まずは、 破壊のカリスマゴ・ガドル・バ!! HERO SAGA -オーズの世界-』で初登場した、ライジングアルティメットが強化された特殊形態。仮面ライダーオーズのFFR形態・オーズアーマーを装備したディケイドの電気ウナギウィップと、ディエンドがカメンライドで召喚した仮面ライダーストロンガーの「エレクトロファイヤー」による2種類の電気エネルギーが受けたことで変身した。, 全身の金色の部分が増えており、ストロンガーの電気エネルギーが入っている影響なのか、額の2本角にはストロンガーの角部分であるカブトショックを模した十字模様が入っている他、胸にはS字の紋章が刻まれている。, 電気エネルギーによる攻撃を得意としているが、必殺技のエネルギーの消耗が激しく、ライダーロボを倒した際に不完全形態のグローイングフォームに戻ってしまう。フォーム名や後述の技名はいずれも士がつけた。, ジオラマ小説『S.I.C. そして、シリーズ第3作に当たる『創生』より小野寺ユウスケverがプレイアブルキャラとして参戦。基本性能は変わらないが、各形態でのライジングフォームが無く、マイティフォームでタメ攻撃を当て続けることでアルティメットフォーム(ダークアイ)へと変身し、さらに超必殺技でライジングアルティメットへと変身する。, 1作目から参戦。 『仮面ライダーディケイド』以降は『仮面ライダー響鬼』でも使用されたマジョーラ塗装により装甲に金属光沢がつき、より鎧らしい造形になっている。 ザルボ ゲラグ ゴ・ライオ・ダ シャバドゥビ1弾で必殺技がライジングマイティキックのマイティフォームがLRで参戦。必殺技使用時のみライジングマイティに超変身する。 残ったシノビライダーはクウガに採用される事はなかったが、仮面ライダージオウでは忍者をモチーフとした仮面ライダーシノビが登場している。, 仮面ライダークウガ 五代雄介  余談だが、2000年代最初のライダーという事で初代ライダーをリスペクトしながらも、甲虫つながりで仮面ライダーストロンガーをも意識したデザインとなっている。 パンチ力80t、キック力100tは今なお数値上は最強クラス。 時事ネタなどが多いのも特徴であり、「TV版の13年後の世界」であることが殊更に強調されている。, 本作の主人公。今年で37歳になるが、本人の希望もあって未だに警視庁の第一線で活躍する敏腕刑事。だが機械には弱い。 仮面ライダークウガ(かめんライダークウガ)は、特撮テレビドラマ『仮面ライダークウガ』(以下、テレビシリーズ)に登場する架空のキャラクター。本項目ではテレビシリーズ以降に制作された派生作品や、仮面ライダーシリーズの他作品へ登場した際の形態などについても併せて取り扱う。, モチーフは当時子供たちにカブトムシより人気だったクワガタムシが選ばれた[1]。カブトムシをモチーフにした仮面ライダーストロンガーもデザインの参考にされた[2]。, 決定デザインは仮面ライダー1号をベースとしている[3]。フォームチェンジは仮面ライダーBLACK RXのようにすべての形態でデザインが異なる案も存在したが、別人のように見えるために頭部は眼の色を変えるのみとなった[1]。アルティメットフォームのデザインは石森プロではなく、グロンギのデザインも担当したPLEXによる[4]。, 古代で九郎ヶ岳遺跡の棺に埋葬されていたリントの戦士が、体と同化する装飾具、アークルによって変身する戦士。ベースとなった生物がダグバと同様にクワガタであることや戦士を表すリント文字はダグバを表すグロンギ文字から取った可能性があるという桜子の推測、そのダグバと同等の力を持つ凄まじき戦士にもなれることから、ダグバの力を参考に開発された可能性があり、永遠にグロンギを封印するため、自身もアークルとともに棺に入って封印していた。現代でアークルが発掘され、アークルが五代雄介に同化してからは雄介が変身する。, 装着者の意志にアークルが呼応すると、アークルに埋め込まれている色が変化する不思議な力が宿った霊石・アマダムが持つ原子・分子レベルで分解・再構成する能力モーフィングパワーで、多彩な形態に装着者を変身させる(雄介は形態を変える変身を超変身と呼ぶ)。さらに、雄介が第19話で蘇生処置の際に受けた電気ショックによってアマダムは変質していき、基本フォームそれぞれの発展系である4つのライジングフォームや、さらなる強化体アメイジングマイティへの変身能力を得る。戦い続けるとクウガはグロンギの首領たる究極の闇をもたらす者に等しいアルティメットフォームと化す。フォームの総数は11種(アルティメットフォームを複眼の色で区別すると12種)。当初は状況に適応したフォームへ自動的に変身する際、雄介は不慣れからか当惑していた。, 手首にあるハンドコントロールリングから発せられるモーフィングパワーで手にした物体を各フォームの専用武器に変換して使用し、必殺技を繰り出す時は手足のハンドコントロールリング・レッグコントロールリングから発せられる封印エネルギーをキックや武器によってグロンギの身体に流し込む。封印エネルギーはそれを帯びた攻撃を標的に直撃させずとも、接触した物質によって伝達されていき、これを受けたグロンギのベルトは封印エネルギーと反応して爆発する。またベルトを装着していないメ・ギノガ・デのクローンが封印エネルギーを流し込まれた際は身体が溶解することが確認されている。, 劇中では一貫して「仮面ライダー」の呼称は使用されていない。雄介が第2話でズ・ゴオマ・グが自分に向けて放った言葉の中に「クウガ」という単語を聞き取って以降、この名を使用。雄介から伝えられた知人の一部も「クウガ」と呼称するが、それ以外の者は未確認生命体第4号と呼ぶ。, 劇中では「○(各フォームの体色)のクウガ」と呼ばれている。第7話のシナリオでは桜子がフォーム名を命名するシーンも用意されていたが、尺の都合でカットされた[6]。マイティフォームとグローイングフォーム以外は胴体の生体装甲であるチェストブロッカーの形状も変化する。, 基本カラーは白で通称「白のクウガ」。気力・体力が不完全の際に変身[8]するクウガの不完全形態。複眼のコンパウンドアイズや各所のクリスタルはオレンジ色。角部分のコントロールクラウンが短いのを除けばマイティフォームに近似した姿であり、専用武器が無く肉弾戦主体なのもマイティフォームと同様である。バスを手で押して動かせるなど、常人を遥かに超える身体能力が備わってはいるが、それでも不完全形態ゆえに満足に戦うことはできない。当初は「未確認生命体第2号」と呼ばれていたが、EPISODE19で一条から白い4号と呼ばれた。, 前述の通り、作中ではペガサスフォームやライジングフォームの時間切れの際や、毒胞子を受け生命の危機にまで陥った2度のメ・ギノガ・デ戦のように、精神力・体力が著しく低下した際にこの形態となるのが殆どであった。この状態ではアマダムが基質変化を起こし、変身を解除した後は再び変身可能になるまで2時間を要する。またクウガになったばかりの雄介は、当初「戦士としての心構えが不十分」だったことから、戦う決意を固めマイティフォームに変身できるようになるまではこの形態となっていた。, 基本カラーは赤で通称「赤のクウガ」。炎を司るクウガの基本形態。アイデンティティワードは「邪悪なる者あらば 希望の霊石を身に付け 炎の如く邪悪を打ち倒す戦士あり」。, 専用武器は無く、常人の数十倍の超感覚と運動神経が強化されており、拳打や蹴り、投げ技のマイティバスターや肘打ち、敵の拳打などの衝撃を吸収する構造の生体装甲など素手での格闘戦を得意とするアマダムの力がバランス良く働く[8]バランス型。敵の戦法を探る時にこのフォームで戦い、敵の攻撃パターンに合ったフォームにフォームチェンジ(超変身)する戦法を取ることもある。手のハンドコントロールリングはゴウラムと連携した必殺技を介して封印エネルギーを流し込む時に使用される。, 基本カラーは青で通称「青のクウガ」。水を司るクウガの派生形態。アイデンティティワードは「邪悪なる者あらば その技を無に帰し 流水の如く邪悪を薙ぎ払う戦士あり」。, 生体装甲は軽装なもので、ジャンプ力・瞬発力・敏捷性に優れ、特にジャンプ力はマイティフォームの2倍を超える数値を発揮。その反面、パワー面や防御面はマイティフォームより著しく低下しているが、ドラゴンロッドを使用した棒術[8]に加え、雄介の持つ「2000の技」の1つである中国拳法でカバーしている。俊敏さを活かした回避しながらの様子見やビルの屋上といった高所に移動する時のみこのフォームになることもあり、水辺での戦闘にも対応している。利便性の高さも相まってマイティフォームに次いで多用された。, 基本カラーは緑で通称「緑のクウガ」。風を司るクウガの派生形態。アイデンティティワードは「邪悪なる者あらば その姿を彼方より知りて 疾風の如く邪悪を射抜く戦士あり」。, チェストブロッカーは防弾服のように耐弾性の高いものとなり、左肩のみにショルダーブロッカーを装備し、減退した腕力を右腕のパワーサポートリングで補う。全身の神経が極限まで緊張状態となり、超感覚の持ち主で、極限まで全身の感覚神経が強化され、視覚・聴覚・嗅覚が鋭敏になったため[10][11]、紫外線・赤外線を見ることや超音波を聞くことが可能[12][13]。ペガサスボウガンと組み合わせた狙撃を行い、左肩のショルダーブロッカーで反動を抑える。, 反面、触覚も強化されているため、それに伴い痛覚の感度も上がっており、生体装甲で覆われていない部分への貫通するなどして受ける体感ダメージは全形態の中でも大きい。又、前述の通り神経を極限まで緊張させる関係上、精神力の消耗が激しく、神経の疲弊によって50秒しか形態を維持できない。制限時間を超過した場合は強制的にグローイングフォームになり、約2時間の変身不能状態に陥る。初登場時(EPISODE7・8)は感覚を制御しきれずに時間切れで倒れてしまった。, 基本カラーは紫[注釈 5]で通称「紫のクウガ」。大地を司るクウガの派生形態。アイデンティティワードは「邪悪なる者あらば 鋼の鎧を身に付け 地割れの如く邪悪を斬り裂く戦士あり」。, 胴体・肩・前腕が鎧状の強固な生体装甲・タイタンブロッカーとなったことで全身の筋肉が強化され、腕力をはじめとした運動能力に長けている[11]。タイタンソードという剣を手にし、敵の攻撃に耐えながら攻撃する戦法を主としている。しかし反面、生体装甲が重過ぎるため、鈍重で機動力に欠ける。, 防御力が強化されているとはいえ、鎧に覆われていない部分の防御面は変わっていない。武器を主体としたゴ集団との戦闘でも多用されたが、ゴ集団の攻撃に耐えられずにダメージを負うことも多かった。, 通称「金の力」(雄介曰く「ビリビリの力」)。マイティ・ドラゴン・ペガサス・タイタンの各フォームから放電を伴った各フォームの強化形態。基本フォームとアルティメットフォームの中間体で、雷の力が加わっている。遺跡から発掘された碑文には直接的な記述はなく、古代には存在しない形態だったと雄介は予想したため、桜子との会話の中でミレニアム特別バージョンという名称が付けられた。EPISODE20のメ・ギノガ・デ変異体との戦闘以降に謎の放電現象として予兆が現れ始め、雄介の特訓によって顕現した。, ベルト部含む体の所々に金色の装飾が走り、手甲に各フォームを司るリント文字が出現している他、各フォームの武器も強化されている。アークルには「心優しき戦士よ 新たなる力を身につけ雄々しく邪悪を打ち倒せ」を意味するアイデンティティワードが刻まれている。当初はアマダムへの負担の関係で30秒間しか変身を維持できず、これを越えて使用し続けると元のフォームに戻ってしまった(ライジングペガサスの場合はグローイングフォーム)。EPISODE45・46でゴ・ガドル・バに敗れた「より強くなりたい」と願う雄介が再び電気ショックを受けたことで永続的な維持が可能となり、同時にアメイジングマイティにも覚醒した。, 専用武器の強化パーツにはいずれも「雷の力を加えて邪悪を鎮めよ」のリント文字が刻まれている。, 通称「赤の金のクウガ」。ライジングパワーで強化されたマイティフォームの強化形態。基本カラーは赤と金色。, 全体の格闘能力[16]がバランス良く強化され、右足にマイティキックの威力を増幅する金色の足甲・マイティアンクレットが装着されており、「炎の技よ、雷の力を加えて邪悪を鎮めよ」のリント文字が刻まれている。劇中で最も多くゴ集団を倒した形態。, 通常はマイティフォームから変身していたが、ガドル戦では、二度目の電気ショックにより、雄介から直接変身した。, 通称「青の金のクウガ」。ライジングパワーで強化されたドラゴンフォームの強化形態。基本カラーは青と金色。, 通称「緑の金のクウガ」。ライジングパワーで強化されたペガサスフォームの強化形態。基本カラーは緑と金色。, あらゆる超感覚機能[17]や射撃能力が強化させるも、形態の維持時間が30秒と更に短くなった。, 通称「紫の金のクウガ」。ライジングパワーで強化されたタイタンフォームの強化形態。基本カラーは紫・金色。, ライジングフォーム中最も早く発現した。全身の筋肉が発達し、生体装甲の強度も強化[17][16]したことでパワーと防御力が更に強化され、特に防御力はゴ・ガメゴ・レの鉄球攻撃を苦も無く跳ね返すほど高い。, ライジングフォーム共通の金色の装飾に加え、鎧自体も色が大きく変化するなど、他の3フォーム以上に強化前との差異が顕著に現れた姿となっている。, 通称「黒の金のクウガ」。ライジングフォームを永続維持できるようになったクウガが覚醒させたライジングマイティの強化形態。基本カラーはマットな質感の黒・金色。, 複眼や額のクリスタルの色は赤。右足に加えて左足にもマイティアンクレットが装備され、手甲のリント文字も「雷」に変化している。, 通称「凄まじき戦士」、クウガがダグバと等しい存在の黒き闇、究極の闇をもたらす者、凄まじき戦士と形容される状態に変身を遂げたクウガの最強形態。基本カラーは黒。アイデンティティワードは「聖なる泉枯れ果てし時 凄まじき戦士雷の如く出で 太陽は闇に葬られん」。手甲のリント文字は「戦い」[18][19]。, アマダムが本来の力を開放した結果なのか、4本に増えたコントロールクラウン・各所の黒いクリスタルなど、他のフォームとは一線を画した根本的に異なる攻撃的な外見である。劇中未使用だが、設定上はハンドコントロールリングから従来のフォームが使用するすべての武器を生成することができる[18][19][注釈 6]。更に敵のベルトに触れることで能力を吸収できる。封印エネルギーを放出する器官が血管状組織として全身に表出しており、全身から高い封印エネルギーを放出する。, 口を保護するための装甲、アーマードマウスは鋭利な牙状になり、敵に噛み付くことができる。肩部のショルダーブロッカーはショルダータックル用に鋭い角のような構造になり、敵を一撃で貫くことができる[18][19]。肘部のエルボースパイクや脚部の大型のスパイクは伸縮自在で攻撃と共に伸び、高い封印エネルギーを放出して敵を切断する。周囲の原子・分子を操り物質をプラズマ化する超自然発火能力(パイロキネシス)[20]やプラズマイオンを放つといった能力も持つ。単純な戦闘能力は他のフォームの追随を許さず、同等の力を持つダグバとの決戦では互いの「超自然発火能力」も効果がなく、殴り合いとなった。, 『仮面ライダーディケイド』で初登場した、ディケイドが所持するファイナルフォームライド・クウガのライダーカードによって変形したFFR(ファイナルフォームライド)形態[23]。, 形状はゴウラムを模している[24]。クウガの身体がゴウラムのボディを包むように変形して、両脚の部分に当たる巨大な両顎で空中から敵に突撃する攻撃を得意とする他、背中にディケイドを乗せることも可能[23]。防御力に優れる。この状態でファイナルアタックライド・クウガのライダーカードを使用すると、必殺技ディケイドアサルトが発動する[23]。, 『ディケイド』の関連作品では、ユウスケが変身するクウガの他に、『ウィザード』の特別編における、ライダーリングで呼び出されたクウガも変形している。, 『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』の『仮面ライダーディケイド 完結編』で初登場した、アルティメットフォーム(ダークアイVer.)のFFR(ファイナルフォームライド)形態[25]。カードを使用せず、キバーラの魔皇力によって発現したアルティメットフォームの力をユウスケが使いこなしたことで自身の意思で単体変形した。, 形態はクウガゴウラムに酷似しているが眼が黒く、体色やアーマーの形状もアルティメットフォームに準拠した物に変化。体重と最高飛行速度も若干増加している。羽から噴出する紫色のエネルギーが特徴で、強大な力でディケイド 激情態に特攻を仕掛けたが、ライドブッカー・ソードモードの斬撃を受けてコンビナートに墜落してしまい、ライダーカードに変化してしまった。, 『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』で初登場した、『ディケイド』の関連作品に登場する小野寺ユウスケが変身するクウガの新たな究極形態[26]。各作品の描写によれば、クウガが外部からの力を浴びたことで変身したイレギュラーな形態とされており、初登場の『オールライダー対大ショッカー』では、門矢小夜 / 大神官ビシュムが持つ地の石から放たれた黒い光線による洗脳の効果、『S.IC.

有機elテレビ おすすめ 2020 5, マキタ クーラー ボックス Cw180dz 27, ハーフ 名前 創作 42, 線形 代数 問題解答 6, スタサプ 世界史 March 5, 神戸 コルウ ホームページ 4, 不登校 立ち直る きっかけ 4, まぐろ きゅうり 納豆 4, ペットボトル 350ml サイズ 28, Autocad Docuworks 変換 6, 指定席 トラブル まとめ 4, Android Auto ミラーリング 8, スーザン ボイル 神無月 5, 月島 オメガ バース Pixiv 9, あつ森 キング Amiibo 4, 猫 熱中症 室温 13, リクシル 人造大理石 グループ 7, Ia Writer 小説 9, エンタの 神様 動画 2019 40, ココフォト 4 ウェディング 4, 人間失格 生田 斗 真 小栗旬 違い 9, 介護施設 始末書 書き方 27, 消費税 8 いつから いつまで 5, バイク ツーリング 九州 冬 14, ヒョンビン インスタ 本物 27, ダウン症 長崎 美柚 4, お金 の かからない 外 構 14, Aviutl 音声波形 出 ない 6, Jリーグタイム アシスタント 歴代 4, Vba 長い 文字列 置換 5,