その結果、ヒルゼンも根から暗殺されかけているが、ダンゾウの仕業だとわかっていながらも水に流した。その際ダンゾウから「その甘さがいつか身を滅ぼす」と忠告されている。 ナルトの猿飛木の葉丸はヒルゼンの孫ですよね? 両親などは不明ですよね? 木ノ葉丸はヒルゼンの孫ですね。因みに叔父はアスマ、叔母が紅、従妹がミライとなります。2015年ジャンプ36号にBORUTOROADTO“B”という特別編が掲載され、ミツキが木ノ葉丸班の紹介をしました。木ノ葉丸、ボル … 猿飛一族最強と言われ、火影在籍時の五大国最強の影であり、歴代最強の火影とすら謳われた。 やはり、猿飛家という感じですね! ヒルゼンは志村一族の志村ダンゾウと友達となり、顔岩の上で色々と語り合っている。 水戸門ホムラ、うたたねコハルと共に扉間の教え子となった。 *3 17巻でナルトがカエル財布を取り出したシーンの注釈によるとあの世界は一両=こちらの世界でいう10円の価値らしいので3億5千万円相当, *9 「最後の言葉は一回聞いてる」とシカマルが皮肉ったため、付け加えさせくれと、言い直してる, *11 師の思いを託されたシカマルからこの答えを聞き、シカマルの父・シカクも満足そうだった, ヘビースモーカーであり、大体いつでもタバコをふかしている。第十班が最初に集まった際にも、班員全員がタバコの煙で涙目になった。, 木ノ葉隠れの忍者では比較的珍しい風の性質変化の使い手のため、同じ風の性質変化を持つナルトに対し、, 周囲にチャクラで変質させた火薬を吹き散らし、予め奥歯に仕込んでおいた火打石で着火。, 相手を連続で殴りつけてから、両手に持った刃に風の系統のチャクラを練り込み相手を十字に切り裂く。, シカマルの影真似と分析力に助けられ、一時は飛段の首をハネるが、それでも死なない不死身の敵には如何ともし難く、最期は飛段の, そして、以前将棋をした時に話した"玉"についてシカマルに話し、その"玉"を三人へと託す。, 彼の死後、教え子たちは彼の死によって得た情報を元に作戦を立案、形見のタバコとチャクラ刀とを手にしたシカマルを中心に弔い合戦を開始し、見事に仇を討った。, 忍寺の僧侶で、かつては火の国の大名を守る守護忍十二士に選ばれたこともあるエリート忍者だった。, 第十班については書くことが多いので個別に建てる予定。多分チョウジが最初で、纏めにくいいのが次、分量の多くなるシカマルが最後になるかな。 -- 名無しさん (2014-10-15 09:46:12), 追記条件・・・・クリアできるのwiki籠りにいてるかwww -- 名無しさん (2014-10-15 12:37:49), アスマといえばタバコだけど、あの人何吸ってんだ?フィルターの部分が白かったから、マイルドセブンかセブンスターかな? -- 名無しさん (2014-10-15 13:40:10), 明らかになにかと紅先生と一緒にいるので「このふたりデキてんのか?」って普通に感づいた。 -- 名無しさん (2014-10-15 15:13:15), 三代目と同じ名字なのは初期から分かってたけど明確に血縁があると明かされたのは割と後だったよな -- 名無しさん (2014-10-15 15:20:36), 生き返らないの? -- 名無しさん (2014-10-15 15:24:04), "この間に種を付けたんだろうか?"ちょっと待てやコラwww -- 名無し (2014-10-15 17:40:23), ゲームでは声優繋がりのせいかオラオラ言いながらラッシュかけるし「やれやれだぜ」とまで言う飛段戦前のがある意味ゲームでの扱いはいい人 -- 名無しさん (2014-10-17 00:26:50), アニメの飛角篇のアスマの死からのシカマルの立ち直りは凄く良かった。 -- 名無しさん (2014-10-17 13:17:38), 角都と飛段の体の相性が良すぎるんだよな 飛段のみ相手なら首はねた時点で勝ってた -- 名無しさん (2014-11-06 08:48:42), ↑せめて能力とか表現しろ。体の相性だとアァーを連想する -- 名無しさん (2014-11-16 00:27:30), 相違や、娘の名前が判明したな。割と普通と言うか、響きがよくて意味も良い名前だと思った。......個人的に「サラダ」のインパクトが強すぎて、その対比もあるのかも知れないけど... -- 名無しさん (2014-12-09 06:41:51), ↑ゴメン、冒頭「そう言や」な。 -- 名無しさん (2014-12-09 06:42:54), すでに火影の護衛まかされたりしてて、娘さんも優秀やね。 -- 名無しさん (2014-12-17 15:36:38), 外伝や映画みてるとアスマとヒルゼン親子関係ってナルトとボルトに近かったような気がする -- 名無しさん (2015-08-11 18:57:08), アニオリのヤマト隊長の夢のラストシーンで久しぶりに登場 -- 名無しさん (2015-09-14 19:02:36), 紅もアスマも作中での活躍がほとんどないのが残念 -- 名無しさん (2015-09-23 08:24:42), 明日→未来か この人は年取ってからの子だったんだね -- 名無しさん (2015-10-29 21:27:01), 木の葉丸の親のどっちなんだろ、アスマの兄弟姉妹(のうちのどれか)って?木の葉丸の両親は暗部だったみたいだし。 -- 名無しさん (2016-01-30 21:16:11), 上忍自体ガイの様に六道マダラと渡り合ったりと人外に片足突っ込んでるようなのもいればちょっと強いモブ程度の奴もいたりと実力の差が大きすぎるからな -- 名無しさん (2016-09-24 01:50:48), ヒルゼンとの年齢差が41、木ノ葉丸とは19か -- 名無しさん (2016-09-24 09:40:47), ↑3葬儀の時木ノ葉丸にアスマ「叔父」ちゃんと呼ばれているので彼の父親か母親の兄だな(叔父は自分の親の兄)。 -- 名無しさん (2016-09-24 18:20:37), ↑逆だ逆。兄や姉に対しては「伯」であり、弟や妹に対しては「叔」。よって、アスマは木ノ葉丸と父または母の弟。 -- 名無しさん (2016-09-24 20:58:41), 苗字自体は第1部時点で判明してたが三代目が親父だと初めて言及したのは飛車角戦直前だったのよね。そのためかアニオリエピソードでナルトが木ノ葉丸とアスマの関係について第2部で初めて知る場面がある -- 名無しさん (2017-04-10 20:03:40), 追記修正のハードルが高すぎる -- 名無しさん (2017-08-02 20:16:15), 死んだタイミングがとことん悪いキャラだなーって感じ -- 名無しさん (2018-07-07 11:08:59), 相手がよりによって作中屈指の初見殺しだからしゃーない -- 名無しさん (2018-07-12 13:27:26), よく考えたらカカシ世代で結婚したのってこの人と紅だけなんだよな -- 名無しさん (2018-08-15 16:28:01), 中二心を擽られる設定なのでBORUTOのアニオリか猿飛ミライ主人公の外伝小説辺りで守護忍十二士制度を復活させてほしい -- 名無しさん (2019-04-12 19:02:57), ミライの名前はアスマがつけたらしいけどどういう意味で名付けたのかな? -- 名無しさん (2019-05-19 15:46:24), 荒らしコメントを削除しました -- 名無しさん (2019-06-01 09:16:14), 焼肉のツケの為に、五影や同じ里の下忍、暁に同情で金を落とされる哀れな男(しかもそれでも足りてない) -- 名無しさん (2019-06-07 03:52:33), 何でこの人だけヒナタ助けなかったのか。 -- 名無しさん (2019-06-18 07:17:50), 「人格は生前のまま。カブトェ…」は感嘆と怒りどっち? -- 名無しさん (2020-03-11 13:55:30), ↑37 アニメだとハイライト吸ってたな -- 名無しさん (2020-04-08 07:38:57), あんな宗教野郎が不死身なんて初見ではまず分からん。 -- 名無しさん (2020-09-13 18:37:50). その場は何とか逃げるが、金閣部隊の追手がやってきたため誰かが囮にならなければいけない窮地に陥った。 その結果クシナの出産はヒルゼンの抱える暗部からもいくらか護衛につけさせた上、結界が張られ隔離された場所で行われる事となった。 アスマが使用した技って 中忍試験で出てくる有能な下忍レベルの技 というのが一番しっくりくる感じがする 返信 名無しの読者さん 2018-07-29 20:09 木ノ葉隠れの里の忍であり、三代目火影。父は伝説の忍である猿飛サスケ。 先代2人を相手に多彩な術を駆使して渡り合ったヒルゼンだったが、ダメージを与えても回復する穢土転生体を前にあの封印術しかないと考え、「四代目の遺した術」として影分身2体と本体で屍鬼封尽を使用し柱間と扉間の魂を封印した。 彼は猿のような敏捷性と迅速さ、特に木々で知られていました. 若い頃は父親のヒルゼンに反発し、一時的に里を離れ、火の国の大名を守護する為に集められた大名直轄 ... アスマ本人は木ノ葉の火影をも輩出した名門の家柄を快く思っていなかったらしく、若い頃は父親の猿飛ヒルゼンと忍が守るべき"玉"の在り処を巡って対立した。 この辺りの経緯につい� ナルトの最初の頃からナルト世代の忍を支えてくれた人ですね!, 第十班(アスマ班)の担当上忍ですが、髭面にいつも銜えタバコと上忍らしからぬ風貌。 しかし、自来也は自分には荷が重いと辞退したため、自来也の弟子であり先の大戦で多大な戦果を挙げていた波風ミナトを四代目火影に推薦した。 その結果、九尾の襲来はうちは一族が写輪眼で操って起こったものだという不信感が生まれることとなった。 ミナトが到着した後、九尾はなんとか封印されるが代償としてミナトとクシナが命を落としてしまった。この時、ヒルゼンはミナトの屍鬼封尽の印を目撃している。 この鋭い切れ味とアスマの力とスピードが加わることで、うかつにガードできない刀攻撃に仕上がっています!, 体内のチャクラを高熱の灰に変化させて口から吐き、奥歯に仕込んである火打石のような物で着火させ、爆発させる。, タイミングが難しそうな術ですね。着火させるタイミングを間違えると自分も味方も吹っ飛んでしまいそう。。。それを使いこなすとはさすが上忍ですね!, しかし、これは着火させなければ煙幕にもなりますし、また煙幕と見せかけておいて着火もできるという、シカマルばりの策も仕込めそうです!, この術は他の忍たちと比べると少し地味な印象ですね。同じ風のチャクラの性質を持つナルトがあまりにもインパクトがある術をするのでよけいそう思われるんじゃないかなと。。。, しかし、術は一発の威力だけが重要ではなく、隙が少なくチャクラを抑えて使用できかつ相手を動かすことができるジャブのような術も重要です。 晩年は重く感じていた。. いろいろ展開が早すぎて、少しだけでも二人の仲睦まじい姿が見たかったです。, ちなみに最終回に二人の子どもが登場します!!名前は「猿飛ミライ」。 木の葉丸の両親のどちらかが「アスマのきょうだい! 如意棒は伸縮自在で、ダイヤモンドより硬い。破壊力も高く、神樹を切り裂いたり陰陽九尾を里の外に押し出すほどのパワーがある。 猿飛一族が得意とする火遁のみならず、全ての性質変化でハイレベルな術を使用することができ、影分身にそれぞれの性質変化の術を使用させる五遁大連弾でトビの五遁と相殺させた。 次代ではシカマルは風影の姉と、チョウジは雲隠れの人柱力の弟子と国際結婚をし、いのは夫に山中家の入り婿となってもらい、17代目の子供たちに秘伝忍術の継承を行っている。, NARUTO 木ノ葉隠れ 第十班 10 CV:柴田秀勝、藤井啓輔(少年時代) 年齢69歳。身長163cm。体重50kg。 三代目火影。二代目火影・千手扉間の弟子。木ノ葉丸の祖父であり、猿飛アスマの父親。 猿飛一族最強と謳われ、のちのうちは一族最後の末裔の名前の由来にもなった猿飛サスケの嫡子である。 波風ミナトが四代目火影に就任したことで一度その座を降りたが、後の九尾の襲来事件においてミナトが殉職したことで、再び三代目として火影の任に就いていた。 大らかで慈悲深い人物として里の住人から厚い信頼を寄せられている。ナル … ダンゾウは常に自分の先を歩くヒルゼンに嫉妬にも似たライバル心を燃やしていた。, 時は流れ、二代目火影となった扉間が協定を結ぶため雲隠れに赴いた際、金銀兄弟のクーデターに巻き込まれる。 かねてより冷遇されていたうちは一族であったが、九尾襲来の疑いまでかけられ更に里の隅へと追いやられた事で里への不満は抑えきれないところまで来ていた。そしてクーデターを企てるに至ったのだ。 シカマルとの連携して貴重な戦闘シーンですね。, 戦闘力の高さは流石の上忍なのですが、飛段の能力が初見殺し過ぎる特殊な能力だったため、苦戦させられてしまいます。 時は流れ、ヒルゼンら里の上層部は、暗部であったうちはイタチからの密告でうちは一族がクーデターを画策していることを知る。 新猪鹿蝶, 「10班」とは、岸本斉史による漫画『NARUTO』に登場する所属する人物に対して使用される用語。, リモートは、もはや一時的ではない。ARMSNOTE・深井涼介さんが教える「最強のおうち作業環境」づくりのコツ. ・・・ま・・・ともかく・・・この忍者登録書は里だけの隠密性の高い・・・  by 三代目火影 猿飛ヒルゼン  pic.twitter.com/KyaeuUUlV0, 血継限界などは持っていないわけですけど、秘伝・幻術など、木の葉の技を徹底的に解き明かして”プロフェッサー” 一族抹殺後のイタチがヒルゼンの元へサスケの事を頼みに来た。 また、木ノ葉では多くの行方不明者が出ていた。そこで、暗部であったはたけカカシに調査を命じた。調査の結果、大蛇丸がこの事件に深く関わっている事を知る。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 四代目火影であるミナトが死んだことで、ヒルゼンが再び火影に返り咲くこととなった。, ヒルゼンはミナトの敵からナルトを匿うため、ナルトには波風ではなくうずまきの姓を与えた。 *1 平均身長が180cmなのでなお更。ちなみにこれは17歳時のナルトやサスケとほぼ同じ, *3 メタ的には木ノ葉崩しの時点では、扉間の水陣壁を見て大蛇丸ですら流石は火影と称賛していたり、アニメ版で柱間のパンチを受けた際にヒルゼンが相変わらずの金剛力(大幅に劣化している描写がない)と評したりと、設定が変更された事が伺える, *5 戦局は木ノ葉が有利だったにも拘らず、和解を優先したヒルゼンが賠償なしの岩隠れに有利な条件で講和したため、不満を抱いたタカ派に糾弾された, *7 これは現在師と戦う自分と同じ感情を相手に体験させようという大蛇丸の悪趣味な考えから, アニオリ「カカシ暗部篇」ではその後、第三次忍界大戦終戦の際、和解を最重視して戦争相手の岩隠れに一切の賠償を請求しなかったため、, うちは一族に対しても融和方針であったことからイタチにも信頼を寄せられており、彼が里を抜ける際に唯一生き残った弟の, これらの才能の素地は、父である猿飛サスケ譲りのもので、少年時代は彼の背を追って成長した。, 老化によってチャクラ量が全盛期より減少しているため分身可能な数はナルトに比べ少ない。, 金剛如意で如意棒に変化した猿魔をさらに分身させ数十本の如意棒に姿を変え、敵の四方八方を格子状に取り囲んで捕縛する術。, 火影に就任後は二度の大戦を木ノ葉の勝利へと導くも、岩隠れとの和平条約の問題で糾弾されたため, 死神に封印されていたため出番はないと思われていたが、里と忍の真実を知ろうとするサスケの意志により、復活した大蛇丸が屍鬼封尽を解いて穢土転生の術を発動。, 孫。木ノ葉丸自身は火影の孫として見られることに反発を覚えていたが、ナルトとの対話以降は普通に祖父として慕っている。, 弟子の一人。悪意と野望に染まる素質を持つことを知りつつも、戦乱の時代にあってその満ち溢れる才能を何よりも愛し、己の後継者となることを願っていた。, ナルトからは実の祖父のように慕われており、ヒルゼンも九尾の人柱力としての宿命を背負うナルトの未来を誰よりも案じていた。, 別天神の性質上洗脳に成功したかどうかの確認が難しいのが痛いな。シスイが別天神を使ったフリとかフガクが洗脳されたフリして隙を見てクーデターを起こすケースも考えられるからダンゾウが強硬な行動に出たのも無理はない -- 名無しさん (2016-11-03 17:23:47), うちは一族のクーデターに関しては実際うちは(マダラ・オビト)が原因だったし、写輪眼くらいしか九尾を操る力無かったしなぁ。九尾事件後にうちは隔離しなかったら他の一族達から一気に不満でそうだし仕方ないわ -- 名無しさん (2017-02-09 19:28:23), 里の長としての資質は間違いなくある。 -- 名無しさん (2017-02-09 21:27:56), ↑続き ただ、就任していた時期に必要とされてた指導者の資質かと言われると微妙かもね。ただ、仮にダンゾウがうちはの事件や大蛇丸がやらかした時期に火影にだったら、もっと酷い事態になっていたかもしれん。 -- 名無しさん (2017-02-09 21:32:25), 里外にとびっきりのカス共、里内に更にそれらを上回るぶっちぎりのカス共を抱えてよく長期に渡って里維持したよ…むしろ被害者だよこの人はよ… -- 名無しさん (2017-03-06 04:54:22), 恐らく為政者としてなら太平の世にこそ真価を発揮するタイプなんだろうな。権謀渦巻く戦乱(第一部以前)・冷戦(作中時代)時代ではその甘さによるツケが回ってくると思う。為政者としては初代同様難有りかもしれないけど、指導者という観点から見れば三忍を育て、その内の一人、孫弟子の二人、更にその弟子の一人が火影になったから『教授』という二つ名は正に相応しいものかと。 -- 名無しさん (2017-03-30 10:07:31), ナルトとサスケをちゃんと保護してなかったのはよくわからん四代目火影の息子・九尾の人柱力にイタチの弟・うちは一族の生き残りとか人としても里長としてもがっつり保護と管理すべきなのに -- 名無しさん (2017-04-25 12:40:24), チョンボしまくってるダンゾウをどうにかできなかったことで批判されるのは分かるんだけど、ナルトやサクモ達の迫害の対処で無能扱いはおかしくない?為政者が「止めよう」って言えば差別が簡単に収まる訳でもないのに -- 名無しさん (2018-01-31 20:00:38), サクモはともかくナルトは迫害への対処以前の問題でしょ -- 名無しさん (2018-05-06 05:07:58), 誰かの言葉ageで最強とかいわれてるだけで描写だけ見てると猿魔が凄いんじゃね?としか見えない -- 名無しさん (2018-06-29 10:03:59), 「優れた指導者なのは確かだが、里民によるナルトへの迫害を止められなかったなどの要因から為政者としての評価は賛否が分かれるところ」みたいなオブラートに包んだ言い方でもダメ? -- 名無しさん (2018-07-03 21:24:49), ヒルゼンは自分の中に闇がなくてそのせいで他人の心の闇が理解できないタイプ人間なんだろうな。このタイプの人間は人間の劣等感とか嫉妬とか頭では分かっていても実感は出来ないから無意識に相手を傷つけちゃう。大抵の人間には好かれるけど極一部の人間に蛇蝎のごとく嫌われる。息子のアスマも一時ヒルゼンに反発してたし。ダンゾウの暴走や大蛇丸の闇落ちを防げなかったのはこの辺りが原因だと思う -- 名無しさん (2018-08-04 19:09:13), 幼いナルトに九尾のことを知られれば暴走してどうなるか分からないし、ミトからクシナみたいに受け継いだ訳じゃなく、人柱力としての心構えを伝える相手もいないから、里の人間に箝口令敷くのが精一杯だったんじゃないかな?流石に、ナルトを迫害してはいけないなんて掟は作れないだろうし。 -- 名無しさん (2018-08-28 08:59:30), まあダンゾウが火影だったら最悪ナルトは分福みたいに一生牢屋に幽閉されてた可能性もあるわけだし -- 名無しさん (2018-09-04 16:57:43), 記事にもあるようにヒルゼンが一時的に火影を退いたのは「和平優先で岩に融和外交したことを糾弾された」せいだったわけで、九尾事件直後のヒルゼンは他に火影をできそうな人がいないから火影になれただけで、そんなにみんなに支持されてたわけじゃなかっただろうからなあ。ヒルゼンの再任が面白くなかったやつはたくさんいただろうし、支持基盤が脆弱だったせいで身動きできなかったんだろう。 -- 名無しさん (2018-09-26 02:40:37), ナルトに護衛つけてなかったのは謎過ぎるそれこそ家庭教師つけて英才教育も必要だっただろうに -- 名無しさん (2018-10-24 23:50:57), 里に存在する術を全て使えるのなら、飛雷神の術や螺旋丸(時代的に螺旋手裏剣は無理だろうが)もその気になれば使ってくるのだろうか -- 名無しさん (2019-01-30 17:10:30), 先代2人が飛び抜けてて、後ろもヤバイやつばっかなせいで、どうしても無能評価をくだされやすい人。火影再任で↑3もあっただろうし、そもそももうかなりの年だったわけだし仕方ないんだけどね。さっさと5代目に引き継げば良かったんだろうけど4代目が死んだことで引き継ぎにトラウマでもあったのかな -- 名無しさん (2019-01-30 17:25:33), ↑と、いうより火影になる候補者がいなかっただけだと思う。三忍は全員里抜けするし、カカシはナルトやサスケの監視も兼ねた担当上忍だったし、他の上忍も担当持ちだったしね。中忍試験で、後五年はやるつもりみたいだったし、それぐらいならナルト達も成長してカカシに譲ろうと思ってたんじゃないかな。 -- 名無しさん (2019-01-30 17:58:00), やっぱ九尾事件の後再登板するんじゃなく三忍の誰かを五代目にして自分は後見人になるべきだったな。というか大蛇丸と綱手はともかく自来也は人格的にも問題ないし。ぶっちゃけ何で火影になってないのか謎。年齢的にも四代目自来也五代目ミナトで良かった気がする -- 名無しさん (2019-01-30 18:18:44), ヒルゼンって某腹ペコ王と同じでマジで人の心が分からない人間だよな。木ノ葉崩しの時、大蛇丸に「お前は恨みで動くような男ではない。お前には動機も目的もないのだから」とか的外れなこと言ってるけどアレ100%恨みだから。というか本人も気がついてないかもしれないけど大蛇丸の動機と目的ってヒルゼンに愛されたい、認めてほしい、だから。大蛇丸は外見はオッサンだけど中身はただのヤンデレ女だから。 -- 名無しさん (2019-02-02 01:12:09), ヒルゼンにもっと愛されたい認めてほしい→ヒルゼンは自分の忍としての才能を愛している→ならより優秀な忍になればもっと自分を愛してくれるはず→なのにヒルゼンは内心で自分よりも忍の才能で劣っている(あくまでも大蛇丸の視点で)自来也の方を認めている→挙句に四代目に自来也の弟子のミナトなんて若造を選んだ→ひどい!私の純情を弄んだのね!殺してやる!これが大蛇丸の内面から見た大蛇丸の闇落ちの真相だと思う -- 名無しさん (2019-02-02 01:12:41), コメント欄が長くなってきたので異論がないなら近日中にログ化します -- 名無しさん (2019-02-06 06:30:11), 全盛期だったら最低でもカタログスペックなら卑劣様を超えてるんだろうけど(幼少期の環境によって鍛えられ、ヒルゼンには無い徹底的な合理性と非常さを持つ)、猿飛サスケは以上だったらしいな… -- (名無しさん), 決してスペックでは卑劣様やミナトに劣ってないんだけど、第四次忍界大戦は、千手兄弟やミナトに因縁のあるマダラやオビトが相手だったから出番の量が圧倒的に少ないのが悔やまれるなぁ。個人的には歴代火影の中じゃ、ナルト、柱間に次ぐ強さだと思ってるんだけど。 -- (名無しさん), 火影は奇数(柱間・ヒルゼン・綱手・ナルト)は感情重視の温厚派、偶数(扉間・ミナト・カカシ)は実利優先の冷徹派って感じだな。となると当代の火影が治め、次代の火影候補が支えるのが理想形か。 -- (名無しさん), 「ハンバーガーは大きいほうが良い」って言ってたらしいね -- (名無しさん), 作中描写とか考えるだけでもこの人にせよ卑劣様にせよ当たり前のように五大性質変化と陰陽遁使ってるけど実際トンでもないよなって思うことある -- (名無しさん).

Rythm Bot Commands 6, 愛知学院大学 野球部 プロ 5, ストレッチ 眠くなる 理由 7, 警察官 Dv 処分 5, 枡 作り方 木工 11, ケーズデンキ エアコン 真空引き 4,