「息災」は病気や災害などの災いを仏の力で止めるという意味から、災いもなく元気であること。元は仏教の言葉。, 仏が存在していない世界。 または、一度も侵略されたことがない国のたとえ。 「迅速」は非常に速い様子のこと。, もっともすぐれた悟りのこと。 または、物事の程度をひどく超えていること。 「縦容無為」とも書く。, 世の中は常に変化しており、いつまでも変化しないものや永久に無くならないものはないということ。 「中秋」は月が美しく見え、月を観賞して楽しむ、陰暦の八月十五日のこと。 または、一つのことにひたすら没頭すること。 「無情」は思いやりも、相手を哀れむ心もないこと。 「菩提」は悟りのこと。, 誰にも気づかれずに目立たないことや、行動しても影響がまったく無いこと。 三字熟語Flash. 不幸や幸福がやってくるための決まった入り口があるわけではなく、心がけ次第で不幸にも幸福にもなるということ。 「恬淡」は「恬澹」、「恬憺」とも書く。, 精神だけでなく、肉体からの制約からも解放された完全な悟りの境地のこと。 「融通無碍」とも書く。, 初めだけはあるが、終わりがないこと。 または、嘘や偽りのない様子。 「無双」は二つとない、または比べることができないという意味。, 不満や疑念などのわだかまりがなく、聖なる真理などないと悟ること。 「無為」は何もしないこと、「徒食」は働かないで食べること。, 地位や肩書き、階級などがないこと。 古代中国、蕭何という人物が「韓信は国士無双の人物」といって韓信のことを劉邦に推薦した。その話を聞いた劉邦は韓信を指揮官(大将軍)に登用し、後に天下を取ったという故事から。, 過去から現代まで、比べるものが存在しないほどすぐれていること。 「無窮」は終わりがない、尽きないという意味。, 恥知らずで、遠慮がない態度のこと。 または、特に何も考えていない、思慮の足りない様子を指すこともある。 「無偏」は偏ることがないこと。, この世の儚さと、前世の行いの報いのこと。 くだらない出来事を騒ぎ立てることをいう。 「厚顔」はあつかましいこと。 または、貧しく、心苦しいために、何も楽しめないこと。 「平穏」は起伏がなく平で穏やかなこと。 「毋」は「无」、「無」とも書く。, 思い上がって他人を見下す、礼を失する態度。 仏教語で、死んでは生まれ変わる輪廻を永遠と繰り返すということから。, 自分の利益などを考えずに公平に行動や判断をすること。 視覚的に認識できるものとできないもの。 「一事成ること無し」とも読む。, 一目ではるかかなたまで広々と見渡せること。 または、そのような人のこと。 「諸法」はこの世の全ての事象や現象のこと。 「頑鈍」は信念がなく、恥知らずなこと。 苦しみを訴える相手や手段が存在しない人たちのことから。 仏教の言葉で、性質の異なる火と水が、何の妨げもなく通じ合うことをいう。 「無事」は特別なことが特になにもないこと。 「吃驚」と「仰天」はどちらも驚くという意味で、似た意味の言葉を重ねて強調した言葉。 「縦横」は縦と横のことから自分の思うよう好きに振舞うこと。 「虚無縹緲」とも、「虚無縹眇」とも書く。, 何一つ欠けていることがない、完璧なこと。 素晴らしい筆遣いを雲と竜にたとえたもの。. 「唯一」は一つだけ、「無二」は二つとないということで、同じ意味を持つ同義語を並べたもの。, 形があるものと無いもの。 植物が根付くための根や果実をつけるための蔕がないことから。, 何も対策をせずに、そのまま放置すること。 「君命に二無し」とも読む。, 愚かで知識がないこと。 「兼愛私心無し」とも読む。, 後になってわずらわしい問題が尽きることなく発生すること。 「手を束ねて策無し」とも読む。, 体制に背いて、道理に外れた行いをすること。 「有口」は口先だけがうまいこと。 車軸や容器の内側には何もないことが重要であり、役に立つ働きをするということから。, さっぱりとしていて、欲がなく、物事にこだわらないこと。 「無礙」は障害になるものがないということ。 「無恥」は恥知らずなこと。 または、満足するまで自由に行動すること。 「廓然」は心が広々としていて、わだかまりなどなにもないこと。 または、そのような人のこと。 「愚痴無智」とも書く。, よい人材はたくさんいるが、統率できる者がいないために、うまく事が運ばないこと。または、まとめる人がいないこと。 他人のことを一切考えずに、自分の思い通りに行動する態度のこと。, 他と比べられないほどに、心の品格が高く、清らかな様子。 仏教の言葉で、物事の程度や分量などの見当をつけることができないほど大きいことをたとえた言葉。, なにものにも縛られない、自由な心を持っている人のこと。 一度やると決めたことは、迷うことなくやり遂げるべきであるという戒めの言葉。 「群竜」の「竜」はよい人材のたとえで、「群竜」は竜がたくさんいるという意味から、よい人材がたくさんいること。 「感無量」という言葉はこれを略したもの。, その場から逃げ出したいほどに恥ずかしいこと。 または、集中しすぎて他のことを何も気にかけないこと。 「三宝」は仏、仏の教え、教えをひろめる僧のこと。, 仏教の戒律を破っても全く恥じることがないこと。 「相生」はお互いに生じあうこと。 「無垢」は穢れがなく、清らかなこと。, 思いきわめた果てという意味。 「無理」は道理に合わないこと。または、実現が困難なこと。 「無垢」は汚れのないという意味。, 徳を積んだ聖人は、悩むことや心を乱すことがないので、夢をみることがないということ。 「位」は地位や身分、「冠」は地位のたとえ。 または、そのような人や物のこと。 「澹然」は静かで穏やかなこと。 「万寿疆り無し」とも読む。, 全ての国の中でも、比べることができるものがいないほどにすぐれていること。 「無辜」は罪が無いという意味。 「法誉」は仏教の中での名声や名誉のこと。 「しゃりむり」の当て字という説もある。, 人の一生が儚いことのたとえ。 「呻吟」は苦しんで声を発すること。, 病気をすることなく、健康で元気に暮らすこと。 「無知」は知識がないということ。, 一つの物事に集中しすぎて、自分のことすら忘れること。 「金甌欠くる無し」とも読む。, 信じることができずに、疑いながら行動しても、よい結果が期待できないということ。 「無量」は量ることが出来ないほど数が多いこと。 「諸行無常」、「涅槃寂静」と合わせて三法印と呼ばれる。 「愚痴」は愚かなこと。 いきなりの出来事に、激しく驚くこと。 「旁に人無きが若し」と訓読する。 「無常」はこの世のものは変わらないものはないということから、世の儚さをいう。 「無常」は仏教語で世の中は変化がとても速くて変化しないものはないということ。または、人の命ははかないということ。 「無礙」は何ものにも妨げられることがないこと。 「千里」は千里四方という意味から、広大な範囲のたとえ。 「天下に双ぶもの無し」とも読む。 「異類無碍」とも書く。, 態度や言葉遣いなどが必要以上に丁寧過ぎると、嫌味に聞こえてしまい、かえって失礼にあたるということ。 「無尽」は尽きないこと。 似た意味の言葉を重ねて強調した言葉。, 邪念や私欲などのない清らかな心を持っていること。 「水清ければ魚無し」とも読み、澄み切った水には魚が住めないという意味から。, 汚れのない清らかな様子。 「無常」は変化しないものはないという意味。 「問答」は話し合うこと、「無用」は必要ないことで、主にこれ以上話し合っても無駄なため、一方的に話し合いを終わらせるときに使う言葉。, 薬や医者の治療がまったくもって効かないこと。 「無比」は比べられるものが存在しないこと。, 果てがないほど、広々としていること。 「算段」は方法や手段を工夫すること。 「流」は物事のやり方。 「無」は「无」、「毋」とも書く。, 面白いと思える要素や風情が何もないこと。 「無能」は能力がないということ。, どこへ行ったのかわからないこと。 主に金銭のやりくりについていう言葉。, 現在の状況で解決すること非常に難しい問題のこと。 「無辺無碍」とも書く。, 主義や思想にこだわることなく、一定の党に所属せずに、公平で中立の立場をとること。 自分のことを謙遜するときに用いることが多い。 墨子が儒教の「仁愛」を差別愛と批判して唱えた思想。 日本の戦国時代の剣客、塚原卜伝が渡し舟に乗っている時に真剣勝負を挑まれ、陸で戦おうと川の中州に誘ったあとに、そのまま舟を出して置き去りにして、「戦わずに勝つ、それが無手勝流だ」と言って相手を諫めたという故事から。, ただ一つだけで、ほかに代わりになるものがないこと。 「方便」は状況にあわせた方法のこと。, 知恵や学問がないために、物事の道理を理解することが出来ず愚かなこと。 「無余」は何も残っていないこと。 「禍福門無し、唯人の招く所なり」を略した言葉。, 計ることが出来ないほど、深く感じ入ること。 『老子』や『荘子』でよく使われる逆接的な理論。 または、風流を邪魔されることのたとえ。 「婦の怨みは終わり無し」とも読む。, 礼儀を知らず、風流を理解できないこと。 「曠劫」はとても長い過去の年月のこと。, 始まりも終わりもないこと。 「風月」は自然の風景。 または、そのような人のこと。 「端」は手がかり。 話を続けても、互いに利益になることはないという意味から。, 話し合うことに意味が無いこと。 「高枕」は枕を高めにして、寝やすくすること。 「無策」は有効的な対策をだすことができないこと。 「大逆」は君主や親を殺すなどの極悪な行い。 「南無」は経典や仏の名前の前につけて、絶対的な信頼を寄せて頼ること(梵語の音訳)。 中国の戦国時代、張儀が魏の哀王に秦と連衡することを勧めたという故事から。 「傲慢」はいい気になって人を見下すこと。, 文人の行儀や作風がよくないこと。 または、満足するまで自由に行動すること。 または、邪心や偽りなどが一切無く純粋なこと。 「無量」は計ることが出来ないほど多いこと。 「無為」は何もしないこと。, 刑事事件で拘留していた容疑者の拘束を解いて、自由にすること。または、疑いが晴れることをいう。 「無安」は心が安らぐことがないこと。, この世界のどこにも落ち着ける場所がないこと。 「肝戦き心驚く」とも読む。, 取るに足らないことに、大げさに驚くことのたとえ。 「無極」は程度が甚だしいこと。, 何事にも恐れることなく、誰よりも勇気があること。 「無恥」は恥知らずなこと。 「仁者」は仁徳が備わっている人、仁徳者。 「涅槃」は煩悩を完全に捨て去った悟りの境地のこと。, 自分の言動を強引に相手に承諾させること。 「慙」は恥だと感じること。, 健康でいつまでも長生きすること。 何一つ成果を得られないという意味から。 「兼愛」は全ての人を愛するという意味。 「無双」は匹敵するものがないということ。, 人を見下して、礼儀に外れている様子。 「天下」は全世界や国全体のこと、「無双」は二つと存在しないということから、比べられるものがないという意味。 「無上」は一番よいもののこと。 「弁才無碍」とも書く。, 自分勝手で恥知らずであること。 似た意味の言葉を重ねて強調したもの。, 堪らなく悔しいこと。 「無始」はいつが始まりだったかわからないこと。 「天下」は全世界や全国のこと。 「公平にして私無し」とも読む。, 思い上がって他人を見下す、礼を失する態度。 世間のわずらわしい出来事から逃れて、関わらない人ということから。, 話し合うことに意味がないこと。 「他言」は内密の話題を他人に話すこと。 「故」は故意に犯した犯罪のこと。, 並外れて武術にすぐれ、勇ましい様子。 「無双」は比較できるものが存在しないということ。, 何もしないでただ過ごすこと。 釈迦が入滅したとされる紀元前約五百年前から、五十六億七千年後までの期間とされている。, どこまでも広く、縛られるものが何もないこと。 「無智文盲」とも書く。, 物事の筋道が立たないこと。 「束」は縛ること。 「無理」と「非道」はどちらも人としての道理から外れていること。, 相手の都合を考えずに、強引に強制して行わせること。 「無礙」は何者にも縛られないこと。, 思うまま好きなように物事を行う様子。 「無垢」は汚れがないという意味。, 根拠がなにもなく、いい加減で非現実的なこと。 「難題」は解決することが非常に難しい問題のこと。, 人としての道理から外れていること。 「浅識」は知識が浅いということ。, 学問と知識のどちらもないこと。 「無芸」は技術や特技を何も身につけていないこと。, 貧しい人や老人、孤児などの弱者のこと。 「漏」は六根(感覚器官である目、耳、鼻、舌、身、意の六つ)から漏れ出るもの、転じて煩悩のこと。 「無方」は方角が決まっていないこと。 「従容」はゆとりがあり、落ち着いている様子。 「三界」は欲界、色界、無色界の三つの世界のことで、現世のことをいう。 「無我」は仏教語で自分への執着をなくすということから我を忘れること、「夢中」は一つのことに集中して他のことをまったく考えられなくなること。, 汚れがなく清らかなこと。 「恬淡」はあっさりとしていて、無欲なこと。, 何もなく、どこまでも広がっている風景を言い表す言葉。 仏教の言葉で、世の人々に起こす四つの無量心をいう。, 一つのことに全力を注ぐこと。 何の声もなく、何のにおいもしないという意味から。, 何も思わず何も考えない無心の状態のこと。 「無礼」は失礼なこと。, この世の全ての現象や存在は常に移り変わり、はかないものということ。 「無双」は比べるものが存在しないこと。 「無知」は知恵や学問がなく、愚かなこと。 「無常」は仏教の言葉で、世の中が変化しやすいということ。, 人が一人もいなくて寂しいこと。 鴉(からす)や雀(すずめ)の鳴き声すらしないという意味から。, 一つの物事ですら最期までやり遂げることができないこと。 「無為」は人の手が入っていない、あるがままの状態。 「無比」は比べるものが存在しないほど、ということ。, 自然の風景が極めて美しいこと。 「融通」は物事が停滞することなく順調に進むこと。 「天下」は全世界や国全体のこと。 「無漏」は煩悩を振り払い、悟りの境地に達した人のこと。, 果てしなく続くこと。または、終わりのない永遠に続く長い時間。 「悪逆」は律令法の八逆の中の一つで親族殺しのこと。 落ち着いた性格の人や、女性に対して危険性のない男性をいう言葉。, 水害や火災は人に大きな損害を与えるということ。 「無告」は苦しみを訴える相手が誰もいないこと。, 何の罪も犯していない人たちのこと。 「無聖」は凡人と聖者の差がないという意味。 「無聊」は頼りになるものがないこと。または、心に憂いがあって何も楽しめないこと。, 世の中に比べられるものが存在しないほどに素晴らしい様子。 全1190語。使用漢字1106字。漢字にカーソルを合わせれば使用されている熟語がすべて表示されます。 「高慢」はいい気になって人を見下すこと。 「天道親無し」とも読む。, 同じ時代に比較するものが存在しないほどにすぐれていること。 「至道」は悟りや真理に達する道のこと。, 他人のために尽くそうという、推し量ることのできない四つの心のこと。 仏教語から「有為」は様々な因縁から生じる現象。, 元は仏教語で有形、無形全てのもののことで、この世に存在する全てのもののこと。 「放免」は拘束を解いて自由にすること。, 恥ずかしいと思うことなく、動揺することもなく悪行を行うこと。 「無味」は味が無いという意味から、面白みが何もないこと。 物質的なものと精神的なもの。, 不合理なことをこじつけによって正当化しようとすること。 「毋望」は予期していなかったことが突然起こること。 「重重」は何重にも重なり合っていること。 「無党」は特定の主義や主張を持つ党派に所属しないこと。, 詩や文章などにわざとらしさがなく、自然で美しいこと。 中国の漢の陳平が、劉邦は傲慢で無礼だが、報酬を惜しまないために、強欲で恥知らずな兵士が集まると言ったという故事から。, 非常に貧しく希望がないこと。 「無量」は見当がつけられないほど数が多いこと。, 人々の生活が貧しく苦しいこと。 「無比」は比べることができるものが存在しないということ。, 詩や文章などにわざとらしさがなく、自然で美しいこと。

間接照明 Diy スイッチ, イッツデモ ポケモン 2020, 生理中 眠気 漢方, 東リ ピタコ 色, アルファード 警告灯 緑, マイクラ 村人 補充しない, ちくわ 卵 煮物, Ipアドレス 確認 コマンド Linux, いわし フライパン アルミホイル, 多部未華子 髪型 ドラマ, ドコモ ネットワーク暗証番号 ロック解除 151 何番, 3歳 おもちゃ 男の子,