楽しいお買い物情報や役に立つ生活情報などをご紹介しています。, 食品にカビを生やしてしまった経験は誰でもあるもの。カビが生えた場所を取り除いて食べている……なんて人もいるのではないでしょうか。今回はカビが発生する条件や、食品にカビが生えた場合の正しい対処方法を紹介します。, 私たちの身の回りには様々な種類のカビが存在しています。種類によってはカマンベールチーズやかつお節など、食品の製造過程に利用されたり、自然界の環境浄化を行ったりと、なくてはならないものもあります。しかし一方で、有害なカビや、カビが作り出す毒素である「カビ毒」が人体に悪影響を与えることもあるのです。, なお、食品に発生してしまったカビを誤って食べてしまった場合、少量であれば吐き気や腹痛などの急性中毒が発生することは少ないといわれています。しかし、摂取した量によってはアレルギーの原因となったり、有害なカビやカビ毒を口にしてしまった場合には中毒になってしまいます。, 口にすると危険が伴うこともあるカビ。まずは発生させないことが重要です。カビは酸素、水分、温度、栄養分などの条件がそろった環境で発生します。気温が20〜30度で活発に増殖するため、6月〜10月は特に注意が必要です。また、現代では冬場もエアコンなどで室内の温度は20度以上の場合が多いため、冬場も安心はできません。, 食材を保存する際には、食品ごとに保存方法に指定がある場合はそれに従い、なるべく早めに食べきることを心がけましょう。野菜や果物などは表面の水分をなるべく取って保存してください。また、食材を必要以上に買い込まないようにすることも対策のひとつです。, 餅やパンなど食品にカビが生えた場合、その部分だけを取り除いて食べるという人も少なくないかもしれません。しかし、それはNG。目に見えるカビはカビ全体の氷山の一角。いくらきれいに取り除いたつもりでも、カビから発生したカビ毒や、「菌糸」と呼ばれるカビの一部が食品に残ってしまうのです。, 食品を安全においしく食べるためには、食品に適した方法で保存し、カビが生えてしまった場合には速やかに処分することを心がけましょう。, 「あのお店のおすすめ商品を教えてほしい」「便利なアイテムを教えて欲しい」などのリクエストをお送りください, 意外と知らない!?じゃがいもを「冷蔵保存」するのはNG!本当に長持ちさせる「裏ワザ」, 鶏胸肉を柔らかくする方法、どれがベスト?塩麴、舞茸、マヨネーズ…6種類で徹底比較!, 絶対失敗しないステーキの焼き方! トクバイニュース編集部では「わくわくする買物で、ちょっといい日常を」をコンセプトに、 ・Why Mold Is So Hard To Kill, なぜイスラエルはピーナッツアレルギーの発症率が低いのか?食物アレルギーの常識が覆された研究. カビの生えたパンを食べてはいけない理由について、真菌(カビ)の仕組みや私たちがカビをコントロールできない原因とあわせて科学的に分かりやすく紹介します。残念ながら、一部でもカビが生えてしまったパンにはきれいな部分なんて存在しません。 安い肉も高級牛並みに柔らかジューシー 焼き加減も解説. → なぜ私たちは腐った(発酵)食品を好んで食べるのか?, 世界初の抗生物質であるペニシリンが、偶然にも他の菌を培養中のペトリ皿(シャーレ)に付着したアオカビがつくる特殊な抗菌物質から発見されたことはよく知られています。ペニシリンは、医療分野で利用され、これまでに少なくとも2億人の命を救ったと推定されています。, シクロスポリンと呼ばれる免疫抑制薬を作るために使用されるトリポクラジウムのように、人の命を救っている種のカビもあります。, 食パンで見られるカビの一種、クロコウジカビ(アスペルギルス ニガー)に関しては、世界で生産されうほとんどのクエン酸の製造に使われています。, クエン酸といえば、食品保存料や香料添加物(主に酸っぱさ」を生む酸味の成分)として利用されるとても有名な物質ですね。日本人の身近な食品、梅干しにも含まれています。, しかし、それは山できのこを食べるのと同じように危険な賭けでもあるのです。野生のきのこには、食べても大丈夫な種が数多くありますが、なかには致命的な毒性を持つきのこもあります。, 同じように、カビにも何万もの種類があり、それらの多くが人体には無害である一方で、ときには人を死に至らしめるほどの毒素を生成する種も存在します。, 食べ物に発生する種のカビは数多いため、アオカビだけでなく、それらの悪い影響を及ぼす有毒なカビも混ざっている可能性が十分に考えられるのです。さらに、残念ながらその食べ物が安全であるか見分けることは不可能なのです。, 身近なところでは、空中で最もよく検出されるクラドスポリウムと呼ばれるクロカビがあります。窓際やベッド、トイレなど屋内外を問わずどこにでも1つは存在するといわれるカビです。, 真菌に関する本を多数執筆しているNicholas Money氏によると、私たちの多くが、このクロカビに対して生体的に反応します。吸い込んだクラドスポリウムの胞子が肺にたまると、それが喘息やアレルギー反応の引き金となってしまうのです。, さらに悪いことに、ペニシリウムやスタキボトリスのように「マイコトキシン」と呼ばれる厄介な毒性物質を生成するカビもいます。それは、空中をただよいながら人体に入ると健康を害する可能性があり、高濃度になると認知能力にさえ影響を与えると考えられています。, 2005年には、このカビ毒に侵されたスープ缶を食べた老夫婦が、激しい筋肉の震えの襲われて病院に運ばれました。, 幸いにもこの老夫婦は助かりましたが、なかには人を死にいたらしめる感染症を引き起こすカビもあります。, デンプンを分解する力に優れており、パンにもよくみられるカビのひとつ「クモノスカビ」です。このカビは、黒い斑点を伴う青緑色が特徴的で、まれに、「ムーコル症(接合菌症)」と呼ばれる人を死に至らしめるほどの感染症を引き起こすことがあります。感染すると、血液を凝固させて酸素の運搬を阻害し、細胞を壊死させてしまうのです。, また、チーズのなかには、神経に作用する毒素をつくりだすペニトレムを含む可能性が高いものもあります。, おそろしいのは、カビ毒が熱に強く、食べ物を焼いたり、茹でたりと過熱調理しても分解することが難しく、加工されても死なないことです。バクテリアとは違い、たとえ毒を産生したカビ自身が死んでも、毒性はそのまま残ってしまうのです。, カビをコントロールできない大きな原因が「胞子」にあります。胞子とは種子のようなもので、カビが繁殖に使用しています。, この胞子は、細く枝分かれした茎のような目には見えない空中構造を作り出し、それらの茎の先端に新しく胞子を形成します。そして、気流に反応して、数万にも及ぶ大量の胞子を大気中にばらまきます。そして、それらを肉眼で見るのはほとんど不可能です。, 私たちの周りには、有害無害を問わず、望むか望まないかにもかかわらず、目には見えない「カビ」がありとあらゆるところに存在するのです。そして、今この瞬間も、呼吸をするたびにの体内に取り込んでいます。, カビは、食べ物の好き嫌いがなく、非常に幅広い食生活を送っています。一部の種は、死んだ皮膚や石鹸、さらには壁紙さえも食べてしまいます。水分や温度、養分が十分にあれば胞子はどこでも成長します。やわらかい食品であればなお進行が早く、冷蔵庫の中でもカビの増殖を防ぐことはできません。, しかし、たとえカビが毒素を産生したとしても、人体に影響を及ぼすには大量に摂取する必要があるため、ほとんどの家は安全だと考えられています。, そもそもカビは、ソーダを飲むときや感染症と闘うときなど、私たちの生活で活躍する種も多いため、世の中から完全に取り除くべき存在ではないのかもしれません。, とはいえ、次にカビの生えた食べ物を発見したら口にする前に、「目には見えない菌糸を体内に取り込むリスクに見合う価値があるのか」をもう一度考えてみてください。, それは安全な種かもしれませんが、カビ毒を産生する種が混ざっている可能性も十分に考えられるのです。, ・Never Eat The ‘Clean’ Part Of Bread 15年くらい昔の5インチフロッピーディスク。 しかも2d(!) こんなに大きいのに、320kbしか入らない。 そういう時代もあったんです、ええ。 フロッピーディスクの欠点はすぐカビが生えること。 やっぱり特定のトラックで読み込みエラー続発。 梅雨時期に入って、パンがカビやすくなりました。上手な保存方法を教えてください。また、パンの表面にはえたカビ、取り除けば食べられるでしょうか?それとも、食べない方がいいのでしょうか?もし、食べられるとしたら、どのような食べ カビたパンを食べたらこうなったwwwwww,芸能、今話題のトレンド、おもしろ記事などをまとめているまとめブログ、GOSSIP速報(ゴシップ速報)です。 ュペーパーで水を綺麗に拭き取る。, 拭き終わったディスケットは、心なしか光って見える(笑), 新しいジャケットに入れ替える。. パンは多くの人が大好きな食べ物ですね。でも、買ったばかりの食パンなのに、気がついたら食パンにカビが生えていた、なんてことはよくあることではないでしょうか?私も何度も経験しています。特に梅雨のジメジメした季節は、あっという間にカビが生えてしま 一口かぶりつきそうになったそのとき、パンにカビを発見。さぁ、あなたならどうしますか?, しかし、残念ながら、一部でもカビが生えてしまったパンには、きれいな部分なんて存在しません。カビは、キノコと同じ真菌類だからです。, ここでは、カビの生えたパンを食べてはいけない理由について、真菌(カビ)の仕組みや私たちがカビをコントロールできない原因とあわせて科学的に分かりやすく紹介します。, おそらく、パンの表面に生えたカビは、簡単に見つけられるでしょう。この青みを帯びた色は、たいていカビが繁殖するためにばらまく胞子の色だといわれています。, しかし、実際には、パンの内部では、目には見えないほど細い糸状のカビの「菌糸」が、無数に枝分かれしながら広がった膨大な地下ネットワークを張り巡らせているのです。つまり、肉眼で確認された場合、カビ汚染が内部までかなり進行し、すでに手遅れの合図。, そこで、あなたは、同じ袋内にある他の食パンでサンドイッチを作り直そうとするかもしれませんが、それもおすすめできません。, なぜなら、カビが生えたパンで実際に目に見える部分は、カビの増殖のほんの一部分にすぎないからです。, 菌糸と呼ばれる数千もの細い糸状の構造(フィラメント)からなり、この菌糸を植物でいう根のように使って古くなったパンや腐ったトマトに伸ばしていき、そこで私たちの胃の酵素に似た消化酵素を放出して栄養を吸収します。, コーネル大学の真菌学者でありカビの専門家でもあるキャシー・ホッジは、カビについて次のようにいいます。, 「カビは、私たちと同じように食べ物を消化しますが、ただやり方は異なります。仮にカビが人間のような姿をしているとしたら、食べ物に寝っ転がったり、肌を浸したりして消化している姿をイメージしてみると分かりやすいかもしれません。, 私たちが実際に、カビの姿を目にする前に、菌糸はすでに食べ物の奥深くで広がり続けているため、仮にカビが生えた部分を切り取ったとしても、彼らの組織全体にとってはなんら問題ではありません。, 空気中には、1平方メートルあたり何百ものカビの胞子が浮遊しているといわれ、1gのほこりでいうと10万以上にも相当します。, そうなると、シカゴをはじめとするいくつかの都市部では、カビの胞子数が一立方メートルあたり125,000個にも及ぶと聞いても驚くことではないかもしれません。, しかし、大気中に何百万トンも存在する胞子が、実際に目に見えたとしたら、あなたは間違いなく衝撃を受けるでしょう。, パンに着地したカビの胞子は、そこで発芽し、パンから栄養を吸収しながら菌糸を伸ばして、先端に胞子のうを形成します。そして、胞子のうで作られた胞子を撒き散らして増殖を繰り返すのです。, 無数にある胞子のうは、それぞれが何万もの胞子を放出するので、パンが入った袋の内部は、既に真菌(カビ)であふれている可能性が十分に考えられます。, そうはいっても、私たちはわざとカビを口にすることがあります。私たちが好んで食べるチーズや醤油、さらにはペニシリンのような命を救う抗生物質の製造に用いられるのもカビの仲間なのです。, ※ 微生物によって発酵食品ができる仕組みについては、こちらをご覧ください。

Ruby 日本語 文字化け 4, セブ 留学 3月 6, シャイな男性 好きな人 態度 10, Ps4 4k 対応ソフト 8, リミッター解除 で摘発 され た運送 屋 4, Ecm Aw4 ピンマイク 4, 剣盾 改造ポケモン 逃す 5, モニタ Hdmi 白い 6, 荒野行動 車 場所 4, Ryoya Takashima 年収 7, F20 オイル交換 Diy 4, ヤマダ電機 Cm 又吉 ロケ地 9,