穴開け加工箇所が少なかったので、あっという間に作業は終了しました。 色々とチャレンジしています430MHz 7エレループアンテナ・144MHz HB9CV・ローテータ・分配器 他【Amaちゃん自作工房2】 jo7tcx局の記事 を見て、作ってみることにしました。 144mhzはエレメント長が1m位になり大型ですので、あまりエレメント数は多くできません。その点hb9cvだと少ないエレメントで利得を稼げるので、移動用には最適です。 • Feeding the Antenna can be done at the Director or at the Reflector. 144MHz 5エレ八木を改良. 1cm角の角アルミパイプ 1m 1本 @190 木板 投稿日 2013/12/09. M5のボルト、ナット、蝶ナット、ワッシャ、スプリングワッシャ等 衛星通信用に2エレか3エレのアンテナが欲しいのですが、さらっと作ったmoxonアンテナが今一で、hb9cvにしてみることにしました。mmanaでの計算結果は以下です。衛星通信用のアンテナは145mhzと435mhzがセットなので、それはまた出来上がった時点で、別の欄に載せます。 これでF/B比にややウエイトを置いて、最適化させました。 サイド方向が切れないのは不問とします。 衛星通信用に2エレか3エレのアンテナが欲しいのですが、さらっと作ったmoxonアンテナが今一で、hb9cvにしてみることにしました。mmanaでの計算結果は以下です。衛星通信用のアンテナは145mhzと435mhzがセットなので、それはまた出来上がった時点で、別の欄に載せます。 このくらいの大きさのアンテナ作りやすくていいですね。 Frequency [MHz] λ [mm] Length L1 (Dir.) エレメント | 2010年 全市全郡コンテスト », 移動用の簡易に組み立ての出来る144MHz用の1波長ヘンテナを作ってみました。50MHz用に作成した1波長ヘンテナのMMANAのデータをスケールダウンしてワイヤーの部分を6ミリ径のアルミパイプに替えて再設計。下がその全景です。 全市全郡コンテストでいきなり本番で利用してみました。, 軽量・コンパクトで適当な8の字指向性で山からのコンテストにはアンテナをあまり回さずに済むのでFBです。今回は裾野市に移動しましたが、1エリアに向ければ2・3エリアにもビームが出るという目論見です。 今回は垂直編波なので横長のループになります。MMANAでシミュレーションした結果は以下のようになっています。, ダウンロード HENTENNA_1WL_for_2m_pipe.maa (0.8K) 製作の過程をデジカメで写しておきましたのでご紹介します。, エレメントの材料は6mの5エレの修復で余った6ミリ径のアルミパイプで”まし”な物をリサイクル。給電部がマストと平行になるので構造的にも電気的にも微妙な状態になります。とりあえず形にする事を優先して塩ビパイプ、T型の継ぎ手、塩ビ管の径に合うフック型の金具とUボルトをDIYショップで購入してきました。, こんな風に組み立ててみました。6ミリ径のパイプをサポートする9ミリ径のアルミパイプを270mmに切り中央に下穴をあけてT継ぎ手に貫通。IV線の終端に見えるビスで9ミリのアルミパイプとT継ぎ手を機械的に固定し、給電線との電気的接続にも利用しています。パイプの先端に青く見える部分は凸のマジックテープが張ってあります。6ミリ径のパイプにも凸を少し貼っておき、凹のマジックテープを巻いて簡易に止める仕様にしました。, ショートバーにはIV線と目玉クリップを半田付けしてスライド可能にしています。 室内でのアンテナアナライザーによる調整はショートバーを設計値から少し内側に入った所でバッチリディップ。解体して翌日のコンテストに持っていく事にしました。 現地では大雨の降る中、えるベースに付けた5mの伸縮ポールに設置。手の届く高さでアンテナアナライザーでマッチング状況を見てみると室内のポイントからSWRの底が10MHzも下がってしまっている。 周波数を上げるためにショートバーを給電部に近づけるとループ長が1波長くらいになってしまい、これではヘンテナ動作にならない。 雨が接続部に入っている状況もあるので、マジックテープの接続を疑ってアルミテープに変更しました。 とりあえず時間切れということで自宅で一番良かった位置に戻してポールをフルアップ。RIGに接続しSWR計を見てみるとなんと1:1.3以下で十分利用可能になっている... 信号を受信しながらモービルホイップと切り替えてみると明らかにゲインが有る。Sの読みで2から3向上。 サイドはしっかり切れている。設計上のパターンを感じる事が出来ました。 コンテストでは限られた時間ながら51局とQSO。調整についてはまだ確認が必要です。 雨の影響か?アルミポールと給電部が20mmくらいの距離を平行に走る為か?はたまたアンテナアナライザーを含む計測系の問題か?, イイ感じではあるのでそのうち天気の良い時に追試験をしたいと思います。--------------------------------------------------------------------, JM6JJA-OM コメントありがとうございます。 同軸ケーブル 今回は手持ちの関係で5D-2Vを使用 3D-2Vでもよいかと思います この状態から現地で組み立てるには10分くらいかかるかと思います。 今回の改良版5エレ   11.41   23.41    9.6, ブームは以前作った6エレ八木のアルミ角パイプ (20mm×20mm×2000mm) を流用しました。 ネジ、ナット類, 材料はホームセンターで手に入ります。 ブーム長が2m以上になるので不採用としました。, さらに、同じ条件で過去使ってきたアンテナと比較してみると、このようになります。 エレメント取付け部(ヘアピンマッチと木板) また広帯域化を図るため、設定条件でBand Settingも144.00〜145.00MHzとしました。 この状態で構造的に頑丈になります。, 接続部はこんな感じでねじ止めしています。 三年近く144MHzの5エレ八木を使ってきました。 過去の記事:144MHz 5エレ八木の製作 このアンテナでも、それなりに電波は飛んでくれていましたし、コンテストでも入賞することができました。 3mmφ真鍮棒 1m 3本 @240 エレメント以外はナットで強く締め付けています。 厳密にはミリ単位で誤差があります。, 結構ラフに作ったのでSWRが高いかと思っていましたら、最初から1.5以内に収まっていたので、 このアンテナはコンテストの前日にDIYショップに行って部品を集めて作った即席アンテナです。 Mコネクタ またはBNCコネクタ  過去の記事:144MHz 5エレ八木の製作 フロントゲインはほとんど変わっていないので、仕方ないことかもしれません。 ただ、以前の5エレ八木と比べて良くなったかというと、さほど実感はできませんでした。 トップページ « 移動用6m 自作5エレ八木(FWスペシャル)修復 | 山岳移動用ですので、カメラ用の三脚にセットして使えるようにしています。, 同軸をしばりつけたブーム(アルミ角パイプ) . [mm] Length L2 (Refl.) 圧着端子(M5のボルトが入るもの) 第3ディレクタに2X209AのD6/D7(無色)を使うことで、割と良い結果が得られました。, サイドローブが大きく出ていますが、アンテナの向きをほぼ固定で使いますので、 移動用の簡易に組み立ての出来る144mhz用の1波長ヘンテナを作ってみました。 50mhz用に作成した1波長ヘンテナのMMANAのデータをスケールダウンしてワイヤーの部分を6ミリ径のアルミパイプに替えて再設計。 下がその全景です。 後日、真鍮棒を購入して、改めて追い込んでみるつもりです。, 非常にコンパクトで頑丈に作れました。 HB9CV.php 7177 Bytes 12-02-2018 11:22:58 HB9CV Antenna Calculator. [mm] Length L3 [mm] Length L4 [mm] Length L5 [mm] Boom Diam. ヘアピンマッチの曲げ方や、クロスバーの寸法など。 目標の給電点のインピーダンスは、これまで作ってきた6エレ八木や5エレ八木と同じ、約26Ωとしました。, 色々試してみて、第1ディレクタに2X209AのD2(赤)を、第2ディレクタに2X209AのD3(橙)を、 以前430MHzのアンテナを12エレ(ブーム長2m)から8エレ(ブーム長1m)へと 小型化しましたが、特に飛びが悪くなったとは感じませんでした。 144MHzも同じ考えで、アンテナを回さないのであれば、ビームパターンが Copyright (C) 2007 - 2020 Kumagoro & JF1VRR All Rights Reserved. では、来シーズンでも6mでお会いできれば幸いです。, ダウンロード HENTENNA_1WL_for_2m_pipe.maa (0.8K), JA1AHPの功績:1957年10月 世界初人工衛星「スプートニク1号」の信号を自作機で受信, 沖縄県西表島移動運用予定(Irtiomote Is AS-024) 2019/04/26-5/6, AS-047 JR1LZK/6 & JE1HXZ/6 Minami Daito Island plan, JR1LZK/6 and JE1HXZ/6 worked from Yonaguni Is Yaeyama Okinawa. 144mhz 移動用hb9cv. )が結構やわらかいのが少し構造的に弱い要素ですが、全体的には十分頑丈にできました。, アンテナの全体像です。 今回は2m(144MHz)の5エレメント八木アンテナです。移動にも使えるように全長1.3mです。導波器エレメントを2本外せば助手席側の椅子を倒して同伴でき、移動運用もグンと楽しくなります。 以前に2m 7エレのスタックを山へ担ぎ上げましたが [mm] Radiator Diam. トップページ 144MHzはエレメント長が1m位になり大型ですので、あまりエレメント数は多くできません。その点HB9CVだと少ないエレメントで利得を稼げるので、移動用には最適です。, まだ実運用しておらず詳しいレポートはできませんので、今回は製作記として投稿しました。, エレメント等の接続部に、電気配線で使う圧着端子を使っていますが、この金属(銅+メッキ? しかし、F/B比があまり良くないのと、指向性パターンにも若干違和感があります。 ヘンテナの実験をどんどんお願いします。 少しでも改善できないものかと思い立ち、MMANAを使って検討してみました。, MMANAの最適化 (Optimization) 機能を駆使して、設計し直しました。 またお空でお会いするのを楽しみにしています!, こんばんは、久しぶりにブログを拝見いたしました。 ダイヤモンド5エレ八木  9.43   17.65    9.8 クロスバー(クロス部で接触しないように絶縁チューブを一方にかぶせる)             Ga(dB)  F/B(dB)  Elev(°)  今回も2X209Aのエレメントをそのまま流用するので、エレメント長は変えずに、エレメント間隔だけで調整します。 エレメント間隔をもう少し広げたりしたら、もっとサイドローブを小さくすることができましたが、 追々コンテストなどで感触が掴めるのではないかと思います。, メールアドレス: ハムフェアで購入したJA1CPさん作成の2m用のHB9CVアンテナを9月18日の歌垣山運用で使用してみました。先日の受信テストではなかなか良い感触でしたが実際に交信してみるとやはり非常に扱い易い良いアンテナです。最初はCWでCQ出してみましたが、あまり交信できなかったのでSSBに切り替え … 絶縁チューブ 5cmほど 透明ABS丸パイプ 1m 3mmφの棒がちょうど入ります 今回の5エレ八木で使わないネジ穴は、組み立て間違い防止のため、テープを巻いて目隠しをしました。 2エレメントのヘアピンマッチHB9CVです。 このアンテナでも、それなりに電波は飛んでくれていましたし、コンテストでも入賞することができました。 (ウェブ上には掲載しません), ようやく「1.9 MHz 帯に J3E、J3F、A3E の型式を追加」の変更が完了, デジタルモード用インターフェース Ver.3 (絶縁型) の製作 (その3 完成). 組み立てた状態では、こんな感じです。, シミュレーション結果の寸法でそのまま組み立てましたが、非常に良い結果が得られました。 2X209A改造5エレ 11.01   18.14    9.6 [mm] Spacing [mm] Notes: • Spacing is the Distance from the Boom to the 'Gamma-Match'. 144mhz用のアンテナがモビホしかないので移動運用に使えそうなhb9cvを作ってみました。寸法をカットアンドトライしたくないので、ネットで検索してみました。こちらの記事を参考にしました。取り付け用に反射器側のブームを延ばしておいたらトンボみたいな形になりました。 手持ちのSWR計では、反射電力の針が殆ど振れません。, 飛びを試そうと、SSBで電波を出して何局かの方とQSOをしました。 ほとんど組み立てておいて、エレメントだけ寝かせてブームと並行にしておけば、現地では三脚への取付けとエレメントを立てる作業だけですので2,3分で完成します。, クロスバーを取り付け、ナットで強く固定します。 JA1CP's超軽量 144MHz 2ele HB9CVアンテナ * 無断転載は厳禁です。 ・写真をクリックすると大サイズで表示します。 これを持って近くの山でQSOパーティーに出てみたいと思います。, 結構ラフに作ったのでSWRが高いかと思っていましたら、最初から1.5以内に収まっていたので、, 本サイトの文章や写真などには、一部の引用を除いてすべてに著作権が設定されています。. エレメントは蝶ナットで取り付けていますので角度調整等が簡単です。, きっちりと寸法図通りに作るのは難しいです。 2mの1λヘンテナを拝見して、一昔を懐かしんでおりました。ありがとうございます。 « 2017/3/11〜3/12のQSO | 束線バンド, ばらしたまま、まとめるとこんな感じになります。 144.00〜146.00MHzまで、VSWRは1.1以下です。 この程度の再現性はあるようです。 144MHz 146MHz バンド内SWR1.1以下です。 2m用のアンテナはRadixの移動用3エレ(重量600g)を持っていますが、移動運用する際はいろんなバンドに出ることが多いので一つのバンドの為だけに600gはチト重いかなと思いあまり使っていませんでした。 | 2017/3/18〜3/20のQSO », 三年近く144MHzの5エレ八木を使ってきました。 2X209A改造6エレ 11.74   19.46    9.5 微調整で追い込みました。, 調整は各エレメントのカットで行いましたが、ちょっと切りすぎたようで、高い方ほど低くなってしまいました。, SWR1を測定し、一度ばらして再度組み立ててSWR2を測定してみました。 .

Access 検索フォーム 複数条件 Vba 8, オーデリック 赤 点滅 7, あつ森 しずえ 相談 11, 隙間収納 10cm カインズ 11, Echo Show 5 ペア リング 5, Gta5 オーバーコートブレザー 着れ ない 18, ウシジマくん 高田 死亡 34, Nhk 衛星契約 分波器ない 4, 黒い砂漠 サブキャラ おすすめ 職 6,