SE846には、中・高域用各1基、低域用2基という計4基の新設計ドライバーによる3ウェイ構成になっている。とくに興味深いのが低域のローパスフィルターで、75Hzから下降するように設計されているので、人間がブーミーさを感じてしまう250Hz 初めてSE846を耳にセットし、音を出した瞬間「ハッ」とした。いままで使ってきたヘッドホンやイヤホンの聴こえ方とまったく違うではないか。ヘッドホンでもイヤホンでも、スピーカーで聴くときのような自然でクリアな定位感やステレオ感は味わえない……と半ば諦めていた。ところがSE846で聴くと「オオッ、定位が明確に出ているじゃないか」。これは凄い!, さっそくジャズピアノの清水絵里子がピアノソロと弦楽四重奏でコラボレーションした「Aftergrow」を聴く。このアルバムは192kHz/24ビットの5.0chで録音されており、2chミックスで聴いてもピアノの響きと空間表現がすばらしい。, センターにはピアノが存在感のある音像を創り、打鍵にともなって響きが空間に漂う美しさ。低音の伸びが心地よい。これがステレオ再生の醍醐味だ。弦楽器はどうだろうか。ガブリエル・リプキンのチェロでサン=サーンスのチェロ協奏曲第1番。冒頭から圧倒的なチェロのソロ。楽器の音像感やオーケストラの内声部の動きなど、スピーカーで聴くよりもむしろ明瞭だし、オーケストラのバランスやそれぞれの楽器の質感もいい。, ボーカルも聴こう。ジルデコ結成10周年アルバム「Lovely」から「リハル」。chihiRoの声の表情がとても魅力的に再現され、音像がスッと前に張り出してくる。やっぱりボーカルはこうでなくちゃ。それを包み込む空気感はスタジオライブならでは臨場感だ。, SE846には、中・高域用各1基、低域用2基という計4基の新設計ドライバーによる3ウェイ構成になっている。とくに興味深いのが低域のローパスフィルターで、75Hzから下降するように設計されているので、人間がブーミーさを感じてしまう250Hzあたりでも、いわゆる低音のカブリがなく、クリアで力強い中低域が聴ける。10枚もの精巧なステンレスのプレートを溶接して形成される音響フィルターは効果抜群だ。, 新潟市にある文化ホール「りゅーとぴあ」のオルガンで「バッターリャ」。この曲では1分45秒あたりから32Hz※と半音上の34.3Hzを連打する猛烈な低音が入っていて、大型のスピーカーでも再生が難しい。さすがにイヤホンでは……と思ったのだが、スケールの大きな16フィート管の雰囲気が再現できるではないか。しかも低音のカブリがないので響きが明瞭。これは相当な実力だと思う。 ※ピアノの低音部記号下の加線二本のド(C 64Hz)のさらにオクターブ下, もう一つ、SE846で画期的な技術がある。それが交換式のノズルで、その効果がじつに興味深い。ノズルの交換で1kHz~8kHzの周波数特性を可変させることができるのだ。あらかじめ内蔵されている「バランス」の他に2種類のノズルが付属する。, 周波数特性を2.5dBアップさせる「ブライト」に交換してみる。すると中高域の輝かしさが増加するだけでなく、音の飛びにスピード感が加わる。とても活気があって、音像もクリアだ。では2.5dBダウンさせる「ウォーム」にしてみよう。高域が穏やかになり、低域の弾力感や音像感もいくぶんソフトフォーカスになる。, この優しい音場感も素敵だ。ウーン、どっちがいいだろう。もう一度「バランス」に交換すると、なるほどフラットでオールマイティに使える。まずは「バランス」で聴き込むことをオススメしたい。, じつは、1kHz~8kHzの周波数帯域は、楽器の音色や響きの色彩感だけでなく、ステレオ再生の肝である定位感にも影響がある。というのも、人間がスピーカーの音を聴くとき、空気の波は聴く人の額や鼻、頬骨にぶつかり、さらに耳たぶにも当たって特有の周波数パターンを示す。ところがヘッドホンやイヤホンでは、耳穴に直接音波を入れる。だから、スピーカーと同様に考えるわけにいかないのだ。これが難しい。, おそらくSE846では何百回と試聴を繰り返して、人間の感覚にもっともフィットする特性を追求したに違いない。これを電気的に補正しようとすると、電源や回路基板などが必要になり、とても実用的なイヤホンにはならない。それをアコースティックな手法で実現した音響設計のすばらしさ。だから長時間聴いても疲れない。これはクラシック音楽ファンには嬉しい。オペラとなったら2、3時間は聴き続けることになるからだ。, SE846は、ノズルの音響設計がもたらすステレオ再生の醍醐味と、驚異的な低音再生を実現したローパスフィルターなどの画期的な技術によって、今後のヘッドホン&イヤホンの音作りに決定的な影響を与えるに違いない。イヤホンというイメージを超えて、イヤホン型のスピーカーと言ってもいいのではないだろうか。, 評論家。 | 合うイヤーピースが少ない; おすすめの音楽とか; おわりに SE846のざっくり解説. ケーブルの長さ: 162 cm のワイヤーフォームフィット機能搭載の着脱式ケーブル、別途付属ケーブル 116 cm SHURE SE846CL-Aを、価格.comに集まるこだわり派ユーザーが、デザイン・高音の音質・低音の音質など気になる項目別に徹底評価!実際のユーザーが書き込む生の声は何にも代えがたい情 … Karma, SHURE SE846の高音は良く伸びる音質で解像度も非常に高い印象です。SE846は他のイヤホンと比べてもハイハットなどの音を過不足なく綺麗に鳴らしてくれるのでイヤホン初心者にもおすすめです。中高音域の分離がとても優れており、楽器それぞれの音色聴を聴くことができます。SHURE SE846の高音は綺麗に聞き取ることができますが、刺さる高音ではないのでシャリシャリとした高音が聴きたい方にはあまりおすすめできませんがイヤホンでは最上級の高音を体感することができます。, SHURE SE846の中音・Vo域もこのイヤホンの最大の特徴である解像度がふんだんに機能しています。ボーカルの音もとても広がっていくのでボーカル中心のバンドや演歌歌手の声を身近に感じることができます。SHURE SE846の中音・Vo域は他の同価格帯のイヤホンと比べても前述した通り解像度が高いので楽器の位置なども耳で感じ取ることができるでしょう。SHURE SE846はボーカル中心で音楽が聴きたい方にもおすすめできるイヤホンです。, SHURE SE846の低音は解像度の高さも合間ってベースラインがとてもはっきりした低音になっています。SHURE SE846の低音は他の高音域や中音・Vo域にも埋もれることがないので低音中心のEDM系の音楽を聴く方にもとてもおすすめのイヤホンとなっています。ロック系の音楽もベースラインが強い音楽が多いのでSHURE SE846でロックなサウンドを存分に楽しんでみてはいかがでしょうか。, SHURE SE846の最大の特徴と謳われている解像度が最大限に生かされているイヤホンといった印象です。高音、中音・Vo域も他の音のバランスを考えた音になっているのでいろいろなジャンルの音楽に対応することができます。どの音も埋もれさせることなく音楽を楽しみたいという方にはとっておきのイヤホンではないでしょうか。SHURE SE846の音質は口コミでの評判も良いです。遮音性・音漏耐性も抜群なので総評としてとても高評価です。一度手に取ってみてはいかがでしょうか。, 私は滅多にレビューを書かないのですが、今回ばかりは書かずにいられませんでした。普段はSENNHEISER IE8およびHD800を使用しています。商品到着後、ワクワクする反面、最初だから高音域暴れているだろう。納得いく音はエージング後かな。などと考えつつ。ノズルインサートやイヤーパッド当、初期状態で。再生ボタンを…一発で気に入りました。, SHUREは、215、535、846と3代目になりますが、どうしても聞いてみたくなり、清水の舞台から飛び降りる気持ちで、ポチりました。なんですか、このイヤホン!今まで聞いたことのない領域の音を出してくれます。アーティストの息づかい、圧倒的な臨場感、低音から高音まで気持ちよく鳴ってくれます。価格は正直高いですが、個人的には価格以上の価値を得られたと思っています。さぁあなたも846の世界へ!オススメできる一品だと思います!, スピーカータイプ: 本物のサブウーハーのレスポンスを提供する4 基の高精度 MicroDriver SHUREのフラグシップイヤホンSHURE SE846CL-Aを購入してみましたが・・・数時間でフリマアプリに出品するという悲しい結果に至りました(涙)。, 購入して到着開封後、数時間でドナドナした例としてはBOSEのワイヤレススピーカーがあったのですが、今回は10万円超えという金額も金額だけにダメージはかなりデカかったです;;, 悲しい結論ありきのレビューとなってしまいますが、これから買われる方は参考にしてみてください。, 本物のサブウーハーのレスポンスを提供する4基の高精度MicoDriverが、豊かな低域と明瞭で伸びのある広域を実現, この文言に嘘はなく、本品の低域はBA型とは思えぬ素晴らしい低音を鳴らしてくれます。, ダイナミック型とはまた少し違う質の低音ですが個人的に低音の質感はSE846のほうが好みでした。, 右中段に描かれた「交換式ノズルインサート」こそが本品の最大の魅力で、後述しますがこの機能があるおかげで本品は3様の音を奏でるイヤホンとなるのです。, これまでSHUREというと「SM58」という世界中のボーカリストに愛されたマイクのほうが印象にあり「入力装置のメーカー」といったイメージでしたが、今回はじめて出力側を体験してその実力を知ることになりました。, 箱を開けると製品側にはSHUREのロゴ入りクロス、フタ側にはSE846の構造を示した図と紙資料が収められていました。, 画像の「B」の部分が肝の交換ノズルアセンブリーなのですがこれを外す時はかなりの力が必要で壊してしまわないかドキドキものでした。, 値段が値段だけにその辺には神経を使わざるを得ず「気楽なイヤホン」とは言い難いところがありましたね。, 色がクリスタルクリアーしか用意されていないのは「このサイズにこの音質を実現した技術力を見てくれ!」というSHUREからのメッセージなのでしょう。, ・・・ただ、実はその技術屋魂こそが今回の私のレビューを悲しいものにした原因といなくもないのです・・・。, このポーチがこちらの3000円しないヘッドセットとロゴ部分を除きまったく一緒だったんですよね(苦笑)。, 付属品ケースぐらいどうでも良いじゃん!と言いたいところですが三千円と十万円の価格差はその辺を許容できるものではないと個人的には思いますけどね。, ボリュームコントローラーや変換プラグ、そしてイヤーピースはそれぞれ質感の良い高品質なものがバリエーション豊かに封入されていました。, 取扱説明書には耳の裏からコードをひっぱる有名な通称「SHUREがけ」のやり方について解説されていたり、イヤパッドなど交換部品の交換の仕方について書かれているのでよく読んでから交換作業をするようにしましょう。, こちらはそんなに力を加えなくてもスポッと抜けるのでリケーブルの際は簡単で良いですね。, 白が高音域を強調する「ブライド」、青がノーマル状態の「バランス」、黒が温かみのある音に変化させてくれる「ウォーム」。, それぞれ白のブライトが+2.5db、青のバランスがニュートラル、黒のウォームが-2.5dbだそうです。, 数回やると慣れるので簡単に交換できるようになりますが、一番最初はおっかなびっくりの交換でかなり緊張しました。, 続いて付属品のノズルを収納する筒とチェーンで繋がったインサート交換用のアタッチメントを使用してネジを回してフタを外します。, 前述しましたが慣れてしまえば簡単に変更できるようになるので気軽に違う音質で愉しむことができます。, ※最初にお断りしておきますがレビュー環境としては普段使いを想定していたのでMacに並程度のオーディオインターフェイスを介して接続して使用した上での感想です。, 「これまで聴こえなかった音が聴こえる」という体験は並以上の出力デバイスを購入すればありきたりな感想ですがSE846のソレはまったく異質です。, 「聴こえなかった音が聴こえる」というよりは「マスタリングの違いがわかる」と評したほうが正確なのではないかと思います。, 付属の「ブライト」のノズルインサートを使用すると更に高音域がパーッと開けた音に変わり、凛として洗練された音空間を形成してくれます。, さすがにヘッドホンのようなハウジングサイズがモノをいう領域ではそれらに見劣りする部分はあるものの、それを補って余るほどの素晴らしい明瞭感で初撃のインパクトとしては過去に類をみない体験でした。, 少しややこしいかもしれませんが、このイヤホンは「イヤホンの中で比較して」ではなく、スピーカーやヘッドホンなどの他出力装置と比較して素晴らしいのです。, しかし、それは「高解像度」という一点においての評価であり、誤解を覚悟でいうのであればソレがすべてでありソレだけの非常にピーキーなイヤホンだと私は感じました。, 買う前のレビューでこの高解像度感などから本品を「ピュアオーディオ」と評しているのを見かけましたが、私には拡大解釈が過ぎるように思えました。, 前述のようにこのイヤホンは「マスタリングの違いがわかる」と言って過言ではないレベルなのですが、それ故に「音源」に求められる質が半端ではないのです。, さらにいえばハイレベルな音源を用意できたとしてそれがアナタ好みの音バランスで調整されている可能性はどれくらいでしょう?限りなく低いと言わざるをえませんよね。, 例えるのであれば、ある一般的編成のロックバンド(ボーカル、ギター、ベース、ドラム)の音源があるとして、ボーカル、ギター、ベース、ドラム、”マスタリングエンジニア”、という編成になってしまうのです。, おそらくインナーイヤー型なので遮音性も抜群のイヤホンだからこそここまで音分離の良い状態で「聴こえてしまう」のでしょう。, まったく同質の音をスピーカーやヘッドホンから出力してもそれらの場合はリスニング環境やハウジング内での影響である程度の統一感を与えられて聴こえてきますが、インナーイヤー型のイヤホンではほぼダイレクトに鼓膜使わってくるので良くいえば「音分離が良い」、悪くいえば「音がバラバラ」といった事態になってしまっているのです。, こんな状況ですから仕事をしながらSE846を使用していると音が気になって気になって気が散って仕方がないのです。, 音源の「高品質」を伝えることができるこのイヤホンは逆にいえば音源の「低品質」もしっかり伝えてしまうのです。, 仕事をしながら流す曲にはYouTubeの作業用のようなものをチョイスすることがありますが、本イヤホンでは曲そのものより音源の低品質感が目立ってしまい満足にきけません。, 「このイヤホンはそんな音源を聴くためのものではない!」とお叱りを受けそうですがはたしてイヤホンのあるべき姿としてこの状況はいかがなものかと・・・。, 私的にはやはりイヤホンは普段使いに対応した「気楽・気軽さ」のようなものを逸脱しない範囲での調整が必要だと思うのです。, 音が良いにこしたことはないのですが、SE846はSHUREの技術者が数値スペック上の追求を行った結果の作品という「スペック的に素晴らしいイヤホン」であり、「人がイヤホンとして使用するイヤホン」という部分が考慮されていない気がします。, SE846は「音を聞く」のに適したイヤホンであり「曲を聴く」のに適してはいないというのが私の感想です。, 確かにこのサイズにあれだけの音質を奏でさせるその技術者魂は素晴らしいとしかいいようがありませんし賞賛もしますが、それは「作品」として素晴らしいのであり「商品」としては疑問を感じざるを得ません。, SE846は例えるならF1で、とてもではないが一般道を走れるものではないということです。, この使用感はもちろん万人が同じように感じるものではないでしょうし、当然のことながら機器や音源の影響も多分にあります。, 私は多少のミキシングなどの経験があるので特にその辺が気になってしまうということもあるかもしれません。, もしあえてこのイヤホンをオススメできる人をあげるのであれば、何らかの音源調整作業に関わる人か、あえてイヤホンでの高音質を求めたい人、ということになると思います。, 非常にニッチな範囲ではありますが以上に該当する方には重宝されるイヤホンになるのではないでしょうか。, これからご購入をお考えの方はぜひこの辺の事情を考慮して「それなりの覚悟」をもって購入されることをオススメします。, 【画像44枚】最高の音質と機能を備えたSONY CAS-1でオーディオ沼から脱出!, イヤホンもスピーカーも常に同時接続!イヤホンプラグ分配器でPCオーディオ共存環境を構築してみました!, ランニングのための最強のウェアラブルデバイス「SONY Smart B-Trainer SSE-BTR1-B」を買いました!(開封の儀), Macの録音に最適なマイクは、Apple純正イヤホンでした。Apple EarPods, 便利さは音質を超える!AirPodsの快適便利さに音質へのコダワリが陥落!MacBookPro用のワイヤレスイヤホンにAirPodsを買ってみました!, MacのためにApple純正 USB Type C イヤフォンジャックアダプタを買って失敗した話, シンプルでコンパクトなデザイン性の高いパソコン用スピーカー!Audioengine 2+ Powered Desktop Speakers, コンパクトでデザインが良いPCスピーカー「BOSE M2」を本音でレビュー!Bose Computer MusicMonitor M2, Smart B-Trainerを使うためのアプリをセットアップ!SONY Smart B-Trainer SSE-BTR1, Smart B-Trainer を装着して走ってランニングログを確認!SONY Smart B-Trainer SSE-BTR1, 手ぶらランニングのはずがイマイチ合わなかったかも・・・Soundpeats ワイヤレス スポーツ ヘッドセット QY7, B-Trainerを使ってみた率直な感想。車道を走る可能性があるなら購入は要注意!SONY Smart B-Trainer SSE-BTR1, 高さ角度が自在に調節可能!外部ディスプレイを買い換えたら視点が変わって姿勢が良くなった!EIZO FlexScan EV2450-BKR, 保温性能が素晴らしいTHERMOSの大容量お弁当箱を買いました!サーモス ランチジャー JBG-2000MDB, レンジにチン!で袋ラーメンが作れる便利な丼ぶり!パール金属 電子レンジで作る 新潟産のインスタントラーメンどんぶり, SHURE カナル型 高遮音性イヤホン SE846 クリスタルクリアー SE846CL-A.

銀魂 四天王編 感想, ナイキ フルジップパーカー キッズ, Windows Server 2016 サービススタック更新プログラム 最新, 焼きそば 賞味期限 2週間, お好み焼き ももたろう 滋賀, カービィ バトルデラックス 評価, ノートパソコン Sdカード 認識しない, 倉科カナ ショート 似合わない,