一般的なトイレ移動にかかる価格の合計は、40万~55万円といったところです。自動洗浄・空気清浄などのハイグレード仕様を選んだ場合、その分金額はアップします。, 当社リフォーム実例:窓があるため洗面台の形を一工夫。浴室の入り口も広くしました。<詳しくはこちら>, ユニットバス本体の価格は、グレードによって40万円程度から130万円程度と幅があります。, ・既設撤去、廃材処分 20万から25万円程度 水周りが古くなっている場合はもちろん、生活スタイルの変化があった場合にも、トイレやお風呂の場所・大きさを変えると、使い勝手が大幅に向上するかもしれません。, 当社リフォーム実例:間取りを変えて、広い洗面台を備えたレストルームにしました。<詳しくはこちら>, ■移動リフォームのポイント・注意事項 機能が付いている事です。 スペースに十分な広さがなく便器と壁との距離が近いと、トイレに入っていても息苦しさを感じてしまうものです。また便座に腰かけた際、前や横の壁が近くてひじやひざをぶつけてしまったり、男性が立って用を足しにくかったりします。 便座周りのスペースが狭くて掃除がしにくいという難点もありま … 設置場所に関しては、住人用を別途に設け、御客様用だけの目的であれば、 注意点として、排水管の勾配や外部の排水管への接続も考慮するため、どこにでも移動できるものでは無いということを覚えておきましょう。, 当社リフォーム実例:水まわりも1か所に集中させ、壁と段差をなくし、バリアフリーの空間に。<詳しくはこちら>, また、排水管や水道管は、ある程度まとまっている方が効率的です。キッチンも含めて、水周りは1か所に集中させた方が工事費用を節約できるでしょう。, そして、浴室と洗面を移動リフォームする場合は、スペースの確保も検討しなくてはなりません。一般的には浴室、洗面(脱衣)共に1坪が目安です。 扉の位置を変えて出入りのストレスをなくしたリフォーム (トイレ)のリフォーム事例・施工例 No.B80360。洗面室の中にトイレの開き扉があり、出入りが不便でした。引き戸に変えたいというご要望もあり、廊下側に出入り口を移動しました。 リフォ-ムをする場合は、設置場所でも機能でも既に実際に御使用になられている ・トイレの設置、給排水管、排気用ダクト、電気配線等の工事:約17万円 今まで1階にあった約1畳のトイレを同じ場所の2階部分に移動した場合、かかる費用・価格の内訳は … ・電気工事 3万から5万円程度, トイレや風呂、洗面といった設備はグレードにより費用も上下しますが、どんな設備を選んでも、工事の費用自体には大きな違いはありません。, リフォームのTAKEUCHIでは水周りの場所を変えるといった大きなリフォームまで対応していますので、気になることがありましたら、ぜひお気軽にご相談ください。. 我が家は以前和式のトイレでしたが、歳を取るにつれて用を足す時の (合計)約46万円 ・内装の工事費用 10万から20万円, が目安になります。 リフォームのTAKEUCHI西武練馬店の日誌「トイレ・浴室・洗面を「移動リフォーム」する価格は?」です。地域の情報や、店舗スタッフの日常、リフォームのアイディアや、建築・デザイン、リフォーム・リノベーションへの想い、また子育て奮闘記など、リフォームスタッフの生の声を伝えしていきます。, 当社リフォーム実例:水まわりも1か所に集中させ、壁と段差をなくし、バリアフリーの空間に, 当社リフォーム実例:浴室や洗面室の移動に伴い、トイレも移動。入口幅の拡張や手すりもプラスしました. トイレの位置を移動したリフォーム (トイレ)のリフォーム事例・施工例 No.B74385。トイレがキッチン横でしたので移動する事をご提案しました。 方の意見を聞き、実際に自分で見聞きし、更に納得するまで自分で調べる事が 【難しい】【分かりにくい】リフォーム情報を関西弁で、分かりやすく、面白おかしく隊員達が解説中! 楽しみながら理解できるリフォームのお役立ちサイト, この制約というのは、排水管の事です。水は勾配に従って流れていきます。この勾配が緩いと流れが悪くなり最悪、詰まることになります。そのため水回りの間取り変更は慎重に進めていく必要があります。, そうですね。絶対にあってはいけないトラブル。マンションによっては水廻り設備機器の移動を禁止していることもあります。では、トイレ(便器)の移動についてこれから詳しくお伝えしていきます。, このような質問を受けることが多いのですが、戸建て住宅の場合は可能と答えています。マンションの場合は、若干の移動は可能かもしれませんが、リノベーションのように大きく移動することはできないと考えたほうがいいと答えています。, 設備機器の移動の問題は、排水管の勾配に大きく関係してきます。戸建て住宅は床下の懐に余裕があるため、勾配が取りやすい。しかし、マンションの場合は、床下の懐があまりありません。そのため、勾配が取りにくいのです。このことについて詳しくお伝えしますね。, 排水式は大きく分けて「床排水式」と「床上排水式」の2つに分かれます。マンションでよく見られるのは床排水式です。, この排水式には、排水管がコンクリートスラブの上に配管されている場合と、配管が直下のスラブを貫通し階下の住戸の天井裏を配管している場合があります。階下の住戸の天井裏は共用部でありますので、配管をさわることはできません。, 排水管がスラブの上に配管されている場合は、便器を1m移動させることによって2cmの勾配が必要になってきます。, 排水管がスラブを貫通している場合は、エルボ(L型の接続部材)を用いて排水管を横に這わしトイレの位置を移動させます。エルボを取り付けることによって約12~13cm高くなり、その上1m移動させることで2cmの勾配が必要になってくるので15cmほど床が高くなります。, 便器の周囲にPS(パイプスペース)があり、トイレを移動させるとパイプスペースまで壁に沿って配管スペースが必要になると共に、1mの移動に伴って2cmの勾配が必要になってきます。, トイレの位置を移動することによって床下にある給排水管も移動に合わせて配管しなければいけません。配管するためには床をめくらないといけないため床工事とのからみもあり便器のみの変更に比べて費用は高くなります。, 安易な移動は避けたほうがいいというのが個人的な意見です。排水管の勾配をとるため床高が上がることもありますし、排水が流れにくくなるだけなく、漏水の原因にもなります。, 排水の関係上、工事に制限を受けるトイレの移動。目安として排水の勾配は1mの移動に伴って2cm床のレベルが高くなります。費用に関しては、床もしくは壁の工事も絡んでくるため予算は多めに考えておきたい。, 【国内メーカーの水廻り住設備の特徴をまとめ】リノベーションやリフォーム計画に比較検討, 「トイレやキッチン・洗面台など」機器の交換を含めた簡単なリフォームの場合は特に問題はありませんが、トイレやキッチンなどの水廻り設備機器を移動する場合は制約を受けます。, 移動を考える場合には、上記で述べているように(床工事・配管工事がからむ)予算を多めに考え工務店やリフォーム会社などの意見を聞いた上で判断するのが現実的です。. トイレ リフォーム . 一軒家のモデルル-ム等を見ると、多くが玄関近くに設置されております。 ・トイレ内部の壁や床の内装:約5万円 ョウルームへ 引っ越しを繰り返したり、リフォ-ムの為にモデルル-ムや展示場等を見学 Copyright 2020 TAKEUCHI Co., Ltd All Rights Reserved. ・トイレを取り付ける工事 3万円程度 ・キャビネットや棚と設置費:約4万~15万円 コンクリートスラブ(階下の部屋との仕切り)の上に直接床の仕上げがされている, 直床の場合は階下への水漏れなどのトラブルが懸念されるため、トイレの移動は困難です。どうしても移動したい場合は床を上げて、その下に配管が通るようにする必要があります。その場合、リフォーム前より天井は低くなります。, 二重床の場合は配管の自由がきくので、水回りの移動は比較的容易です。しかし床下の空間が狭いと希望の場所に移動できないこともあります。, またお住いのマンションの管理規約により、水回りのリフォームの範囲が細かく定められている場合もあります。リフォームを検討する前に、必ずマンションの管理規約を確認しましょう。, トイレを移動させるのならどこが便利なのでしょうか?どこにトイレを設置したら便利なのかは生活スタイルなどによっても変わってきますが、, 便利だからという理由でリビングや部屋の中に設置してしまうと、設置してからこの3つが気になってしまうかもしれません。また、お客様が来た時も行きにくいですよね。介護が必要で近くにトイレがほしいなどの理由がなければ部屋の中に設置するのは避けたほうがいいと思います。, 水回りをまとめる人も多いと思いますが、脱衣所の中にトイレがあると、誰かがお風呂に入っている時に使いにくくなるのでおすすめしません。洗面所やお風呂に近いというのはいいと思いますが、脱衣所の中は避けたほうがいいでしょう。, そう考えるとトイレの場所というのは難しいですよね。家の大きさや間取りによるので一概に言えませんが、玄関の近くや廊下など部屋から離れた場所に設置したほうが気にせず使いやすいですよ。, 今ご使用のトイレが使いづらいという場合、まずは向きを変えてなんとかならないか検討してみましょう。向きを変えるリフォームの場合、便器の交換も含めて20~30万円と比較的安価です。, トイレの場所を移動するとなると、移動前の場所、移動先の場所での工事が必要となるため、費用が高額になります。トイレだけを移動させるのではなく、全面リフォームと一緒にトイレも移動するというケースが多いようです。また、マンションの場合規約によって大幅な異動はできないというケースもあるので管理規約を確認しておきましょう。, トイレを移動させるのであれば増設する方が費用が安く済むというケースもあります。設置できそうな場所があれば、移動よりも増設を検討してみることをおすすめします。, トイレの位置や構造は大変重要な話しです。 トイレや浴室、洗面といった水周りの移動リフォームを行う場合、設備自体の費用以外にも、撤去費、給排水管工事費、内装費といった工事費用が必要になります。 トイレの移動のリフォームを激安・格安でするには? トイレの移動のリフォームを激安・格安でするには、相見積もりを取り、業者の費用を比較することです。 【悪用厳禁】全てのリフォームに適用!本当に安くする方法はこちら 水回りリフォームの中でも、トイレは比較的簡単で工期も短く気軽に行いやすいです。でも、それは元のトイレの場所で入れ替え工事を行う場合の話です。トイレの場所自体を変えたいと考えると、通常のトイレリフォームに加えていろいろと気を付けなければならない点があります。そこで、今回は移動を伴うトイレリフォームについてまとめました。, そもそも、トイレの場所を移動させるということは可能なのでしょうか。元々トイレがあった空間から、新たに別の空間をトイレとして使用する場合、ただ便器を交換する・床や壁を張り替えるといった通常の工事だけでは済まなくなってきます。移動が伴うため工事が大掛かりになるということは、知っておかなければなりません。通常のトイレリフォームのように簡単に安価でできるわけではないということです。, また、トイレの場所をどこでも好きに決められるというわけでもありません。トイレは音の問題もありますし、何より下水を流すということを考える必要がありますので、トイレだけの問題でなく、家全体を見て生活に支障のないようなリフォームプランを考えましょう。, それでも、トイレを移動させることによるメリットを考えると、思い切って踏み切るのも一つです。例えば、トイレの場所が遠くて行きづらいといった問題は、特に高齢者のいるお宅、介護が必要な人のいるお宅ではよく発生します。遠いということで排泄の自立が妨げられるのは良くありませんよね。部屋のそばにトイレを移動させる・押し入れをリフォームしてトイレ空間にするということは、介護リフォームで選択する人も比較的多いです。, また、逆にトイレが部屋に隣接していて音が気になるため、離れた場所に移動させたいということでリフォームを考えるケースもあります。いずれにしても、トイレの場所が悪く生活しづらいといった悩みを解消するということが、トイレの移動リフォームのほとんどの目的となっています。, 先ほどトイレを移動させると工事が大掛かりになるとお伝えしました。その大きな理由として、給排水管を移動させる工事が必然的に伴うということが挙げられます。トイレの場所が変わらなければ、ただ便器を交換すれば済む話ですが、トイレは給排水できなければ当然使えませんので、移動するとなると給排水管も繋ぎ直さなければなりません。, 移動する場所が元のトイレの場所からさほど離れていなければまだしも、まったく違う場所となると、新たに給排水管を増設する距離が延びるため、工期も費用もかかってしまいます。場合によっては床も壁も剥がしてのスケルトン工事が必要になることも。そして他の水回りと比べて、トイレの排水管工事は注意すべき点があるのです。, キッチンやお風呂と違って、トイレの排水は排泄物を含んでいますので、他の排水と一緒にすることができません。これがトイレの排水管工事の難しい点です。他の水回りの場合は排水管を入れ替えるといったことも可能ですが、トイレの場合はそうはいきませんよね。さらに、トイレの排水管には他の水回りよりも大きな勾配が必要となっています。排泄物が逆流しないためですが、移動が伴うリフォームの場合、この勾配が十分に確保できない可能性が出てくるので注意が必要なのです。, スムーズに水が流れて排水できるようにするためには、トイレと主排水管を繋ぐ距離が長すぎてもいけません。どこにでもトイレを移動させられるわけではないというのは、こういった問題があるからなのです。ちなみに、給排水管だけでなく電気工事や排気用ダクトの工事も必要です。, 一般的なトイレのリフォームは、移動が伴わないため、便器の交換のみなら数時間、内装工事を行っても1日で終わるケースがほとんどです。いっぽう、トイレの場所を変える場合は5日ほどはかかると思っておいた方がいいでしょう。移動距離の長さや工事の内容にもよりますが、内装は必須ですし、先ほどお伝えしたような給排水管工事・電気工事・排気用ダクト工事が伴います。, また、移動が伴うリフォームの場合、トイレ本体価格よりも工事費の方が高くなるというのが特徴的です。工事費だけでも20~40万円ほどかかるうえ、工事費は削れないため費用を抑えるには安いトイレを選ぶしかありません。トイレの選び方にもよりますが、トイレの場所を移動させるリフォームの費用は、トータルで30~60万円ほどかかるということです。, 一戸建ての場合は、比較的自由に間取りの変更もできますので、トイレの移動に関しても希望した場所に設置できる可能性は高いです。給排水管の長さと勾配に問題がないことと、音が気になるなど住む人の暮らしやすさを考慮して決めていくことになるでしょう。マンションの場合は、どこにでも移動できるというわけではありません。給排水管も他の部屋と繋がっていますので、制限があるということは押さえておきましょう。, また、マンションでリフォームを行う場合はトイレに限らず管理規約をチェックすることが必要です。勝手にリフォームしてあとから規約外だと気付くことのないよう、大掛かりなリフォームを検討する場合は事前に確認しておきましょう。, このように、トイレの場所を移動させるというのは簡単なことではありません。費用も期間も通常のトイレリフォームよりかかりますし、移動したあとの生活に問題が出る可能性もあります。そのことを踏まえたうえで、移動すべきかどうか決める必要があるのです。トイレの場所が悪いという理由でなく、狭い・使いづらいといった悩みから移動を考えたのであれば、代替案も考えてみてはいかがでしょう。, 例えば、トイレの場所は変えずに向きを変えるだけでも使いやすくなったというケースがあります。また、タンク付きトイレをタンクレストイレに変えるだけでも空間が広くなります。トイレの位置は変えずにスペースを拡張するという工事も可能かもしれません。移動させなくても解決できる方法がないか、一度立ち止まって考えてみてもいいかもしれませんね。, それでもトイレを移動させるという選択を取る人もいるでしょう。その場合も、移動が伴うトイレリフォームにはお金も期間もかかりますので、失敗した・元の場所に戻したいなどといった事態にならないようにしなければなりません。検討を重ねた結果移動するしかないという結論に至った・移動先でトイレが問題なく使えるか十分シミュレーションしたといえる状態にしてから、リフォームに踏み切りましょう。, そして、トイレの移動リフォームは給排水管を増設して繋ぎ直す大掛かりな工事ですので、水回りリフォームの実績豊富な業者に依頼することも大切です。もちろん、費用もかさむリフォームになりますので、相見積もりもお忘れなく。決断も業者選びも慎重に、というのがトイレの移動リフォームの基本と覚えておきましょう。, トイレを移動させることで、悩みが解決してとても暮らしやすくなった。そんなリフォームができれば、お金も時間もかける価値はありますよね。今回ご説明したように、様々な選択肢からイメージしてみて、納得したうえでリフォームに踏み切ることをおすすめします。ご家族皆様の意見を整理しながら、安易に決断せずよく検討してみて下さいね。, 横浜・川崎市密着のリノベーション市場では、マンションリフォームの補助金のご相談も承っております。是非、お気軽のご相談下さいませ。一級建築士を含む経験豊富なスタッフが丁寧にご対応致します。, トイレのリフォームは他の水回りに比べて費用も安めで工期も短いため、気軽に考える方も多いのではないでしょうか。ですが、毎日頻繁に使う場所ですので十分に検討のうえ、納得のいくリフォームをしていただきたいと考えております。最近では快適で清潔性をキープしやすく、節電・節水効果も高い機能的なトイレも多数出ていますので、お客様の要望に合わせたリフォームプランを提案させていただきます。

彦根 交通事故 今日 6, 里親 犬(栃木 子犬) 4, Xperia 内部ストレージ Sdカード 6, 生理前 お腹 キュルキュル 39, アメックスプラチナ 特典 2019 7, Devcontainer Json Image 5, 赤ちゃん 股関節 脱臼 しわの数 5, 授乳中 胃薬 セルベックス 20, ポケモン Bw2 個性 6,