Yumi 2018-11-21 / 2020-06-01. 使用燃料:45.9リッター ポルシェのマカンsをレンタカーして石巻市まで行った時、傾斜勾配30%の坂道で、ポルシェ・ヒルコントロールモードを使ってみました!時速13キロに固定され、急勾配の下り坂も安全におりることが出来 … 夫の話 マカンを買いたい病にかかった夫の様子を報告する . メモリー機能を内蔵したアダプティブ スポ-ツシートは、極めて高い快適性とサポート性を実現しています。18wayの電動調節機能が備わり、前後位置、高さ、座面とバックレストの角度、座面の長さ、4wayランバーサポートを調節することで最適なポジションに設定が可能です。このシートにはステアリングコラムの電動調節機能も組み込まれています。, Comfort seats.8wayの調節機能を備えたコンフォートシートは、特にドライバーに理想的なゆとりや実用性を与えます。, Comfort seats with comfort memory package (14-way).フロントシートにより快適性を求める要望に応えるのが、メモリー機能付きの14way電動コンフォートシートです。, マカンモデルに最適に適合されたBurmester®ハイエンド サラウンド サウンドシステムは、音波を感性に響く独特な楽しさに、そして音楽をほかでは味わえない極上のオーディオ体験に変えます。マカンの全モデルにオプションとして用意されています。, BOSE®サラウンド サウンドシステムは、マカンの室内の音響特性にあわせて最適にチューニングされました。サブウーファーおよびセンタースピーカーを含む14個のスピーカーと、出力665Wの14チャンネルアンプが印象的なサウンド体験を提供します。マカン ターボに標準装備、ほかのモデルにはオプションとして用意されています。, 合計10個のスピーカーを備えた出力150Wのサウンド パッケージ プラスは、高品質なサウンドを響かせます。ポルシェ コミュニケーション マネジメント(PCM)に組み込まれたアンプが室内の音響パターンにあわせて最適に調整され、ドライバーと乗員に豊かなオーディオ体験をもたらします。マカンSとマカンに標準装備されます。, ポルシェ コミュニケーション マネジメント(PCM)によって、あなたは次の冒険をいっそう快適に、かつスムーズに 愉しむことができます。PCMはオーディオ、ナビゲーションおよびコミュニケーション機能をコントロールするための中心的役割を担います。オンラインナビゲーションを含む標準装備のナビゲーションモジュールは、モバイルデータを活用するリアルタイム交通情報(RTTI)を提供。常に最適なルートを見つけ出し、目的地へのより速い到着を可能にします。新しいマカンには、高解像度のフルHD 10.9インチタッチスクリーンディスプレイが備わります。, 日常でも冒険でも、同じ瞬間が訪れることはありません。私達が追い求めるのは、あらゆる体験が新しい歓びや発見にあふれたものになること。Porsche Connectは、旅がどんなものでも、目的地がどこであっても、それらを可能にする機能を提供します。利便性に優れたサービスやスマートフォン用のアプリが、毎日のさまざまなシーンに応えます。, もちろん、オフロードでの刺激的な走行体験をマカンで味わうこともできます。荒れた地形を走破する、その最適なパートナーとなるのがオフロードプレシジョンアプリです。オフロードを駆け抜けるためのさまざまな情報を提供し、あなたのドライビングデータをより詳細に計測、評価します。データはあなたのドライビングパフォーマンスの向上に活用できるほか、ほかのドライバーと共有して比較することも可能です。, Apple CarPlayにより、ポルシェ コミュニケーション マネジメント(PCM)のタッチスクリーンディスプレイを使ってさまざまなAppleのサ−ビスを利用することができます。また音声認識ユーザーインターフェースのSiriを使うことで、ドライビングに集中しながらアプリの操作を行えます。, 次の目的地へ向かうには、進むべき道をはっきりと視界に捉え続けることが重要です。そのため、マカンSとマカンにはLEDヘッドライトが標準装備され、前方の路面を極めて明るく照射します。カイエン ターボはポルシェ ダイナミック ライト システム(PDLS)を内蔵したLEDヘッドライトを搭載し(ほかのモデルはオプション装備)、その洗練されたフォルムによって、機能と形態の完璧な調和を示しています。またヘッドライトに組み込まれた4灯のデイタイムランニングライトのほか、リアの4灯式LEDブレーキライトとライトストリップにより、ポルシェであることがひと目で分かります。, PDLSは走行速度に応じてヘッドライトの照射範囲を変化させます。PDLSに備わるダイナミック コーナリングライトが操舵角と走行速度に基づいて照射角をコーナーの内側方向に調整し、スタティック コーナリングライトはタイトなコーナーや交差点を曲がる際に、補助ヘッドライトを点灯させて路面をいっそう明るく照らします。マカン ターボに標準装備されます。. オプション装備:ボディーカラー<ナイトブルーメタリック>(16万3000円)/ターボインテリアパッケージ<ガーネットレッド>(105万円)/フロアマット(2万2000円)/ティンテッドLEDテールライト(8万3000円)/シートヒーター<フロント>(7万6000円)/サラウンドビュー付きパークアシスト<フロント&リア>(13万4000円)/21インチ911ターボデザインホイール(51万9000円)/カーボンサイドブレード(11万1000円)/カラークレストホイールセンターキャップ(3万円)/ボディーカラー同色ドアミラー(8万5000円)/ポルシェトルクベクタリングプラス<PTV Plus>(27万1000円)/アダプティブクルーズコントロール(22万3000円)/リアシート用サイドエアバッグ(6万7000円)/カレラレッドシートベルト(7万6000円)/コネクトプラス(19万9000円)/LEDヘッドライト<PDLS+>(20万1000円)/カーボンインテリアパッケージ(15万4000円)/カーボンドアシルガード(10万9000円), テスト車の年式:2017年型 価格:1194万円/テスト車=1551万3000円 2020年3月に発表された年次報告によれば、2019年のポルシェの世界販売台数は前年を10%上まわる28万台強。そのうち「カイエン」が9万2000台で、「マカン」はあとわずかで10万という台数。かつてはスポーツカー専業メーカーとして名を馳せたポルシェも、もはや販売台数で圧倒的な過半を占めるのはSUVカテゴリーに属する2つのモデル。それが現在の姿であるわけだ。, ちなみに、こうした内容を知れば「次期マカンは『タイカン』に次ぐポルシェ第2のピュアEVとしてデビューする」という報道も、なるほど現実味を帯びてくる。チャージされる電力の発電形態に関わらず「CO2排出量がゼロ」とカウントされるピュアEVは、多くの台数が売れてこそ「企業平均CO2の削減」に大きな効果があるもの。となれば、このブランドの場合には、ベストセラー・モデルであるマカンがその任を担うのが最も合理的と考えられるからだ。, 一方で、そうは言ってもまだピュアEVには抵抗があるというユーザーも少なからず存在するはず、という考察から報じられるのが、「現行モデルも併売される」という憶測。かくしてこの先、マカンにはパワーユニットがまったく異なる2つのモデルが平行してラインアップされることになるのか、はたまたEV専用モデルへと変貌を遂げるのか? その回答が明らかになるのも、どうやらそう遠い時ではないようだ。, いずれにしても、初の4ドア・ポルシェ車としてのキャラクターも踏まえながら2002年に誕生したカイエンの成功を見届けるカタチで、2013年末にその弟分としてデビューした現行マカンのモデルライフも、いよいよ終盤と考えられるポイントに差し掛かっている。, そんなタイミングで、「最もスポーティなバージョン」というフレーズとともにラインアップに加えられたのが「GTS」のグレード。「S」と「ターボ」という2つのグレードのギャップを埋める任を与えられた、この3文字のグレード名を冠したマカンがカタログに加えられるのは、2018年に実施されたマイナーチェンジ以前のモデル以来、これが2度目ということになる。, Sグレード用に設定されたさまざまな走りのオプションを標準装備化するとともに、やはりSグレード用のユニットをベースにしながら専用チューニングが施されたエンジンを搭載。これらによって運動性能を向上させると同時に、よりスポーティな装備や精悍かつゴージャスな専用コスメティックを採用することで、内外装をドレスアップ……と、GTSでは“定番”とも言えるこうした手法は、もちろんこのモデルにも採り入れられている。, 今回、ポルトガルで開催された国際試乗会でテストドライブを行なったのは、エアサスペンションやサーフェスコーテッド・ブレーキ(PSCB)、標準比で1インチ増しとなる21インチ径のシューズや18ウェイの電動調整機能付きアダプティブ・スポーツシートなどをさらにオプション装着したGTS。, ボディ各部に施されたブラックの挿し色や大径ホイール、そしてインテリアではさまざまな部位に用いられたアルカンターラやブラッシュドアルミニウムなどの素材が、スポーティでありながらもスパルタンにまでは至らず、むしろゴージャスで高品位というGTSグレードならではの位置付けを演じてくれることとなっていた。, マイナーチェンジ前のモデルに対して最も大きく変わったのは、実はその心臓部だ。2基のツインスクロール式ターボユニットを含む排気系統をバンク内側にレイアウトとしたガソリンのV型6気筒直噴というスペックはベースのSグレード用と変わらないものの、ピストンストロークが89mmから86mmへと短縮され、圧縮比も11.2から10.5へと変更されたことで排気量は2995ccから2894ccへとダウン。, 一方で、そこにターボブースト圧のアップなどが主体と思われる専用チューニングを施したことで380PSの最高出力と520Nmの最大トルクを獲得。これは、現行Sグレード比では+26PSと40Nm、マイナーチェンジ以前のGTS比では20PSと20Nmの上乗せという関係で、改めて何とも巧みなポルシェのマーケティング戦略を感じさせられることにもなっている。, そんな最新のマカン GTSでまずは市街地を走り始めると、最初に実感をさせられたのはそこに秘められた高いスポーツ性よりも、何とも上質な走りのテイストだった。, そうした印象の一因となっていたのは、予想を超えた高い静粛性。今回のテスト車が、先に紹介したさまざまなアイテムに加えて断熱/防音ガラスもオプション装着していたことも、その好印象に関係していそう。いずれにしても、アクセルを深く踏む場面のない街乗りのシーンでは21インチホイールを履いているとは思えない優しいフットワークとともに、穏やかなエンジンのフィーリングがまずは上質なSUVらしさを前面に押し出すことになっていたというのが、このモデルの走りのテイストだ。, 車両重量はおよそ1.9tと、それなりの重量級。だが、実際にはスタートの瞬間から動きの鈍さを微塵も感じさせないのは、前述した排気系のバンク内配置によるターボ駆動の効率のよさや、ツインスクロール式というターボチャージャーの凝ったデザインも貢献しているはず。何しろ、520Nmという最大トルク値は、すでに1750rpmにして生み出されるのだ。組み合わされる7速PDKが、微低速時にもステップATに何ら遜色のない滑らかな変速を行なってくれることも、日常シーンでのフィーリングのよさに大いに効いていることは言うまでもないだろう。, 一方、そんな街乗りシーンでわずかに気になったのは、ブレーキの立ち上がり減速Gが弱めであること。もちろん、さらに踏力を加えればしっかりしたブレーキ力が得られるものの、恐らくこれはオプション装着されていた“PSBC”がもたらす傾向と考えられる。, タングステンカーバイドをコーティングしたブレーキローターと専用パッドを用いることで、通常のシステムを超える耐フェード性と耐久性を備えながらダストがほとんど発生せず、かつ既存のセラミック・コンポジットブレーキ(PCCB)よりも大幅に安価というのが、このシステムで謳われる主な特長。だが、少なくとも街乗りシーンでのフィーリングのみに限れば、ノーマルのシステムに軍配が上がりそうだ。, 一方、ひとたびアクセルペダルを深く踏み加えてみれば、それまで水面下に秘めていた真のポテンシャルの一端を即座に垣間見せてくれるのが、このモデルならではのキャラクターでもある。今回設定された試乗ルートには、残念ながら強い横Gを連続的に味わいながら走れるようなセッションは含まれていなかったが、それでも幾度か体験できたアップテンポな走りの場面では、「あ、これはやっぱりサーキットに持ち込んでみたいよな」という、“GTS”の名に恥じない振る舞いの片鱗を披露してくれることになったのだ。, 前述のように、スタートの瞬間から太いトルクを提供してくれるエンジンは、回転数が高まっていってもそれが目立った落ち込みを示さないという点に、一種の“スポーツ心臓”らしさを表現する。380PSというピークパワーが発せられるのは、5200-6700rpmの範囲で、Sグレードの場合には同じくピークパワーを発生させる上限は6400rpmとやや低い。これは、先に述べたようにGTS用エンジンの方がよりショートストローク傾向にあるということとも無関係ではなさそう。スペック上はこちらの方が高回転型・高出力型と言えることになるのだ。, 4WDシステムの採用もあってトラクション能力がすこぶる高いのは当然ながら、ハンドリングの感覚は予想以上に自在で、かつ思いのほかシャープ。こちらも、思わず「サーキットを走ってみたい」と言いたくなるテイストだが、そんな印象の中にはこちらもオプション装着されていた電子制御式LSDとセットで採用されるトルクベクタリング機構「PTVプラス」の働きも含まれていそうだ。, 正直なところ、市街地中心の一般道がメインで構成された今回のテストルートは、マカン GTSのポテンシャルを存分に味わうためには少々物足りなかった印象は否めない。それでも、いくつかのシーンで姿を現したまさに“SUVのスポーツカー”という比喩こそがふさわしいと思えたこのモデルの走りのテイストは、なるほど「最もスポーティなマカン」というフレーズを自称したくなるのもうなづけるものだった。, 自動車専門誌編集部員を“中退”後、1985年からフリーランス活動をスタート。面白そうな自動車ネタを追っ掛けて東奔西走の日々は、ブログにて(気が向いたときに)随時公開中。現在の愛車は2013年8月末納車の981型ケイマンSに、2002年式のオリジナル型が“旧車増税”に至ったのを機に入れ替えを決断した、2009年式中古スマート……。, 小さくて軽いMTモデルは正義! ルノー「トゥインゴ S」に乗ると思わず笑顔になる理由, ポルシェ、“最もスポーティ”な新型「マカン GTS」受注開始。価格は1038万8889円, 独ポルシェ、380PS&520NmのV6 2.9リッターターボを搭載する新型「マカンGTS」, ポルシェ、2019年の世界新車販売台数は28万800台。「カイエン」「マカン」が大幅な伸びに貢献, ポルシェ、新型「マカン」を2019年夏発売。音声認識の「Porsche Connect」など装備, 独ポルシェ、245PS/370Nmの新型「マカン」をパリモーターショーで欧州初公開.

青森 船 外 機 中古 5, Craving Explorer 違法 27, Non コスプレ 加工前 14, Moodle 穴埋め問題 作り方 4, Microsoft Teams Exploratory 商用クラウド 違い 4, The Birthday Shine コード 7, チャレンジタッチ 色 選べない 17, Bdz Fbt4000 外付けhdd 4,