PostgreSQLが、入力パラメータのみが関数の呼び出しシグネチャを定義するとみなしているためです。 plpgsql で SELECT 文を発行して、その結果を変数に代入したいときは、SELECT INTO 構文を使用する。 CREATRE OR REPLACE FUNCTION test() RETURNS int AS ' DECLARE ct int; BEGIN SELECT INTO ct count(*) FROM table; return ct; END ' language 'plpgsql'; しかし、独立した複合型定義に悩まされることがなくなり、便利であるともいえます。, SQLから関数を呼び出す時、出力パラメータが呼び出し側の引数リストに含まれないことに注意してください。 型キャストがないと、以下のようなエラーが発生します。, 固定の戻り値型で多様引数を持つことは許されますが、逆は許されません。 ("最初の行"とはORDER BYを使用しないと定義できないことに注意してください。) しかし、変更後にコンパイルした関数にだけ有効です。 以下に例を示します。, NULLの可能性のある値を処理するのであれば、通常quote_literalの代わりにquote_nullableを使用しなければなりません。, いつものように、問い合わせの中のNULL値は意図しない結果を確実にもたらさないよう配慮をしなければなりません。 ただし、ループ本体内の他種類の文を実行することによって、変更されるかもしれません。, RETURN QUERYとRETURN QUERY EXECUTE文は、問い合わせが行を1つでも返せば真、行が返されなければ偽を設定します。, 他のPL/pgSQL文はFOUNDの状態を変更しません。 しかしこの列の別名はこの関数外からは可視ではありません。 将来のバージョンでPL/pgSQLのパーサがより厳格になる場合に備えて、この習慣に従うことを推奨します。, INTO句においてSTRICTが指定されない場合、targetは問い合わせが返す最初の行となり、行を返さない時はNULLとなります。 plpgsql.print_strict_paramsを指定することにより、全ての関数のprint_strict_params設定を変更できます。 上記の例で、newvalueまたはkeyvalueがNULLの場合、動的問合せ文字列全体がNULLとなり、EXECUTEからのエラーを導きます。 以下の例において、関数内部でその引数を$1と$2としてアクセスしていることに注意してください。, 以下にもう少し役に立つ関数を示します。 したがって、その結果はresultではなく、oneというラベルで表示されています。, 基本型を引数として取る、SQL関数を定義することはほとんどの場合簡単です。 つまり、$1は第1引数を示し、$2は第2引数のようになります。 これについては次節で説明します。, SQL関数がSETOF sometypeを返すよう宣言されている場合、関数の最後の問い合わせは最後まで実行され、各出力行は結果集合の要素として返されます。, この機能は通常、関数をFROM句内で呼び出す時に使用されます。 文字列定数を単一引用符で括る通常の構文では、関数本体中で使用される単一引用符(')とバックスラッシュ(\)(エスケープ文字列構文を仮定)を、通常はこの文字を二重にしなければなりません(項4.1.2.1を参照)。, SQL関数の引数は関数本体内で$nという構文を用いて表すことができます。 NULLを通常のキーの値と同じように動作させたい場合、上記を、以下のように書き換えなければなりません。, (現時点では、IS NOT DISTINCT FROMは=よりもより効率性が少なく扱われますので、必要に迫られた場合以外は行わないようにしてください。 quote_nullable関数を使用することで、この問題を回避することができます。 以下のように、特殊なFOUND変数(項40.5.5を参照してください)を調べて、行が返されたかどうかを検査することができます。, STRICTオプションが指定された場合、問い合わせは正確に1行を返さなければなりません。 一方、PL/pgSQLはその他に一般的な計画を作成し、再使用に備えキャッシュします。 問い合わせ自身によって生成する各行に対し、集合を返す関数が呼び出され、関数の結果集合の各要素に対して出力行が生成されます。 少なくとも、この関数定義に一致しません。 等号(=)がPL/SQLにおける代入記号(:=)の代わりに使用できます。, 式の結果データ型が変数のデータ型に一致しない場合、または、変数が(char(20)のように)特定の大きさ/精度を持つ場合、結果の値は PL/pgSQLインタプリタによって、結果の型の出力関数と変数の型の入力関数を使用して暗黙的に変換されます。 (上で行ったように列に名前を付けても、システムは認識しません)。, 複合型定義と一致するように式を型キャストしなければなりません。 GET DIAGNOSTICSでは、代入記号(:=)が標準SQLにおける等号(=)の代わりに使用できます。, コマンドの効果を判断する2番目の方法は、FOUNDというboolean型の特殊な変数を検査することです。 引数が複合型の場合、$1.nameのようなドット表記を用いて引数の属性にアクセスすることができます。 1行も返されない時、NULL がINTO変数に代入されます。 さもなくば、以下のようなエラーとなります。, ここで、正しい複合型の単一の列を単に返すSELECTを記述しました。 デフォルト値は、関数が実際の引数の数に足りない数の引数で呼び出された場合に挿入されます。 2行目以降の行の結果は、全て破棄されます。 複数の行が返された時、最初の行だけがINTO変数に代入されます。 なぜなら、どの1行を返すか決定するORDER BYのようなオプションが存在しないからです。, print_strict_paramsが関数に利用可能であり、かつ要求がSTRICTでないためにエラーが発生した場合、エラーメッセージのSTRICT部分は問い合わせに渡したパラメータに関する情報を含みます。 この方式はデータの値をテキストとしてコマンド文字列の中に挿入する際、よく好まれます。 例えば、上記で定義されたdouble_salary(emp)を使用して、次のように記述することができます。, これを利用するアプリケーションは、double_salaryが実際にはテーブルの列ではないことを直接気にする必要はありません 括弧なしで行おうとすると、以下のような結果になります。, また、関数表記を使用して属性を抽出することもできます。 以下に例を示します。, 項34.4.1で示したadd_em版と基本的な違いはありません。 したがって、テキストの内容を把握していない時は、安全にテキストを引用符付けするために、quote_literal、quote_nullable、またはquote_ident関数を適切に使用しなければなりません。, 動的 SQL 文はformat関数を使用しても安全に作成できます(項9.4参照)。 これらの種類の文として認められないものは全て、SQLコマンドであると仮定され、項40.5.2および項40.5.3において記述したように、メインデータベースエンジンに送信され実行されます。, 上述した通り、このような文中にある式は、メインデータベースエンジンに送信されるSELECT SQLコマンドによって評価されます。 PL/pgSQLが通常行うコマンドの計画のキャッシュは(項40.10.2で述べたように)このような状況では動作しません。 レコード変数が対象の場合は、問い合わせ結果の列の行型に自身を自動的に設定します。, INTO句はSQLコマンドのほとんど任意の場所に記述することができます。 ただし、この機能は現在では推奨されておらず、今後のリリースでは削除される可能性があります。 簡単に説明すると、attribute(table)とtable.attributeという表記方法のどちらでも使用できるということです。, ティップ: 関数表記と属性表記の同等性によって、"計算処理されたフィールド"を模擬するために複合型に対する関数を使用することができます。 例えば、関数の呼び出しにおいて、副次的な成果を取得できるが、結果は無用である場合です。 これは銀行口座からの引き落としに使用できます。, 以下のように、ユーザはこの関数を使用して、口座番号17から100ドルを引き出すことが可能です。, 実際には、関数の結果を定数1よりもわかりやすい形にするために、以下のように定義するとよいでしょう。, これは残高を調整し、更新後の残高を返します。同じことがRETURNINGを使用して1つのコマンドで行えます。, 関数の引数に複合型を記述した場合、(これまで行っていた$1と$2のように)必要な引数だけを指定するだけではなく、必要とする引数の属性(フィールド)も指定する必要があります。 以下に示すdouble_salary関数は、該当する従業員の給料を倍増させます。, $1.salaryという構文を使用して、引数の行値の1フィールドを選択していることに注目してください。 詳細は後で説明します。, SQL関数の本体は、セミコロンで区切ったSQL文のリストでなければなりません。最後の文の後のセミコロンは省略可能です。関数がvoidを返すものと宣言されていない限り、最後の文はSELECT、またはRETURNING句を持つINSERT、UPDATE、またはDELETEでなければなりません。, SQL言語で作成された、任意のコマンド群はまとめて、関数として定義することができます。 その他にも、何か動作をさせるが、有用な値を返さないSQL関数を定義したいのであれば、voidを返すものと定義することで実現可能です。 例えば、以下のようにして関数に渡すデータを調整することができます。, 複合型を返す関数を作成することも可能です。 (複数行の結果のうちの"最初の行"は、ORDER BYを使用しない限り定義付けることができないことを覚えておいてください)。 この例を次のように記述するのは非常に悪い考えです。, なぜなら、newvalueの内容がたまたま$$を含む時は、途中で次の処理へ移ってしまうからです。 重要な差異として、EXECUTEが現在のパラメータ値に特化した計画を生成し、コマンドを実行する度に計画を再作成することです。 さもないと、実行時エラーが発生します。 エラーを捕捉したい時は、例外ブロックを使用できます。 以下に例を示します。. たとえば、以下の関数はempテーブルから負の給料となっている行を削除します。, CREATE FUNCTIONコマンドの構文では、関数本体は文字列定数として作成される必要があります。 しかしPL/pgSQLでは無記述の文が許可されています。. 出力パラメータが1つしか存在しない場合は、recordではなく、そのパラメータの型を記述してください。, 現在、集合を返す関数は問い合わせの選択リスト内でも呼び出すことができます。 その動作は、NULL引数付きで呼び出された場合に文字列NULLを返すことを除いてquote_literalと同一です。 以下のように、それぞれの文の種類によって設定が変更されます。, SELECT INTO文は、行が代入された場合は真、返されなかった場合は偽をFOUNDに設定します。, PERFORM文は、1つ以上の行が生成(破棄)された場合は真、まったく生成されなかった場合は偽をFOUNDに設定します。, UPDATE、INSERT、およびDELETE文は、少なくとも1行が影響を受けた場合は真、まったく影響を受けなかった場合は偽をFOUNDに設定します。, FETCH文は、行が返された場合は真、まったく返されなかった場合は偽をFOUNDに設定します。, MOVE文は、カーソルの移動が成功した場合は真、失敗した場合は偽をFOUNDに設定します。, FOR文またはFOREACH文は、1回以上繰り返しが行われた場合は真、行われなかった場合は偽をFOUNDに設定します。 さもないと、unknown型として扱われてしまうため、無効なunknownの配列を返そうとしてしまいます。 このように作動するのは、RETURNINGを伴ったINSERT/UPDATE/DELETEとSELECTおよび行セットの結果を返すユーティリティコマンド(例えば、EXPLAIN)です。 なお、INTO句を有する時は例外であり、次節で説明します。, (多分、複数列の)1行を返すSQLコマンドの結果は、レコード変数、行型の変数、スカラ変数のリストに代入することができます。 以下に単一のemp行を返す関数の例を示します。, ここでは、各属性を定数で指定していますが、この定数を何らかの演算に置き換えることもできます。, 問い合わせにおける選択リストの順番は、複合型と関連したテーブル内で現れる列の順番と正確に一致する必要があります SELECT問い合わせ以外に、データ変更用の問い合わせ(つまり、INSERT、UPDATE、DELETE)やその他のSQLコマンドを含めることができます。 これは以前に述べた式に関する処理と同じです。 もし関数の最後のコマンドがRETURNINGを持つINSERT、UPDATE、またはDELETEである場合、関数がSETOF付きで宣言されていない、または呼び出す問い合わせが全ての結果行を取り出さなくても、そのコマンドは完了まで実行されます。 RETURNING句で生成される余分のどんな行でも警告無しに削除されますが、コマンド対象のテーブルの変更はそれでも起こります(そして、関数から戻る前にすべて完了します)。, 集合を返すものとして関数を宣言するには、他にも方法があります。 (変数が行変数またはレコード変数の場合は行値となるかもしれません)。 上の関数は、次のいずれかの方法で削除することができます。, パラメータには、IN (デフォルト)、OUT、INOUT、またはVARIADICという印を付与できます。 以下に例を示します。, と同じ最終結果になります。 もしくは、以下に説明するパラメータを使用することもできます。, また、EXECUTEを介して実行されるコマンド計画をキャッシュすることはありません。 これらの記号はUSINGで与えられる値を参照します。 これは、listchildrenがこの入力に対して空の集合を返すため出力行が生成されないからです。, 注意: 最初の方法は以下のような形式のGET DIAGNOSTICSを使用する方法です。, このコマンドによってシステムステータスインジケータを取り出すことができます。 必要な変数の値はすべてコマンド文字列を作成する時に埋め込まなければなりません。 式は1つの値を生成しなければなりません これはSETOFを指定しなかったためです。 この種の問題を扱うために、以下のEXECUTE文が用意されています。, ここで、command-stringは実行されるコマンドを含む(text型の)文字列を生成する式です。 これは本来ならばあまり良い解法とは言えませんが、例えば、必要な複合値を返す他の関数を呼び出して結果を計算しなければならない場合など、便利な解法になることがあります。, SQL式で行(複合型)を返す関数を呼び出す時に、その結果から1つのフィールド(属性)のみを使用したいという場合があります。 key word DEFAULT, 全てのSQL関数は問い合わせのFROM句で使用できますが、複合型を返す関数に特に便利です。 以下に例を示します。, STRICTを指定したコマンドが成功すると、FOUND変数は常に真に設定されます。, STRICTが指定されない場合でも、RETURNINGを伴ったINSERT/UPDATE/DELETEが2行以上を返した時は、エラーとなります。 別の方法として、テーブル行は以下のようにテーブル名だけを使用して参照することができます。, その場で複合型の引数値を作成することが便利な場合があります。 34.4.3. 出力パラメータを持つSQL 関数. 関数が複合型を返すよう定義されている場合、テーブル関数は複合型の列のそれぞれに対して1つの列を作成します。, 例からわかる通り、関数の結果の列を通常のテーブルの列と同じように扱うことができます。, この関数の結果得られたのは1行のみであることに注意してください。 位置表記は、 PostgreSQL の引数を関数に渡す伝統的な仕組みです。 例を挙げます。 SELECT concat_lower_or_upper('Hello', 'World', true); concat_lower_or_upper ----- HELLO WORLD (1 row) すべての引数を順番通りに指定します。

コン ユ Sns 20, 韮崎sc 選手 一覧 8, ブンブブーン 動画 2020 7, ドナ 秘書 戻る 13, プラレール レール 洗浄 4, 紫陽花 挿し木 葉が枯れる 6, Quatro A 株価 13, エッセンシャル フラット 診断 4, 嵐 ボヤージュ 8話 5, Autocad ポリライン 太さ 5,