『聲の形』(こえのかたち、英題:A Silent Voice)は、大今良時による日本の漫画。最初の作品が45Pで『別冊少年マガジン』2011年2月号に、リメイクされた作品が61Pで『週刊少年マガジン』2013年12号に掲載された 。 。『週刊少年マガジン』にて2013年36・37合併号から2014年51号まで連載 。 Amazonで大今良時の聲の形 コミック 全7巻完結セット (週刊少年マガジンKC)。アマゾンならポイント還元本が多数。大今良時作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また聲の形 コミック 全7巻完結セット (週刊少年マガジンKC)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 「聲の形」は普遍的なテーマを描いていて、誰にも思い当たる部分を突き付けてくる。 自分が変えられてしまう怖さを感じる作品でした。 高校生という同じ目線で観させていただきましたが、友達や周りへの繊細な感情にとても共感できました。 人間というのは人のことを完全に理解したと思っていても、全然わかっていなかったりする。「聲の形」は普遍的なテーマを描いていて、誰にも思い当たる部分を突き付けてくる。 だからこそ、作品を観ていて胸が苦しくなって、涙が止まらなかったです。でも、その涙が凄くあたたかいものに感じて、清らかになっていく心がとても心地よかったです。 原作を読んだ時に、すごく心をかき乱されました。 誰もが共感して感情移入出来る。でも心のどこかにトゲが刺さる。そんな作品だと思います。 。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, この商品は、ネオンショップが販売し、Amazon Fulfillment が発送します。, このショッピング機能は、Enterキーを押すと商品を読み込み続けます。このカルーセルから移動するには、見出しのショートカットキーを使用して、次の見出しまたは前の見出しに移動してください。, 一年くらい前にマンガを1巻だけ読んで、「いずれ全巻通読しよう」と思ったまま半ば忘れかけていたらアニメ化され、「観に行こう」と思っていたら上映期間が過ぎてしまい……と、どうにも煮え切らないことを重ねてしまいましたが、リバイバル上映されたので観に行きました。, すでに多くのレビュアーが書いている通り、この作品は非常に高い質をもっている。この作品が日の目をみるまで様々な出来事があり、それでも少年マガジンで連載されるようになり、こうして単行本になったことを考えると、ただのヒット作品とは一味も二味もレベルが違う。時間をかけて練り上げられ完成した作品というものは時間が経っても決して古くなることはない。, 映画では分からなかった部分が事細かに書かれてます。ネタバレになりますので書きませんがあの部分はなくて良かったが, 不器用な人間たちによる、思いを伝える、通じ合うことへの全力の姿に心が動きまくります。, 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. 人間の本性がリアルに描かれていて胸を締め付けられました。, 西宮結絃:悠木 碧 永束友宏:小野賢章 植野直花:金子有希 佐原みよこ:石川由依 川井みき:潘めぐみ 真柴 智:豊永利行, 監督:山田尚子 脚本:吉田玲子 キャラクターデザイン:西屋太志 主題歌:aiko「恋をしたのは」, 美術監督:篠原睦雄 色彩設計:石田奈央美 設定:秋竹斉一 撮影監督:髙尾一也 音響監督:鶴岡陽太 音楽:牛尾憲輔 音楽制作:ポニーキャニオン, アニメーション制作:京都アニメーション 製作:映画聲の形製作委員会(京都アニメーション ポニーキャニオン 朝日放送 クオラス 松竹 講談社) 配給:松竹. 映画見てないけど映画勢には明後日の方向の印象しか残らんのだろうなぁと思った。本文>>36とかとんでもない方向いてるし… コメ欄にもある通りテーマは「聲の形」だよなぁ。「あの時お互いの声が聞けたらどんなに良かったか」というセリフにも表れてる 原作が大好きで何度も読み直したこの作品が綺麗な映像と素敵なお芝居で生きていると思うと幸せです。 この映画を観て少し解った気がしました。 原作を読んだことがない方もある方も、たくさんの色がついたこの世界にぜひ浸ってみて頂きたいと思います。, ほのぼのとした可愛らしい絵、子供の世界でありながら 単行本も発売を待ちワクワクして読んでいたので、そのキャラクターたちが動いて喋っていることに本当に感動しました。 「聲の形」の登場人物は濃いキャラクターなのに、なぜか「いるよなぁ」って思う人ばかりなんです。 絵が綺麗なのにずしっとくる、こんな漫画があるんだ!と思ったのを覚えています。 大今良時による漫画『 聲の形 』のアニメ映画化作品がヒットしている。 ろう者・いじめ・贖罪といった重いテーマを正面から扱った原作は大いに話題になった問題作で、その過酷ないじめ描写や、いじめの加害者と被害者の間に芽生える恋愛感情などについて批判する声も多い。 Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。, あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 コミック 全3巻完結セット (ジャンプコミックス), 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 臆病になったり逃げようとしたり、きっと同じことを思っている高校生は多いんじゃないかなって。 『聲の形』(こえのかたち、英題:A Silent Voice)は、大今良時による日本の漫画。最初の作品が45Pで『別冊少年マガジン』2011年2月号に、リメイクされた作品が61Pで『週刊少年マガジン』2013年12号に掲載された[5]。『週刊少年マガジン』にて2013年36・37合併号から2014年51号まで連載[6][7]。単行本は全7巻。, 2015年版『このマンガがすごい!』オトコ編で第1位[2]、『マンガ大賞2015』で第3位[3]を獲得した。第19回手塚治虫文化賞新生賞受賞作[4]。, 全日本ろうあ連盟監修のもと道徳教材化され2015年に30分の実写DVD化された。2016年には劇場版アニメーションが制作された。, 聴覚の障害によっていじめを受けるようになった少女・硝子と、彼女のいじめの中心人物となったのが原因で周囲に切り捨てられ孤独になっていく少年・将也の2人の触れ合いを中心に展開し、人間の持つ孤独や絶望、純愛や友情などが描かれる。物語は2人の小学校時代における出会いの回想から始まることになる。舞台となる地名は架空のものが用いられるが、作中に描かれる風景は主に岐阜県大垣市をモデルとしている[8][9]。, 本作は、作者が専門学校時代に投稿した漫画の結果待ちをしている間に描いていた作品でもある。その着想は、作品の投稿当時から現在に至るまで育っているテーマ「人と人が互いに気持ちを伝えることの難しさ」の答えを作者自身が見つけ出せなかったため、「読者に意見を聞いてみたい」という気持ちで描いたという。その後、読みきりが掲載されて議論が起こった際には「嬉しかった」と感想を述べている。また、手話通訳者でもある作者の母親からの協力もあり、劇中では手話の場面が多く描かれる。なお、題名を「聲」の字にしたのは、調べた際にそれぞれ「声と手と耳」が組み合わさってできているという説があることを知ったためであることと、「気持ちを伝える方法は声だけじゃない」という意味を込めて「聲」にしたという[10]。, タイトルは何れも『聲の形』で副題等はないが、詳細部分が異なっておりこれらを区別するため最初の作品を「オリジナル版」、リメイクで読み切り掲載された作品を「リメイク版」、再リメイクで週刊連載されている作品を「週刊連載版」とする。, 作者である大今は2008年に当作品(オリジナル版)を『週刊少年マガジン』編集部に投稿し、第80回週刊少年マガジン新人漫画賞で入選を受賞する。当初は新人賞の副賞として『マガジンSPECIAL』2008年12月号にて掲載される予定であった[note 1]が、聴覚障害者に対するいじめをテーマにしていることなど内容の際どさから掲載は見送られ、以降どこにも掲載されることなく一時「幻の作品」となった[12]。, その後大今は2010年に創刊されたばかりの『別冊少年マガジン』にて『マルドゥック・スクランブル』(原作・冲方丁)の連載を開始。これがヒットすると、『別冊少年マガジン』の班長であった朴鐘顕は「どうしても(大今の)受賞作を読者に読んでほしい」との思いから、講談社の法務部および弁護士、さらに全日本ろうあ連盟とも協議を重ねた結果、『別冊少年マガジン』2011年2月号に掲載された[12]。このとき、ろうあ連盟からは「何も変えずそのまま載せてください」との評価を受けた[12]。, このオリジナル版は該当号の読者アンケートで『進撃の巨人』『惡の華』『どうぶつの国』などの連載作を抑えて1位を獲得。これが後押しとなって『マルドゥック・スクランブル』の連載終了後の『週刊少年マガジン』への連載が内定するが、大今が連載版『聲の形』第1話の原稿をマガジン編集部の連載会議に提出した結果は「まずは読み切り掲載」[13]。やむを得ず大今は第1話を読み切り用に作り直すことで対応し、『週刊少年マガジン』2013年12号に掲載された。リメイク版も発売翌日の18時までにTwitterで4000件を超え[12]、掲載号のみ通常より6万部伸びた[7]。, リメイク版の評価は賛辞が多い一方で、作中の「あのときお互いの声が聞こえていたらどんなによかったか」という記述については批判もあり、Twitter上などで論議が交わされた。これに対して『別冊少年マガジン』の朴班長はTwitterで「『聲の形』へのご批判も出てきて少しほっとしました」とコメントしている[14]。, 反響の大きさから、発売翌週には正式に連載が決定。2013年8月7日発売の36・37合併号より連載開始した[15]。, 2013年11月15日に単行本の第1巻が発売され、数日後に重版決定[16]。また、作品は予め全体の構成を細かく考えた上で連載されており、3巻発売直後の時点で担当編集者の鈴木一司がTwitterにて全7巻の予定である旨の発言を行っていた[17]。『別冊少年マガジン』と『週刊少年マガジン』本誌に掲載された読み切りの2作品は単行本に収録されず、2016年に刊行された公式ファンブックに収録された。, 2014年11月時点で累計発行部数200万部を、映画版が公開された2016年9月時点で累計発行部数300万部を記録[18]。, 2015年6月には、全日本ろうあ連盟監修のもと道徳教材化され、30分の実写DVDが東映より発売された[19]。また、神奈川県は2015年4月に施行した神奈川県手話言語条例に基づき、手話普及推進を図るため、本作とコラボレーションしたリーフレットを発行した。, 岐阜県大垣市をモデルとしていることから、2015年7月12日のFC岐阜と横浜FCの試合(FC岐阜主催・長良川競技場)にて、コラボマッチを実施。競技場では『聲の形』の原画展やコラボグッズの販売・大今良時のサイン会・デフフットサル(聴覚障害者によるフットサル)関連イベントなどが行われた[20]。, 2017年2月12日より養老鉄道とのコラボ企画切符が発売されている[21][22][23]。, 石田将也のもとに勉強会へ招待する一本の電話がかかり、そこで西宮硝子の名前を聞く。話は過去に戻り、小学6年生の頃の将也視点で描かれる。, とある小学校に通学する硝子は聾唖者のため授業を止めることがあり、それが原因でクラス中から嫌われていた。クラスメイトの将也は執拗に硝子をいじめるが、度の過ぎた悪行が遠因してクラスにおいて吊し上げられた挙句、新たないじめの標的にされる。あまりにもあっけなく掌を返されてしまった彼を硝子は気にかけるが、結局、将也とは分かり合えず転校していった。, 硝子の転校後、心ないことを言った将也に対し、またしても掌を返すように賛同した担任とクラスメイトを見たことで、将也は初めて自身のクラスにある、恐ろしいほどの異常さを痛感し、硝子のために自ら行動を起こすようになる。, 将也のクラスに転校してきた硝子は聴覚障害者であり、自己紹介でノートの筆談を通じてみんなと仲良くなることを希望する。しかし、硝子の障害が原因で授業が止まることが多く、同級生たちはストレスを感じる一方になっていた。そして合唱コンクールで入賞を逃したことをきっかけに将也を初めとするクラスメイトたちは硝子をいじめの標的とするようになり、補聴器を取り上げて紛失させたり、筆談ノートを池に捨てたりするなどエスカレートしていった。, 度重なる硝子の補聴器紛失事件を機に、彼女の母親の通報によって校長同伴による学級会が行われるが、担任の竹内はいじめの中心人物であった将也のせいだと、威圧的に追及。それに賛同する形でクラスメイトたちも次々と将也のせいだと主張し始め、自分たちも硝子に散々な仕打ちを行っていたにもかかわらず、彼らは皆自己保身のためだけに暗黙の団結を結んで、全ての罪を将也一人になすり付けようとしたのだ。これが、あまりにも信じられない光景に愕然とする将也が、硝子に代わる新たないじめの標的となる日々の始まりだった。, 孤立した将也は、硝子よりも苛烈ないじめを受け続けることになり、上履きを隠す犯人を突きとめようと早朝に下駄箱で待ち伏せしていると、花を持った硝子が現れ、以前いじめを受けていたときと同様に、落書きされた机を拭いているのを目撃する。その後、新たないじめグループのリーダーとなった島田によって池に突き落とされ、それを目撃した竹内に事実を説明しても「嘘をつくな」と、我関せずな始末だった。島田たちの冷酷な嘲笑を受け、ボロボロになりながら一人歩く将也の前に硝子が現れ、傷ついた将也の顔を拭きながら彼女は優しく笑みを浮かべる。しかし、自分が散々いじめたにもかかわらず優しくしてくれる彼女にやるせなさや惨めさを感じた将也は反発してしまい、暴言を浴びせたことで取っ組み合いの喧嘩となり、それを遠因に硝子は転校した。, 結局、硝子の転校後から卒業に至るまで、将也へのいじめはひたすら続いた。卒業式の日、落書きされた自分の机を一人拭いていた将也は、喧嘩別れしてしまった硝子がいつも拭いていた落書きだらけの机は、他ならぬ自分自身の机であったことに気付く。島田たちは、硝子をいじめていたときから、将也に対してもずっと机に嫌がらせを行っており、それに気付いた硝子は、将也が気付かないよう、いち早く学校に来て、彼の机の落書きを拭いていたのだ。自分を本当に想ってくれたのが、自分がいじめていた硝子ただ一人だけで、密かに守ろうとしてくれた彼女と分かり合えず失ってしまったことに、将也は自己嫌悪と後悔の涙を流し、自分なりの贖罪を行うことを決意する。, 高校生の少年・石田将也は、自分が過去に犯してしまった罪から、一人の少女の行方をずっと捜し続けていた。そして将也は、とある手話サークルの会場にて、捜し続けていた聴覚障害者の少女・西宮硝子と再会を果たすことになるが、彼女は驚きのあまり逃げ出してしまう。, 二人の出会いは小学校の頃にまで戻ることになる。小学生の頃の将也は、友人として付き合いのあった島田や広瀬と度胸試しなる悪ふざけの遊びをしていたが、島田が塾に通いだして遊びから抜け、広瀬からも危険であることからやめようと言われ、以降将也は日々を退屈で持て余し始めていた。そんな時、転校生の少女・硝子が訪れ、彼女はノートに綴った自己紹介で自分は耳が聞こえないことを伝える。, 硝子が転校してきて以降、耳が聞こえない彼女が原因で授業が思うように進まなくなることが多く、苛立ちを覚えるようになったクラスメイトたちは、将也が中心となって硝子をいじめるようになった。音楽教師・喜多の軽率な行動により硝子への風当たりは強くなる一方となり、また、日々数多くのいじめを硝子に行う将也であったが、その先に思いも寄らぬ「裏切り」が待っていた。, ある日、校長を中心としたクラスの学級会が開かれ、将也たちによる硝子の度重なる補聴器紛失によって170万円もの被害総額を出していたことが明かされた。将也は自分のしたいじめのもたらしてしまったことの重大さに気付き、内心動揺したものの、警察沙汰になる前に正直に名乗り出るべく手を上げようとしたその時、ずっと無関心に徹していた担任の竹内が将也を名指しで糾弾し始め、他のクラスメイトたちもそれに便乗して将也に全ての責任を押し付けた。それを機に、周囲に裏切られた将也が、新たないじめの標的となってしまう。, 誰からも助けてもらえず、島田らに暴力を振るわれて倒れていた将也を、硝子は介抱しようとするが、将也は拒絶し取っ組み合いの喧嘩になる。その1ヵ月後、硝子は黙って転校していった。硝子がいなくなったことにより、彼女が朝に懸命に拭いていた机が自分の机であったことに気付く。そして卒業式の日、変わらず落書きされた机を拭いていた将也は、分かり合えぬまま終わってしまった硝子との関係に涙するしかなかった。, 中学に進学しても、将也の孤独は変わらなかった。島田と広瀬の悪意によって、小学校時代の事実を都合のいい形で流布されてしまったことで、中学から知り合ったクラスメイトたちは、誰もが将也を避けるようになった。それでも何とか改善を試みるが、結局逆効果となってしまうだけだった。学生生活を満喫する島田たちとは対照的に、孤独を深めていった将也は誰も信じることができなくなり、高校への進学後、自らの報われない人生の末路を思い浮かべた将也は、遂に自殺を決意。その前に、自分が犯した「罪」の贖罪をしようと、身辺整理等によって補聴器の弁償額と同額の金を集めた将也は、それを母の枕元に置き、硝子がいるという手話サークルの会場へと向かう。, そして将也は硝子と再会した。自らの後悔や謝罪と共に「友達」になって欲しいことを告げた将也の気持ちに、硝子は手を握る形で応えたが、そこへ彼女の母親が現れ、将也が持ってきた「筆談ノート」を川へ捨ててしまう。必死にそれを探そうとする硝子に、将也もまた橋から川へ飛び降りて筆談ノートを見つけ出し、硝子の母親に過去の謝罪をするが、彼女からはビンタされてしまう形で終わった。しかし、母親に引っ張られていく硝子から、手話で「またね」というサインを受けた将也は、心の中に変化が訪れ、自殺を思い止めることになる。, 物語は基本的に将也からの視点限定で描かれ、将也の視点からは分からない西宮家の日常や硝子の過去のみ結絃視点によって描かれている。ただし単行本6巻収録のエピソードでは将也が昏睡状態になっている間の出来事を描いており、将也や結絃以外の各登場人物それぞれの視点で少しずつ物語を描きながら全体の話を進めていく群像劇のような構成になっている。, 将也とクラスメイトたちは同じ中学に進学したが、卒業後はそれぞれ別々の高校に進学した。作者によれば、「高校編にも島田らを登場させ、その心境を描いていく予定」とのこと[26]。, 単行本表紙は全て左に将也、右に硝子が描かれる配置となり、他の主要人物は描かれない(6巻は硝子のみ)。2人の服装や背景は収録話の季節や内容に基づいたものとなっている。, ロシアを除く欧米圏において書籍題名は英語の"A Silent Voice"に統一されているが、ロゴがそれぞれ異なる。, ノベライズにあたり、大今良時がカバーだけでなく10点を超える本文イラストを描き下ろしており、また、大今が追加を希望した、小説でしか読めないシーンも収録されている。, 監督は山田尚子、制作は京都アニメーションが担当。2016年9月17日に全国公開された。, 公開館数は120館と小規模であったが、興収23億円を突破[32]。第40回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞[33]や、第26回日本映画批評家大賞アニメーション部門作品賞[34]、第20回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞などを受賞した[35]。, 『週刊少年マガジン』2014年33号掲載「聲の形」「第45話 無駄だった」のあらすじにおける「人物紹介」の「西宮硝子」の項目にて「耳の不自由な、もう一人の主人公。」と公式表記されている。, 単行本5巻 第41話「みんな」で母親は「県のコンクールに写真選んで応募しておいた」と話していたが、単行本6巻 第60話「何者」で将也の母親は「市のコンクールで優秀賞だって」と話している。, 石田家の散髪屋で硝子の散髪後にさらに短く切ろうとしたところ、結絃が自ら断髪したことで止めた。, 妖精の服は試写会後に行われたファッションコンクールに出されており、見事金賞に輝いている。, Forma Golosa(フォルマ ゴーラサ)と読む。 日本語題からの直訳で「声の形」の意。, Kształt twojego głosu(クシュタウト トヴォイェゴ グォスゥ)と読む。「あなたの声の形」の意。, moksori e hyeongtae(モッソリエ・ヒョンテ)と読む。 日本語題からの直訳で「声の形」の意。, 『週刊少年マガジン』2014年7号掲載 対談記事「大今良時×有村架純『聲の形』対談」より。, http://comic-sp.kodansha.co.jp/topics/koe/, http://www.mangataisho.com/data/2015/press20150324.pdf, ガジェット通信:週刊少年マガジン12号掲載の読み切り『聲の形』に広がる反響 「とにかく凄い」「必読」, 「立ち読みでもいいから読んで欲しい」 20日発売の週マガ読み切り「聲の形」が大反響, 『別冊少年マガジン』の班長 (betsumaga) on Twitter 2月20日, 読めるモ ニュース&エンタメ - 『聲の形』売れすぎで緊急重版が決定 2013年11月27日閲覧, マガジンSP班長twitter 2013年11月17日22時25分掲載分 2013年11月27日閲覧, マガジンSP班長twitter 2013年3月19日9時58分掲載分 2014年11月18日閲覧, 【女子旅@岐阜】映画「聲の形」と「ルドルフとイッパイアッテナ」の舞台モデル巡りをしてきた!, http://mainichi.jp/articles/20170116/dyo/00m/200/013000c, “京アニ、一番の強みは「作品に対する誠実さ」 『映画「聲の形」』スタッフ受賞に喜び 第26回日本映画批評家大賞”, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=聲の形&oldid=79257854, この項目では、漫画作品について説明しています。この漫画を原作としたアニメーション映画については「, 大今良時 『聲の形 公式ファンブック』講談社(講談社コミックスデラックス) 2016年9月16日発行, 原作・絵:大今良時 文:倉橋燿子 『小説 聲の形 下』 講談社(講談社青い鳥文庫).

会社 遅刻 2ch 11, 運命数 10 特徴 5, デリカ D5 Atf交換 費用 4, Vscode Import エラー Java 4, Pj1 2 シャワーヘッド 7, Ae86 ダッシュボード 修理 8,