document.write("ブックマーク数"); 結局どちらの場合にもメリットとデメリットがあって、どちらかが最高に便利だという訳ではないんです。. AutoCAD には、実寸で設計対象となるオブジェクトを作図とする モデル空間 と、モデル空間に作図され たオブジェクトを、紙図面 のイメージ、つまり、図面として表現するための ペーパー空間 の2 種類の作 図空間があります。 モデル空間とペーパー空間は、当初、図面ファイル(.dwg、.dxf) に 1 レイアウトでのビューポートの使用方法は分かりましたね。モデル空間でのビューポートの使用方法を説明します。, レイアウト(ペーパー空間)でのビューポートと、モデル空間でのビューポートは意味が違ってきますので、間違えないようにしてください。, 図のようにモデル空間では作図ウィンドウをビューポートを使用して分割することができます。パソコンのモニターを2台利用している人を見たことがあるでしょうか。同じようなイメージをしてもらえばいいと思います。, どちらの作図ウィンドウもリンクしていて、どちらかで修正すると両方の図面が修正されます。また便利なのが複写や移動のコマンドで左のビューポートでオブジェクトをコピー・移動してそれを右のビューポートに貼り付け・移動先を指定することが可能です。線分を引くときも、始点は左の作図ウィンドウ→終点は右の作図ウィンドウで指定ということも可能です。, このビューポートの作成方法ですが、レイアウトと同じようにメニューバーの”表示”→”ビューポート”→2分割したい場合は”2ビューポート(2)”を選択します。コマンドウィンドウに「設定オプションを入力[横(H) 縦(V)]」と表示されるので、横に分割したい場合は(H)、縦に分割したい場合は(V)を入力します。, また、3分割・4分割したい時も同じように”3ビューポート(3)” 、”ビューポート(4)”を選択してオプションで分割方法を指定しましょう。, または、メニューバーの”表示”→”ビューポート”→”ビューポート管理”でも設定可能です。コマンド入力はレイアウトの時と同じ”VPORTS”です。「新規ビューポート」で分割方法を選択してください。プレビューで確認できるので、こちらの方が使いやすいかもしれませんね。, またビューポートに名前をつけて保存することも可能です。下図の①「新しい名前」に任意の名前を入力して「OK」をおします。これでビューポートの分割設定は保存されましたので、次からはビューポート管理で「名前の付いたビューポート」で選択すると、設定した配置の画面になります。, ややこしい図面や、大きな図面で画面移動・スクロールで拡大・縮小が多くなってしまう図面では、このモデル空間のビューポートを利用して作業すると作業効率があがるでしょう。是非利用してみて下さい。. 【モデル空間のビューポートとは】 レイアウトでのビューポートの使用方法は分かりましたね。モデル空間でのビューポートの使用方法を説明します。 レイアウト(ペーパー空間)でのビューポートと、モデル空間でのビューポートは意味が違ってきますので、間違えないようにしてください。 AutoCADのツボ編、と言えるかも知れません。 また作業のスピードアップをアップさせ機能、コマンドはこのページの下の方にまとめてありますので、どうぞ. 基本中の基本、モデル空間(作図エリア)だけで図枠を設定する 今まで皆さんにも色々と作図して頂いたので、”作図エリア”で作図する感覚には、大分、慣れてきて頂けていることと思いますが、しかし、最初にAutoCADを開いたときにまず、思わなかったですか? document.write("ブックマーク数"); document.write("ブックマーク数"); Copyright (C) 2010-2012 ta-ma All Rights Reserved. ペーパー空間の切り替え回数は確かに減りますが、複数の図面を表現する為に、どうしてもビューポートの数が増えてしまいます。 ペーパー空間の切り替え時には、ビューポートの数だけ図面の再作図処理がされる、というのがオートキャド(AutoCAD)の設定です。 document.write("ブックマーク数"); 複数のビューポートがあり、ビューポート自体が重なっているとビューポートの内側をダブルクリックでは希望のビューポートがアクティブにならない場合があります。 【製品情報】 AutoCAD 【操作方法】 1. 当サイトでは、1つのオートキャド(AutoCAD)データに、図面の数だけペーパー空間を作ることを推奨しています。, つまり、ペーパー空間の中はこのようになっていて、それぞれが1枚の図面に対応している状態です。, それぞれの図面毎に、画面下側にこのようなタブが並んでいき、タブをクリックすることで画面を切り替えることになります。, このやり方で図面をまとめた場合、1つのデータに対してペーパー空間の数が多くなってしまいがちです。, しかし、そんなデメリットがあってもこのやり方をお勧めするのは、やはりそれ以上のメリットがあるからです。, 今回からは、ペーパー空間で図面をレイアウトすることで、図面を連続印刷することが出来る、という話を紹介します。, 色々とデメリットはあるものの、1枚の図面毎にペーパー空間を1つ用意することによって、割と簡単に連続印刷が出来るようになります。, こうしたデメリットを避ける為に、例えば1つのペーパー空間にたくさんの図面をレイアウトした場合についても紹介しておきます。, 毎回ペーパー空間を切り替えるのが面倒だと、このように複数の図面をペーパー空間に配置することも出来ます。, オートキャド(AutoCAD)は自由度の高いCADですから、色々なやり方が作図者の考えひとつで実現します。, このやり方をした場合、確かにペーパー空間を切り替える回数は減ると思いますが、問題点も結局は出てくるんです。, ペーパー空間の切り替え回数は確かに減りますが、複数の図面を表現する為に、どうしてもビューポートの数が増えてしまいます。, ペーパー空間の切り替え時には、ビューポートの数だけ図面の再作図処理がされる、というのがオートキャド(AutoCAD)の設定です。, ビューポートの数が増えるということは、単純に再作図処理にかかる時間がどんどん加算されていくということを意味します。, そうなると、ペーパー空間の切り替え時に時間がかかるようになって、時間的にはあまり変わらない場合もあります。, と、結局どちらの場合にもメリットとデメリットがあって、どちらかが最高に便利だという訳ではないんです。, それらを比較して、より便利に使えるやり方を選んでいくと、当サイトではペーパー空間につき1枚の図面になった訳です。. モデル空間で異尺度を描く 寸法に関して「オブジェクト」パレットで出来る事(AutoCAD

重岡 大 毅 ハンバーガー 22, 結婚相手 出会ってる 占い 無料 5, ジョージ ケネディ 身長 8, 歯科衛生士 学費 安い 関東 5, イルルカ おすすめパーティー ストーリー 31, Parallels Desktop 15 不具合 6,