頭痛・後頚部痛・発熱は髄膜炎の危険性大! 頭痛や首の後ろが凝った、首の後ろが痛い、熱が出たなどの症状が重なると要注意です。それは髄膜炎 (ずいまくえん) かもしれません。 お世話になります。先日、2歳9ヶ月の子供が熱を出しました。38度~40度を3日間さまよっていましたが4日目にやっと回復。その後の子供の様子が変なのです。まだまだ甘えたい盛りですし、週6で保育園意行っているのでまぁ理解できな 最初の1〜2日は39-40度台の高熱になることもありますが、「かぜ」ならその後は発熱のピークが次第に下がり、多くは3~4日で解熱します。高熱でも他に強い症状がなければ重症とは限りません。但し、以下の症状を伴う時はすぐに受診してください。 ・嘔吐 ようやく風邪が治ったと思ったら、頭痛が治らない・・・。 こんなことはないでしょうか?? これでは完治とは呼べませんし、仕事にも支障をきたしかねません。 そこで今回は、風邪が治った後も頭痛が続いてしまう原因と対策についてご紹介します。 ・首を前に曲げられない インフルエンザの症状のひとつに頭痛があります。頭痛が起こる原因や解熱後も頭痛が残る原因、頭痛薬の使用や冷やすなどの対処法、髄膜炎について解説します。, インフルエンザの特徴的な症状として、38.5度以上の突然の高熱・関節痛・倦怠感などがありますが、頭痛もつらい症状のひとつです。, インフルエンザでは、急な発熱とともにズキズキとした頭の痛みを抱える人も少なくありません。また、人によっては熱が下がり全身の関節痛が引いた後でも、頭痛だけが残ってしまうことがあります。, インフルエンザウイルスが体内に侵入したときに、プロスタグランジンという物質が大量に分泌されます。, プロスタグランジンには炎症を起こす作用があり、発熱や頭痛などの症状となって現れます。, 体内で炎症が起こるのは体内のウイルスの増殖をおさえるためであり、体の自然な防御反応といえます。, ただし、プロスタグランジンには痛みを強める作用もあり、頭痛を悪化させる原因にもなります。, インフルエンザで起こる頭痛は、風邪のときと比べてひどい痛みである場合が多くあります。また、長引いたり、熱が下がったあとでも頭痛の症状が続くこともあります。, 一般的に、インフルエンザ発症前日から発症後3~7日間は鼻やのどからウイルスを排出するといわれており、解熱とともにウイルス量は減少しますが、解熱後もウイルスを排出します。, つまり解熱後もインフルエンザウイルスが体内に残っているため、熱が下がっても頭痛の症状が残ることがあるのです。, 頭痛の強さや長引く期間によっては、隠れている疾患が慢性化したり重症化することもあります。インフルエンザの症状が治った後にも1週間以上頭痛が治まらない場合は医療機関を受診することをおすすめします。, 髄膜炎(ずいまくえん)とは、脳と脊髄を保護している髄膜内にある髄液が、細菌やウイルスなどの病原体に感染し炎症を起こしてしまう病気です。, 髄膜炎は細菌性髄膜炎と無菌性髄膜炎の2つに分けられますが、細菌性髄膜炎の方が重症化しやすく、重い後遺症が残ることがあります。, インフルエンザ菌はインフルエンザウイルスと名前は同じですが全く関連のない細菌です。, ただし、インフルエンザウイルス感染症によって免疫力が低下してしまうと、細菌が髄膜に入り込みやすくなり髄膜炎を発症することもあります。, ◼︎髄膜炎の主な症状 インフルエンザの高熱からやっと解放されたというのに、 キンキンとした頭痛が続くし、吐き気やめまい、気持ち悪い…, インフルエンザ解熱後に続く頭痛や吐き気などの症状について、 その原因と対策についてまとめています。, 解熱後に様々な症状が継続していたり、 もしくは新たな症状が起きてしまった場合、 それはインフルエンザウイルスが まだ体に残っている可能性が考えられます。, ウイルスに対抗するために、 サイトカインという物質が分泌されるんですが、 このサイトカインの過剰分泌を防ぐため、 プロスタグランジンという物質が分泌されます。, 熱が下がっていたとしてもウイルスが体に残っていれば、 プロスタグランジンが分泌され続け、 頭痛や筋肉痛・関節痛が継続する可能性があります。, インフルエンザによる発熱は、 あくまでもウイルスに対抗するための 一つの症状にすぎません。, ウイルスの量がピーク時より減ったとしても、 体のあちこちに残っていたら、 さまざまな悪影響を及ぼします。, 胃腸までウイルスが達してしまった場合は、 ウイルス性の胃炎などを起こすことがあり、 それが吐き気や気持ち悪い、腹痛、それに下痢を伴う可能性があります。, 今はつらいかもしれませんが、熱が下がってきたということは、 インフルエンザウイルスの数は確実に減っています。, 時期に治るのを待っても良いし、どうしてもしんどいのであれば、 病院で薬を処方してもらうと良いですよ。, 家に常備している人も多いです けれどもインフルエンザ中は、 ロキソニンによる副作用が起きる危険性が 高いという報告があります。, 特に子供には避けたほうが良いので、 アスピリン系の薬と同様、 飲ませないように注意しましょう。, インフルエンザにかかって免疫力が低下すると、 細菌による感染症にかかりやすくなっているし、 アレルギー反応も強く出てしまうことが多いです。, インフルエンザの合併症によって、 解熱後にも頭痛は吐き気などが続くことがあります。, 脳と脊髄を保護する役割のある髄膜には、 髄液というものがあるんですが、 髄液まで細菌が達して炎症が起こすことがあります。, といった症状も見られます。 通常、1週間くらいで症状が治まるんですが、 免疫力が極端に低下している場合、 重症化して命にかかわることもあります。, 髄膜炎が起きているかどうかは、 腰椎穿刺検査(脳脊髄液検査) ようついせんしけんさ(のうせきずいえきけんさ) という検査が行われます。, 脳や髄膜の変化が疑われる場合に行う検査です。局所麻酔を行うので、検査中の痛みはありません。検査後、枕を使わずに1~2時間、上向きで安静にします。 引用サイト:腰椎穿刺検査(脳脊髄液検査):病院で受ける検査事典:日経Gooday(グッデイ), 花粉症によって鼻の粘膜が炎症して腫れているときに、 炎症が広がって頭痛のような痛みを感じることもあります。, といった症状が見られ、 花粉が飛んでいる季節であれば、 真っ先に疑うべきでしょう。, インフルエンザの場合には、 飲んでも良い薬と禁忌薬にはっきりとした違いがあるので、 安易に花粉症薬を飲むのはやめましょう。, ウイルスや細菌とは全く関係なく、 眼精疲労・肩こりによって、 頭痛を感じることもあります。, 体力が低下しているところで、 いつも通りにテレビやスマホを見てしまうと、 目に通常以上の負荷をかけることになります。, 横になっている時間が長くなると、 体のあちこちが硬くなり、肩こりも感じやすくなります。, 解熱後にも続く頭痛や吐き気などの不快な症状を和らげようと思って、 安易に薬を飲むのはやめましょう。, ウイルスが残っている最中に、たとえばアスピリンを飲んでしまうと、 インフルエンザ脳症という、命に係わる病気を招くリスクがあります。, 症状がどうしても辛い場合には、 お医者さんに相談をして、 治療なり薬を処方してもらうようにしましょう。, 関連ページ:インフルエンザでバファリン飲んでしまった【インフルエンザとバファリン】, インフルエンザと言えば、 高熱が出るのが主な症状なんですが、 場合によっては熱が出ないこともあります。, その代わりに頭痛を強く感じることがあるんですが、 インフルエンザと高熱・頭痛の関係はどうなっているのか?, インフルエンザになると高熱が出るのは、 インフルエンザウイルスを撃退する力を強めるためです。, ウイルスをやっつけるのは 主に白血球の仕事になるんですが、 この白血球が熱が上がれば上がるほど、 攻撃力をアップさせる特徴があるんです。, 熱が高いはずのに悪寒(寒気)を感じるのは、 ウイルスを退治するために熱が使われていて、 体温維持が後回しにされてしまうからなんです。, では、インフルエンザに感染したというのに、 熱が出ないのはどんな原因が考えられるのかというと、, インフルエンザにかかったばかりのころは、 それとは気づかずに普通の風邪だと思って、 家にあった風邪薬を飲んでしまったりします。, この風邪薬に解熱作用があった場合、 高熱が出るのを邪魔してしまうわけです。 熱が出ないので体が楽と言えば楽ですが、 その分、ウイルスをやっつける期間が長引いてしまいます。, インフルエンザはA型だと高熱が出やすいものの、 B型は高熱が出ないこともあります。, A型が流行するのは、12月から春先にかけてなんですが、 B型に関しては、2月から春先にかけてです。, つまり2月以降にインフルエンザを発症した場合、 熱が出ないケースが起こりやすいわけです。, B型はA型に比べて、高熱が出ないせいで、 ウイルスが完全に死滅する期間が長引く傾向があります。, 体が楽になったからと言って、 安易に出かけたりしてしまい、 感染を広げないように注意をしましょう。, 体の免疫力がそもそも高い場合、わざわざ高熱を出さなくても、 白血球がどんどんウイルスをやってつけてくれます。, 免疫力の源は胃腸にあると言われていますから、 普段からお腹を壊しにくく、便秘も全くしない場合には、 熱がそれほど高くならない可能性があります。, 熱が出なくても頭痛が出るのは、 インフルエンザによる発熱と頭痛には、 相互関係がないからです。, インフルエンザで頭痛を感じるのは、 ウイルスを退治しようとする白血球の活動が 原因という風に考えられています。, 白血球がウイルスを撃退しようとする際に、 サイトカインという物質を分泌するんですが、 それと一緒に、プロスタグランジンという成分も一緒に分泌します。, このプロスタグランジンが、 痛みを感じるボーダーラインみたいなものを下げ、 通常よりも痛みを感じやすくしてしまうと言われています。, 頭痛を感じるのも、筋肉痛・関節痛を感じるのも、 プロスタグランジンが原因だと推測されているんです。, 頭痛がギンギンと続いて どうしても耐えられないときには、 無理せず薬を飲んでしまったほうが良いです。, ただ、解熱作用もある鎮痛剤を飲むと、 インフルエンザが治るを遅らせる危険があります。, さらに、アスピリン系の薬などは、 インフルエンザの合併症を起こしやすくする ことがわかっています。, 頭痛を抑えるための薬を使うときには、 薬局の薬剤師さんに相談するか、 お医者さんにアドバイスしてもらいましょう。. ・ひどい頭痛 インフルエンザの頭痛は、風邪と比べて痛みが強いのが特徴。高熱がでなくても、強い頭痛に悩まされることも。この記事では、インフルエンザの頭痛の特徴や対処法などについて解説していきます。, ウイルスに接触したり、患者の咳やくしゃみなどで飛沫されたインフルエンザウイルスが体内に侵入し、喉・気管支・肺で感染・増殖することで発症します。, インフルエンザの症状は風邪に似ていますが、風邪に比べて症状の度合いが強いという特徴があります。, また、インフルエンザの種類によっては、インフルエンザ特有の高熱はでないのに、頭痛だけはとにかく激しいという場合もあります。, ウイルスに感染してから1〜2日の潜伏期間を経て、症状があらわれてきます。病気の初期段階で以下の症状がみられたら、風邪ではなくインフルエンザ感染症の疑いがあるので要注意です。, 初期症状があらわれたあと、全身に症状があらわれます。インフルエンザ発症後、すぐにあらわれる症状は、, などがあります。少し遅れて鼻水、くしゃみ、のどの痛み、咳、痰、呼吸困難、吐き気・嘔吐、下痢などの呼吸器症状や消化器症状があらわれます。, インフルエンザ感染症は全ての年齢において注意が必要ですが、感染患者に多いのは学童期までの子どもです。, 特に乳幼児と高齢者は、発症後の重症化も心配され、インフルエンザによる死亡率は高齢者が圧倒的に多くなっています。, インフルエンザのときにおこる頭痛の原因は、ウイルスが体内に侵入したときに分泌されるプロスタグランジンと呼ばれる物質です。, ウイルスの増殖を防ごうと、発熱を強めたり、血流促進のために血管を拡張したりします。, そのため、頭痛の痛みも増すうえに、関節や筋肉の痛みもあるので、起き上がれないほどつらくなることもあります。, 抗インフルエンザ薬は、インフルエンザウイルスが身体の中で増殖するのを防ぐはたらきがあります。, インフルエンザウイルスの増殖を抑えられれば、頭痛の原因物質であるプロスタグランジンも抑制されるため、頭痛の症状もしだいにおさまっていきます。, 2015-2016年インフルエンザシーズン到来!インフルエンザの治療には様々な種類の治療薬が使われています。それぞれの特徴や用法・用量、服用に注意しなければいけない人などインフルエンザ治療薬の種類にについて徹底解説!, 熱がある・痛みがあるというのは、身体がインフルエンザウイルスと闘っている証拠。無理に抑えようとすると治りが遅くなることもあります。, 鎮痛剤を使用する場合は、どうしても我慢できない時や、病院へ行くまでの応急処置として使用するとよいでしょう。, また、インフルエンザの時は使用できる市販薬と使ってはいけない市販薬があります。市販薬を使用する際は成分をしっかり確認して使っても大丈夫な市販薬を選ぶようにしてください。, インフルエンザによる頭痛がひどい場合、病院へ行くのが一番。しかし、頭痛薬を飲んで急場をしのぎたいときもありますよね。, この記事では、ミナカラ薬局薬剤師監修によるインフルエンザ頭痛薬について解説していきます。, インフルエンザは風邪に比べて症状が激しい場合が多い病気です。全身に症状があらわれるため、身体への負担は相当なものに。, 病院で処方された抗インフルエンザ薬を利用したら、大切なのは安静にして十分な睡眠をとることです。, また、高熱や嘔吐、下痢によって失った水分を補い、脱水症状を防ぐために水分補給も忘れてはいけません。, インフルエンザウイルスは乾燥している所を好みます。水分で喉を潤し、乾燥を防ぐ効果も期待できます。, ◯掲載している医薬品の添付文書情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。, ◯適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:03-3506-9541)にご相談ください。, ◯より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。, ◯当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。, 掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。, 掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。, 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。.

Debian Php Ziparchive 5, Gpd Pocket Uefi 4, 薬指と親指を くっつける ポーズ 7, プデュ Japan 名言 20, 幸 崩し 字 30, ユーチューブ ダウンロード ランキング 4,