のものは1つがいずつ”としています。. 11章 : 創世記セミナー(@カルバリーチャペル那覇) 1章 「神のご計画全体の苗床」 1章 : 2-5章 「神の救いの情熱」 2‐3章: 4‐5章 : 出エジプト記: 1-4章 「神の選び」 5-10章 「神のさばき」 11-14章 「贖いの力」 エジプトからの脱出: 15-18章 (大阪月例会の収録分が音声不良だった 文脈を重視する 3. この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。 い動物という区別は、モーセの律法に定められるものだからです。, いけにえを意識しています。“清いものは7つがいずつ、それ以外 “すべての動物を一つがいずつ”としています。清い動物、清くな 創世記1章に書かれていることは、神は人間を招くお方であるということ、そして、人間は神に応える存在であるということです。神と人間との間に対話の関係がある。交わりがある。それが、創世記1章に書かれていることです。, ですから、この個所は、世界がどのように誕生したかを記録したものではありません。この個所が語っていることは、人間が「どのように」誕生したかではなく、人間が「どのような存在として」創造されたのかということなのです。むしろ、ここを直接的に解釈しようとするならば、それは、「人間に呼びかける神」という主題を読み落とすことになります。一字一句その通り理解するというのは、一見聖書を重んじているように見えて、実は、本当に重んじていることにはなりません。ここを単なる記録として読むことは、この個所が最も伝えようとしていることから目を背けることになってしまうからです。, 大事なことは、宇宙がどうやって誕生したかではなく、宇宙を含む被造物(神によって造られたもの)がどのような存在として創造されたかということです。また、人間がどのような存在として創造されたかということです。そのことを今日の個所は伝えようとしているのです。, 「神は言われた。『光あれ』。こうして光があった」(3節)。神は語ることをもって世界を創造されたということが書かれています。それは、神が被造物に対して呼びかけるということであり、被造物は応答することが待たれているということです。世界は単に置物として造られたのではありません。また、神は被造物を一方的に、強権的に支配するのでもありません。神は被造物に対して関わりを持とうとされる。そして、被造物は神との関わりを保って存在するものとして造られているのです。言い換えれば、被造物は神との交わりの内に存在するものとして造られているのです。, 人間のみならず、宇宙全体が神のもとに回復されることを必要としています。神は「産めよ、増えよ、地に満ちて地を従わせよ。海の魚、空の鳥、地の上を這う生き物をすべて支配せよ」(28節)と言われました。他の被造物を支配する役割が人間に与えられています。しかし、それは人間に都合のいいように支配するということではなく、神が「見よ、それは極めて良かった」と言われた、創造されたときの美しい本来の姿へと他の被造物を導くということです。そのためには、人間自身が救われて神のもとに立ち返っていなければなりません。人間が救われることによって、宇宙もまた救われる。そのようにして、被造物全体もまた、神のもとに回復されることが待たれる存在なのです。救いは人間だけの問題ではありません。, いよいよ、人間の創造の場面を見ていきたいと思います。26節以下にはこうあります。「神は言われた『我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう。そして海の魚、空の鳥、家畜、地の獣、地を這うものすべてを支配させよう』。神はご自分にかたどって人を創造された。男と女に創造された」。人間は神に似せて造られたと書かれています。聖書では偶像崇拝が厳しく禁じられています。それは、神は人間が造った像なんかに収まるお方ではないからです。神は自由なお方であり、人間が神(の像)を造るのではなく、神が人間を造るのです。しかし、唯一、人間は神の似姿であるとここには書かれているのです。神が創造されたときの、本来の人間の姿を見るならば、神がどのようなお方かうかがい知ることも可能であるのです。, では本来の人間の姿とはどのようなものなのでしょうか。一言で言えば、交わりに生きるものということになります。神は人間を男と女に創造されました。「神にかたどって創造された」という言葉の直後にそのことが書かれています。男だけでは神の似姿とは言えず、女だけでも神の似姿ではありません。男と女で神の似姿なのです。つまり、人間は独りで造られたわけではないということです。関係性の内に、交わりの内に生きるものとして創造されたのです。それこそが「神にかたどって創造された」ということです。神は三位一体の神です。つまり、ご自身の内に父・子・聖霊の交わりを持っておられる神です。そして、語ることをもって創造され、人間と対話をされる神です。つまり、人間をご自身の交わりの内に加えてくださる神なのです。, このように、ご自身が交わりの内に生きられ、さらに、被造物と交わりを持たれる神が、ご自身にかたどって人間を創造されました。つまり、神は、人間自身も交わりの内に生きるものとして創造されたのです。だからこそ、人間は独りで生きるものではなく、男と女に創造され、他者との関係性の内に生きるものとされたのです。, そして、交わりに生きるということは、まずもって神との交わりに生きるということです。わたしたちは神との交わりをいただく。そのことによって初めて、他者との交わりへと出て行くことができるのです。「人が独りでいるのは良くない」(2:18)というのが神の御心であるということを知らないことには始まりません。人間は関係性の内に生きるものとして造られたということを知って初めて、わたしたちは、人と人との交わりが人間にとって本来的なものであることが分かるのです。, 神は語ることをもって世界を、そして人間を創造されました。それは、人間に応えることを求めてくださっているということです。神は強制的に人間を従わせたり、操るのではなく、人間が自由な意思によって神に従うことを待ってくださいます。そこにあるのは神と人との対話であり、交わりです。この天地創造の個所が伝えていることは、神が語ることをもって創造してくださったということです。つまり、神が人間に呼びかけてくださっているということ、招いてくださっているということです。それに応えるならば、わたしたちは、神との豊かな交わりをいただくことができます。, 招きに応えるとはどういうことでしょうか。神は独り子である主イエスを十字架に掛け、犠牲とし、そのことによって人間の罪を清算してくださいました。この神の愛を見て、主イエスがわたしの犠牲になってくださり復活してくださったと信じること、これが、神の招きに応えるということです。神が招いてくださっている。すでに罪、すなわち神と人間との断絶は取り払われている。後は人間がその招きに応えるならば、神との交わりは回復されるのです。, 神が招いてくださっている。人間は本来応えるものとして創造されている。わたしたちは呼びかけに応え、神との交わりに生きたいのです。. Copyright © myDate = new Date();myYear = myDate.getFullYear();document.write(myYear); Harvest Time Ministries, All Rights Reserved. 聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。 聖書のことばを字義どおりに解釈する 2. 当時の人たちが理解した方法で聖書を読む 4. 創世記1章に書かれていることは、神は人間を招くお方であるということ、そして、人間は神に応える存在であるということです。神と人間との間に対話の関係がある。交わりがある。それが、創世記1 このページでは聖書の本文を検索することができます。 検索方法 章・節対照表 凡例 聖書本文データ最終更新 2019年12月 キーワードから探す 神から与えられた約束を、アブラハムは待つことができません。妻のサラは言います。「主はわたしに子供を授けてくださいません。どうぞ、わたしの女奴隷のところに入ってください。わたしは彼女によって、子供を与え ... サラの笑い アブラハムとサラは既に90歳以上の高齢でした。 主のみ使いが「来年の今ごろ、(…)サラに男の子が生まれているでしょう」と言ったとき、サラはひそかに笑いました。 そんなことがあるはずがないと ... 18章の後半には、ソドムを滅ぼそうとされる主に対し、アブラハムが執り成すという場面が描かれています。 この個所が伝えていることは、神は慈しみ深い神であるということです。 アブラハムは「正しい者を悪い者 ... アブラハムは主を信じました。それは、信じるに足る証拠が集まったからではありません。むしろ、人間の目には不可能と思えることをアブラハムは信じます。その約束の言葉を与え、信じさせてくださるのは神であるので ... カインとアベル   アダムとエバの間に、カインとアベルが生まれました。弟のアベルは羊を飼う者となり、長男のカインは土を耕す者となりました。 聖書が書かれた当時、長子がその他の兄弟に比べて優遇 ... Copyright© 聖書一日一章ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5. 旧約聖書 > 創世記 > 創世記1章. 第5回 創世記1~11章 (2) 前回の続き、創世記6~9章を見ましょう。 これまでのところは、神が、すべてを「よいもの」としてお創りになったということから、続いて人類とその子らの罪の物語が記されていました。 1.創世記とキリスト (1)神はことばによって天地を創造した。キリストは神のことば(ヨハ1:1~5)。 (2)キリストは、最後のアダムである(ロマ5:1~21、1コリ15:45)。 (3)キリストは、「女の子孫」である(ガラ3:19、4:4)。 タンゆかりの地をたずねて, この時代は、いけにえについては定められていないという考えから、 はじめての『旧約聖書』 目次. あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?, これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。どなたでもお気軽にお越し下さい。, 創世記を通して、あらゆることの始まりについて学ぶ ために、東京定例会で再収録したものです。), 「神は仰せられた。『さあ人を造ろう。われわれのかたちとして、われわれに似せて。彼らが、海の魚、空の鳥、家畜、地のすべてのもの、地をはうすべてのものを支配するように。』神は人をご自身のかたちとして創造された。神のかたちとして彼を創造し、男と女とに彼らを創造された」(1:26~27), 「神である【主】は人に命じて仰せられた。『あなたは、園のどの木からでも思いのまま食べてよい。しかし、善悪の知識の木からは取って食べてはならない。それを取って食べるとき、あなたは必ず死ぬ』」(2:16~17), 「神である【主】は仰せられた。『人が、ひとりでいるのは良くない。わたしは彼のために、彼にふさわしい助け手を造ろう』」(2:18), 「わたしは、おまえと女との間に、また、おまえの子孫と女の子孫との間に、敵意を置く。彼は、おまえの頭を踏み砕き、おまえは、彼のかかとにかみつく」(3:15), 「主は、地上に人の悪が増し、常に悪いことばかりを心に思い計っているのを御覧になって、地上に人を造ったことを後悔し、心を痛められた」(6:5~6), 「【主】はアブラムに仰せられた。『あなたは、あなたの生まれ故郷、あなたの父の家を出て、わたしが示す地へ行きなさい。そうすれば、わたしはあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大いなるものとしよう。あなたの名は祝福となる。あなたを祝福する者をわたしは祝福し、あなたをのろう者をわたしはのろう。地上のすべての民族は、あなたによって祝福される。」(12:1~3), 「ヨセフは兄弟たちに言った。『私は死のうとしている。神は必ずあなたがたを顧みて、この地からアブラハム、イサク、ヤコブに誓われた地へ上らせてくださいます。』そうして、ヨセフはイスラエルの子らに誓わせて、『神は必ずあなたがたを顧みてくださるから、そのとき、あなたがたは私の遺体をここから携え上ってください』と言った。ヨセフは百十歳で死んだ。彼らはヨセフをエジプトでミイラにし、棺に納めた」(50:24~26), 「自分の着物を洗って、いのちの木の実を食べる権利を与えられ、門を通って都に入れるようになる者は、幸いである」(黙22:14), ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。, 私たちはプロテスタントのキリスト教福音団体です。『1. 神に応える者として造られた人間. イスラエルと教会を区別する』この4点を大切に、ヘブル的聖書解釈を重視しています。詳しくは私たちの理念をご確認ください。.

Google Drive File Stream 容量 27, 寝不足 腹痛 ガス 5, 保育学生 英語 略 55, パワプロ 海堂高校 デッキ 14, コクヨ 事務 椅子 分解 7, Huawei P30 Lite Antutu 4, Db Browser For Sqlite とは 10,