75 犬が苦手な音に対して見せる反応は、降伏の意味を表すしぐさを見せたり、すぐに逃げられる体勢を取る「ビクビクタイプ」や、対抗して吠えたり追いかけたりする「攻撃タイプ」がいます。, まずはじめに、愛犬に音を聞かせる際の対策法から紹介します。 4.2.『分離不安』による無駄吠えのしつけ方 94 →獣医師さんへ相談する, 犬用のガムやおもちゃ遊び、散歩など犬が楽しめること、好きなことをたくさんさせることによってストレス発散できる場合もあります。, わんちゃんの嫌いなもののひとつに「音」があります。もし、わんちゃんが玄関チャイムなどの音に反応して吠えてしまう場合、わんちゃんがその玄関チャイムの音に恐怖心をもっていると考えられます。, そこで、系統的脱感作(けいとうてきだつかんさ)という、犬が恐怖に感じている事に慣れさせる方法で改善することができます。, これは、最初は弱い音(刺激)から、そして徐々に音(刺激)を強くしていくもので、以下をご参考にしてみてください。, 例:玄関チャイムの場合 今すぐ無料ダウンロード, PayPayモールはヤフー株式会社が提供しているサービスです 3.1.してほしい行動を「喜び」だと思わせる 4.1.『欲求不満・要求』による無駄吠えのしつけ方 ↓ 散歩中や突然お客さんが来たときなど、犬が吠えすぎて困っているという方は多いのではないでしょうか?すれ違う人に吠えたり、外でずっと吠えていると、周りの人をびっくりさせてしまったり、近所迷惑にもなりがちなのが悩みの種ですよね。, 犬の吠えは気持ちの表現方法のひとつですが、飼い主が耐えられないほど吠えている場合、「無駄吠え」と感じてしまうかもしれません。ただ、犬が吠えるのには理由があり、無駄吠えと思えるものでも、理由にあったしつけをすることで改善できる可能性もあります。, 犬にとって「吠える」ことは、コミュニケーションを図る手段の一つです。人が言葉を話すように、犬は吠えることで自分の意思を伝えています。一概に「吠えること=悪いこと」ではありません。, 実際に、犬が番犬として活躍を期待されていた時代には、「威嚇吠え」が防犯対策として重宝されてきました。番犬としてではなく、家族としての在り方に変わりつつある現在も、「犬が吠えるのは当たり前だ」という心構えで接していくことが、しつけの上でも大切なこととなります。, お散歩やごはんの前、遊んでいる時など、日ごろから常に犬が吠えていることはありませんか?それ、もしかしたら、犬が飼い主に対して何かの要求を通そうと考えているサインかもしれません。, 例えば、吠えたらおやつをもらえた、遊んでもらえた、構ってもらえたなど、これまでの経験上、「吠えると何かをしてもらえる」と学習した場合、また、「自分の方が偉いんだぞ!」と、立場が上と思いこんでいる場合にも要求吠えをすることがあります。, 特に犬は「自分に注目してもらいたい」という気持ちが強いため、吠える度に構ってしまうことで、吠える=注目してもらえると思い込み、その結果、無駄吠え癖がついてしまうというケースも多いです。, 吠える度に餌を与えたり、散歩に連れて行ってあげてしまうと、生活が「人<犬」のペースになり、立場が犬優位になってしまいます。, 愛犬と飼い主との主従関係もきちんと再確認させることも要求吠え対策の一つです。散歩にせよ、食事にせよ、犬のペースに合わせるのではなく、日常生活の中では飼い主自身のペースで行動し、「人>犬」のペースになるように心がけましょう。, もし何か要求吠えをしてきたら、要求に応じる前に「おすわり」など、まずは飼い主側から犬に命令するのがベストです。, 飼い主の日常生活のペースと犬の吠えのタイミングが合っている場合は、あえて生活リズムをずらす工夫をしてみるのも良いですね。, 犬は時折、人や動物、物を威嚇したり、襲い掛かったり、攻撃的な行動を取ることがあります。その一つとして挙げられるのが、最初でも少し触れた「威嚇吠え」。犬種や血統によって威嚇に差はあるものの、どの犬であっても威嚇行動を取るリスクは存在します。, 威嚇吠えは、自分の身に危険を感じた場合や、相手を威嚇するときなどに見られ、どの犬にも本能に備わっている行動です。, 例えば、突然の来客や、チャイムの音など、いつもの日常とは少し違うことが起きた場合や、興奮した感情が抑えられない場合に威嚇吠えをします。, また、