enable_page_level_ads: true ○現時点でラインナップ最強。 ○為替ヘッジ無の低コスト純金ファンドがある。 確定拠出年金であるiDeCo(イデコ)で、銘柄(投資信託)を選ぶのであれば、対象の金融機関選びは重要です。 個人型確定拠出年金、通称iDeCo(イデコ)は同時に1つの金融機関でしか利用することができません。, それは国民年金基金連合会や信託銀行に支払う手数料で、iDeCo開始時に2,777円、掛金を拠出するごとに毎月167円発生します。, しかし金融機関によっては、上記とは別に手数料を徴収されてしまう場合があります。初期費用はともかく毎月の口座維持手数料は、長期投資では無視できないコストです。, 上記費用を除けば手数料を一切徴収しない金融機関もあるため、その中から選んでいきたいところです。, iDeCoでは投資信託及び元本保証商品の中から投資商品を選んで運用していくことになりますが、1つの金融機関(またはプラン)における商品本数は35本までと決められています。, そのためiDeCoに加入する際は、自分の希望に合った商品があるかを確認する必要があります。, ようするに手数料が安くラインナップがよい金融機関を選べばよいことになりますが、下記の主要ネット証券では両方の要素を満たしています。, 上記4種は手数料が最低限(=金融機関取り分なし)となっており、ラインナップだけで見ても上位4社といえる内容です。, 手数料が安いところほどラインナップが良いという不思議な状況なので、よほど特殊な運用方針がない限りiDeCoの金融機関はこの4択といっても過言ではありません。, iDeCoではポイント還元サービス等による差が出ないため、どれを選んでも十分すぎる運用が可能になっていますが、今回はこの4つを比較していきたいと思います。. 例えば楽天証券・SBI証券・マネックス証券は運営管理手数料が無料です。そして、他の金融機関から移換する場合は手数料がかかりません。ただ、他の金融機関に移換する場合は4000円+税金払うことになります。 楽天証券でつみたてNISAとiDeCoを選んだ理由 Copyright© 経験知 , 2020 All Rights Reserved. ×現時点では中途半端な立ち位置。, まずは信託報酬最安値ファンドが選べないというデメリットを考慮して、楽天証券を選ぶかどうかを決めると分かりやすいと思います。, 選ばない場合は残りの3社を比較していくことになりますが、現時点で大体の人にとって十分すぎる内容になっており、どれを選んでもあまり変わらないような状況になりつつあります。, ただし後から金融機関を変更したい場合は移管手数料が必要になったり一時的に現金化されてしまう等のデメリットがあるので、慎重に選んでいくようにしましょう。.