|   Premiere Proの動作が重いと感じるときに試すべき対処法を6つ+αでご紹介!快適に動画編集をするためにはパソコンのスペックは無視できませんが、スペックに申し分がないのに何故か重たい・・・という動画クリエイターの悩みを解決したいと思います。 premire pro 2019にて、プレビュー画面で素材を動かすとカクカクして重くなってしまうことに困ってい … Premiere Pro の編集画面のパネルの表示やワークスペースの表示がおかしい場合は、再びPremiere Pro を終了し、Profileフォルダ内の以下のフォルダーのフォルダー名も変更し、Premiere Pro を再起動して問題が再現するか確認します。 YouTube動画クリエイターのDAISUKE KOBAYASHIです。, ボクは動画編集はAdobe Premiere Proを使っているんですが、そのPremiere Proの動作がここ最近妙に重いし、なんだかパソコンも重いし、それに合わせてPremiere Pro自体に数箇所バグがおきてて、これはもう仕事に支障が出るレベルになってきました。, Googleで調べてみるも、ボクと同じ症状が出てトラブっている人は全く見つからず、これはもうAdobeの複雑なプログラムが絡み合ってボクのPremiere Proだけで変なバグを起こしているとしか思えませんでしたので、一日かけて修復しようと思い、やってみたところ無事に修復することが出来たのでここに紹介してみようと思います。, 詳しくはこちらの動画を観てもらうのが手っ取り早いのかなと思いますので、是非一度観ていただけたらと。13分ほどと長いことお話をしているので、何か作業しながら聴いてもらうと良いのかもしれません。, 要点としては、Premiere Proが重い時はキャッシュを削除してやると一気に軽くなります。, 「未使用のメディアキャッシュファイルを削除」を削除してやると簡単に削除出来ますので、Premiere Proを使っている頻繁に使っている場合はこれをこまめにやったほうがいいでしょうね。, これを削除してやったらなんと!かなりPremiere Proの動作が軽くなりました。, 環境設定で見直せることが実はいくつかあったりすると思うので、もしこれを行っていない人で、Premiere Proの動作がなんだか重い…と感じている方は一度やってみることをオススメします。, そしてもうひとつ。 結果、Premiere Proに変えた瞬間これらすべてが解消されました。 よく落ち、よく止まり、常に重い . Premiere Pro CC | ※多忙のためコメント欄は休止中, 免責事項&お願い: 当サイトで紹介する情報で何らかの損害・損益・問題が発生しても、ソフトの製作者及び当サイトは如何なる責任も負いません。ご利用はご自分の判断・責任の元お願い致します。また、当サイトの情報を著作権を侵害する目的でご使用になるのはおやめください。大切なデータのバックアップ, パソコン技術の向上を目的にご活用下さい。, Premiere Pro CCでMTSファイルだけ読み込めない/特定のファイルだけ読み込めない, (追記)「前例を見ない水準の攻撃」ランサムウェア「WannaCry (WanaCrypt0r 2.0)」自分用メモ, Windowsでネット動画が見れない、Flash が再生できない・作動しない場合の対処方法, mp4 to mp3 converter・・・・m4aやmp4を簡単にmp3に変換, Premiere Pro CC でプロジェクトパネルを消したら再表示できなくなった, Premiere Pro CC 2018 でAC3音声が出力できない → バグじゃなく仕様, Premiere Pro CC でMTS ファイルのプレビューが極端に重い場合の解決策, とにかくMTSファイルのプレビューが重い。エフェクトやフィルターを掛けない素の状態のMTSでもプレビューがカクつく。, メディアへの書き出しはスムーズに進む。プレビューより書き出しの方が10~20倍速い。, GH4などで撮影した4K動画は「解像度1/2」で実用範囲内のプレビューと編集が可能。, ビデオカードを交換 (RADEON R9 280X と NVIDIA GTX 1070) してみるが、どちらも同じ症状が出る, 動画・音声ファイルを保存しているストレージや、キャッシュを置いたストレージをデフラグしてみる, 既に「キャッシュは生成済み」という状態になっている、という場合でも、そこから5~6分ほどPCを放置しておくとプレビューが軽くなる。, タスクマネージャを開いてPCの状態をモニタリングしてみても、Premiere Pro CCが特に何かの処理をしているようには見えないが、PC放置だけで解消する場合があるので不思議。, Panasonic DMC-GM5 は SDXC (スピードクラス U3) には非対応。, GM5 + SDXC 128GB (スピードクラス U3) の組み合わせでも、とりあえず普通に撮影できている。Premiere Pro CCで問題が発生したファイルも、他ソフトでの再生は正常にできているように見える。, 動画ファイルに「RGBカーブ」もしくは「シャープ」を適用すると、プレビューが0.1FPSくらい。10秒に1コマくらいしかプレビューされない。, ただし、Lumetriカラーの「カーブ」や「シャープ」を利用した場合はプレビュー速度の低下は見られず、期待した速度でプレビューが可能。, RADEON R9 280X + Premiere Pro CC 2015 の組み合わせが相性が悪かった、もしくは RADEON R9 280X が故障していた。, Premiere Pro CC は、バージョン2015以降MTSファイルでキャッシュファイル「*.cfa」を作成しなくなった。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 関連ページ を繰り返し、互換性に疑いのあるコーデックをすべて無効にします。, 上記すべての操作を行っても問題が解決しない場合は、既知の問題として弊社サポートデータベースで文書が公開されていないか検索します。, サポートデータベース URL : https://helpx.adobe.com/jp/support.html#/top_products, また、以下の弊社ユーザーフォーラムにおいて、弊社製品を使用しているユーザーから同じような問題が報告されているかを参照することができます。別 のコンピューターでも同じ問題が確認できた場合、弊社テクニカルサポートにおいても、問題を再現し検証を行える可能性があります。, リーガルノーティス プライバシーポリシー, 使い方についての質問やCreator同士の情報交換ができます。気軽に質問してみましょう。, http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc732112.aspx, https://helpx.adobe.com/jp/support.html#/top_products, Premiere Pro における再生とパフォーマンスに関する問題のトラブルシューティング, Southeast Asia (Includes Indonesia, Malaysia, Philippines, Singapore, Thailand, and Vietnam) - English, الشرق الأوسط وشمال أفريقيا - اللغة العربية, 「キャプチャしたビデオ」と「キャプチャしたオーディオ」には、より転送速度の高速なドライブを指定してください。, 「オーディオプレビュー」と「プロジェクトの自動保存」には、必ずしも高速なドライブを指定する必要はありません。. プレビューが重い動画を読み込んだ状態のPremiere Pro CCを起動した状態で、PCをしばらく放置するだけでも問題が解消する場合がある。 既に「キャッシュは生成済み」という状態になっている、という場合でも、そこから5~6分ほどPCを放置しておくとプレビューが軽くなる。 Premiere Pro CC でプロジェクトパネルを消したら再表示できなくなったPremiere Pro CCで複数のプロジェクトファイルを同時に開く「Device Census 動作が停止しました」エラーが発生した時のメモPremiere Pro CC 2018 でAC3音声が出力できない → バグじゃなく仕様「Adobe QT32 Server.exe 動作が停止しました」を解決するPremiere Pro CC でMTS ファイルのプレビューが極端に重い場合の解決策Premiere Pro CCでMTSファイルだけ読み込めない/特定のファイルだけ読み込めない, 関連カテゴリ: この文書では、製品の調子が悪いときに最初に行っていただきたい簡単な対処方法をご紹介します。下記の対処方法で解決しない場合や、特定のエラーメッセージが表示される場合は別の解決方法の文書が用意されていることがあります。, Premiere Pro  2019 年 11 月(14.0)リリースの必要システム構成については、以下の文書を確認してください。, 旧バージョンの Premiere Pro の必要システム構成については、以下の文書を確認してください。, 環境設定ファイルの破損により、アプリケーションの動作が不安定になったり、エラーや強制終了が発生する可能性があります。以下の操作を行い、環境設定フォルダーを再作成してください。, C:\Users\<ユーザー名>\Documents\Adobe\Premiere Pro\<バージョン>\Profile-<ユーザー名>, Profileフォルダ内にある、「Adobe Premiere Pro Prefs」ファイルのファイル名を変更します。, Premiere Pro の編集画面のパネルの表示やワークスペースの表示がおかしい場合は、再びPremiere Pro を終了し、Profileフォルダ内の以下のフォルダーのフォルダー名も変更し、Premiere Pro を再起動して問題が再現するか確認します。, ユーザーアカウントの権限が不足している場合やアカウントの破損によって、必要なファイルおよびフォルダへの アクセスが妨げられることがあります。管理者権限のある新規ユーザーアカウントを作成するか、Windows の管理者アカウントである「Administrator」でコンピューターにログインし、問題を再現します。新規管理者アカウントまたは 「Administrator」アカウントでは問題が再現しない場合、既存のユーザーアカウントが破損しているか、アクセス許可が不足していることが原因 として考えられます。, ローカルの新規ユーザーアカウントを作成する方法については、以下の文書を参照するか、ネットワーク管理者にお問い合わせください。, Windows の初期設定では「Administrator」アカウントは無効にされています。「Administrator」アカウントを有効にしてログインする方法 については、システム管理者に問い合わせるか、以下の Microsoft 社 Web サイトを参照してください。, URL : http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc732112.aspx, ユーザーアカウント制御(UAC)機能を無効にして問題が解決するか確認します。ユーザーアカウント制御機能に関する詳細については、Microsoft 社 Web サイトを参照してください。, このセクションの手順を行うことによってユーザーアカウント制御(UAC)が無効になります。ユーザーアカ ウント制御は、システムに影響を及ぼす可能性のある予期しない動作が実行されるのを防ぐための機能です。ユーザーアカウント制御を無効にすることによっ て、これらの通知は無効にされます。ユーザーアカウント制御(UAC)に関する詳細については、Microsoft 社 Web サイトを参照してください。, 「ユーザーアカウントの変更」画面が表示されたら、「ユーザーアカウント制御設定の変更」をクリックします。, 「コンピューターに対する変更の通知を受け取るタイミングの選択」画面が表示されたら、スライダを下にドラッグして「通知しない」に設定します。, ビデオカード、その他周辺機器のデバイスドライバーは、アップデートすることによって互換性の問題や不具合が改善されることがあります。Windows の機能を使用してドライバーをアップデートする方法については、以下の Micorsoft 社 Web サイトを参照してください。, 通常デバイスドライバーは、ビデオカードやコンピューターの製造元 Web サイトから最新のアップデートが提供されています。詳細については、ご利用のビデオカードまたはコンピューターの製造元にお問い合わせください。, Premiere Pro は起動時にプラグインを読み込みます。サードパーティ製のプラグインをインストールしている場合、互換性の問題などにより Premiere Pro の動作に影響を及ぼす可能性があります。サードパーティ製プラグインを削除するか、またはデスクトップなどの場所に一時的に移動して、Premiere Pro が正常に動作するか確認してください。Premiere Pro のプラグインは、通常以下のフォルダー内にインストールされます。, C:\Program Files\Adobe\Adobe Premiere Pro<バージョン>\Plug-ins, 以下のフォルダーは Premiere Pro の初期設定でインストールされるフォルダーです。これらのフォルダーは移動・削除せずに残してください。, サードパーティ製プラグインのインストール先について、詳しくはプラグインの提供元にお問い合わせください。, 以下のページをご参照いただき、ドライブに蓄積されているメディアキャッシュファイルを削除します。, ハードディスクの空き領域が徐々に減っていく(Premiere Pro CC, Premiere Rush), 複数のハードディスクを内蔵しているコンピューターの場合は、スクラッチディスクの設定でメディアの種類ごとに保存場所を分散することにより、パフォーマンスが向上する可能性があります。, スクラッチディスクには継続的なアクセスが必要なため、ネットワークやリムーバブルメディアは指定しないでください。また、ファイルサイズに制限のある FAT32 パーティションを指定することも推奨しません。必ず NTFS パーティションを指定してください。なお、コンピューターに内蔵されているハードディスクが 1 台のみの場合は、初期設定のまま使用することを推奨します。, スクラッチディスクの設定に関する詳細については、Premiere Pro ヘルプ「スクラッチディスクの指定によるシステムパフォーマンスの改善」を参照してください。, 複数のコーデックがインストールさ れていることにより、これらがコンフリクトを起こして問題を引き起こす場合があります。サードパーティ製のコーデックを無効化、または削除することによって、コーデックのコンフリクトによる問題を解決することができます。コーデックを一時的に無効にするには、以下の操作を行います。, Windows レジストリには、コンピュータとアプリケーションのための重要な情報が含まれています。, レジストリの編集については、弊社ではサポートを行っておりませ ん。変更する前には、必ずレジストリのバックアップを作成してください。レジストリの詳細は、Windows のマニュアルを参照するか、Microsoft 社にお問い合わせください。, ファイル名を指定して実行ダイアログボックスが表示されたら、「名前」テキストボックスに「regedit」と入力し、「OK」をクリックします。, レジストリエディタが起動したら、左側のリストに表示されているフォルダを展開し、以下のレジストリキーに移動します。, HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Microsoft¥Windows NT¥CurrentVersion¥Drivers32, ビデオコーデックは通常「vidc」で始まり、オーディオコーデックは通常「.acm」という拡張子で終了します。また、ファイル名は常に コーデックの通称名と一致しているわけではありません(例えば、Cinepak は vidc.cvid のように表示されます)。, 文字列の編集ダイアログボックスで、「値のデータ」内のデータの最初にセミコロン(;)を追加してエントリを無効にします。, 手順 5. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); こんにちは。 ~ 7. 今回問題の出たGM5での撮影はこれに該当していて、1080 60i と 1080 60P両方を1枚のSDカードに撮影していた。当時何のために残したメモなのかすら覚えておらず、これを守らないとどういうトラブルが発生するのかすら思い出せないのだけど、念のためこのページにも記載。. Adobe Premiere Proが動かなくなった不具合を解決しました。 不具合症状は、素材をシーケンスに配置してもプレビューが表示されず、再生して確認することができなくなったことと、Premiere Proが正常終了しなくなったことです。 同じ症状の人の助けになればと思い解決方法の備忘録を残します。 Premiere Pro CC で「MTS ファイルのプレビューが極端に重い」という現象に何度かぶち当たり、解決(というか原因探し)に手間取ったのでメモ。, まずは一般的な解決方法 (手元のMTSファイルでは解決しなかったもの) を紹介し、続いて手元のPCで発生した「例外的な問題」の原因と対処方法を紹介しています。, CPU: Core i7 3930KGPU: Nvidia GTX 1070 (2016年8月までは R9 280X)Premiere Pro のバージョン: 2015 と 2017, MTSファイルのプレビューが0.1FPSくらいになり、マトモに編集できない。4K動画の編集では問題は起きないので、「スペック不足でMTSがプレビューできない」という訳ではない。, プレビューの設定変更で問題が解消しない場合はキャッシュの設定を確認し、必要に応じてキャッシュの削除を行う。, プレビューが重い動画を読み込んだ状態のPremiere Pro CCを起動した状態で、PCをしばらく放置するだけでも問題が解消する場合がある。, Premiere Pro CC 2014 を使うだけで、何故か MTS ファイルのプレビューはとてもスムーズになった。, ▲クリックで拡大Adobe CCのサブスクリプションは、過去バージョンの利用が可能。, どうやらPremiere Pro CC 2014 の場合、MTS ファイルにキャッシュファイル「*.cfa」が作成されるが、CC 2015 以降では「*.cfa」は作成されない感じ。, そして、Premiere Pro CC 2014で作成された*.cfa ファイルは 2015以降では利用されていないように見える。, 長尺撮影していない (MTSファイルが1個の) 場合であれば、MTSファイルをAVCHDフォルダの外に出せばCC 2015や2017を使った場合でも問題は解決した。, MTSファイルが4GBを超えて複数ファイルにまたがる場合でも、音ズレや音トビを気にしない場合であれば、「MTSファイルをAVCHDフォルダの外に出してMTSファイルを1個ずつPremiere Pro のタイムラインに登録する」という方法であれば問題は発生しなかった。, この問題が手元の環境で発生するようになって約1年、「あーでもない、こーでもない」と色々と試行錯誤しているうちに、「問題の発生する MTSファイル」と「問題の発生しないMTSファイル」がある事にようやく気が付いた。, 上に記載した「一般的な解決方法」では解決できなかった動画ファイルには、以下の共通点があった。, SDカードを変更しても 問題が解決しない事を確認した。そして、私のGM5は寿命が近いのかもしれない。, GM5は 2015年2月に購入してから、AVCHD Progressive の設定で「2~3時間の長時間撮影」を少なくとも18~20回は行っている。スチルの撮影枚数こそ少ないものの、撮影頻度や外に持ち出す機会も多く、その際もかなり乱暴にカバンに詰め込んでいた。, どこかしらのタイミング (恐らく昨年夏頃) から、M2TSファイルの録画に何らかの異変が発生している感じ。, GM5は、m43センサーをむりやり281gという小さなボディに詰め込んだ上に30分以上の動画撮影も可能にしたかなり無茶な製品なので、耐久性は低いのかもしれない。, RADEON R9 280X + Premiere Pro CC 2015 の組み合わせの時だけ、別の問題が発生する事にも気が付いた。, 私の場合、上記3つの問題が同時に発生していたため、原因の特定に時間がかかってしまっていたようです。, 1枚のSDカードで複数回の動画撮影をする場合、「撮影モード」と「画質設定」は、固定しておく。※撮影モード・・・・1080 30i とか 720 60Pとか選択する項目※画質設定・・・・SH、Sなどを選択する項目, GH1用もしくはGH2用に書いたメモなのだけど、どちらに向けて書いたのか不明。これを守らなかった場合、どういうトラブルが起きるのかも覚えていない。 【解決】Premiere Proのプレビュー画面がまともに動かない場合の対処法:お金のない人の趣味ブログblog.livedoor.jp Premiere Pro:編集がカクカクで重い! エッセンシャルグラフィックスを使うと固まってしまって強制終了するしか方法がなかったり、アフターエフェクトと連携するとリンク先が不明になったりと、まあ散々なエラーというかバグが発生してしまってて、困り果てていたので、Adobeのサポートセンターへと駆け込みました。, 電話からデスクトップ共有までして対応をしていただいたのですが、結果原因はわからず…, 最終手段としてボクのパソコンに入っているAdobeのデータすべてを一度消して、再インストールするという方法を進められたので、それを行ってみました。, 以前のバージョンを含むすべての Adobe アプリケーションを削除し Creative Cloud アプリケーションを再インストールする(Mac OS), こちらを実行したらバグらなくなり、めっちゃ快適にPremiere Proを使うことができるようになりました。いやーよかった。, Googleでも全くひっかかってこなかった情報だったので(ボクが調べた限り)、もしかしたらこうしたトラブルで困っている方がいるかもしれませんので、記事を書いてみました。参考になればと思います。, この記事を書いて頂き有難うございます。ユーチューブやブログなどで、プレミアプロがおかしい時の対処法を探して、かなり色々やりました。実はメデイアエンコーダーが開かなくなり、2日間色々やりました。奇跡かと思うようにエンコーダーが開き、動画をUPすることが出来ました。そして翌日、出来上がっていた動画を手直ししていると、何か思い、テロっプ作業がおかしい!と思ったら、砂時計マークが出て、画面が白っぽくなり、何もできなくなりました。これは多分、まだ直っていないのかもしれません。それか、空きスぺエスを作る為に、ファイルを動かしたりしたせいなのか?もう見当が付きません。すべてインストールをやり直すことはまだ、やっていません。これを試してみようと思います。このような記事を書いていただき、ありがとうございました。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 映画のような映像が撮れる話題のアナモルフィックレンズ『SIRUI 35mmF1.8』. ?『メディアキャッシュ』の保存先を変更してみよう - MiyabixPhoto 動画編集の『重さ問題』は切実です。 かなりPremiere Proの動作が軽くなりました。 環境設定で見直せることが実はいくつかあったりすると思うので、もしこれを行っていない人で、Premiere Proの動作がなんだか重い…と感じている方は一度やってみることをオススメします。

Youtube Music 次の曲 10, 新築 お風呂 臭い 7, 四角 数字 フォント 9, Wd Cloud 分解 10, 結婚 トントン拍子 スピリチュアル 6, Pl学園野球部 清水 先生 12, ポケモン 構築記事 S5 9, 缶バッジ 飾り方 袋のまま 11,