そのため冬場は特に風邪などが流行りがちになるのです。, 冬場は部屋を暖める、冬場の風邪対策に大切なことですがこれだけでは十分ではありません。エアコンは特に部屋が乾燥します。寒いからといって、換気を行わないと室内のウイルスがいつまでも浮遊していることになります。, 定期的に部屋を換気すること、また湿度をあげること、これが冬場の風邪対策では重要です。寒いですが時々窓を開けて空気を入れ替えることを心がけましょう。犬にもいいですし、飼い主さんたち人間にも有効です。, さらに加湿器で加湿をするということを忘れないようにしましょう。加湿器はカビが生えないように清潔を保つことも大切ですよ。, やかんを乗せたストーブは、保温も加湿もできますがやけどなどの事故につながる恐れがあります。犬がいるところでは控えたほうがいいでしょう。, 犬がひいた風邪が他の犬に移るのはわかりますが人にも移るのでしょうか。愛犬のそばにいる飼い主さんや家族は気になりますよね。 その悩みの解決に「イヌバーシティ~いぬ大学~」が役に立ってくれるかもしれませんよ! 2.5.犬の風邪の治療費は?, 3.人間の風邪薬は犬にとってとても危険 犬が発熱して震える! 愛犬が発熱して震えていると「風邪かな?」と思う飼い主が多いかもしれませんが、実は犬に「風邪」という病気はありません。 発熱や体の震えは多くの犬の病気で現れる症状です。気付きやすい症状ですが、すぐに手当てをしないと命に関わることもあります。 2.2.冬場の風邪の原因とは トイプードルにおすすめのドッグフードの紹介です。実際に試したレビューもたっぷりとお届け! 3.2.風邪薬を誤飲したらどうなる? 基本、人と犬が感染するウイルスは異なるので犬から人、または人から犬へと風邪が移ることはないと言われています。, しかし犬から人に移る病気は存在します。人と動物が共通してかかる病気を「人獣共通感染症(代表的なものは狂犬病)」といいます。この「人獣共通感染症」は「ズーノーシス」とも呼ばれ、200種類以上存在していると言われています。ですから、愛犬が人獣共通感染症だった場合、飼い主にも感染する可能性があります。単なる風邪かな、と思っても犬が風邪を引いたらまずは動物病院で診察をうけましょう。, 人獣共通感染症で有名なものは狂犬病ウイルスによる「狂犬病」ですね。治療法もない恐ろしい感染症です。日本では今発症は見られていませんが、世界ではまだ狂犬病が見られる地域があります。犬を飼っている人は、必ず狂犬病のワクチンを受けるようにしましょう。, ほかにはレプトスピラ症、トキソプラズマ症、パスツレラ症、ブルセラ病などがあります。犬が風邪症状を必ず出すわけではありませんが、風邪症状や食欲不振、下痢、嘔吐、元気消失が見られた時は必ず受診しましょう。, こういった感染を防ぐためにも、定期的な予防注射は有効です。ケンネルコフやレプトスピラ症など多くの伝染病や感染症が、予防注射によって予防でき、万が一かかってしまっても軽症ですみます。, 散歩や、ドッグランなどでの感染を防ぐためにも、予防注射を受けるようにしましょう。どのようなスケジュールか、どの予防注射を受ければよいかは動物病院で相談するといいですよ, 動物病院の場合は、治療費が決められているわけではありませんので病院により治療費や治療内容の明細が異なります。また小型犬か大型犬か、子犬か高齢犬なのかにもよりますし、当然症状によっても治療費が異なります。, 一般に、初診料や再診料の他レントゲンやエコーをとったり、症状によっては血液検査や糞尿の検査も行ったりします。発熱や食欲不振でぐったりしていれば点滴をすることも考えられます。薬も数日分処方されることもあります。, また症状が重い場合は入院したりすることもあります。そこで点滴や、投薬などの治療が行われると一概には言えませんが、症状が悪く入院が長引き10万円もの費用がかかることもあります。, こういったことを考えると犬のためにも、なるべく早めに受診したほうがいいですね。また、今はさまざまなペット保険も増えています。元気なうちからペット保険について検討しておくこともいいですね。, 病院を受診したら、動物病院の先生の話を良く聞きわからないことはしっかり質問しましょう。そして処方などの指示はしっかり守り愛犬の回復に努めましょう。, たとえ犬が風邪だとしても、人間用の風邪薬は絶対に飲ませないでください。重大な副作用がでて場合によっては命に関わることもあります。, 早く治してあげたい、熱が出ていてかわいそうと飼い主さんがよかれとしてやってことでも、かえって具合が悪くなり下手をすると命を落とす恐れがあるのです。, 犬も人と同じように風邪をひく、それならば人間の風邪薬飲ませてもいいだろう、と考えてしまうこともあるかもしれません。しかし飲ませて大丈夫いうことは絶対にありません。子供用の薬でも飲ませないようにしましょう。, 犬が人間の風邪薬を飲んでしまった、飲ませてしまったら、とにかく急いで動物病院に連絡をしましょう。できる限り早く体外に出すことが必要なので、吐き出すことができそうだったら、吐き出させてあげましょう。, また水をたくさん飲ませることも、体内での薬物の濃度を下げ尿からの排出を促すことができます。自分ではうまくできそうにない、犬がぐったりしているなどの様子が見られたら、犬が飲んでしまったお薬のパッケージを持って動物病院に大急ぎで行きましょう。, 人間の風邪薬と同じ成分の薬を動物医薬品で使用していることもありますが、それはきちんと動物用に検査して考えられてのことです。身体の大きさも体重も異なるので、勝手に推測して与えるのはやめましょう。, 人間用の風邪薬では様々な副作用がでてしまいます。大型犬を除いて体重は人間よりも軽いので、たとえわずかな量でも人間よりも副作用が強く現れます。, 人間の風邪薬や解熱鎮痛薬にはアセチルサリチル酸など、非ステロイド性の抗炎症薬が主成分となっています。特に多い副作用は消化器症状で、胃腸の粘膜を傷めて潰瘍などを引き起こす恐れがあります。, たとえば、腸の粘膜に潰瘍ができ、そこから出血して貧血状態になる、さらに腸に穴が空いてしまい、最悪の場合死に至ることもあります。また、腸粘膜が弱まると腸内細菌が血液内へと入り込み、肝炎になるケースもあります。, そのほかに血小板凝集阻害作用のあるアスピリンでは、血が固まりにくくなってしまうこともあります。また感冒薬に多く入っているエフェドリンは、神経症状を大変興奮させてしまいます。, このため犬は錯乱状態になったり、頻脈になったり、頭をしきりに振ったりという様々な症状が出てしまいます。最悪の場合は死に至ることもあります。人間の解熱鎮痛剤でよく使われるイブプロフェンは、危険度が犬では1位となるくらい危険なものです。, 幸い死には至らなくても、元気のない状態が続いたり、入院をすることになったりと犬だけではなく、人間にとっても大変な状況になってしまいます。犬に人間の薬を与えることはやめてくださいね。, 万が一飲ませてしまったときは、飲ませた薬をもって大至急動物病院に行きましょう。風邪薬は人間が意図して与えてしまった、ということのほかに誤って犬が口にしてしまったということもよくあります。犬へは与えないということと、薬の管理をしっかりしておくということも忘れないようにしておきましょう。, 犬用の風邪薬は何種類か市販されています。安全性のため1回の注文数量が設定されていることが多くなっています。用法や用量をしっかり守ってあげてくださいね。もし飲んだ後合わないようだったら、飲ませるのを止めて動物病院で診てもらいましょう。, 農水省公認の動物用医薬品で、国内生産のお薬です。発熱や鎮痛、消炎作用があります。犬の飲みやすいよう乳糖の甘い味がついていて、ビーフ味の味付けもしてある粉薬です。, これは犬のサプリメントです。風邪気味の時、寒さの続くときなどに飲ませてあげるといいですね。, ペットが風邪気味のときに与える漢方の入ったシロップです。鼻がぐずぐずいっている、寒がる、などの症状が見られた時に飲ませてあげるといいですね。, 犬の風邪、場合によっては大変深刻な状態になることもあります。ウイルス性の病気だと熱が出たり、咳がでたり、下痢や嘔吐をしたりと様々な症状がでて、あっという間に重症になってしまうことがあります。特に、子犬や高齢犬は免疫力が低下しているうえ体力もありません。, 犬の様子がどうもおかしいな、という時はまずは体温を測定します。日頃から直腸温を測るのに慣れていればいいですが、できない場合は犬の身体に触れて体温をチェックしましょう。触ってみて犬の身体がいつもより熱かったら何らかの病気である可能性が高くなります。動物病院に連絡して受診するとともに家でもケアをしてあげましょう。, 冬場だったら家では室温をあげること、湿度をあげることが大切です。また部屋の空気をまめに入れ替え新鮮な空気をいれましょう。そして犬の保温に努め、ペット用のホットカーペットや湯たんぽを上手に利用してください。, 熱や咳で犬が苦しそうでも人の薬を与えることは犬には危険なことなので、人の薬は与えないようにしましょう。, また、体力や免疫力が落ちているので食事には気を付けてあげましょう。風邪をひいた犬は熱や下痢、嘔吐で脱水しています。, フードをふやかす、スープや犬用ミルクをフードにかける、レトルトや缶詰など水分の多いフードを与える、など水分がたくさんとれるように工夫しましょう。新鮮なお水がいつでも飲めるようにすることも忘れないようにします。, 犬の風邪そのものは人には移りませんが、人獣共通感染症という犬から人に移る感染症はあります。万が一のことを考えて、手洗いやうがいをしっかりすることを心がけましょう。, そして動物病院を必ず受診してくださいね。また病気予防や感染予防のためにも、予防注射は有効です。予防注射のワクチンは受けるようにしましょう。, 愛犬のちょっと変だな、にすぐ気づくように普段から体調をチェックしておきたいですね。毎日犬に触れて体温を確かめ、咳や鼻水が出ていないか、お腹の具合は大丈夫かなどをチェックしておきましょう。, 大切な愛犬がいつも元気で過ごせるように、そして万が一病気になってもしっかり看病できるようにしておきましょう。, いぬの学校編集部員です!犬との暮らしをより良くするための情報を、まとめてお届けいたします。, ドッグフードの選び方、間違えてない?いぬの学校・編集部が、最新の健康ドッグフードを様々な角度から徹底分析。あなたの愛犬にぴったりな健康フードが見つかる!, 人間の風邪薬を飲んで、肝臓の数値が悪化、意識が消失してしまいまいした。懸命な治療で意識はなんとか3日後に戻りました。, イブプロフェンが主成分の解熱鎮痛薬を服用してしまいました。その後嘔吐し、血便がでて黄疸がでてしまい入院することになってしまいました。.

すき焼きのたれ 残り アレンジ, Skype ファイル転送 できない, インスタ 翻訳 パキスタンレストラン, Flow イベントの取得 項目id, ミレー リュック 通勤, ファイル 左下 バツ, Checkstyle ビルダー' の実行中にエラーが発生しました。, ふたご 焼肉 メニュー, なす ひき肉 カレー 市販ルー, 正規表現 括弧 入れ子,