足先に寄生虫(ノミやダニなど)が感染して、痒くなることがあります。また、アレルギー性皮膚炎のために足先を舐め過ぎて、二次的に細菌感染してしまうこともあります。 5. 4. [3] Excessive Licking: Dog Paws » Albuquerque VetCo 4-2.犬が人間の「手」を舐める理由②安心を表している 4-3.犬が人間の「手」を舐める理由③情報を得るため. 気がつけば、ワンコが足先をしきりに舐めている。そんなときは、どんな対処をしたらよいのでしょうか?, 今回は、アメリカのIntegrative Veterinary Care Journal に掲載された記事『Excessive Paw Licking in Dogs – It May Not Be Allergies(ワンコが過剰に足先を舐める理由―それはアレルギーのためではないかもしれない)』の内容も含めて、ワンコが足先を舐める理由と対処法についてお話しさせていただきます。, ワンコは、熱いアスファルトの上を歩いたり、激しく走り回ったりすることで、肉球が擦れてしまったり、火傷を負うことがあります。また、外で遊んだり散歩しているときに肉球や足先に棘などが刺さってしまうこともあります。爪をどこかに引っ掛けて、爪が割れてしまったり、爪の付け根や足先を怪我することも考えられますし、高いところから落下して足先を捻挫したり骨折することもあります。, ワンコのアレルギー性皮膚炎は足先だけに発症するわけではありませんが、足先に痒みが起きることがあります。アレルギー性皮膚炎の原因は、食物アレルギーが最も多く、その他には接触性アレルギー、アトピー性皮膚炎なども考えられます。, 足先に寄生虫(ノミやダニなど)が感染して、痒くなることがあります。また、アレルギー性皮膚炎のために足先を舐め過ぎて、二次的に細菌感染してしまうこともあります。, あまり知られていませんが、足先を過剰に舐めるワンコは、頸部や腰部に炎症を伴うことがあるようです。これについては、「’過剰に’舐めるなら、頸部や腰部の炎症かもしれない」の項で詳しく説明します。, 上述した記事『ワンコが過剰に足先を舐める理由―それはアレルギーのためではないかもしれない』の著者である獣医師のPeter Dobiasは、日々の診療で、足先を舐めるワンコの症状を改善すべく、アレルギーなどの治療を行ってきました。しかし、必ずしもすべてのワンコがよくなるわけではありませんでした。そこで、他の理由について考えてみました。, 探究の結果、前肢をよく舐めるワンコは、頸部の炎症や不快感を示す傾向があること、前肢の前腕部(肘から手根部まで)を舐めるワンコは、肩甲骨間の炎症や同部位の筋肉に異常を示す傾向があること、後肢の足先を舐めるワンコは、腰椎の挫傷や腰椎周囲の筋肉損傷を示す傾向があることを発見しました。, 前肢の足先に分布する神経は、頸椎もしくは胸椎からつながっています。また、後肢の足先に分布する神経は、腰椎からつながっています。頸椎や胸椎、腰椎に炎症や異常があると、周囲の筋肉は緊張するため、神経が圧迫されて、末端部の神経にまで影響を及ぼしているのではないかと考えました。, では、どのようにして頸部や胸部、腰部に負担がかかるのでしょうか?著者が調査を行ったところ、前肢の足先を舐めるワンコは、リードを引っ張る癖があったり、自動巻き取り式伸縮リードを使用している傾向がありました。リードを引っ張ったり、伸縮リードにより急激に引っ張られたりすることにより、首輪も引っ張られ、頸部に負担がかかり炎症が起こるのではないかと考えました。, また、後肢の足先を舐めるワンコは、走るの大好きワンコやジャンプ大好きワンコ、ボール遊び大好きワンコが多かったそうです。このことから、遊びに夢中になりすぎて、腰部に負担がかかっているのではないかと推測しました。, その後、著者は、足先を過剰に舐めるワンコを検査する際には、足先をチェックする他に、頸部や腰部の検査も行い、何らかの異常がみられる場合には、その治療や対処を行うようにしました。その結果、過剰な足先舐め行動を改善することに成功したそうです。, ワンコが足先をしきりに舐める場合、まずは、外傷やアレルギー性皮膚炎などを疑い、そのための検査と治療が必要です。, 病院へ行く前に、足先をチェックしてみましょう。足先や肉球、爪の付け根、指の間が赤くなっていないか、腫れていないか、出血は無いか、痛みはないか、悪臭はしないかなどをチェックします。できれば歩様も確認してみます。そして、いつから舐め始めたのか、どの足を舐めるのか(いつも同じ足を舐めるのか)、足のどの部分を舐めるのか(足先だけか、それよりも上も舐めるのか)、どのくらい頻繁に舐めるのかを観察して、診察を受ける際に獣医師に伝えると診断の助けになることがあります。, アレルギー性皮膚炎の治療や他の治療を受けても症状が改善されず、前肢の足先を過剰に舐め、リードを引っ張るタイプのワンコは、首輪からハーネスタイプの胴輪に変えてみましょう。また、後肢の足先を過剰に舐め、ジャンプ大好き、走るの大好き、ボール遊び大好きのワンコは、1ヵ月間、遊びをストップしてみましょう。綱引き大好きワンコも、遊びをストップしてみましょう。もし、動物病院で、頸部や腰部の炎症が診断された場合には、理学療法やカイロプラクティック、整骨などの補完・代替療法が効果的かもしれません。, 何もせずにいたら、いつの間にか足先の毛が抜けていた、毛が抜けて皮膚が盛り上がってきたという状態になってから来院する方も少なくありません。病状が進行してしまうと、治療に時間がかかり、完治が難しくなることもあります。どんな病気でも、早期発見早期治療が一番です。, ◼︎以下の資料を参考に執筆しました。 5.犬が人間の「足」を舐める理由 5-1.犬が人間の「足」を舐める理由①遊びの催促+匂いに惹かれている. お散歩の途中で、犬が急に動かなくなって前足を舐め続けることはありませんか?わが家の愛犬は、時折こんな行動を見せては飼い主を困らせます。帰る途中、元気に走り回ってケロッとしていることもありますし、家の中でも前足を舐め続けている時もあります。そこで今回は、犬が前足を舐め続ける主な原因4つを解説していきます。ぜひ参考にしてくださいね。, 山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。, お散歩の途中で、犬がストレスとなる要因があったのかもしれません。例えば、風が吹いて自転車カバーが飛んできたり、他の犬に吠えられたりするだけで、犬にとってストレスを感じることがあります。飼い主が気づかない間に、愛犬にとって恐怖を感じる物と遭遇したのかもしれません。, 急にお散歩コースを変えただけでも、ストレスを感じることがあります。犬が落ち着くまでの間、しばらく様子を伺ってみましょう。お散歩中に遭遇した悪い出来事を犬はいつまでも覚えています。どんなことが苦手で、どんなことに恐がるのか・・・、愛犬の行動や性格を日頃から理解しておきましょう。, 肉球の間に小石や砂利、木の実が挟まったり、小枝のささくれが刺さったりなど、肉球に傷を負って痛みを感じているのかもしれません。犬は人間のように、指を使って異物を取り除くことはできないため、痛みや不快感があれば舌で舐めて取り除こうとするのです。, こうして舐め続けることで、傷口から細菌が入り炎症がさらに悪化して化膿してしまう恐れもあります。肉球をずっとペロペロ舐めている場合は、犬の肉球に優しく触れて観察してください。愛犬の足を優しく握り、反応する箇所を確認しましょう。, 前足を舐めているだけでなく、歩き方が妙にぎこちなかったり、引きずっていたりしていませんか?骨折や脱臼・打撲などが原因で、骨や関節に細菌が入って炎症を起こすことがあります。, 前足に軽い違和感があるだけでも、犬は舐めまわすことがあります。外傷と違って気づきにくいのですが、犬の前足にそっと触れてみてください。キャンキャン吠えたり震えたりする場合は要注意です。, また、犬種によっては椎間板ヘルニアを起こしている可能性もあります。愛犬の歩き方がいつもと違う場合は、なるべく早めに動物病院を受診しましょう。, 細菌や真菌(カビ)・寄生虫や常在菌繁殖によるアレルギーや、アトピー性皮膚炎など、皮膚の痒みから前足を舐めることがあります。神経質な犬は、痒みや不快感を取り除こうと、いつまでも舐め続けることがあります。舐め続けることによって、傷口から細菌が入り、炎症を悪化させてしまう恐れがあります。, 犬の指間炎とは、肉球や指の間に炎症を起こす皮膚炎の一種です。炎症を起こした箇所は赤く腫れ、痒みや痛みを感じるために、肉球部分をペロペロ舐め続けることがあります。犬が舐めることによって、患部に細菌が入り化膿することもあります。, 犬の指と指の間(水かき部分)を良く観察しましょう。赤く腫れている場合は、指間炎の可能性があります。, お散歩の途中で、犬が急に立ち止まって前足を舐め続ける行為は、飼い主として心配になりますよね。犬が前足をペロペロ舐め続けるのは、主に心理的なもの・痒みや痛み・不快感によるものがあります。舐め続ける行為を辞めさせるために、無理に首輪やハーネスを引っ張るのは止めましょう。, 犬を抱えて安全な場所に移動させ、犬の反応を観察しましょう。お散歩から帰った後にも、足を舐め続けているかどうかが重要です。いつもと様子が違う場合は、早めに獣医師に診察してもらうことをおすすめします。, ※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。, 快適にわんちゃんホンポの記事が読める!見やすいカテゴリでみたいジャンルがすぐ見つかる。飼い主と愛犬のための犬専用アプリ。, 犬のために、犬の気持ちを知り、犬と共に暮らす。わんちゃんホンポは、あなたとわんちゃんの共同生活に色付けをする犬専門の情報サイトです。, この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。. 6.犬が舐めてくる行動に関するまとめ 犬が飼い主さんを舐める場合、舐める部位によって意味が異なると言われています。 顔や口を舐めるとき. お散歩の途中で、犬が急に動かなくなって前足を舐め続けることはありませんか?わが家の愛犬は、時折こんな行動を見せては飼い主を困らせます。帰る途中、元気に走り回ってケロッとしていることもありますし、家の中でも前足を舐め続けている時もあります。 犬が人の足を舐めてくるときは どんな意味があるのでしょうか? 犬にとっては 人の顔や手、足など 舐めるところによって 意味が変わるのでしょうか? この記事では 犬が人の足を舐める理由 … 頸部や腰部の炎症 感染. [2] Why Do Dogs Chew Their Paws? 顔や口を舐めてくるときの基本的な意味は「愛情表現」や「信頼感」です。 犬が足を舐め続けているのには様々な原因が考えられます。 特に多いのが分離不安や欲求不満による行動です。 飼い主さんにあまりにも依存している子の場合、短い時間でも飼い主さんと離れた時間があるだけで不安になり足を舐める行動をとったりします。 [4] 加藤嘉太郎,家畜比較解剖図説,養賢堂,1989,562-577, Featured image credit ANNA TITOVA / Shutterstock, 窓ガラスをベローリと舐めるワンコの画像。ユニークなその姿は微笑ましいものですが、いつまでも飽きることなく舐め続けてられては、飼い主さんだって心配になってしまいます。 ちなみに我が家の愛犬は、家の中ではこのヘンテコ行動を見せることはありません。しかし、車の中である程度自由にさせているときに、窓ガラスをナメナメして唾だらけにしてしまうことがたまにあります。 …, 日本で馬と小動物の臨床獣医に従事後、2002年にオーストラリアへ移住。その後はオーストラリアと日本を行き来しながら獣医業と獣医翻訳業に勤しむ。, 暮らしに役立つイヌ情報が満載の「theWOOFニュースレター」を今すぐ無料購読しよう!, インスタグラムを使って、ハッシュタグ(#wooftoday)をつけて投稿してください, この他にも、あまりみられることはありませんが、腫瘍(悪性および良性)や自己免疫性疾患などが起因することもあります。, Excessive Paw Licking in Dogs – It May Not Be Allergies, Excessive Paw Licking in Dogs – It May Not Be Allergies – IVC Journal, Excessive Licking: Dog Paws » Albuquerque VetCo, 犬がガラスを舐めるのはなぜ?〜退屈や不安が犬をガラスに駆り立てる【動画あり】 | the WOOF. [1] Excessive Paw Licking in Dogs – It May Not Be Allergies – IVC Journal

ホンダ 福祉車両 4wd, Wqhd フルhd 動画, アルファード 警告灯 緑, 銀魂 四天王編 感想, 3ce オールナイター 使い方, マイクラ 村人 補充しない, 腕時計 オーバーホール おすすめ, ハーマイオニー 杖 柔軟性, クリームチーズ トマト パスタ, Windows10 電源プラン 勝手に変わる, Youtube アカウント作成 無料, 瀬戸内寂聴 最近 ユーチューブ,