本当何回離婚を考えているのか…。旦那に触れたくないしイライラする日々。息子は可愛いのに旦那の世話で疲れる。, 子供が産まれれば女性は主に授乳などの理由で、生活のほぼ全ての時間を育児についやすことになる。(ミルク育児にして分担すればという意見もあるが、体質により出が良すぎて授乳しなければ乳腺炎になる女性もいる)時間を支配されているのだから思考も当然子供のことで埋め尽くされていく。急激に変わらざるを得ない女性に対して男性は変わるペースが遅い、最悪全く変わらない者もいる。男性からしたら自分は何も変わってないのに文句を言われると不満なのだろう。しかし「父親」になった時点で状況は変わったのだから男性も変わろうと意識をしなければいけない。独りよがりに変わるのではなく、この世で1番子供の事を考えている奥様に寄り添いながら変わることが産後クライシスを起こさないうえで必要なのではないだろうか。ちなみに産後3ヶ月などではなく、子供が成人して独立するまでは寄り添い続けるべき。, 生後20日の子が居て現在里帰り中です。初めての出産、育児と言う事もあり自宅から40分の実家に里帰りさせてもらってます。 旦那には、もっと初めて育児する私に声をかけ、優しく接してほしかった。何をしてほしいなんて言えるほど私だって余裕ないもの。, 色んな気持ちに蓋をしていたら、夫としては育児楽勝の妻という認識になったらしく、赤ちゃんでもない今更、何も愚痴が言えない。辛い。, この記事もコメントも産後クライシスに対する認識が甘過ぎる。 死ぬまで忘れない。そこから私の中で旦那はただの育児要員です。, 産後もスキンシップが欲しかった。ベタベタするのは私ばかりで夫からは全く無し。産後半年ぐらい待ったけど夫婦生活も一度も無く、私のタイミングも悪かったけどベタベタしに行って「ギューして」とスキンシップを求めたら「言われてするもんじゃない」と向こう向いてスマホゲームしながら言われた。じゃあもう言わんわと思って産後クライシスをこじらせ子供はもうすぐ5歳に。もちろん2人目なんて無理。でも安定した生活を手放したくもないので現状維持です。, 産後3か月の頃、夜間に赤ちゃんの具合が悪くなり、夫に「いますぐ病院へ連れて行こう」と言ったところ「いつもと変わらないんじゃない。明日まで様子見たら?」「疲れているから早く寝たい」と。 この状況下、妊娠9ヶ月も終盤の時に旦那は旦那実家のあるところへ出張。恥骨が痛すぎて上の子のお世話が大変だから一刻も早く帰ってきてほしいのに、仕事終わったら旦那実家に寄ってもう1泊すると言う。上記の状況だし、いつ産まれてもおかしくない時期にさしかかっていたから早期帰宅を依頼すると、「ケチケチするところじゃなくない?」と。飛行機の距離の旦那実家で、せっかく出張で行くのだからゆっくりしたい、と話す。いや、先月に10日ほど夏期休暇で旦那家帰ってたし、更に下の子生まれたら義両親はすぐに赤ちゃん見に来ると言ってたから来月には会えるんだよ。 そう言えば、娘が小さいとき、どんなに泣いても起きなかった主人が、いつの間にか、娘が夜中にトイレで起きたりしたときに、起きて連れてってくれるようになったのも成長だなぁと思いました。妊娠中は、自分のトイレが頻繁すぎて、娘のトイレにまで付き合いきれなかったからほんとに助かりました。 ご飯まだ作れないから買ってきて欲しいと頼んで買ってこない時もあったとか。月一も子どもと過ごす日を作る余裕もないそうで。自分なりに男性脳や女性脳・考え方の違いを調べたりして、冷静になり話もしましたが全く話が通じないので宇宙人なんじゃないかと思ってます。, 妊娠32週、産休を目前にし切迫早産の為入院。不安や入院生活、点滴の副作用の辛さから情緒不安定になった。それに対し、他にもっと辛い思いしている人は沢山いると言われ、産後1ヶ月には、あの入院生活時のお前の我儘に付き合うのは本当にストレスだった、腹が立った。と言われた。私から言わせれば、あんたは痛い思いも辛い思いもしなくていい、自由だってある。妻の愚痴を聞くぐらい楽だろうと思った。 そもそも一人で家事と育児は無理。比べられないかもしれないけど、仕事と育児は同じくらい大変。だって保育士って家事抜きで仕事になるんだから。自分の事+物事を理解できていない子供と過ごす+家事+旦那の後始末。どう考えても一人じゃ無理。私達夫婦のズレの全てはお互いを思いやる心のなさと、子供が大切だから自分を削ってでもと思う気持ちの差からきている気がする。自分ファーストが多過ぎるのは心が大人になりきれていないから。 だけど旦那がその現実から逃げるように女とイチャついたメールをしていて旦那への気持ちが死んだ。 夫から嬉しいことは何もされていません。ただ子供の成長を励みに頑張るのみです。, ・出産し退院して家についた途端、「(俺の)ラーメン作って!」と夫に言われた。 私がやるのは当然のような雰囲気にイライラするし、夫はたまに出張があり例え仕事だとしても仕事終わったら自分1人の時間で広いベッドで伸び伸び寝れる時もあるが私は実家に帰ろうと何しようと子供が一緒なのでたまにはゆっくりのびのび朝まで一回も起きずに寝たい!, 私が風邪をひいてるのに、夫は育児を主体で動いてくれない。例えばお風呂を頼んでも、やる気無さそうにダラダラ動くから、結局私が着替え、ドライヤーなどお風呂の前でスタンバイ。しんどくて少しでも私が横になれば、子供を泣かす。安静にする時間がとれないため、風邪が長引く。実家に帰って子供を父母に預けて丸2日眠り続けたら、あっという間に治る。それをいいことに、夫はいつも義両親や両親まかせ。 こちらは育児の合間になんとかやってるっていうのに。「家事は1人でできるが育児は1人では難しいよ」と伝えてみたら、その時は「そっか」と納得したのですが、休みの日に仕事で疲れたりしていると「今日はすごく眠いや」と言ってきたりする… 大きくなってきてから、やっとあまり心配せずに子守をお願い出るようになりました。1歳半過ぎからですかね。 こっちは、ちょっと1人の時間もないのになんで自分だけご褒美させてよってなるんだ? それからというものの、辛いや眠いと言うと、皆大変で、皆頑張ってるんだよ。だからわざわざお前も辛いとか頑張ってるとか言うな、と言われた。もう相談も、弱音も吐けなくなった。だから少しでもと気丈に明るく振る舞っていたのに、産後鬱じゃない?俺に対する言葉がキツいもんね。鬱だろ。と半笑いで言われた。殺意が湧いた。 俺は、何の為にいるのか?この家に帰ってくる必要があるのか?っと、聞かれました。夜の生活も無し、スキンシップも無し。夫婦でいる必要があるのか?っと・・・。 とても他人事と思えず、悲しいです。 途中で洗濯物を取り出し、赤ちゃんを抱え別居先へ帰り、洗濯機は夫からの誕生日プレゼントだったので、私の物と言う感じで、夫に黙って別居先へ運びだし、今は楽に洗濯出来ています。 産後、1か月程度は実家で過ごす予定だったのに、夫が出産直前になって「新生児を車で移動させたくない」と言いだし、実家には帰らないことに。だからといって、積極的に育児をやってくれることもなく、出産前と変わらず、ゆっくり食事をしたりお風呂に入ったり、お酒を飲んだり。一切、夜間や早朝の授乳に起きることはなく、赤ちゃんが泣いても抱っこしたりすることもありませんでした。 産後1ヶ月経たない頃に私が失神して数分間意識を失っていたというのに、次の週には同僚と泊まりでキャンプ。産後3ヶ月まで仕事が休みの土日は毎週昼間に一人でお出かけ。(大した用事があるわけでなく、一人で喫茶店に行きコーヒー飲んで本を読むだけ) 悔しいのは、不思議なのは、これらのコメントや記事は、こういった男たちの目には触れません。何故なら自分に不利な事からは目を背けるからです。 義母には「家にずっといるんだから断る理由がよく分からない」みたいに言われたらしい。 早く離婚したいと思ってますが、子供が小さいので我慢しています。, 出産後は、2人目なので上の子の保育園もあり実家には帰らないことになってました。夫も産後一ヶ月は育休もしくは時短にすると話をしていました。そして食事の用意をすると言ってました。生まれて家に帰ってきて一週間になりますが、時短も育休もとる気配なし。聞いてみると、仕事忙しくて会社の制度としてとれないことはないけど、今は難しいかも。来週からなら大丈夫かも。でも、とらなくても何とかなってるじゃん!と…。たぶん来週も無理なんだと思う。悲しくなりました。期待してた自分が馬鹿みたいになりました。 イライラもピークになり、モラハラ並みに暴言吐いたり八つ当たりし、触られるのも近づけられるのもダメになり、生後10ヶ月の今もそんな感じです。ちょっと機嫌良くなれば2人目の話をされ、1人目の時は頭下げられて不妊治療始め、妊娠できても妊娠糖尿病で大学病院通院、出血多かった出産に産後は心身ぼろぼろで産後うつ発症して、今でもワンオペ育児でいっぱいいっぱいなのにと頭に血がのぼりました。 共働きだが生活環境から正社員への登用も断り収入は夫より低い。そのことを知りながら何かあれば離婚を匂わせ自分が出ていくと逃げ体制を作る。 直接言わず、メールで返してくる冷たさと結局仕事を盾にしてくる夫に、悲しく絶望し、冷めていった, 主人は仕事の日は一切家事やらない主義で8時出勤17時帰宅。2歳の息子が寝付く前に決まって20〜21時に寝る。二人目妊娠して実母に家事育児の手伝いを借りて乗り切ってきたが産前大変さを伝えると週末は義実家へ行くことに。私は家事を手伝わない訳にはいかず、傍ら主人はテレビにゲーム三昧で子どもの相手もろくにしない。夜中、夜泣きに気を配り、寝かしつけるのも私。2階から臨月で身重で慣れない急な階段を降りて緊急性のトイレに行くのも必死だった。二人目の心拍が弱った時期に説得して実家に帰るものの義父から働いている夫をほったらかしてどういうつもりだ自分勝手だと罵声が飛び、私の親の悪口も言われる始末。迷惑をかけるなと言われて連れ戻されました。私の居心地とか子どもの環境とかは考慮されない。20代前半の同級生の夫から嫁いだ身だろう、簡単に実家に帰れると思うなと言われるなんて婚前想像もつかなかった。涙が止まらなかった。, 一人目の出産時から軽い鬱がある夫。それが原因が分かりませんが、責任感がなく、自分のことを優先し、いちいちこちらが注意やお願いをするとすぐキレる始末。 こちらの記事やコメントを見て、「私の夫はすごく協力的だな~」と思ってしまいました。 乳腺炎で高熱が出てフラフラしているのに、オムツ替えすら全くしてくれなかったこと。 子宮頸部高度異形成で産後に手術する。第二子の妊娠もその直後発覚する。二部脊椎の可能性、上記の手術後は切迫の可能性が6割高いと医師言われ、中期中絶。→同じ月に自分だけ女の子と誕生日ディズニー。そんなの予定なんて前から言ってないじゃないか。 旦那がいると余計な世話やストレスが増えるので、いない方がいい。, 産後一ヶ月だけ実家に里帰りし、その間も寂しいから早く帰ってこいと連絡。(でも本人は来ない) 実家は遠方のため帰るに帰れない、旦那が妊娠中に産後は手伝うと言ったため親に手伝いをお願いしていなかったため、3歳児と0歳児のお世話でてんてこまいで、3歳児が具合悪いときでも家に居ない。 産後の悩み 2020.6.25 息子は新生児の時からお布団で寝ない子で、1歳5ヶ月の今もお昼寝も夜も抱っこのまま、私は座った状態で寝ています。(寝れているかは微妙だが。)そんな状態で睡眠不足で人格が変わるくらいおかしくなりそうだと訴えても知らんぷり。夜泣きにも気付かず、別の部屋から聞こえるいびきに涙が止まらなかった。 なんだか世間の産後クライシスと違うような気もするんですが、これも産後クライシスに繋がるんでしょうか?? そもそも意味が違うし、そう言う信念なんだと思うと絶望しました。, 家族でお出かけ。第1子の手をつなぐのも生後2ヶ月の第2子を抱っこ紐にいれるのもずっと私で、歩いている間スマホゲームばかり。抱っこを変わろうかの言葉もなく、帰ってきて「疲れた」と。何に疲れたんだよと思う。, 寝返りを使用としている息子をスマホで撮ろうとしたとき、なかなか頭を持ち上げていることができずシャッターを切れなかったときに、ちょっと支えてと夫に頼んだら足で息子の頭を支えた。 正直仕事してる方が楽。勤務時間決まってるから。 自分でその選択をしておいて不満をたらすのは論外です。 産後すぐ?と惑いながらも、産後、最初の週末に主人の実家に行けば長時間の拘束。舅に、男兄弟、授乳もする場もなくみんなの前でケープをかけ授乳。 もともと私は大きい音が苦手でした。赤ちゃんのぎゃん泣きの声にほとほと参ってしまい、しばしば頭を殴る、壁にぶつけるなどするようになってしまいました。じわじわと気持ちが赤ちゃんに向かう感覚もあり、夫に助けを求めました。直後は赤ちゃんと距離を置く方法など考えてくれるのですが、私が落ち着いたように見えると、けっきょく何も対策せずいつもの生活に戻ってしまいます。, いつか私が自殺したら夫はあの時なんとかしてやれたと真剣に考えてくれるのかもしれません。, 一人目が生まれても退院直後から誰にも手を借りられないワンオペ育児にも関わらず、仕事辞めたりゲーム三昧。ご飯炊くことすらしてくれず、お風呂に入れるのも何をするのも[一人で出来るでしょ?笑]と聞く耳もたず。あげく夜の生活だけは産後すぐから。ほぼ無理矢理。[こいついらない]と、心が決めたので離婚へとgo!しました。 嬉しかった事はキレた時に外で頭を冷やしてくれた事。, 娘が手足口病と感染性胃腸炎に同時にかかり、看病の為殆ど寝ずに疲れ果て、遂に私も手足口病になってしまった時に夫に10分でいいから娘を見てて欲しいと伝えると、メールで「仕事で忙しいから、娘も君の事も考えられない」と届いた。 私の話をちゃんと聞いて欲しいし、私だってゆっくり眠らせて欲しい。ゆっくり落ち着いて食事させて欲しい。誰かが作ったご飯が食べたい。たまには誰か部屋を掃除してくれないかな?洗濯をたたんでくれないかな?お出かけしたとき、よそのパパが羨ましくみえる。みんな楽しそうに話しているのに、うちは私と3歳の娘が話してるだけ。黙って話も聞かず嫌そうにベビーカー押してる。悲しいというか虚しくなる。最近、夫が1週間入院し、いないほうがいいということが分かってしまいました。子供もパパがいないと泣くこともなく、私達のペースでご飯食べてお風呂に入って、就寝することができます。そうすると朝もきちんと起きて保育園に通うことができます。夫に期待したり、苛つくこともなく、子供イライラをぶつけることもなく、皆が心穏やかに過ごすことができたのです。 それより、今川綾音さんの2019年11月18日付記事『「産後クライシス」調査でわかった妻の本音、夫婦仲が悪化する原因は?夫がすべきこと、社会全体でやるべきことは?』のほうが女性が共感できるし、もっと意見を求めるべき。 その後も暴言に等しい発言が多々あり、家事も育児も全くしない状態だった為、娘が高校2年となった今年、離婚に踏み切った。私は娘が1歳9ヶ月の時に職場復帰し、フルタイム正社員で働きながら家事・育児を全て担いつつ、更に夫の分も含めた生活費をずっと負担してきた。その中で貯蓄し、娘の大学卒業までの学費の目処もたったので、今後の生活に不安がないとは言わないが、離婚したことに後悔は全くない。. 社会に出て、仕事で追い詰められて「生半可な覚悟で就職したのが悪い。努力していない」と言われないと、理解できないのでしょうか? 赤ちゃんが泣いているのに、家事を優先させているのが困る。結局、家事手伝ってくれるけど、赤ちゃんの面倒は私が見るから夫がいないときと何も変わらない。どちらかというと、一人でやって達成感をちゃんと味わえる家事を、土日に私がやりたい。その間、普段赤ちゃんと接する機会が少ない夫に赤ちゃんの面倒を見てほしい。なまじ家事ができる夫だと、赤ちゃんの面倒よりも簡単な家事の方に逃げていく。 2人目 最悪です。何でも自分が一番大事なのです。子どもに何かあったら私が詮索されます。授乳後すぐにに来た更年期に夫の理解はなく、もう夫には何も思いません。, 流産して3度目の妊娠中の強制セックス、破水して病院へ行く前に自分は1時間の入浴優先、帝王切開の次の日とまた次の日にベッドを数時間占領、まだ具合も良くないのに退院した足で市役所に直行して出生届の提出強要。 二人目を授かるまで、夫にセックスを強要されました。 〈スポーツ虐待〉暴力が日常だった高校アメフット部 頭蓋骨がずれ、被害を訴えたらさらに報復が… 抑圧的な土壌を変えるには? 一緒に色々とケータイで調べたりもしてくれました。 さすがにありえないと伝えると、寝たからいいと思った。自分で寝かしつけてたからいいと思った。空気が悪くて家にいたくなかった。具合悪そうにされるとこっちまで具合悪くなる。等自分勝手なことばっかりで、逆ギレ。それまで二人で協力して育児をするために必死に伝えたり里帰りせずに頑張って来たけど、そのときもう疲れたからいいやと、何かが途切れました。 毎週末呑みにいく旦那に、精神的にしんどいから手伝って欲しいと伝えたところ…「俺はいつ休んだら良いの?」とどめが「うちのお母さんはちゃんと出来てた」 そんな疑問がうまれ、泣きながら家事をしていた事も。そんな私を夫は見てみぬフリ。触らない、聞かない、近寄らない…そして、私は軽度の鬱に。この人とは生きていけないと思った。自分が体調不良だと、部屋にこもり寝る。私は熱出しても、ご飯を作り、子供の世話をする。子供が駄々をこねれば、「ママがイイんだって!」と熱がある私に全てパス。ほとほと呆れる。 「産後クライシス」は、本来は新たな幸せの始まりであるはずの出産を機に、良好な夫婦の関係が急に悪化する状態を「危機(クライシス)」と捉えた言葉だ。2012年のNHKのテレビ番組に登場したのをきっかけに、ここ数年で広まった。, 根拠となった数字がある。ベネッセ教育総合研究所が配偶者への愛情の変化を追った2011年の調査。夫を「本当に愛していると実感」している妻は妊娠期に74.3%いたが、0歳児期には45.5%に激減。子の成長に応じてさらに減る傾向にある。, 産後に夫婦関係が冷え込むのは、出産を境に、愛情が夫から子どもに向くという妻の「心変わり」が原因とされてきた。ただ、男性の育児への意識改革セミナーを企業向けに開くファザーリング・ジャパン理事の塚越学さん(44)は、原因はむしろ男性にあると指摘する。「育児が始まった時点での男性の関わりの薄さと、妻が産後に陥る心身の深刻な状態への理解のなさこそが、妻の愛情を冷めさせる」, カラダノート「産後クライシス調査」2019年/乳幼児を育てる妻1202人にネット調査, 実際、産後まもない女性は出産による身体のダメージを抱えたまま、睡眠不足の状態で赤ちゃんを世話している。ホルモンバランスの崩れもあり、心身ともに不安定な状態とされる。, 夫婦での育児を後押しする活動「patomato(パトマト)」代表の狩野さやかさん(46)は、産後の夫婦の状況を「出産による環境の変化が、隣り合って暮らす男女で全く異なる。女性の側の変化は想像をはるかに超えて激しく、高負荷だ」と説明する。, 「妻の生活は産前産後で激変してしまう。夫も自分にできるところから行動を変えてみてほしい」と話す狩野さやかさん, しかし、「日本の男性は、こうした女性の事情を事前に知る機会が少ない。知識と心の準備がないまま父親になってしまうことが多い」と塚越さんは問題視する。そして妻側も「本当は限界なのに、『お母さんはみんなやっていること』との思い込みから、SOSを発することをためらう人が少なくない」(狩野さん)のだという。, 産後クライシスの態様はさまざま。今年9月に、子育てアプリ開発会社・カラダノート(東京)が子育て中の全国の母親1202人に「産後クライシス調査」を実施した。なかなか表に出てこない妻側の本音を聞き出したユニークな調査で、心身ともに大きな負担を強いられている妻が、「生活が変わらない」夫に強い不満を抱いている傾向が浮かび上がった。, 調査に寄せられたリアルな妻の声の中から、代表的なものを6つのテーマに分けて紹介する。, 深刻な産後クライシスに陥りがちな時期を乗り切るには、どうすればいいのか。狩野さんは「まず育児初期の家庭にかかる負担は、質量ともに、妻一人では背負いきれないと、夫婦双方が危機感を持つこと」と指摘する。, 〈関連記事〉証言「あれが産後クライシスの引き金だった」 出産でもう夫婦のズレ〈座談会・私たちの産後クライシス①〉, この前提を確認した上で、次は現状に目を向ける。産前産後の変化を夫婦双方で書き出すと、互いの状況を客観視するのに役立つ。狩野さんは「自分のペースで食事や睡眠が取れているか、家族以外と会話することがあるかといった変化を挙げてみると、夫と比べ、妻が圧倒的な変化を強いられているのが分かる」と話す。, こうして現状を把握したら、最後は家事・育児分担の見直しだ。妻はまず「一人では限界」と伝えよう。狩野さんは「夫はまず、妻が高負担で危険な状態と知って言葉をかけてほしい。そして少しでも家事を担えるよう工夫して」と方針転換を促す。, 育児休業などの制度を活用できればいいが、男性の育児休業の取得率は6.16%(2018年度)と伸び悩んでいる。千葉商科大専任講師の常見陽平さん(45)=労働社会学=は「子どもの誕生を機に働き方を緩められないのは、社内の人の目や男性自身の納得感も障壁になっている」と背景を分析。「個人の意識改革には限界がある。人生の一時期、働き方を緩めても不利にならず、職場も円滑に回るような評価や役割分担の仕組みや制度を、企業や行政の側が整えるべきだ」と話している。, いただいた投稿は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。, 海外で出産しました。コロナのため、義母が手伝いに来てくれる予定がキャンセルになりました。立ち会い、面会不可のために、言葉も完璧でない私一人での出産...回復が早いと言われ無痛分娩で進めていましたが、予定外の帝王切開。2日で退院させられ、2週間は夫も積極的に家事をしてくれましたが、その後ほぼワンオペ。6ヶ月経った今も気圧の変化で、傷口が痛みます。, 飲食店を経営しているので、仕方なく産後2ヶ月程から復帰。仕事場に子どもを連れて行き、作業をしていますが、思うように進まない...ただ夫からの注意、叱責は出産前と変わらない。乳児のお世話をしながら、前と同じように作業が進めると思っているのか。さらに、産後の物忘れも酷くなり、仕事に支障が出ています。仕事だけではなく、子どもの手続き関係、自分達のvisa、面倒なことは私の役割。夫への不満はたくさんありますが、怒られるのを恐れて言えません。「コミュニケーションが取れない」と言われますが、「怒られる」と思うと、頭の中が真っ白になります。勇気を出して「このままでは、いつか倒れます。」と言うと、少しは家事も手伝ってくれるようになりました。ただ、彼に対する愛情はもう無い気がします。, 知り合いの旦那さんが産後うつなんだろうなと奥さんの様子に気づいていたけど、暴言や泣き叫ぶ奥さんに注意ばかりして喧嘩がやめられなかったそうです。 最後は夫婦だけだから、という心がけはとても素敵ですね。 家事のやり方などは仕方ないにしても優先度の違いや産後身体が前よりも疲れやすくなったなどの不調等を都度伝えているはずなのに全く伝わってないのかその時だけの理解で後に続かない。学習能力はないのか…。 ・うんちしたって。 それでも、自分のマイナス部分に気がついて欲しかったです。, そんな時に、旦那さんは自分の事はさておき浮気をしました。そんな隙間に入り込む女性が居る事も事実、夫婦関係は終わってるの言葉に期待する女性は執念深く…。2年もグタグタされました。 赤ちゃんの世話の合間で、簡単に作れる食事を出したら、「手の込んだ料理が食べたい」と言われた。 旦那の場合、旦那のお母さんが専業主婦みたいな感じだったから女の人が家のことやるのが当たり前だと思っているのだろうか。いまでも親が世話をやいてあげがちだからよくないのかと思っている。 悩みすぎて気持ち的に疲れきっていました。翌日、朝から辛すぎて旦那の前で泣いてしまいました。帰りは早退して早く帰ってきてくれ、私は限界だったので寝室へ。旦那がミルクをあげると飲んでくれ、飲めたことはよかったのですが、悔しさが残りました。 ・晩ご飯は抱っこを代わってくれ、ゆっくり食べさせてくれる。 これも産後クライシスなんでしょうか……, 子どもが1歳2ヶ月になりました。夫が嫌いなわけではありませんが、こんなに辛いならいっそ離婚して何もかも一人でやる方がいいのでは?居るから期待してイライラするのではと何度も思いました。 「結局1人でいるのと変わらないじゃん」と思ったことがあります。, 第二子をどうするか話し合っていた時、長女の出産後に体調や家事が大変だった事を、箇条書きで書いたメモを読みながら話し合いました。夫は、「こんなにやる事があったんだね。ごめんね。なんでもするから、一緒に頑張ろう!」と言ってくれました。生後7カ月ですが、お世話は夫一人で全てできるので、外出もできてなんとか乗り切れそうです。, まずこの記事を興味を持ってみる旦那は育児や妻の状態に興味がある方であって、全く無関心な方は目を通してくれはしないだろうと思いました。こうやって、辛いママたちが極限状態になりネグレクトという選択をするんだろうな…, 一人目育児の際、事情により両親に頼ることが出来ず退院後すぐワンオペに。「他のお母さんも頑張っていることで」と自分なりに頑張ったところ産後鬱を発症しました。今でもトラウマですが、限界の自分を夫に見てもらえたことは良かったのかもしれません。その後は何かと協力的になりました。 赤ちゃんが泣くと寝れないからと産まれる前から別室でと言っていた旦那、眠れず怖いから一緒に寝て欲しいと頼んでも、症状出た時だけ来たらいい、薬飲んだら治まるんだろ、俺だって仕事頑張ってるんやからお前も頑張れや、と心ない言葉にショック、また傷つけられたくないのでその後は頼ることはやめた。 申し訳ないけど、って何で謝ってお願いしなきゃいけないの?育児は全て母親の仕事で当たり前ですか? あれこれ言ってたら、実家に帰れと、、 心身ともに急激な変化に加え、過酷な子育て。友人もいなくだんだんとふさぎ込むようになり、鬱に近い症状になってる私を見て「そんなに辛いなら病院に行けばいいじゃないか」と言われた時は本当にショックでした。 子育て中の皆様本当にお疲れ様です!, 一番大切なのは3ヶ月、そんなわけあるか。4ヶ月過ぎて、5ヶ月過ぎて、どんどん大変になっていく育児にしんどい、体。休むことができないんだから、疲れが回復しないのは当たり前。 あたし子供のせいでいっぱいいっぱいになってる訳じゃないからね?誰のせいでいっぱいいっぱいになってると思ってるわけ?てめぇは仕事だけ、休みの日は好きなだけ寝て、テレビ見ながらゆっくりご飯食べて、ゲームしたり本読んだりお昼寝したり。。誰のおかげで子供がいない時の生活が遅れてると思ってんだよ?! 煽り運転あたり前。シートベルトがお腹に食い込み痛いと叫んでも無視。私のいる助手席側を相手の車ギリギリまで寄せる。, 産後 ・産後休みを取ってくれ、家事と育児半分やってくれ、心も身体も休まった。夜泣いたら起きてオムツ替えをしてくれた。泣く子どもを抱っこして歩き回ったり一緒にソファで寝たり、妻と同じように父親として子どもと向き合ってくれた。 そんな旦那を理解できないでいると、赤ちゃんを寝かしつけるために抱っこしているのもおかまいなしに「一般常識だろ」「脳ミソ腐ってる」と怒鳴り散らす。, 毎日寝かしつけも終わり一人になれるこの時間に、しんどい。つらい。つかれた。生きていたくない。と頭のなかで反芻する日々です。, 長子の出産の際、看護師さんに「産まれそうになったら電話しますので」と言われ自宅に戻りワールドカップ観戦して、産道から出る時だけ立ち会って「立ち会った」と豪語したこと。また、赤子が泣いてても、夫はゲームしながら「オムツじゃない?」「ミルクじゃない?」みたいな他人事だった事。, 今は「あの時は酷かったよねー」ってイジりのネタにしてるけど、当時はそれなりに辛かった。, 他の方のコメント見ただけでうちと同じような旦那はいるんだと思いました。

ヤフー 無料 ゲーム だんご 10兄弟 29, Mステ 嵐 ウインク王 動画 19, Amazon Fire Nasne 6, ストレッチ 眠くなる 理由 7, ポケ森 イベント 家具 売る 9, ザ ノンフィクション 愛知 4,