"Error reading credential file from environment variable GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS, value '/path/to/google-speech-API-key': File does not exist". Google Cloud Vision APIはGoogle Cloud Platformが提供する機械学習サービスの1つです。 公式での説明は以下のように説明されています。 Google Cloud の Vision API は REST API や RPC API を使用して強力な事前トレーニング済みの機械学習モデルを提供します。 get_application_default 7 8 compute = build ('compute', 'v1', credentials = credentials) 9 project = 'プロジェクトID' 10 zone = 'ゾーン名' 11 12 print compute. So then I ran this command "gcloud auth application-default login" to actually set the default key. I got the below warning. アクセス制御は、Google Cloud プロジェクトのサービスとリソースにアクセスする権限を持つユーザーを決定します。App Engine には、アクセス制御の設定に関していくつかの個別のユースケースがあります。, Cloud プロジェクトへのアクセス権をチームメンバーに付与し、サービスをセットアップしてアプリをデプロイできるようにします。, Cloud Storage などの Google Cloud サービスへのアクセス権をアプリに付与する。すべてのクラウド サービスでは、App Engine アプリからの呼び出しを含むすべての API 呼び出しに対して認証と承認が必要です。, Cloud プロジェクトのリソースへのアクセス権をユーザーに付与する。このユースケースは一般的ではないですが、アプリがユーザーの代わりに Cloud リソースへのアクセスをリクエストする必要がある場合もあります。たとえば、アプリはユーザーに属するデータにアクセスする必要がある場合があります。, Google Cloud Platform がアクセス制御を処理する方法に関する背景情報については、Identity and Access Management(IAM)の概要をご覧ください。, 開発者に Cloud プロジェクトへのアクセス権を付与するには、次のいずれかまたは両方を作成します。, Google アカウントに関連付けられており、プロジェクトの特定の個人を表すためのユーザー アカウント。, 個人ではなくアプリケーションまたはプロセスを表すためのサービス アカウント。特に複数のデベロッパーがこれらのプロセスを実行できる場合は、自動化されたビルド、テスト、デプロイ プロセスでサービス アカウントを使用します。, [プロジェクトを選択] をクリックし、プロジェクトを選択して [開く] をクリックします。, ユーザーが他のクラウド サービスにもアクセスする必要がある場合は、他のクラウド サービスへのアクセス権を付与する役割を選択します。, これでユーザーは、Google Cloud Console にログインし、Cloud SDK ツールを認証できるようになります。, gcloud、REST API、またはクライアント ライブラリからユーザー アカウントを作成することもできます。, サービス アカウントが他の Cloud サービスにもアクセスする必要がある場合は、他の Cloud サービスへのアクセス権を付与する役割を選択します。, 必要に応じて、サービス アカウントを管理できるユーザー アカウントを指定します。サービス アカウントを使用して、サービス アカウントからアクセス可能なすべてのリソースに間接的にアクセスできるユーザー アカウントを指定することもできます。, [+Create key] をクリックし、プロンプトに従って JSON キーをダウンロードします。秘密鍵は紛失しても復元できないため、このファイルは大切に保管しておいてください。, App Engine アプリから Cloud Storage などの他の Cloud サービスへの呼び出しを含め、Cloud サービスへのすべての呼び出しを認証および承認する必要があります。, デフォルトでは、App Engine アプリから同じプロジェクト内のサービスへの呼び出しが許可されます。デフォルト フローの仕組みは次のとおりです。, このサービス アカウントは、App Engine アプリを作成するときに Google が作成し、GCP プロジェクト内のすべての Cloud サービスを管理および使用する権限をすべて付与します。, GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS 環境変数を設定します。この変数が設定されている場合、Cloud サービスはデフォルトのサービス アカウントの代わりに変数で指定された認証情報を使用します。, クラウド サービスの Client オブジェクトをインスタンスにするときに認証情報を指定します。たとえば、アプリが別のプロジェクトで Cloud サービスを呼び出す場合は、手動で認証情報を渡す必要があります。, コードで GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS 環境変数を設定するか認証情報を渡す場合は、次のいずれかの方法で認証情報を保存することをおすすめします。, アプリで別の Google サービスからユーザーデータを読み取るには、OAuth 2.0 for Web Server Google Cloud クライアント ライブラリは、GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS 環境変数を使用して、サービス アカウントの認証情報を自動的に検索して使用します。 デプロイ時、Cloud Functions では、任意の Key-Value ペアを設定できます。これらのペアは、ランタイムにコードからアクセスできるリテラル環境変数、または buildpack システムの構成情報として表示されます。環境変数は Cloud Functions のバックエンドに格納され、1 つの関数にバインドされます。また、バインドされている関数と同じライフサイクルが適用されます。, ランタイム環境変数は、関数と一緒にデプロイされる Key-Value ペアです。これらの変数のスコープは関数で、プロジェクトの他の関数からは参照できません。ランタイム環境変数を追加または削除するには、gcloud コマンドライン ツールか Cloud Console UI を使用します。, このセクションで説明する方法を使用して、新しい変数を設定するか、既存の変数を完全に置き換えます。追加的に変更するには、次のセクションで説明する更新プロセス(gcloud の --update-env-vars フラグ)を使用します。, gcloud コマンドライン ツールを使用してランタイム環境変数を設定するには、デプロイ時に --set-env-vars フラグを使用します。, ソース管理などで構成をファイルに保存する場合は、YAML ファイルと一緒に --env-vars-file フラグを使用します。, 上記例の FLAGS... は、関数のデプロイ時に渡す他のオプションを表します。deploy コマンドの詳細については、gcloud functions deploy をご覧ください。, ランタイム環境変数は、関数の作成時に、Cloud Console で次のように設定できます。, [ランタイム環境] セクションで、[変数を追加] をクリックして名前と値を追加します。, 既存の関数のランタイム環境変数を更新することもできます。これは、ランタイム環境変数を削除せずに変更や追加を行う、非破壊的な方法です。, gcloud コマンドライン ツールを使用して変数を更新するには、デプロイ時に --update-env-vars フラグを使用します。, カンマ区切りのリストを使用して、複数のランタイム環境変数を更新することもできます。, Cloud Console を使用してランタイム環境変数を更新するには、次のようにします。, ランタイム環境変数を個別に削除する場合は、デプロイ時に --remove-env-vars フラグを使用します。, あるいは、--clear-env-vars フラグを使用して、以前に設定した環境変数をすべてクリアします。, Cloud Console を使用してランタイム環境変数を削除するには、次のようにします。, [ランタイム環境変数] セクションで、Key-Value ペアの横にあるごみ箱アイコンをクリックして削除します。, 次のランタイム環境変数は、Node.js 6、Node.js 8、Python 3.7、Go 1.11 のランタイムに自動的に設定されています。その他すべての Cloud Functions ランタイムは、Node.js 10 以降のランタイムで説明されているように、より限定された一連の環境変数を使用します。, Node.js 10 ランタイムで自動的に設定される環境変数は、Cloud Functions でサポートされている以前のランタイムよりも少なくなっています。前のセクションで説明したものを除くすべての言語とランタイムで使用される定義済み環境変数は、より制限されたものになります。, Node.js では、process.env プロパティを使用してランタイム環境変数にアクセスします。, Python では、os.environ を使用してランタイム環境変数にアクセスします。, Go では、os.Getenv() を使用してランタイム環境変数にアクセスします。, Java では、System.getenv を使用してランタイム環境変数にアクセスします。, このプロダクトまたは機能はプレリリース版の状態で、変更やサポート制限が行われる可能性があります。

夢占い カラス 西谷 5, 犬 漢方 皮膚 4, Gta5 ドリフト車 2019 8, バレッタ Mv 考察 4, Line おやすみ 翌日 5, Autocad 0画層 とは 5,