く跳んでしまわずにしっかりためて跳ぶことが大事になってきます。, 練習から早い攻撃を想定した練習を行い早い攻撃でもしっかり跳べるように練習することが大事です。, また。指先まで力を入れて、相手が指先を狙ってきたときに飛ばされないブロックを作りましょう。, スパイク練習の時に真下にスパイクを打ち込んだり、打てる方向にしか打たない選手は試合中にスパイクを決める確率が下がってしまいます。, ブロック板を使って練習するとブロックついた時の練習の意識づけになってとてもいいです。, 「モルテン(molten) バレーボール スパイクブロック板 スパブロ [SBL]」, ブロック板がなかったとしても、実際にブロックをつけて練習する練習をすれば大丈夫です。, トスの良し悪し関係なくブロックを利用して決めたり、ブロックにワザと当ててもらうプレーをしたり、プレーの幅が増えるはずです。, 1回目はトスが上がる前に相手ブロッカーに自分の打つ場所がばれないように(だますように)動きます。, セッターがトスを上げる前に動き始めるとブロッカーはスパーカーを見ているのでバレてしまします。セッターがトスを上げる瞬間にはブロッカーはセッターを見るのでバレることがありません。, 2回フェイントをしているからと言ってブロックを見ないで思いっきり打っているとブロックに引っ掛かってしまいます。フェイントを2回かけた後にブロックを見て打てるように練習しましょう。, 今回は決めるための方法を記事にしていますが、スパイクの打ち方で注意すること等で必要なこともいくつかあります。, 初心者を教えていると沢山ありますが、初心者を教えている顧問の先生のためにも残しておきたいと思います。, 最後の2歩が強く踏み切れればスパイクを打つことができます。2歩助走で打つ練習をしましょう。, 初心者あるあるですがトスが来る前に前に出すぎて、助走の力を伝えられずにスパイクを打つ選手がたくさんいます。基本的には、トスが上がってからスパイクに入るように教えてあげてください。, 早いトスについてはダッシュさせて打たせるのがおすすめです。それをさせておくと早いトスに対しての準備ができるようになることと、早いトスがいきなり上がった場合に足を運ぶことができます。, ある程度乱れたトスを自分の足で合わせて打てるようになればある程度勝てるチームになるでしょう。, ボールの下に入りながらトスを上げるとトスが安定しないどころか、相手にどこにトスを上げようとしているのかバレてしまします。, また、トスを上げる位置がバラバラであるとトスが安定しません。常に一定のところでとれるようにしましょう。, 体の軸の前でボールを触ってしまうと、手だけでトスを上げることになってしまします。トスが伸びなかったり安定しない原因になります。, また、初心者におおいのはレフト方向に向きながらトスを上げる人がいます。体を回転させるとその分ボールに力が加わりトスが安定しません。体をレフト方向に向けて止める時間を作りましょう。, 体の曲げれる場所は膝、腰、腕、この三つをタイミングよく伸ばすとボールは腕の力を入れずに遠くへ飛んでいきます。, ただし、身体を反ったりすると力が伝わらず、ボールが飛びません。体の軸を真上に伸ばすことがボールに力を伝えるコツです。, トスをあげている最中に腕を開いてしまうケースがありますが、トスがぶれる可能性があります。, 腕より先の部分をまっすぐ前に倒すようなイメージトスを上げると腕の方向にしかトスが上がりませんので左右のブレはなくなります。, ライトトスに関しては腕をそのまま後ろに運ぶような形で上げます。わかりにくい人は体をボールの下に潜り込ませるようなイメージで上げるといいでしょう。, ボールを触ったところから手首を自分側にひいてからボールを出す人がいます。小学校バレーとかではよくしていますが・・・。, 膝を一生懸命伸ばしたり、ジャンプしてトスを上げているのにボールが伸びないことがありませんか?, ボールを触るときには、手首を自分側にひいておいてボールが入った瞬間に出す必要があります。, 感覚がつかめれば、長い距離のトスを上げる練習でも腕が疲れず正確にトスが上がるようになってくるはずです。, バレーボール部レーが上手くなりたい方 練習時間を少なく、うまくな顧問の先生方やバり結果を出す方法を上げていきます。, 年齢:20代

Macbook Pro 2012 分解 8, ヤマハ Vox 後継 11, Hp Omni200 5350 7, ライバー 事務所 評判 27, Dell Entering Power Save Mode Windows 10 6, ワンオク 海外 ガラガラ 40, エオリア Wi Fi 点滅 9, 2st オイル 混合比 7,